将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ダルタニアン物語

11102002 ふたり目のフランスの酔っぱらいは、「ダルタニアン物語」の三銃士の一番の兄貴分のアトスです。
 日本では一般に「三銃士」の話で知られる「ダルタニアン物語」ですが、主人公ダルタニアンとアトス、ポルトス、アラミスの四銃士が大活躍する小説です。小説とはいっても、実に長大なる物語で、3つの物語からなっており、一番最初がいわゆる「三銃士」の物語です。
 私には主人公のダルタニアンというのは、どうにも融通のきかない頑固な田舎親父というような印象があります。このダルタニアンは実在の人物であり、現実の彼もあまり愉しい人物ではなかったようです。それに対して三銃士の三人は、まったくの架空の人物であり、アレキサンドル・デュマの筆はこの3人を描くとき実に愉しく軽快になるといっていいでしょう。

 ところで「三銃士」の最初の話ですが、ダルタニアンと三銃士はルイ13世の奥さんの浮気のあとしまつのためにロンドンに向うわけです。それを邪魔しようというのが宰相リシュリユー。全部で従者(この従者たちのひとりひとりがまた面白い)ふくめて8人でロンドンに向います。それが途中で、みんな銃弾に倒れたりして、ロンドンまでたどりついて、役目を果たすのは、ダルタニアン主従だけです。そして彼はパリに帰ってきます。
 さてそれで、あとの三銃士の計6人はどうしたのかとダルタニアンは捜しにいくわけですが、3組ともいろいろなことになっています。そしてその中でアトス主従が一番愉しいのです。
 あのときからもう2週間たつているのに、アトス主従2人はある宿屋の地下の酒蔵にバリケードを築いて立て篭っています。つまりダルタニアン主従が大活躍している間、アトスたちはずっと酒を飲んでいるのです。
 ダルタニアンはまさかと思いながら、酒を飲んでやたら銃をぶっぱなす悪者二人をなんとかしてくれと宿屋の主人にたのまれます。宿屋の主人も悪い奴だったのですが、とにかくこのままいくと酒蔵の酒がすべて飲まれてしまいそうなのです。
 ダルタニアンが行くと、やつとアトスがバリケードを破って出てきます。その出方がまた凄まじい。中から銃を撃って扉を破って出てきた男の顔は、もうこれ以上はあるだろうかというような飲みすぎの素晴らしい表情をしています。そしてダルタニアンに、「こんないい眼に会えるのなら」何度やってもいいというようなことをいい、またしても、ダルタニアンたちと乾杯しはじめるのです。
 映画でもなんでも、あのダルタニアンのロンドンでの活躍、そしてパリへの凱旋を見るときには、是非ともその間、ひたすら酒を飲み続けているアトスの存在を思い浮かべてほしいと思います。
  デュマはおそらくアトスの方がずっと好きだったのでしょうね。
 (なお、これは記憶だけで書いているので、少し違うところがあるかもしれません) 

11091117「ダルタニアン物語」の中では、ポルトスが一番の豪快なのんべかもしれません。アトスは最初の酒蔵立て篭りの話くらいが、はめをはずした姿だけで、あとはけっこうめんどうくさいくらいの真面目な君子という感じがします。実は妖女ミレディーは彼の元の妻でありながら、何故彼がミレディーを棄てたのかよく理解できないところがあります。
 そのミレディーの死後、そのミレディーの遺児が復讐に立上り、またダルタニアンに負けてしまうのですが、その復讐鬼に手をさしのべるアトスの姿はなんだか可哀想な思いがしてきます。そしてもう最後の頃のアトスはもう寂しいばかりの姿で見ていられません。
 ポルトスはけっこう元気な豪傑として描かれていますね。彼が亡くなるときは、たしか「巨人の最後」という章で、海辺の洞穴で豪快に戦い死んいく姿だったと思います。アラミスがその巨人ポルトスのために船の上で流す涙が良かったなと覚えています。
 おそらくはアラミスが一番面白い人物でしょうね。彼はヨーロッパを揺るがすほどの大陰謀を図ります。いわゆる「鉄仮面」で知られる話ですね。だがこの陰謀をうちやぶり、のちのルイ14世を守るのがダルタニアンです。私にはどうにもダルタニアンというのは融通のきかないつまらない男ですね。
 そういえば、ダルタニアンの一見阿呆な感じの従者であったプラッシーが2番目の話では、蜂起する市民革命側の指導者になっており、けっこう凛々しいのもいいですね。ここでもまたダルタニアンは国王側を守る役割をしていきます。ダルタニアンとのいわば昔のよしみで、プラッシーがのちのルイ14世の命を救ってやるのですが、そのときにはずっとプラッシーの方がダルタニアンより恰好いいのです。

