将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ソルジェニーツィン

11042115書 名 上海の長い夜(上下2巻)
著 者 鄭念(ていねん)
訳 者 篠原成子、吉本晋一郎
発行所 原書房

  この本も読みはじめたら、たちどころに読まねばならない感じです。主人公がどうなってしまうのかという思いで、一気に最後のページまで至ってしまいました。いろいろなことを考えました。吉本(吉本隆明)さんの「アジア的」ということ、「収容所群島」をはじめとするソルジェニーツィンの数々の作品。それにジョージ・オーウェル「1984年」を思い出しました。

  日本でどれくらいの人がソルジェニーツィンを読んでいるのでしょうか。「収容所群島」においてはかなりなことがあきらかにされています。人類史上はじめて人間を解放するものと考えられたものが、逆に史上最大の陰惨な大衆弾圧と殺戮の場となってしまった。そしてそれは従来考えていたように、スターリンにその責任があるのではなく、レーニンの中にこそその根源があるということが述べられています。ソルジェニーツィンはレーニンの出したたくさんの指示文書の中からそれを抜き出しています。私も読んで「え、レーニンがこんなことまでいっているのか」と驚いたものです。そしてそのレーニンの犯した誤謬とは、吉本さんのいう「アジア的」な問題と、国家の捉え方によるのだろうと思うのです。アジアの巨大な専制政治の残忍さと

  国家はある階級がある階級を支配するため暴力装置

というマルクス国家論の間違えた捉え方レーニン「国家と革命」によると思われます。随分大昔にテレビで見たのですが、ソルジェニーツィンは内村剛介の問いかけにこう答えていました。

 内村「ではスターリンではなく、レーニンにその問題があったの
   でしょうか」
 ソルジェニーツィン「いやレーニンに帰せられるものはほとんど
          ありません。悪いのはマルクスです」

友人と一緒に見ていて、私たちは声をあげて笑ったものでした。
 私は吉本さんが「アジア的ということ」という文の中でソルジェニーツィンを引用しているところを読んで、随分と納得できたものです。しかしそれにしてもソルジェニーツィンをこうして読み込めるのはまたしても吉本さんだけなのかもしれません。

 そしてこの「上海の長い夜」なのですが、まさしくこれらのことのすべてが提示されているように思いました。これは中国の文化大革命で作者の実体験が書かれています。彼女を弾圧取り調べする側からはいつも「国家はある階級がある階級を抑圧する道具である」というレーニンの言葉が、レーニン亜流の毛沢東の言葉がしばしば出されてきます。したがって彼女を拘置している刑務所は、昔は国民党が共産党を抑留していたのだが、今はこうしてプロレタリアがブルジョワ階級を抑留しているのが当然というわけです。しかしこの国家論はいまでもこの日本でもたくさんの党派がたくさんの人が信奉しています。「愛国心教育」などどはずかしげもなくいう、共産主義者とやらがいますからね。
「祖国と学問のために」なんていう機関紙だしているのは一体だれだろう。
 国家に期待してしまっているたくさんの人たちがいます。数々の政治献金等々の問題で検察が駄目だと非難する輩、国鉄が民営化されることに反対していた連中、みんな国家に期待しています。国家と資本が対立すると、やはり国家を支持してしまう人たち、いったい何なのでしょうか。
 この作者は最後は国を棄てます。そうなんです。彼女に対して国は何をやったのでしょうか。一人娘を殺し、彼女を6年半収容所に抑留しただけです。文化大革命のときほど、大衆が政治に夢中になった時代もないでしょう。そんな事態は最低の時代なのです。選挙のときに投票率が圧倒的に高いところなんかは、私はけっしていいところだとは思わないわけなのです。

