将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:スキャナ

12122906 今日の日経新聞の「NIKKEIプラス1」に「七福神巡り、一年の幸福祈願」ということが書いてあり、ここに掲げた七福神がありました。
 日経電子判で見たかったのですが(それでこの絵を撮りたかった)、無理なので、仕方ないから、こうしてスキャナで撮りました。
 改めて、この七福神に関してNIKKEIプラス1に書いてあることを以下丸写しします。

大黒天(だいこくてん)
 古代インドの神。財宝や福徳、食料の神で、打ち出の小づちで宝を生む
寿老神(じゅろうしん)
 中国道教の祖、老子が神格化されたともいわれ長寿延命の神。
布袋尊(ほていそん)
 10世紀ごろ中国で実在した禅僧。福々しい笑みが福運をもたらす
弁財天(べんざいてん)
 唯一の女神。知恵と技芸、財宝の福徳を持ち、学問や芸術の守護神
福禄寿(ふくろくじゅ)
 中国の仙人。幸福の福、生活と経済の安定の禄、健康と長命の寿を授ける
毘沙門天(びしゃもんてん)
 古代インド神。財宝をもたらし、心に勇気と決断を与えてくれる福徳神
恵比寿(えびす)
 日本生まれ。大漁や商売繁盛の福神。「めでたい」の鯛(タイ)を抱える

 そうなんだ。恵比寿は日本生まれなんだ。毘沙門天は上杉謙信が「生まれ変わり」と言っていたので、戦いの神様だとばかり思っていましたが、そうばかり思い込んでいてはいけないですね。
 それでこの七福神のどれかの神様を置いてあるところを思い出していました。王子の柳田公園近くの飲食店の前、北鎌倉浄智寺、御茶ノ水元中央大学あと、・・・・・・、その他いっぱいあります。このブログでもそのたびに撮っていますが、今後はその神様の名前も記していきます。

12100409 私の部屋の中にA3両面カラーの「谷中御廟」のチラシがありました。
 それでその中の「谷中散策マップ」をこのマップの部分だけをスキャナで切り出したいのですが、どうにも私にはできません。
 だから、余計な部分も載っていますが、すべて私がいけないのです。

 このマッパに載っている地域がいつも私が歩いているところです。JR日暮里駅から、このさくら通りを通って、谷中御廟の前を通って初音の森の前を通り、よみせ通りに抜けています。そして、そこの「浅野」でいつも飲んでいるのです。ただし、昼はビール一本しか飲みません。それにこのごろはなかなか行ってられないのです。
 とにかく、こうしてUPします。多分スキャンしようと思って部屋の中に置いておいたのでしょうね。でも今日さきほどいきなり出てきたものです。
 思えば、私も墓はここでいいのだなあ。

0911170509112203 私は spider job 蜘蛛業ニュースさとう を毎日更新しています。
 そこには、画像はUPできないので、本当はUPしたかった画像が、ここに載せたものです。2009/11/17(火)CMがテレビからネットへ進む2009/11/22(日)ユーチューブに字幕がつくんだって です。
 この画像はデジカメで撮ったものではなく、スキャナで撮りましたものです。昨日次女のブルータスが来てくれて、彼女はA3まで撮れるスキャナを持っているといいます。それで学校の授業で使う資料を自在に撮って、授業のときに黒板に貼っているといいます。
 どうしても、A4までしか撮れないのは不満ですね。(佐藤隆家)

a0ef99a2.jpg

 これは日経新聞に折り込まれていたA430頁の広告冊子です。そしてその表3広告面をここにUPしました。ただし、スキャンしたのですが、B3版なので、A4版しか取れない私のスキャナではこうなってしまいました。
 なおこれはキリンシーグラムのフォアローゼズというウィスキーの広告です。私はウィスキーを飲むのも必ずストレートで飲みますから、氷や水では割りませんから、こういう飲み方はしたことがありません。でもこの写真はいいですね。いえ、ホームページでも拝見しました。

媒体名 THE NIKKEI MAGAZIN 第76号
発行所 日本経済新聞社
発行日 2009年9月20日
読了日 2009年9月25日

 表4の広告が、ヤナセのものです。犬がヤナセの車に乗っている写真の広告です。その下に小さなQ数で、「愛すべきものを、ていねいに、愛していく」というコピーがあり、その下に「クルマはつくらない。クルマのある人生を作っている。」というコピーがあります。
 ああ、あっさりしているけど、いいコピーだなあ、と思いました。

 12ページのPATEK PHILIPPEの広告、腕時計の広告ですが、お父さんとその息子さんと思われるモデル二人の顔と腕時計の写真があります。私も自分の腕時計を手にとり眺めました。私はまず腕に巻くことはありませんが、この時計は私の父が亡くなりましたあと、ずっと私が所持しています。オメガの時計です。たしか一昨年の何月かに、修理に出しました。本社だと8万円ほどかかるといわれ、私は4万円で修理を頼みました。私はいつも父をそばに感じられてうれしいのです。そんなことを思わせてくれたいい広告です。この親子の顔がいいです。