 ダルタニアン物語とは、「三銃士」「二十年後」「ブラジュロンヌ子爵」の3つの話からなっています。そしてその中に「鉄仮面」の話などが含まれています。3番目のブラジュロンヌ子爵とはアトスの息子です。多分アレクサンドル・デュマ(Alexandre Dumas )にはアトスという人物が理想だったのでしょうね。この最後の物語でのアトスは少しも愉快ではありません。私には「三銃士」の最初の無鉄砲な彼がいわば一番好きになれるのです。

11080110 このポメラもなかなか書いていられません。

2011/08/01 06:53毎日こうしてこのポメラを開けると、いつもいろいろなことを考えます。
2011/08/01 19:27今テレビを見出しました。もうたくさんのことがありますね。
 いや思えば、たくさんのことをやらないとならないです。

2011/08/02 06:34毎朝朝6時前に5つの私の過去のものをUPしおえました。
2011/08/02 07:51こうしてポメラで書いていると、いつもたくさんのことを思い、頭の中で思い浮かべています。その思うことをいくつも書ければいいのですが、なかなかやっていられません。
 あと、手紙を書きたいし、「ダルタニアン物語」のことを書きたいのですが、どうしましょうかね。このところ、ミレディの息子のことを考えているのですが、私は名前すら思い出せないのです。彼は殺された母の復讐のために闘うのでしたが、父親のアトスに殺されるのですね。なんてひどいことだろう。そしてなんてひどい私の記憶なのでしょうか。アトスとダルタニアンって、実に暗い嫌な男にしか思えません。
2011/08/02 08:00「あひさま」が始まりました。昭和22年と言えば秋に私の父がスマトラ島から帰国して来ました。でも思い出すのですが、今私は自分のブログにいくつもほおずきをUPしていますが、私の遙かな昔の記憶に父と母に連れられて浅草のほおずき市を見ているのです。でもほずきが夏の季節ものだとすると、どうにも昭和22年では私はまだ存在していないから、そうすると昭和23年私が0歳の時でした。そんときの8月に私は父と母に浅草のほおずき市を見ているのです。
 あ、この「おひさま」での校長はひどいな。自分の頭でまともに判断できないのかねえ。
 この日向子のことがとても心配です。

 もう実にこれを書いていられません。テレビを見ていると、そのときに書けるのですが、すぐにテレビが終わると駄目なのですね。

2017051501  2017051502私は「ダルタニアン物語」のことは、以下に書きました。

アレクサンドル・デュマ『ダルタニアン物語』

その中でこの三銃士(主人公のダルタニアンを加えると四銃士と言っていい)の一番の兄貴格のアトスのことを、以下のように書きました。

そしてひどいよっぱらいでいいのですが、そのあとの物語では全然格好よくないです。最後の『ブラジュロンヌ子爵』のブラジュロンヌ子爵とは、このアトスの息子なのですが、ただただ格好よくない父親です。

11051116 でもこのアトスは「三銃士」の物語の中で、悪役である妖女ミレディの実は昔の亭主なのですね。そのことはなかなか語られません。「あんな悪い女だからな」と思いがち(ミレディはアトスとの結婚する前にもいくつものことがあります)ですが、でもでも私から見ていると、その前にアトスが滅茶苦茶な酔っ払いすぎるよ。彼はダルタニアンとブランシュがロンドンにまで行って頑張っているときに、酒屋の酒蔵にこもってひたすらワインを飲んでいるんだよ。酒屋は酒をすべて飲まれると恐慌状態でした(この酒屋も実は悪い奴でした)。
実はミレディは悪い女で、だからアトスがあんなよっぱらいになったのかなあ。でもそうしたことは、頑固で一本義なダルタニアンには少しも理解できないでしょうね。
ミレディは神なんか少しも信じないで、自らで必死に危機を乗り越えようとする強い女です。でもこの女をもう少しアトスが愛し続けていれば良かったのになあ、と私は思えてなりません。(2011.05.12)

