将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ケーキ

11032209 この日は長女の家には行かなかったです。

2011/03/22 09:57いっぱいのことをやらなくちゃあなと思っています。
 昨日長女の家へ行くときにケーキをもって行こうと思いました。明治堂で、ケーキではないけれど、可愛いパンがあるのでしたが、私が家を出たのが午後7時すぎで、もう明治堂は終わりのようでした。でも中を覗いても、もういくつものコーナーのパンは空いてしまっています。それで王子駅そばのコージーコーナーへも急ぎましたが、もう終了です。たぶん、今は店が終わるのが早いのだと思いました。節電のためでしょう。
 それで、また別なお店に歩いて、そこももう閉まっていまして、もう一つのケーキ屋さんへ行きました。
 そうしたら、そこは何人ものお客がいました。それでようやくケーキを買って、長女の家に急ぎました。
 それで、もうこのケーキをあげましたら、もうポコ汰もポニョも大喜びです。でもパパママが一つのケーキを二つに切って、二人にあげて、あとはまた明日としました。それで二人でどちらをとるかで少し迷って、少しもめて、でも大喜びです。
 もうポニョが、私の後から抱きついて、「じいじ大好き」といいます。私はそんなことをいわれたら、またケーキをもってこなくちゃいけないじゃないですか。「なんかこうしておだてられて、うまく使われちゃうんだなあ」と思いつつも、もうものすごく嬉しいじいじなのです。
2011/03/22 13:25今そばの郵便局で「東北関東大震災義援金」を出してきました。日本赤十字宛です。赤十字は私はいつもこういうときに使っているのですね。
2011/03/22 17:57なんだか、また孫のところに行きたくなりました。そうすると、また何かを持っていかないといけないな。でもそうすると、またそこにうまく陥ってしまうような思いになるのですが、でも私はそれでいいのですよね。
2011/03/22 18:06もう妻が帰ってくるはずです。孫たちはどうしているかなあ。ポポももうケーキやなにかを食べられるようにならないかなあ。
 そういえば、まだ余震が続きますね。今日の12時39分の余震はけっこう大きく感じたものです。
2011/03/22 18:21少し前にも余震がありました。
 なんだか、テレビで見ていると、どうしても涙が浮かんでしまいます。

 私が「今回の大震災にお金を寄付したい」と行ったところ、「ありがとうございます」ということで、その寄付の先がいくつもあり、私はいつも私がやっている日本赤十字を選んだものでした。

7515c6cc.jpg

 今朝もリビングでテレビの前で、これを書きました。また、続いてきょうもさらに書くかもしれません。

2009/12/24 07:18きょうはクリスマスイブなのですね。ケーキを買ってきたいけれど、私の家ではね、食べる人がね、妻と義母だけだしな。義母は食べられるのかな。長女おはぎの家ではどうしてか25日にやるようです。次女が近くにいればなあ。あ、でも私はポコ汰がケーキをニコニコして食べてくれるのが嬉しいです。私が食べればいいのですね。でも無理です。
 あ、年賀状も刷らないといけないのですが、写真も撮らないといけないし、次女夫婦は写真を送ってこないしなあ、という思いですね。
2009/12/24 07:29けっこうこのポメラが思いもよらないところで、電池切れになります。もちろん私は常時電池を持っていますから、すぐに取り替えています。今はパナソニックの充電式電池を使っています。充電式でないと、もういくら電池があっても足りないのです。電子辞書も常時持っていますから、実に電池は使うのですね。
2009/12/24 07:39日経新聞で朝刊の「辻原登『韃靼の馬』」を読んでいますが、どうにも江戸時代の新井白石の時代だとは思えないのですね。どうみても限りなく、現代に近い時代にしか思えません。これは私がいけないのかなあ。
 今テレビの広告でドコモのPHSの宣伝を聞いていましたが、つい先日京橋の喫茶店(パイロットの関係のビルかなあ?)で私の隣にいた30代の方2人が、このPHSをノートパソコンにつけてやっていましたが、ブログもやらないとすると、あれで何をやっているのかなあ。自分のクライアントのホームページを見ているのかしら。
 でもあの喫茶店はいいですね。この前は隣にいた方がキンドルを手にしていました。私くらいの年代の方でしたね。でもキンドルで何を読むのかなあ。英文で読むしかないよね。私は高校生のときに、オーウェル「1984年」を英文で読もうとして挫折しました。あれはまだ翻訳されていなかったのです。でもあまりに暗い内容で嫌になったものでした。英文を読むのも大変なのに、内容があれほど暗いと嫌になってきます。もちろん、その後早川書房の「世界SF全集」で読んだものでした。思えばそうしたことが記憶に残っていることはいいですね。
 これで記憶も曖昧になってきたら大変だなあ。
2009/12/24 08:15「ウェルかめ」が始まります。
 あかちゃんが生まれるというときは、男は何もならないのだなあ、役に立たないのだなあ、ということをいっぱい感じます。なみちゃんが涙を流すのに私も涙が流れます。
 子どもって大事ですね。すぐに私の孫みたいな可愛い子が生まれてきますよ。