「1984年」で描かれている世界は、この「上海の長い夜」の世界です。やはりジョージ・オーウェルの予想した未来社会は本当にあったのですね。「1984年」の主人公の仕事は、昨日まで敵国や味方であった国が、その逆になると、あらゆる記録文書を逆に作り替えたりすることです。 この「上海の長い夜」でも、文革の最初は、劉少奇、トウ小平が批判され、やがて「非孔非林」ということで、林彪派が失脚、周恩来も「非孔」という名目で狙われます。そして最後は「四人組逮捕」で、今度はまた江青以下が批判される。そのたびに中国の民衆は、それぞれ誰もが最初から悪かったというのを覚えさせられ、スローガンを叫ばねばならない。まったく「1984年」の世界です。
 作者が中国を出る決意をするのは、やはり無実が証明されたとしても、もうこの国家そのものが信用できなかったのだと思います。

  私自身が祖国に忠実でありたいと懸命になったことは、神様は
 ご存知でいらっしゃる。それにしても、私は失敗した……………
 それが私自身の落ち度によるものではなかったが。

 彼女がカナダやアメリカに落ち着いたときの気持を想像できます。あの全体主義の中からやっと抜け出せたのですから。そして私は考えたのです。日本がこんな国になったとしたら、私はどこへ逃げ出せるのだろうかと。やはりそうならないように、日々生きていくべきなのでしょうね。
 それにしても、できたらこの本が中国語に翻訳され、たくさんの中国の人に読まれることを願います。(1998.11.01)

11030506  アレクサンドル・ソルジェニーツィンは、1918年12月11日〜2008年8月3日の生涯でした。彼が亡くなったこといを新聞で知ったときには、なんだか悲しかったのですが、でも彼の愛したロシアで亡くなったことには私は嬉しい思いでした。
 彼の作品はほとんど読みました。ほぼ大学6年のときに、浦和図書館で借りて読んだものでした。私には『イワン・デニーソヴィチの一日』『ガン病棟』の次に読んだ作品がこれでした。
 最初主人公が逮捕されます。彼は別にこの逮捕はたいしたことではない、すぐに釈放されると考えます。そもそも、彼はスターリンは嫌いですが、レーニンをこそ信じているマルクス主義者なのです。
 でもその収容所に前からいた囚人が彼にいいます。「すべてを疑え、すべてを疑え」。その日から大変に長い収容所生活が始まるのです。多くのマルキストたちがいます。1930年代の革命家と、1940年代の活動家が大論争します。でもでも、どちらも収容所にいるのです。そして入れているのは、ツアーリズムでもナチスでもなく、マルクスを讃える連中なのです。
 この中でも、優秀とみなされた彼は、とんでもない研究を任されます。それは電話に関することでした。優秀なスターリンは、世界のために人間のために素晴らしい研究を成し遂げるのです。私はあのくだらないスターリン言語論を思い出していました。
 もう再び読み返すことがあるのかなあ。でもこうした国家が崩壊したことだけは嬉しいです。(2010.08.10)

 もう驚いたニュースがありました。今月9日のことです。日経ネットの以下にあります。

   http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20090910D2M0904010.html

 この記事の中身は以下です。

c0c6aacf.jpg ロシアの教育科学省は9日、ソ連時代の強制収容所の実態を告発したノーベル賞作家の故ソルジェニーツィン氏の小説「収容所群島」の一部を学校の必読書にすると発表した。ロシア通信が報じた。小説は本国での出版が許されず、1973年にフランスで出版。ソルジェニーツィン氏は翌年、反ソ活動罪で逮捕され、市民権を剥奪(はくだつ)されて国外追放された。

 ソ連崩壊後に帰国した同氏は昨年8月に死去する前、政権に接近。プーチン首相は死去に際し、学校教育で著作をより深く学ばせるようフルセンコ教育科学相に指示していた。(モスクワ=共同)

