将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:チャット

 私は昨日目森さんと電話で話していて、互いに同じauのケータイを使っているので、3月になったら一月390円であと無制限というサービスにしようと思っていたのですが、すっかり忘れ果てて、昨日ケータイでやったのですが、やはり4月からになってしまいました。残念です。私はいつもお馬鹿です。
 でも、もう私の妻と長女はソフトバンク同士でもう随分前から無料の電話をかけています。ドコモも似たようなサービスがあるのでしょうね。思えば、私の父や母の次代は、電話というのは用件のあるときだけかけて、そしてそれもちゃんと手短に話すことが言われていました。今の私は電話というのは、かける際はできるだけどうでもいい話を延々とするようにしていますが、でも実はできないものですね。
 やはりケータイメールでやるほうが、私なんかは性に合うように思いますね。
 私はスカイプもケータイを持っていますが、これまた中国の方からの会話で困ってスカイプ名を変えたものでした。私はチャットで、中国の詩人の杜甫の漢詩の話や、孔子の話等をしたいのですが、彼らには関心がないようです。もうがっかりというところなのですね。

携帯の通話料が一番安くなるプランは? 5キャリア比較
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=MMITfe000018032009&cp=1

c4b8de9e.jpg たった今、友人とスカイプでチャットしていました。最初はひさしぶりなので、音声で話そうと思っていたのですが、とにかく彼がオンラインかどうか分からなかったので、まずチャットを送りましたら、返事がありましたので、それから約1時間チャットで会話していました。
 思えば、こうしてチャットで会話しているのもいいですね。テキストで画面に出てくるというのは、実にいいです。すぐに読み返すこともできるから、話題をあまりはずさないで会話を継続できます。
 できたら、このごろ連絡をしてくれた友人たちとも、このスカイプでチャットしていきたいなあ。
 もうせいいっぱいスカイプを使っていきましょうね。
続きを読む

fcab1ac9.jpg

 たった今、越谷のお家に行っているポコちゃんの顔が見たくて、スカイプしました。昨日もやったのです。でもポコちゃんは、パソコンから聞こえているじじの声はなんだかわけが判らなかったようです。でも「あれッ、じじのことが聞こえるな」とは思ったことでしょう。でも昨日予定していた、「あ、今度はこのスカイプの画像を撮ろう!」と思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました。これでまた写真を撮るためにだけスカイプすると、おはぎに怒られてしまうなあ。
 おはぎに、「パパのは『退席中』になっているよ」と言われて、「オンライン」になおしました。
 いえ、パソコンを開いていても、けっこういろいろな人からスカイプでの呼びかけがあります。こちらが、他のことで忙しいとき(パソコンで急ぎの仕事もしているわけです)に、困ってしまうことが多々あります。とくに中国の若い女性からスカイプがあることが多いのです(初対面でも日本語のできる彼女たちがスカイプしてくることが多いのです)が、仕事中とかメルマガや手紙書いているときは困ってしまいます。手紙は印刷したら、すぐに集配の時間にあわせてポストに入れないとならないのです。
 それで私は、昨日

   ツール───設定───プライバシー

で、「通話を許可するユーザ」と「チャットを許可するユーザ」のところを「認証したユーザのみ」にしました。
 たくさんの新しい方と知り合いたい気持もありますが、とにかく仕事やその他のことも急ぎのことはやりとげないとならないのです。
 それで電話(スカイプも電話機能ですね)というのは、実は非常に面倒なものです。電話しながら仕事を続けるわけにはいきません。スカイプで、かなり親しい友人となら、他のことをやりながら、ずっとお喋りしたり、チャットしたりできますが、初対面の方とは難しいですね。

 でもポコちゃんは、まだお喋りできません。でも私のほうの画面をさっきは不思儀そうに見ていたなあ。早くお喋りがしたいものです。

続きを読む

e098b25a.jpg

 今朝に午前0時頃、ある方からスカイプの要請があって、OKしまして、話すと、中国の女性でした。スカイプ名がローマ字で表記されているから、誰だか、どこの国の人だか、男性か女性かは判りません。でも話してみると若い女性で、どうしても日本語がそれほど上手ではありません(それで日本人ではないなあと気がつきました)。それで、中国の江南(でもあとで考えると、彼女は湖南と言ったのかもしれないな)に住んでいる女性だといいます。だから、すぐ私は「楚辞」を書いた屈原が身を投げた湖のあたりだといいましたが、彼女は判らないようでした。私は江南だと、杜牧の詩が思い浮かんだり、文天祥を思い浮かべたりしていましたが、湖南だと、もっと細かいことに気ずくべきでしたね