 今朝は長い夢を見ていて午前4時に起きました。大変に難しい夢でしたね。

続きを読む

e7680df4.jpg

 思えば、以下に書いていますように、リノちゃんと2度も会ったのでした。それをポコ汰にもいいました。

2009/11/30 18:14長女の家です。まだ誰もいません。昨日私の家に忘れていったものをいくつも持ってきました。
 マンションを出るときに、リノちゃんとそのパパに会いました。二人とは午前中9時40分くらいにも会いました。パパのお店はきょう月曜日がお休みなのです。
 そういえば、そのときは私は北本通りのロッテリアへ行こうとしたのですが、そこで自転車に乗った美女のTさんと会いました。少しお話しました。
 でも今度彼女の職場にケーキを持って行こうかなあ。

 思えば、今度Tさんと長女の家で会えるかな。私の孫がどんどん大きくなっていくのを、彼女も見ていてくれるのですね。

続きを読む

7bf39779.jpg

 昨日午前中に、長女家族が来まして、『海上海』の王さんの娘さんとポコ汰が会って、二人のママ同士と二人の子どもで、近くの児童館に行きました。このことは、「北アルプス・・・From松本城」にナミちゃんのコメント に書いています。
 それでさらに私は次のように書きました。

それにパパが、田端駅出たところのなんとかというお店で、ケーキを買ってきてくれました。

 このケーキの一つが上の写真です。そしてこの田端のケーキ店が、以下のところでした。

 http://www.alacampagne.jp/ a la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)

 私はケーキはけっこうあちこちで買ってきています。でもまだ残念なことに、私は食べることはできません。そのうちに、そのうちに……と思っています。
 でも今度は、私もこのお店に行ってみます。田端なんてまず降りることがないのですね。大きな本屋もあるというので、行きます。王子は本屋がないのですね。

26c8a4cb.jpg

「ちょっとブレイク・・」 へのコメント の2ナミちゃん がさらに次のコメントをくれていました。

2. Posted by なみんと    2008年08月04日 21:24
ふふふ・・周さんは大学の頃から変わりませんね〜
よく醤油論争みたいなのをやっていましたよね。
お醤油をかけて美味しくたべられるものとして果物ではないですが・・アボカドは如何ですか。
わさび醤油でカットしたアボカドをたべるとまるで・・まぐろのお刺身をたべているようですよ。
これもダメかな〜。
でも・・桃を食べてみたのですね〜。
とっても美味しそうな桃じゃないですか〜。画像をみてもわかりますよ。。
私が変わりに食べたい位だわ〜残念!!