続きを読む

201612053711031702 この著者は、1802年7月24日〜1870年12月5日の生涯でした。この作家の父親は、仏領西インド(現ハイチ)の生まれで、母親は奴隷出身でした。それで母親の姓を名乗って、ディマ(「Dumas」)としました。そして、この父親の思い通りに、アレクサンドル・デュマとして数々の作品を書いて行きます。最大の作品がこの長大なる物語です。
この物語は、以下の3つの小説からできています。 『三銃士』  『二十年後』 『ブラジュロンヌ子爵』 。私は鈴木力衛の訳本で25歳のときにすべて読んだものでした。
前にHNKで夕方に人形劇でやっていて、私もときどき私は見たものでした。
でもその人形劇では、ダルタニアンが一番なんだか格好良くて、私は「原作とは違うな」という思いでした。まあ、最初の 『三銃士』(実はダルタニアンは三銃士ではなく、もう一人の言わば四銃士の一人です)では少しは格好いいのですが、腹が減ったという従者プランシェを飯をあげないで(食べさせる飯を用意できない)殴ったりしています。実は私はこのダルタニアンが少しも好きになれません。
アトスは、最初の話では、ダルタニアンとブランシュがロンドンに行っている間、酒屋の蔵で従者のグリモーと一緒にワインをずっと飲んでいたりしていいのですが(でもさ、その間うんこしょんべんはどうしたのだ)、そしてひどいよっぱらいでいいのですが、そのあとの物語では全然格好よくないです。
最後の『ブラジュロンヌ子爵』のブラジュロンヌ子爵とは、このアトスの息子ラウルなのですが、ただただ親父ははなはだ格好よくない(私にはそう思えるのです)父親です。
私がやはり好きなのは、豪快なポルトスと野心家アラミスです。最後の物語で、亡くなったポルトスのために涙を流すアラミスがいいです(実は、「涙を流した」とは判らない書き方ですが)。
ここで四銃士の名前と従者をあげておきます。この従者もひとり一人が実に面白い存在です。

ダルタニアン プランシェ
アトス    グリモー
ポルトス   ムースクトン
アラミス   ハザン

あとそうですね。私には、どうしてもミレディという女性がものすごく魅力的です。実は彼女はアトスの昔の妻なのですね。

私は、以下に書いていますが、

ダルタニアン物語のことで
「ダルタニアン物語」と「鉄仮面」

私は、どうしてもダルタニアンが好きになれません。まあ、これは仕方ないかなあ。「皆は一人の為に、一人は皆の為に、"Tous pour un, un pour tous"」というのは、ダルタニアンが発案する言葉なのですが、この物語でダルタニアンこそがこれを守りきっていないような気が私にはしていますのです。もっとも彼だけが実在の人物であり、あとはみな小説の中の人物だからかもしれません。

続きを読む

93163966.jpg 12日に書いたのですが、菊池寛の『忠直卿行状記』は書けないで、『ダルタニアン物語』のことを書きました。それできょう書きました。この物語は夕方長女の家でHNKで見ているのですが、私はダルタニアンはあまり好きにはなれません。アトスはあの頃は酔っぱらいでいいのですが、でも彼はミレディの元の亭主なんですね。それで二人の子どもをアトスは殺してしまうのです。暗い話だよな。私は豪快なポルトスが好きですし、アラミスも好きです。ポルトスの死に涙する(これは第3部の終の話ですが)アラミスが実にいいです。
 写真は4月4日午前11時56分の王子教会の前にあるお花です。(04/14)

 私は、7月10日に

   http://shomon.livedoor.biz/archives/51687121.html
              エルネオス2009年7月号でお手紙しました

