12100113 昨日私は、御茶ノ水の理髪店プラドへ行ったのですが、その帰りにおはぎの家へ寄りました。当日はおはぎもミツ君も運動会の代休でお休みのはずです。
 私は駅前のセブンイレブ12100114ンでお菓子を5つ購入して家に向かいました。もう御茶ノ水から、孫のことばかり思い浮かべていました。
 でも家へ行くと、どうしてか留守です。「あれ、おかしな」と思っていると、しばらくして、自転車に乗ったポコ汰が来ました。そしてポニョも来ます。そしてミツ君パパが来ます。みんなで買物に行っていたのでした。
 それでお家へ入ります。すぐにおはぎママとポポが帰ってきます。
 そしてポポは、私の右のデューロカーゴからガラパゴスを取ってゲームをやりたいのです。でもうまく分からないのですが(実は私もよく分からない)、お兄ちゃんのポコ汰がガラパゴスをちゃんと開いてやれるようにします。
 でもポニョも、ちゃんとポポを見てあげるし、優しいにいにいとねえねえでした。
 そこで、でもおはぎが私が歩くときに、とても足が遅いことをいいました(丸2年前くらいからです)。
 それで私の母のことを思い出したのです。

  2010年12月21日母と鎌倉へ行った(1996.04.07)
  2010年03月10日鎌倉での思い出が甦る

 もう私も亡くなりました母を娘が思い出し、私と比較されるような年になりました。
 そんなものなのですね。
  あ、そうだ。この母と鎌倉へ行った日(1996.04.06)は、おはぎは大学生になったばかりで、ブルータスは高校3年生の始業式でした。