 この「収容所群島」は、私は日本で発売されたときにすぐに読みました。そして彼の作品は以下のようなものを読みました。

『ガン病棟』
『イワン・デニーソヴィチの一日』
『煉獄のなかで』
『仔牛が樫の木に角突いた』

 この『収容所群島』にはたくさんの註があり、その註を読む中で、サヴィンコフ=ロープシンの死の真相(彼は自殺した、収容所の壁の上から飛び降り自殺されたと言われていた)を知り、もう大変に悔しかった思いでした。
 でもこうして、現代そして未来のロシアで、彼の作品が読まれるのは嬉しいです。間違いなく、彼のいくつもの作品の中で、この『収容所群島』こそが、一番読んでほしい作品のはずです。
 しかし、プーチンのことは、これを読んで、私はすごく評価してしまいました。(佐藤隆家)

続きを読む

f1c389e8.jpg

 まっくまっく のプラムさんが、退院してから、始めてのUPをしてくれました。

14日に46日ぶりに自宅に戻って来ましたよ。なんだかんだ言っても、やっぱり我が家がいちばんね(^∀^)

 まずはおめでとうございます。私はあなたの入院を知って、驚きまして、そして7月4日から手紙を書き出したものでした。最初に以下のように書きましたね。

 あなたのブログの6月29日に、「長〜い病院生活」になるということが書
いてあってびっくりしています。長いというと、退院はいつごろになるのでしょ
うかね?
 でも間違いなく元気に退院され、また元気にブログを書いてくれることを信
じています。

 でも私がこうして書いていたことがそのまま実現されて嬉しい思いです。でも毎日手紙を書きまして(3日休んじゃいましたが)、いわばそれがどうでもいい内容でごめんね。旦那様も、息子さんたち3人も、私のことは知っているにしても、なんだか毎日自宅に届く手紙にとまどわれたかと思います。でも中身はたいしたことはないですからね。思えば、少し羞しいな。

 ランディーもプラムさんの帰還にさぞ嬉しかったでしょうね。

ランディーに何回も何回も顔を痛いほどなめられてしまった。久々の再開にランディーは本当に嬉しそうだったよ。そんなランディーが可愛くて可愛くてどうしようもなかったね(´∀`)

 でもね、手紙に書いたけれど、ソルジェニーツィンが亡くなったことで、サヴィンコフのことを少し思いだし、書きましたね。それで、私はこの社会革命党戦闘団の闘いや、サヴィンコフの苦しい長い闘い、そして彼の自殺(と言われている)のことを、詳しくまた手紙に書こうと思ったのですが、でも考えてみれば、入院中で苦しいあなたにはあまりに関係ないことだと思い直したものでした。また別なところで書くべきだよね。

 とにかく、無事退院おめでとう。そしてもっと元気になったら、なにか美味しいもの、美味しいお菓子を届けます。

続きを読む

9325e790.jpg

 このニュースが飛び込んできました。以下日経新聞の記事です。

作家ソルジェニーツィン氏が死去 旧ソ連で反体制貫く
【モスクワ=古川英治】旧ソ連時代の反体制作家で1970年にノーベル文学賞を受賞したアレクサンドル・ソルジェニーツィン氏が3日深夜、モスクワ郊外の自宅で死去した。インタファクス通信によると、死因は急性心不全。89歳だった。「収容所群島」など旧ソ連の全体主義を告発した著作で知られ、反体制派の象徴的な存在だった。

 ロシア革命の翌年の1918年生まれ。スターリンを批判したかどで1945年に逮捕され、8年間強制収容所で過ごした経験をもとに「イワン・デニーソビッチの1日」などを発表した。1974年に市民権をはく奪されて国外追放となり、米国に移住。旧ソ連崩壊後の1994年に20年ぶりに帰国した。