で書きましたように、

アレクサンドル・デュマ・ペールには、『鉄仮面』なる作品はありません。この話は、アレクサンドル・デュマ・ペールの『ダルタニアン物語』の第3部の『ブラジュロンヌ子爵』の中に、『鉄仮面』も物語が出てきます。『ダルタニアン物語』は第1部が『三銃士』で第2部が『二十年後』で、この第3部が一番長大です。

eebaa618.jpg 私はこの第3部の中に、『鉄仮面』の物語が含まれていると思っていました。同じくここの私は次のように書いています。

 ただし、『鉄仮面』なる小説は黒岩涙香の翻訳小説はあります。原作はフォルチュネ・デュ・ボアゴベーで、海外ではほとんど読まれていません。

 ただ私は、

   http://shomon.livedoor.biz/archives/51687422.html
            ダルタニアン物語のことで、目森さんからのコメント

で、目森さんが指摘してくれていた以下は判っていました。

ダルタニアン物語」の中に「鉄仮面」と題した刊はあります。文庫だと「-物語」の10です

 ただ、いわゆるそもそも「鉄仮面」という小説が、この「ダルタニアン物語」の第3部の一部の物語なのかははっきり判りませんでした。
 でも今は判りました。やはり私は書きましたように、黒岩涙香の翻訳小説「鉄仮面」は、原作はフォルチュネ・デュ・ボアゴベーです。

 私は以下に書きましたように、

   http://shomon.livedoor.biz/archives/51690160.html
                       鉄仮面」のことで訂正します
   http://shomon.livedoor.biz/archives/51690195.html
                        ダルタニアン物語のことで

 この長大なる「ダルタニアン物語」の一部がこの「鉄仮面」の物語で、そしてこれはけっしてアレクサンドル・デュマ・ペールの「ダルタニアン物語」の第3部を抄訳しているものではありません。その「鉄仮面」の物語、石川登志夫訳の「仮面の男」を読んだ私の思いについては、またあとで書きます。いえ、ついでに私は「仮面の男」(鈴木敏弘訳)を読んだ思いも、またあとで書きます。今は、もう他のことで忙しいのです。

続きを読む

 09070205   エルネオス2009年7月号でお手紙しました目森さんが、次のコメントをくれました。

1. Posted by 目森一喜    2009年07月04日 01:28
「ダルタニアン物語」の中に「鉄仮面」と題した刊はあります。文庫だと「-物語」の10です。
 アラミスはイエズス会の修道士でかなりの高位にいます。鉄仮面陰謀はイエズス会の陰謀でした。イエズス会のアラミスは秘密結社として行動します。
 銃士たちが散り散りになり、ダルタニアンも死に、アラミスだけが生き残り・・・王は愚昧で・・・初期のくったくない三銃士とはずいぶんと違いますね。

 あ、そうかイエズス会というのをすっかり忘れていました。
 この物語は、最初の「三銃士」の物語は面白いのですが、あとはどうにも読んでいて辛いです。

 最初の話で、三銃士とダルタニアンの従者含めて、8人でロンドンに向かいます。でもみな襲われる中でちりじりになり、ロンドンについて役目を果たすのは(役目といっても、誰だったかの浮気の後始末です)、ダルタニアンとその従者プランシェです。
 それで、あとの三銃士とその従者の6人は、もうみんなそれぞれ大変なことになってします。なかでも、アトスとその従者グリモーはものすごいです。
 この二人は、ある酒蔵に籠もっていて、ずっと頑丈なバリケードを築いて、ワインをかぶのみしているのです。私はあのロンドンで華々しくダルタニアンとプランシェが活躍している中、ずっと酒を飲んでいるのかと思うと、なんだかおかしくてたまりません。
 酒屋の主人に、籠もっている二人をなんとかしてくれ(実はこの酒屋も悪い奴でした)とダルタニアンは言われて、声をかけますと、もうひどく飲みすぎという顔で、アトスがバリケードを破って出てくるのです。そしてダルタニアンとの再会で、また酒を飲み始めます。
 でもでも、他のポルトスとその従者ムースクトンも、アラミスとその従者ハザンもまたとんでもない事態になっています。
 ただ、この三銃士の物語は、全体が、ミレディーという圧倒的な美人で妖婦の物語になっていまして、実はこのミレディーはアトスの元の奥さんでした。だから、この話がつらいです。このミレディーを結局は、アトスは殺すわけですが、さらに二人の間に生まれた息子とも対決することになります。
 なんだか、辛い嫌な話ばかりですが、第2部の『二十年後』では、ダルタニアンの従者だったプランシェがフロンドの乱(これは実際の歴史上のできごと)を率いる指導者で実に格好いいです。むしろダルタニアンは、やはりガスコーニュの頑固な親父でしかない感じがします。
 第3部の『ブラジュロンヌ子爵』は、そもそもこの子爵がアトスの息子ですが、もうなんでこんな題名にしたのかな、と思うほど面白くない男です。でもこの物語が一番長いのですね。
 この物語で、もうアラミス以外はみな死にます。なかでもポルトスの死は、「巨人の最後」という話で、華々しく討死します。あとは、たしかダルタニアンはオランダ戦で死んで、アトスは寿命で死ぬんじゃなかったかな。
 でもこの物語で、たくさんの歴史上の人物が出てきて、実に興味深いです。
 でも、「アラミス」「ポルトス」「アトス」という名前も面白いよね。最初ふざけているのかとダルタニアンが思うところがあるけれど、それは実によく判ります。

