将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ケーブルテレビ

1112131911121320  今ケーブルテレビを見ています。池辺良が若いです。30代かなあ。もう随分前に亡くなったのですね。
  健さんと池辺良の映画はいつも見たものです。 あのいくつもの映画で、池辺良はいつも最後亡くなります。あれは池辺良の希望だったというのですね。

  もうすぐ「カーネーション」です。
  このあと8時30分に近くの郵便局にカタログ販売申込書(カタログ販売センター用)をもらいにいきます。妻は送ってきたカタログ申込書では間違いだらけで、もう訂正だらけで困ってしまったのでしょう。
  昨日も王子区役所へ行きました。ここでも同じことがありました。私は、もう手書きではなく、パソコンで打てること(すぐその場で訂正できる)を言ったものです。 でも昨年も同じことがあったのでしたが、このときの職員は男性で、私のいうことなんか、少しも気にしていなかったのですが、今年の女性職員は違いました。私は「字が汚い」「字が書けない」のですが、そういう場合は、字は書いてくれるということでした。
  あとパソコンで書き入れる、インターネットでやれるときまでは、あとわずかなことです。

11041809 この日、長女宅から帰るときに、とても寒かったです。

2011/04/19 07:46もう朝起きてからいくつものことをやりました。
2011/04/19 07:57いつもこの時間は台所の洗い物をしています。
 雨が降っていますね。なかなか暖かくならないですね。さて朝の「ひまわり」です。あ、「おひさま」でした。なかなかこうしたことが覚えられないのですね。
 このドラマを見ていて今涙を流していました。
2011/04/19 09:04今北ケーブルテレビで「帝都物語」を見ています。これは私は小説も最初に読みましたね。

 どうしてこんなに寒いのかなあ。

10122903 私はこの小説を中2の時と、高2の時に読みました。それで先日北ケーブルテレビでこの映画を見て、そのときに青空文庫でこの小説を改めて読みました。実にいい作品ですね。そしてこのヴィヨンの妻がとっても好きになります。ヴィヨンはただのよいどれですが、その奥様は実にいいです。
 でもこの妻の夫であるヴィヨンは何なのでしょうか。ただの酒飲みの悪いだらしのない男でしかありません。
 とはいえ、太宰治は実にいいです。自分のこともあのように見ていられたのですね。いつも、太宰の奥さんって何だったのだろうとばかり思っています。もちろんこのヴィヨンの妻が太宰の奥様ではありません。でも私には、この小説の妻が太宰の求める女性だったのだろうと思うものです。
 でもでも残念です。39歳で自殺していなければ、あのあとも文学を書いていってくれれば、おそらく夏目漱石以上の作品を書いていただろうと思うのです。そのことがとても残念です。
  1909年(明治42)6月19日 ~1948年(昭和23年)6月13日の生涯でした。私は大学1年の夏休みに、太宰の自殺した玉川上水を歩いています。

    夫は、黙ってまた新聞に眼をそそぎ、
  「やあ、また僕の悪口を書いている。エピキュリアンのにせ貴族だっ
  てさ。こいつは、  当っていない。神におびえるエピキュリアン、と
  でも言ったらよいのに。さっちゃん、ごらん、ここに僕のことを、人
  非人なんて書いていますよ。違うよねえ。僕は今だから言うけれども、
  去年の暮にね、ここから五千円持って出たのは、さっちゃんと坊やに、
  あのお金で久し振りのいいお正月をさせたかったからです。人非人で
  ないから、あんな事も仕出かすのです」
   私は格別うれしくもなく、
  「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいの
  よ」

 この「ヴィヨンの妻」の最後の部分を読み、私はまた涙を流していました。(2010.02.06)

ffeb1b33.JPG自宅のJcomを停止するために家に来ました。ケーブルテレビと電話とインターネット接続がこれで終わりになりました。長い間ありがとう。ただし、次女は君津に住んでいて、今週木曜日から新しい住居に住んでいます。そこでは同じくJcomで行くようです。だって、テレビも電話もインターネットも使えるなら、これがいいよねえ。

     写真はバッファローの250Gのハードディスクです。いつも鞄に入れて持ち運んでいます。

06121902 でもたった今(と言ってももう時間とられちゃったなあ)、「FAXを送っていただければ、そこに折り返しFAXします」というのがありまして、私は今はFAX受け取るのは簡単なのですが、送るのは、「あれどうするだっけ?」と大変です。
 FAXソフトって、インターネットではどうやって送るんだっけ。ここはインターネットはケーブルテレビの接続ですから、さて困りました。
 それで、電話回線につなげればいいのですが、モジュラーケーブルがどこにあるんだろう。私は以前は常時持っていたものですが、もう今は、まず必要ないので、持っていません。それで焦ってあちこち探してありました。
 でもこの部屋からは遠いので、ノートパソコンにインターネットで内容を送りまして、それからノートから送りました。
 でもまずいな。インターネット経由でFAXを送るのはどうするのでしたっけ。もう判らないことだらけです。

 いえ、必要なものをすぐに送ってほしいのですが、どこも平気で「3週間くらいかかります」なんていうのですね。もう信じられません。よくそれでビジネスやっているよな。それで文書でほしいのだといいましたら、こちらがFAXくれれば、そこに送るというのですが、今度は相手がこないなあ。
 D-FAXだと判らないのかなあ。

 インターネットから、すぐにFAXを送れるソフトも探しておこう。

続きを読む

ec216af1.jpg

 NIKKEI NETこのニュース がありまいsた。

 IT(情報技術)関連書籍を出版するインプレスが7日発表した「インターネット白書2006」によると、国内のブロードバンド(高速大容量)通信の世帯普及率が41.4%(今年2月時点)と初めて4割を突破した。光ファイバー通信が普及し、地域格差の解消も進んだ。日記風の簡易ホームページである「ブログ」など新サービスの利用も広がっている。
 世帯普及率は昨年2月時点に比べ5.2ポイント上昇した。光やADSL(非対称デジタル加入者線)回線などのブロードバンド利用者数(世帯普及率から換算)は3756万8000人で同16.5%増えた。低速回線での利用者も含めたインターネット人口は5.1%増の7361万9000人だった。
 地域別で全ネット利用世帯のうちブロードバンドの比率が最も高いのは関東の74.1%。最低の四国は68.4%だが前年比で7.5ポイント上昇。「地方で光回線が急速に伸びている」(インプレス)とみられる。
(2006.06.07)

 もうこの数字を見ますと、もう私のホームページ将門Webも替えないといけないなという思いばかりになります。ブログ将門はいいのですが、将門Webのほうは、実に問題があります。でもやっている時間がないのですね(でも、言い訳だなあ)。

 それにしても、こうしてブ各事務所でも、各家庭でもロードバンド接続になりますと、あらゆることが変化していきますね。
 私は、御茶ノ水の事務所と、王子の妻の実家が光回線です。事務所は、NTTとniftyでの光接続、王子が有線ブロードウェイの光接続です。我孫子の自宅はジェイコムのケーブルテレビの接続です。みなどれも、速いなという思いをますが、価格的には、王子が一番安いのかな。 それで前々からやっていましたSkypeを使った無料電話も、どこでも使えます。ただし、これは相手もスカイプをやっていないと困ります。そこがまだまだですね。ただ、固定電話にもケータイにもかけられますから、スカイプフォンBSKP-U202 に書きましたように、「3分通話でNTTの固定電話にかけると約1円安価」なわけで、おおいに使っていきます。

 あとこのブロードバンドをまだまだいろいろなことに使っていきますよ。

続きを読む

↑このページのトップヘ