 もう89歳になられていたのですね。私はロシア文学はかなり読んできたつもりでしましたが、このソルジェニーツィンについては、どうなのだろうかという思いでしばし考えてみました。
 私が始めて読んだ作品は、新潮文庫で『イワン・デニーソヴィチの一日』でした。
 次が『ガン病棟』です。この主人公が、登場人物の中の看護婦のヴェガの格好いい胸に、本を乗せてみたいなんて思うところが実に微笑んで読んだものでした。
 このあとは、『煉獄のなかで』です。これもまたものすごい作品だなあ、と思ったものです。 以上の2つの作品は北浦和の「浦和図書館」で借りて読みました。思えば、あの頃も職場へ行く電車の中で読んでいたものでした。
 まだその頃は、この日本では、いや世界でもかもしれませんが、『収容所群島』は発表をソ連から禁止されていたのかもしれません。
 そして読んだ『収容所群島』です。この作品で、サビンコフの最後の姿のことも知りました。私はもうソ連には怒り狂っていたものでした。
 そのあとが『仔牛が樫の木に角突いた』です。でもたしか、この3月に古書店に売ってしまったなあ。
 ドストエフスキーはロシア文学の最高峰だという思いがありました。だが、この人を知ったときに、もう私はただただ驚き、でもその生涯の辛い存在に、ソ連を憎み、そして結局はやはり共産主義を憎みました。

 この偉大な作家の死に合掌します。そしてちゃんと読み込めていない私が少し嫌になっています。

続きを読む

7e5a9dc3.jpg

 東京新聞6月7日朝刊に吉本さんがドストエフスキーに関する意見 の3 に私はドストエフスキーのことを書きました。でも実はこの私の叔父への手紙では、このドストエフスキーのことはほんの僅かなのです。まったく違うことを書いているのです。ほぼ、ロシア人とウクライナ人のことを書いていまして、そして次のようにも書いています。

このごろ私はチェーホフを読み直しています。前に全集を読んでいたのですが、このごろもう昔読んだ翻訳者でない、まったく新しい人たちの訳本がいくつも出版され、それが実にいいのです。
 私はロシアの作家ですと、ソルジェニーツィンが一番好きでしたが、やっぱり今はチェーホフが最高に好きです。

 この叔父は、私の義父の弟で、もう80歳を過ぎています。でもよくパソコンも使っています。そして、よく文章も書いています。
 それで彼が書きました「『星の王子さま』を読む」という文を読みまして、5月24日の手紙に次のように書きました。

「『星の王子さま』を読む」を拝見致しました。私にもこの本は愛読書でありますから、ついいくつものことを考えたものでした。
 この『星の王子さま』の原作の日本での著作権保護期間が2005年1月22日に満了したためか、今本屋にはいくつもの翻訳が並んでいます。私も嬉しくて、いくつかの翻訳本を読んでみたものでした。もちろん最初のときはもちろん内藤濯訳なわけでしたが。
 でも私が最初にこの本を読んだのは、大学2年の終わりのときです。私はそのとき、東大闘争で逮捕起訴されて府中刑務所に勾留されていました。それで3月に、この原書とフランス語の辞書を入れてもらって必死に読んだものでした。そののちに、あとでこの内藤濯訳の『星の王子さま』を読んだものです。