 えーと、私は味覚は変わりません。でも昔よりは柔軟になったと思っています。
 それでアボガドはもちろん食べていますよ。もちろん醤油をかけられる果物だからです。わさび醤油でお酒のつまみにしています。
 私の母はよく果物は食べさせてくれたのですが、まだお酒も飲まないときにも、私はバナナは大嫌いでした。だから、今も絶対に口にしません。あとの果物はみな食べましたが、20歳をすぎてお酒を飲むようになってからは、絶対に口にしなくなりました。
 同時に、和菓子やケーキもけっこうあちこちで買って誰かのところには盛んに持っていくようになりましたが、自分では食べませんでした。ケーキは、あちこちの美味しいショートケーキも探して持って行っていたものでしたが、あちこちの美味しいケーキ屋さんというところで、作ってももらいましたよ。ケーキ屋さんも、なんだか訳の判らない私のケーキをよく作ってくれたものです。
 ケーキの上に赤い字で、「日帝打倒! 亜細亜解放!」と入れてくれとか私は注文していたものでした。
 あ、そういえば、私はお花もよく贈るのよ。お花を贈るって愉しいじゃないですか。でもね、私はこれまた昔は、花というと桜と菊くらいしか知らなかったから、もうできるだけ相手のお花屋さんに任せたものでした。そのうち、実にいい花屋さんの女性を知りまして、彼女にすべて任せるようにしました。思い出せば、「笑っていいとも」にも出演者にお花を贈ったことがありますね。

続きを読む

4e8b40f9.jpg このごろいろいろな記憶が曖昧になっているようです。いくつか言うことにそれを感じています。
 写真は昨日5月1日に、ミツ君が買ってきてくれたケーキです。大きなケーキでした。孫のポコ汰はまだ食べさせてもらえません。(05/02)

72067d12.jpg

 きのうの夕食後、その誕生日祝いをしました。ポコちゃんもその場にいたのですが、彼はもうずっと眠っていました。
 写真は、そのお祝いのケーキです。駒込の アルプス で手に入れたものです。ポコちゃんも、ケーキが食べられればいいのですが、まだ0歳ですから無理です。

 この駒込のアルプスのすぐそばの医院でポコちゃんは産まれたのです。そして、おはぎとミツ君は結婚して最初は、この駒込に住んでいました。07120201
 思い出せば、私も随分昔から、たぶん23歳くらいのときから、このアルプスのケーキを買っています。もちろん、その頃も私自身は口には入れなかったのですが、よくあちこちのケーキ屋でケーキを手に入れてあちこちに持って行っていました。

 でも昨日の夜は、この写真のケーキの上のろうそくに火をつけるのが少し大変でした。マッチが古いのかなかなかつけられないのです。そして誰一人も煙草は吸わないので、ライターもないのです。でも何故かありましたライターで火をつけたのが、この下の写真です。07120204
 早く、ポコちゃんがこうしたケーキを食べられるようになればいいなあ。

81cd998c.jpg 昨日は義母もさすが暑いと言っていました。もうこう暑いと私はビールを飲んでばかりになりますね。でもそれでもいつもいっぱい汗をかいている孫のことが一番気になってしまいます。あと美味しいケーキを買ってきても、まだ食べられないのが残念ですね。でも義母も美味しくないようです。昔のケーキみたいに甘くないですからね。(8/06)
続きを読む

 私のこのブログのサイドバーで、「ニナのケーキワールド」のバナーを置いています。ここに置いているのは左側のバナーです。

      

 これは、欧風菓子「メヌエット」を知りまして、実際買いに行きました。そしてインターネットでこのポータルサイトを知ったものです。

 私はまだ実際に、こうしたケーキを口にすることはありませんが、これから、この「ニナのケーキワールド」にあるケーキ屋さんを歩いて、あちこちでケーキを買って、私の家族・親族・姻族、友人、クライアントに届けてみたいと思っています。 そのときに、喜ぶ顔を予想して嬉しいです。

b80f65a4.jpg 妻がFさんに、ケーキをもらってきました。それでちょうど長女も一人だったので(彼が今晩はプロレスを見に後楽園に行っているのだ)、呼びました。
 それで大きなケーキだったので、ちゃんとまだナイフを入れないうちに撮影すればよかったのですが、忘れていました。

   写真が、そのケーキです。柏で、小さな自動車で売りにくるケーキ屋さんだということです。
 それとそのケーキを入れていたものも写真に撮りました。

06080811
美味しいケーキで、可愛いケーキでした。

↑このページのトップヘ