将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ダイヤモンド社

14081701
 新聞広告を見て、この本を手にいれました。たぶん2時間かからず全部読めると考えました。この本の帯には、

 1時間後に英語が話しはじめられる!
 「世界標準の英語」だから全世界で通じる!

とあります。
 でもでも私はこの本を30分も読みましたが、そこで閉じてそのあと開ける気になれないのです。

書 名 英語はインド式で学べ
著 者 安田正
発行所 ダイヤモンド社
定 価 1,500円+税

 私は思ったものです。私は別に「英語(米語)が話したい」と思っているわけではないのです。私は前に知り合いの(昔御茶ノ水で私がよく買い物をするコンビニの店長)恋人のある大学の英語の教授のカナダ人に、「(パソコンから)スカイプが使えない」という相談に訪れました。なんでも若い英語もパソコンもできる人が何人も(3人らしいです)できないというので、私も不安でした。私ができるのでしょうか。
 でも彼女のマンションの部屋で、彼を前にして、彼女のパソコンで10秒くらいでスカイプできました。もうその場で彼の故郷のカナダの両親(友だちだったかあなあ?)とスカイプでおしゃべりできました。
 だがだが問題は、「英語が喋られる」ことではないのです。14091611
 ここで夏目漱石を思います。漱石はロンドンで英語は話せたわけなのですが、それでも英語について悩んでしまうのです。ここで思うのです。漱石はインド人でも話せる英語を求めたわけではないのです。漱石の作った漢詩を思います。漱石の七言律詩も絶句も実に美しい音(おん)をしています。杜甫の作った七言律詩にも匹敵する律詩の作成を目指したのでした。
 インド式英語を私は求めません。少しもこの本を読んで面白いと感じられないのです。 インドの家庭では、多くのメイドさんと会話ができないのです。言葉がヒンディー語、ベンガリー語、ドラウィダ語、………等々いっぱいあって、いわば英語が共通語なのです。14091612
 そう思うと、私がこの本を面白いと感じられないのは当然なのです。
 私は中学で英語を習い始めたときより不得意でした。通知表では、4か5でしたが、自分でも不得意という感じはぬぐえませんでした。でもいざ米国人と話すとき(英国人は機会があまりない)は、不思儀とできてしまうのです。これは大昔京都へ行って米国人と話したとき(大学6年のとき)に感じたものです。その後もたびたび米国人と話すときに感じていることなのです。
 だから、別にインド式の英語は必要は感じないのです。私が必要なのは、漱石が漢詩に求めたようなものなのです。それは「インド式の英語」ではないのです。


efaa5fc4.jpg

雑誌名 週刊ダイヤモンド第96巻39号
発行所 株式会社ダイヤモンド社
定 価 740円
発行日 平成二十一年十月3日
読了日 2009年9月29日

 これも目次を記します。こうして書きまして、また内容を読みますと、私にも少しは理解できるような気持になります。

「ふるさと」を救え!
地方はこれで蘇る
ふるさとが今、注目されています。UターンだけでなくIターンもあるように、ふるさとは生まれ故郷には限りません。ふるさとを救うのは我にあり…多面的に「ふるさと再生策」を提案します。
Prologue ふるさとの衰退が加速する
限界集落から消滅に至るケースも出現、地方再生の行動は“待ったなし”の状況だ
Part 1 ”元気”な地域を判定する
ふるさとの町は”元気”か。全国の定点観測と、統計分析を基に、地域の真の活力を考える。
Interview 福井県知事●西川一誠
Part 2 ふるさとを救うあの手この手  
長野県 小川村 村の郷土食で世界を席巻 従業員の最高年齢85歳
長崎県 小値賀町 昔ながらの生活ともてなし武器にUIターン組と観光を産業化
岩手県 葛巻町 なにもない町だからこそできた30年間の継続が生んだ理想郷
Column 従事者急減、指導者不足の林業 合理的な人材育成を担うNPO
大分県 中津市耶馬渓町津民地区 「ノーソン」は皆の触れ合いの場
徳島県 美波町伊座利 人口3割アップの漁村留学 行政に頼らず住民主導で成功
新潟県 妻有地域 地域人口の5倍が集まる芸術祭 作品制作から運営まで住民参加
本誌厳選 ネットで売り込む地域の味 特産品販売で活性化へ第一歩
Column ご当地グルメ「富士宮やきそば」 継続的な話題作り情報発信で成功
Part 3 全国24地域 私のふるさと再生策
山形県鶴岡市←奥田政行/岩手県奥州市←藤田和芳
北海道十勝市←小田 豊/宮城県塩竈市←平間 至
秋田県にかほ市←海老名 保/福島県いわき市←斎藤一彦
長野県諏訪地方←花岡清二/静岡県伊豆の国市←志太 勤
新潟県新潟市←池田 弘/愛知県名古屋市←丹羽宇一郎
富山県立山町←坂東眞理子/石川県白山市←澤田貴司
福井県鯖江市←藤田 晋/大阪府岸和田市←江 弘毅
奈良県奈良市←山田法胤/京都府京都市←立石義雄
兵庫県神戸市←三木谷浩史/和歌山県和歌山市←津本 陽
岡山県倉敷市←宮原耕治/広島県庄原市←山口信夫
香川県高松市←岡内欣也/福岡県福岡市←今里 滋
大分県由布市←中谷健太郎/沖縄県那覇市←知花くらら
「県民性」を仕事や人間関係で活用
List 気候や歴史がつくる47都道府県の県民性
Part 4 「県人会」パワーは今も健在 
県人会が変わってきている。ふるさとにカネや人を還流する機能が活発化しているのだ。
Part 5 2010年注目都市の完全ガイド 
地域活性化のカンフル剤になるのがイベント。来年の奈良や名古屋はどうか。現地をルポした。
Part 6 ふるさと納税はふるさとを救う!? 
自治体により明暗が分かれた。その差から見えてくるのは、よりよい制度の活用法だ。
Part 7 ふるさとを救う知事は誰か 
国と地方の関係が変わり始めている。流れを生かし、ふるさとを救う知事は誰か。
Interview 京都府知事●山田啓二
Interview 熊本県知事●蒲島郁夫

