将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ソルジェニーティン

75e8b363.jpg

 吉本(吉本隆明)さんのいう「アフリカ的段階」というのは、「共同幻想論」で展開された中で、「アジア的段階」の前に想定される歴史的段階のことです(ただし、「共同幻想論」では、この「アジア的段階」ということでの展開はありません、だよな、というかもう自信がありません)。
 この「アフリカ的」というのは、三木成郎さんを吉本さんが知ってから、言い出されたことだと思います。人間は動物ではあるわけですが、人間の中に植物的と言われるものがあるということを三木さんの言われることで、判りまして、それでこの「アフリカ的」ということを言われたのだと思います。
 ヨーロッパにおいて、「アジア的段階」というのはいつなのか? それはヨーロッパが封建社会から市民革命を経て資本主義社会に入っていくわけですが、その封建社会の前がアジア的段階です。というと、ギリシアの都市国家がアジア的社会の次の古典古代であり、ギリシアに破れたペルシアがアジア的社会だったのかなあ。
 ギリシアだとミケーネ文明社会がアジア的段階の社会だったと思われます。
 吉本さんがソルジェニーティン「収容所群島」のいくつかの箇所を引用して、ソビエト連邦のアジア的なもの(それはほとんど収容所内の出来事で)を書かれていました。それは実に納得できたものでした。
 それで、でも肝心のアジアではどうなんだというと、中国では、宋の時代以降は封建社会と言えるのかなあ(ここで、私みたいな人が、孔子が周国の時代の封建時代を誉めているのですが、そういうことを言い出すと、混乱しますから、私は言い出さないようにしてください)。
 それでこの日本はというと、これまた大変です。鎌倉時代を定義するのも、安土桃山時代を定義するのも大変です。この日本では、弥生式時代からアジア的段階と言えるのではないかなあ。
 それで肝心の「アフリカ的段階」なのですが、この日本では、縄文式時代があたるのではないかということだと思うのです。そしてこの日本に置いては、沖縄を中心とする南島がそのアフリカ的段階なのだということで(このアフリカ的とかアジア的とかいうのは歴史的段階のことで、どちらがどう進んでいる、進歩しているということではありません)、だからこのことで、沖縄の問題(米軍に占拠されていたこと)は考えられるのではないかということだったと思います。

 私は判っていないと言えるようなことなのですが、まずここまで書きます。

  「アフリカ的段階について」の2 に続く

続きを読む

a183a79b.jpg

 同じく私の 周の掲示板に、以下の書込みがありました。

追悼・内村剛介  投稿者:お留守居役様  投稿日:2009年 2月 9日(月)20時57分18秒
1月30日にお亡くなりになった内村剛介さんへの吉本さんの追悼文が、
東京新聞の2月9日夕刊に掲載されています。
   

 内村剛介さんの全集を読もうと決意したときに、彼の死がもたらされました。私には、いつも彼の文章は読みきれない思いばかりがしていたものでした。
 彼がソルジェニーティンについて、書くときに、私もつい「そら、日本人だって棄てたものじゃないだろう!」なんていう思いを抱いていたものでした。

続きを読む

a6b87797.jpg

 周の雑読備忘録「チェーホフ『箱に入った男』」へ、目森さんから次のコメントをもらいました。

1. Posted by 目森一喜    2009年02月24日 17:42
ソ連がロシアとなった時、雇用主である国家が消滅し、失業した女性たちは、マフィアの手で売春婦になって行きました。ソ連=ロシアでは、女性の職業はとても限定されているのです。彼女たちは、性の奴隷として世界中に売られています。「ならず者の経済学」のロレッタ・ナポレオニによれば、今、奴隷の数は、史上最高だという事です。ロシア・マフィアの上部には、ロシア政府がいます。ロシアは、まだ、箱に入ったままのようです。

 ソ連という国家は大嫌いでしたが、そのあとのロシアもひどいものですね。(いや今王子の家ですこし騒動がありまして、それで時間を喰われました。でももう解決しました。あとで書きます)

 私はもう昔っから、共産主義は大嫌いでした。だからソ連なんかも嫌いでした。でも学生時代は、私も元気な活動家(三派・全共闘系の)でした。もちろん、マルクス主義は大嫌いでしたから、いつも大変なことでした。三里塚闘争の初めての機動隊とのゲバルトのときも、三派の中核派の他大学の活動家に、私の思いをいいましたが、相手は少しも判らないようでした。王子闘争でも、闘いの現場でも大変でしたね。いえ、機動隊ともゲバルトが大変ということではなく、私は身体に肌身離さず日の丸を持っていたからです。

 でもでも、とにかく、ソ連が無くなって嬉しいはずなのですが、でもでも、そのあとのロシアもひどい国ですね。あれじゃ、ロシアって、フランスとかイギリスとか米国と変わらないひどい国じゃないですか。あ、ついでに中国も、中共もひどいです。でも中国共産党が変化して無くなっても、中国自体がひどいんですねえ。

 チェーホフは今も私は大好きです。若いときは、当然にドストエフスキーが好きで、その後はソルジェニーティンも好きになりましたが、チェーホフのことは、一貫して好きな作家であり、好きな人間です。

続きを読む

↑このページのトップヘ