 18ページの大成建築ハウジング、大成パルコンの広告もいいです。もう広告コピーに私は涙を流しています。

可愛かった娘は、いつのまにか
綺麗な女性になっていた。

明日、娘がとついでゆく。
夫は早起きしてカメラを手入れしている。
私の仕事といえば、母からもらった
このネックレスを娘に渡し、
住み慣れたこの家から送り出してあげること。
明日はあなたが生まれてから、
一番素敵な笑顔を見せてくださいね。

次世代へと受け継がれる想い。
コンクリートの家が守るのは、
親と子の強くて深い絆です。

09092505 そしてこのコピーの背景には、多分この嫁に行く娘とたぶんそのお兄ちゃんが映っている写真があります。そしてその前には、お母さんのいうネックレスが。いや、私は説明するよりも、スキャンしましょう。
 いやあ、こうなると、この小雑誌は、もうたくさん紹介したいものばかりです。

 肝心の記事内容もいいですよ。
 最終の30ぺージの「リレーエッセイ『街に出て』」の片岡義男さんの文もいいです。アンドレ・ジイドの『未完の告白』(堀口大學訳)を神保町の古書店の店前の1冊100円で手に入れたことが書いてありまして(他の何冊かの本も手にいれる)、その喜び感動が実に私にも伝わってきます。ああ、もう古書店にも行かなくなったなあ、と思ったものでした。

c48272b6.jpg いつもここの画像には苦心苦労しています。常にデジカメであちこち撮っています。スキャナで何かを映すこともあります。
 写真は17日の昼に長女の家で撮りました。次女の結婚式のときに並べられていたハンカチです。これがどうしてか、こうして見たものです。水で濡らしてありました。たぶん、ポニョのせいだなあ。(07/22)

f711cc79.jpg 喪中葉書を、ここのサイドバーと将門WebのTOPページに置いて、周の年賀状 にその画像を置きました。画像をクリックしますと、実際の葉書をスキャナした画像を見られます。もちろん、私どもの住む住所と電話番号は隠しました。
 でも昨年の義父の喪中葉書の画像とかなり違います。それが少し不可解だったのですが、まず、昨年のは、実際に印刷した葉書をデジカメで撮りましたものです。今年は、私がパソコンで作成したもので、それ直接の画像なのです。
 ただし、実際に送ります葉書の画像は、もっと余白が多いです。どうしても余白がただの空白なので、スキャナで撮って画像にしても、実際よりも余白が少なくなってしまうのです。
 とにかく今年のこの年末12月もやるべきことがたくさんありますね。
続きを読む

c3b6b931.jpg

07031310

 

 

 

 

 

    この一つ前のUPに、パンフレットの写真も載せようと思っていましたが、画像を2つUPしたあと、どういうふうにさらに二つの画像をUPして、それを並べようかということが今の私にはできなくなりまして(前には簡単だったはずなんですが)、それで、ここでUPします。
 これはスキャナで撮りました。でもスキャナだとせっかくのパンフレットがあまり綺麗ではなくて残念です。

e4985d55.jpg

雑誌名 日経パソコン 第525号
発行所 日経BP社
定 価 980円
発行日 2007年3月12日発行
読了日 2007年3月11日

 さすが、たった今使っているプリンタがくたびれてきました。我孫子の家にあったプリンタはブルータスが持って行ったようです。これはその前のプリンタなので、もう替え時なのです。それにしても、もうインク代がかかりますね。なんだかしょっちゅうインクを購入しています。私の鞄の中には、パソコンショップに持っていくエプソンのインクのカートリッジがいつも1,2個入っています(ああ、今は3個だ)。それに、ここにはスキャナもあります。今のは、スキャナも兼用ですね。それにデジカメ画像も簡単に印刷できます。いえ、デジカメ画像は、パソコン上でしか見ないものだったのですが、孫ができると違います。やはり、紙焼きのように印刷してあちらのじじ・ばばにも渡したいです。
 その私には、この号の「複合機120%活用術」がいい内容でした。やはり孫の写真はパソコン上で見るのだけでは不満ですね。

13632bb2.gif 私の事務所の年賀状は、いつも年が開けたら朝0時に私のホームページのTOPページに置き出したものでした。そして来年も、将門WebのTOPページとこのブログ将門のサイドバーの一番上に元旦になって置くつもりです。
 でも今作成したら、もうこのブログで披露したくなりました。
 ここにスキャナで撮りました画像を置きます。サイドバーと将門WebのTOPにはやはり元旦に置きます。

↑このページのトップヘ