Data Focus
ここでも鳩山詣で
News&Analysis
Close Up
サムスン電子社長が爆弾宣言
「私の辞書には”2位”はない」
inside
アイフルが私的整理を申請 それでも再建は前途多難
看板ビル融資借り換え不調がもたらすダヴィンチの窮地
「白紙撤回」もありうる大混乱 郵政・日通の宅配便統合延期
短答直入 マーク・ピアソン(アクサ生命保険社長)
中国検索最大手バイドゥ 日本のモバイル検索に参入
常識破りの番組購入方法でヤフーの動画配信が黒字化へ
人事天命 郵政・金融担当相
三越、赤字体質脱却なるか 地方7店を別会社化
早耳聞耳 中居英治(バークレイズ・キャピタル証券社長)
Market
株式市場 透視眼鏡門司総一郎
金融市場 異論百出加藤 出
ネット世論調査ふるさと納税
Data Focus
河野龍太郎
企業特集
NTT ドコモ
世界最速のインフラを
手にする「ザ・携帯電話」が
直面する難題
企業・産業
起・業・人 松田 晋(イントゥワン社長)
連載
山崎 元のマネー経済の歩き方
二宮清純/勝負のバランスシート
高杉 良/青年社長 Part
真山 仁/ザ・メディア 新聞社買収
スティグリッツ教授の真説・グローバル経済
2011年就活ガイダンス 業界徹底研究
田中秀征/政権〈史・私・四〉観
野口悠紀雄/「超」整理日記
鈴木棟一/新・永田町の暗闘
櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽
コラム
This Week/The Day/F氏的日常
3分間ドラッカー/上田惇生
Book Reviews
From Readers From Editors
読者アンケート
空から見た地球
特別広告企画(中小企業の再生術)
特別広告企画(オペレーティングリース)
特別広告企画(企業誘致)
特別広告企画(先端歯科治療)
懸賞掲示板
ビジネス掲示板
ゴルフ
堀尾研仁の"使える! ゴルフ学"
勝者のフェアウェイ/角田陽一

 21ページの「人事天命」が郵政・金融担当相の亀井静香を扱っていて、見出しに「亀井郵政・金融担当相のサプライス 金融界が呆れる『時代錯誤の徳政令』」とあります。私も実にこの人には呆れました。私も最初は「この人は何も判っていないんだなあ」と思ったものでしたが、いやかなりな確信犯であり、これはちゃんと狙いがあってやっているのかなあ、と思いました。とにかく、ひどいです。郵便局を元に戻そうとしたら、これはもうどうしようもないなあ。

 196ページの野口悠紀雄『「超」整理日記』ですが、私にはこれの内容がよく理解できませんでした。笠信太郎の「花見酒の経済」(これはもともとは、落語の話です)のことが書いてあるのですが、「自分たちで飲んでしまっては、酒を造る原料を買うことができない。しかし、貯金の利子収入があるなら、それで買えばよい。だから、酒を他人に売らず、自分たちで飲んでしまってもよいのだ」というのは、今一歩判らないのです。……いや、少し判ってきた気がします。

 それでこの「週刊ダイヤモンド」は、全体が『「ふるさと」を救え!』という内容です。だから、いわば「週刊東洋経済」とは、全然内容が違います。でもなかなか読んでいて面白かったです。

08092601雑誌名 週刊ダイヤモンド第96巻37号
発行所 株式会社ダイヤモンド社
定 価 590円
発行日 2008年9月27日
読了日 2008年9月26日

 この号の見出しは、

  特集儲かる会社の「グーグル化」大革命

とあります。
 そして私が真っ先に読んだのは、野口悠紀雄さんの「中小企業こそ、グーグルのデジタルオフィスを使い倒せ!」というところです。 ここは、いわば全文を抜き書きしたい思いになりました。最初に「最近、日本の大学でGメールを採用するところが増えた。……………」とあり、実に納得してしまうものです。もう私も使い始めてからは、もうもとには戻れないなあというところです。
 最後に、著者の『超「超」整理法』という本が出るということです。15年前のときにも、実によく読んだものでした。もう今現代に合わせた改訂版な訳です。出版されたら、すぐに読んで見るつもりでいます。

↑このページのトップヘ