 しかし、もうこの物語も、もうはるかな彼方へ行ってしまった思いになります。

続きを読む

a109a396.jpg

 私は今年の1月から、東京北区の王子に妻の実家に住むようになりました。義父の身体の具合が悪く入院して、義母の介護をしなければならなくなったからです。
 だが、義父は3月9日に亡くなりまして、義母の介護も、もう臨時的なこととはいえなくなりました。もう来年の3月には、次女も結婚しますので、そうしましたら、長く住みました我孫子ですが、引き払おうかと決意しています。
 そうなるのなら、本格的にこの王子の住民になろうと、すぐ近くの図書館の利用カードを手にしました。今思えば、もっと早くやるべきでしたが、私は職場事務所は御茶ノ水であり、自宅は我孫子だという意識が強くあったのですね。
 もうそうではなく、ここ王子の住民になろうと決意しました。我孫子には、私の大事な母がいますが、その母のことは義姉にまかせます。もちろん、私もときどき母に会いに行きます。
 でも、この王子にも大切な義母がいます。だから私はここの住民になるのです。それで一昨日(10月21日)自転車を買いまして、その前日この図書館のカードを手に入れました。

 http://www.kitanet.ne.jp/~kitalib/  東京都北区図書館ホームページ

 今の図書館というのは、こうして自在にインターネットが使えていいですね。これなら、図書館の本をいわば自分の蔵書のように考えていけます。
 私は昔北浦和にありました浦和図書館で、かなりな本を読みました。思えば、中里介山「大菩薩峠」、アレキサンドル・ディマ「ダルタニアン物語」、それに島尾敏雄はすべての作品をここで読みました。
 我孫子図書館もよく利用しました。山口瞳の作品は、「男性自身」含めてほぼすべて読みました。だが、我孫子図書館は私の印象では、あまり本が増えないので、そのうちに、この図書館までいく途中の古書店で、早川文庫のSF等々をたくさん買いまして読むようになったものでした。

 私はこのごろ、読む本を探すのが大変なので、まずは明治書院の漢文大系をすべて手に入れて読もうかなんて思っていました。莫大な量があり、お金がかかりすぎますが、簡単に読めないから、自宅でゆっくりという気持でしたが、もうそばのこの図書館ですべて間に合います。
 それと今は、こうしてインターネットが使えるのが実に便利です。
 どうしても、自分の本にはしたくないが、どうしてもある部分を探して読みたい著者がいます。でもあちこち探してもありません(たくさんある文庫本には載っていないのだ)。神保町のある本屋ではあるのですが、その著者の全集のある部分だけを読みたいから、その1巻だけ欲しい、しかもそれがどこにあるか判らないので、探したいなんていえません。大きい本屋の上のほうの棚にあるし。
 でもこうしてインターネットで探せれば、東京中の図書館の本を探して、借りることができます。これができれば、実に私は助かることがあるのです。
 このサイトは、私のブログ将門のサイドバーでリンクしています。

続きを読む

↑このページのトップヘ