12101603 私はけっこうシャープ製品は使ってきました。パソコンはずっとエプソン(かエプソンダイレクト)を使っていますが、ディスプレイはシャープで(今は偶然ディスプレイもエプソンです)、テレビもそうです。いつも持参しているガラパゴスもそうですし、今まで数限りなく使ってきました。今部屋のあちこちを見に行くと、他にもたくさんあります。
 でも今の事態です。「シャープの凋落」という言葉が使われています。

 そこでこのlivedoorのnewsの記事を読みました。

シャープ社員が激白「ウチの会社がダメになった理由」
 シャープの凋落に「経営判断ミス」が散見されるのは各メディアが報じる通りだ。価格競争時代の到来を目前にしながら、コスト度外視で“品質”にこだわり続けたこと。全盛期に自社製品への供給を優先して得意先であったソニーへの納期を遅らせ、ソニーを怒らせたこと(これによりソニーはサムスンと提携することになる)……。さまざまな要因が積み重なり、今日の経営難を招いたと言えるだろう。
 そうした要因のひとつに「社風」を挙げるのが、ほかならぬシャープ社員だ。

 そうなのか。製品を見ている限りは分からないものですね。12101604

「ひとことで言えば、マジメに働く気がなくなる会社ですね」

「ネットでバカにされていたV字回復プランには、僕らだって苦笑ですよ。液晶パネルをアップルに安定供給することによって業績回復するとか言ってるけど、それでどれだけ数字が改善される見込みがあるのか……などの具体的な話は一切ない」

 ・・・シャープの経営難は「液晶パネル事業の失敗」以外にも原因があるように思えてくる。そして、多くの読者は気づいたはずだ。ここで語られたエピソードの多くは「ウチの会社でもよくある話」だということに……。そう、シャープの悲劇は明日は我が身かもしれない。

12101605 この記事を読んで、「なんでなんだ?」と思っていた私も「そうか、そんな会社なのか」と納得してしまったような幹事です。

 どうか絶対に立ち直ってほしい。でも私は次の会社もどこにするか考えていますが。

  最後の写真は、よく見ると、たんぽぽの花があります。