11042816  モームは1874年1月25日〜1965年12月16日の生涯でした。フランスのパリ生れということで、「イギリス人の作家なのに、こうしてゴーギャンのことを書いたんだなあ」という思いが(少し疑問でした)が氷解した思いです。
  私はこの作品を高校2年生のときに読んでいます。最初に『人間の絆』(中野好夫訳)で読みまして、次にこの作品を中野好夫訳で読んだものです。私の思いでは。『人間の絆』より、この作品のほうが強い印象がありました。題名「月」は夢を、「六ペンス」は現実を意味するということです。
 サラリーマンを何故か棄てて、タヒチへ行って絵を書き出してしまうゴーギャンのことを書いています。ただし、読んでいても少しもゴーギャンのことをよく描いているとは思えません。なんだか、「嫌なやつだなあ」としか思えないのです。
 この頃、ゴッホが自分で片耳を切ったことになっていましたが、実はゴーギャンが喧嘩して切ったようだということを知りました。ゴッホがかばっていたのですね。
 この作品の中でも、このゴーギャンはどんな人物かよく判りません。そのゴーギャンはタヒチでこの作品の中で最後大きな壁画を描いています。だがそれは彼の遺言で燃やされてしまいます。それを描いたゴーギャンはハンセン病にかかっていて、驚くことにその彼には目が見えなくなっていたはずなのです。
 実際にゴーギャンはタヒチではなく、マルキーズ諸島で亡くなっていますし、この作品ではゴーギャンはイギリス人になっていますが、実はフランス人でした。その他いくつもの点が違いますが、私たちにはゴーギャンとはもはやこの作品での姿だと思ってしまいます。(2011.04.28)