 もちろん、この手紙でもA4の和紙に3枚、このサンテク=ジュペリへのことを書きました。

    叔父は、ある雑誌の中で、またあの戦争の頃の思い出を一番書いているのです。それへの私の思い、感想も、そのうち手紙で書こうと思っています。

続きを読む

976ead2b.jpg

 私の 郵政公社、郵便配達コスト15%削減へ旅人moo00の冒険人生 さんから次のコメントがありました。

1. Posted by moo00    2006年08月04日 01:53
 周さんこんばんは。
 銀座郵便局で反応してしまいました。
 実はここ、私が初めて社会人として働いた所なのです。郵政職員でした。
 その当時は「東京南部小包郵便局」といいまして、小包専門の郵便局でした。
 中は、今はどうなっているかわかりませんが、大きな機械が沢山ありまして、入局当時はびっくりしたものです。
 私が入る前のことですが、ちょうど爆弾闘争とかがあった頃、あの敷地で爆弾小包が爆発した事件があったそうです。
 そのおかげで、職員の手だか足だかが吹っ飛び、休憩室にあった氷でその取れたものを冷やして、救急隊が来るのを待っていたそうです。
 屋上にはテニスコートがありました。
 で、当時は郵政職員もいい加減でして、空手部の人間なんかが屋上で水を浴びて素っ裸になっていたら、隣の竹中工務店から苦情が来たなんて話もありました。
 もう15年以上も前の話です。
2. Posted by moo00    2006年08月04日 21:52
あ、正しくは「東京南部小包集中局」でした。
自分が勤めていたところの名前も忘れるとは、だめですねえ僕も。

 コメントをどうもありがとう。
 実は私はこのコメントを読みまして、すぐに「東京南部小包集中局」をインターネットで調べていまして。でも爆弾闘争(私は「闘争」ともいいたくありませんが)といいましても、まったく記憶にありませんでした。

 あの頃の爆弾事件は、いわばもう私たちの時代とは、ずいぶんかけ離れた事件でした。その前の警視総監爆破未遂事件とピース缶爆弾事件は、私の友人も逮捕起訴されており、そしてその犯人被告とされた人たちは、みなデッチあげで、大変に苦労していたことを私は知っていました。警視総監爆破未遂事件の一人の被告は、私の昔の彼女のごく親しい友人が彼女になり、奥さんになりましたが、その結婚生活の中で自殺しました。これはこのでっちあげ事件のせいばかりではありませんでしたが、私は、警察及び国家権力が許せない思いでした。
 だが、そののちの爆弾事件というのは、私には、もうわけが判りませんでした。これが誰がやったのか、また権力のデッチあげなのか、それとも反体制派(これで反体制といえるのかな)のものなのかもさっぱり判りませんでした。

 この時期の爆弾事件でも、私のよく知る友人が逮捕されています。夕刊フジでそのニュースで、彼の顔写真を見たときには、びっくりしました。彼は強力な労働運動をやっていたのは知っていましたが、そのときはもう会社を真面目にやっていました。
 でもこのときには、すぐに私の尊敬する大口昭彦弁護士がかけつけ(警察も大口さんが来たので驚いたようです)、もちろん、本人も爆弾なんかとまったく関係のない人間ですから、当然不起訴で釈放されました(でも本人、および親たちには大変なことでしたよ)。

 そんなことがあったので、この東京南部小包集中局の爆弾事件のことはまったく忘れていました。今読んでみても、ひどい憎むべき事件ですね。でも犯人は捕まっていないのじゃないかな。

 そもそも、ロシア革命前の社会革命党戦闘団のやっていた爆弾闘争は、実に今知っていても涙がでます。ロープシン=サビンコフの「蒼ざめた馬」「漆黒の馬」「テロリスト群像」を読んでみても、サビンコフの苦惱に、私はもうどうしたらいいのか判らなくなるくらい考え込んでしまいます。
 現実の世界でサビンコフは、白軍を指揮して反革命派とされ、そして何故かロシア国境をポーランドから逆に越えようとして、赤軍に捕まり、反革命派として裁判になります。その冒頭陳述での彼の言った内容は実に私の胸を打ちます(でも、この陳述にも大きな裏があります)。最後サビンコフは、監獄から脱出しようとして、壁から落ちて亡くなります(でも、これはまた秘密があります。これはソルジェニーツィンが明らかにしています)。

 おそらく、爆弾闘争には、実に重い人間の思いが込められているはずです。それが日本のあの時期の事件には私は感じることができません。

 そんな思いの中で、私はすぐにレスすることができませんでした。それはごめんなさいとしかいうことができません。

 moo00さん、できたら、必ず飲もうね。なんだか、私はいっぱいたくさんの思いがありますよ。

続きを読む

↑このページのトップヘ