 でも、発音だけだと、どうしても判らなくなるので、私はチャットすることをいいました。
 それで、チャット交えて、かなり長い間喋っていました。
 彼女は、湖南に住んでいますが、出身は黒龍江近くだということでした。だから、そこは昔は日本人は満州と言っていたとお話しました。
 以下私がチャットしたた部分の一部で。私のほうの発言のみです。

[1:05:37] 周の発言: だって、司馬遷だって
[1:05:51] 周の発言: 自分で学んだわけでしょう
[1:06:07] 周の発言: 「史記」を書いたね
[1:06:22] 周の発言: 「史記」は日本人のも
[1:06:29] 周の発言: 日本人にも
[1:06:37] 周の発言: 大切な書物です
[1:06:47] 周の発言: 三国志
[1:06:54] 周の発言: 三国志演義
[1:07:03] 周の発言: 曹操
[1:07:08] 周の発言: 曹丕
[1:07:21] 周の発言: それから諸葛亮
[1:07:51] 周の発言: 諸葛亮孔明
[1:08:13] 周の発言: 出師表を暗記したものです
[1:09:14] 周の発言: 三国志(正史)では、孔明はあまり格好よくない
[1:11:05] 周の発言: 曹操の「短歌行」が好きですよ
[1:11:16] 周の発言: 全文暗記しています
[1:11:36] 周の発言: 曹丕にも「短歌行」があります
[1:12:44] 周の発言: 近代では魯迅くらいしかしりませんよ
[1:18:28] 周の発言:  送元二使安西
 王 維
  渭城朝雨邑輕塵
  客舎青青柳色新
  勸君更盡一杯酒
  西出陽關無故人

 彼女のほうが書いてくれるのは、ときどき漢字が簡易文字なので、判らなくなります。それを言葉で聞いたりして大変でした。
 以下も私からのチャットです。

[1:35:06] 周の発言: ○○ の蓉 は「芙蓉」という花の蓉だね
[1:37:26] 周の発言: 芙蓉鎮
[1:37:44] 周の発言: 劉暁慶
[1:38:06] 周の発言: 謝晋
[1:38:25] 周の発言: 1987年の映画です
[1:39:29] 周の発言: これはいい感激した映画でした
[1:40:05] 周の発言: 我的父親母親
[1:40:24] 周の発言: 張芸謀
[1:40:45] 周の発言: 初恋のきた道
[1:41:01] 周の発言: 章子怡

 ええと、もちろん喋りながら、こうして文字で書いてもいるわけです。漢詩はもっと長い詩を二つ書きましたし、孔子・釈迦・基督のことも話しました。孔子の奥さんはブスだと書いたら、この「ブス」の説明が大変だったなあ。
 でも彼女が20歳で、私が58歳です。
 なにしろ真夜中だったので、大声は出せないので、今度また別のとき(私は何しろ声が大きいのよ)に、詩を吟うと私は約束しました。
 それと、私は自分の母が病気で入院していることをいいまして、きょうも面会にいくことをいいました。彼女は、自分のお母さんはたいへんに厳しい母親だと言っていました。
 その他、もういろいろとお喋りしましたよ。

 思えば、今の20歳の日本の若者と私はこうしてお喋りすることができるかな。私なんか相手にされないかもしれないなあ。中国の「三皇五帝」の話なんかしても、中国の人すら、なんだか判らない話のようだから、困ってしまいますね。
 あ、彼女が口に出してくる、中国の若い歌手のことは、その人たちも、その歌名も私はまったく判りませんでした。
 仕方ないよなあ。私は58歳のおじんだしなあ。

続きを読む

3bdf44c7.jpg

 周の雑読備忘録「小川信『細川頼之』」を書いているときに、私のスカイプのケータイがなりました。それで誰か友人かなと思って出てみると、北京の女性でした。私は、ケータイに出まして、お喋りしましたが、彼女は大学で心理学を教えているということでした。ちゃんと日本語で話してくれます。
 ただ、私が受けとったのが、スカイプでもケータイだったもので、途中でお喋りでは判りにくいところを、チャットするわけにいきません。それにケータイは左手で持ちますから、右手だけで文字を打つわけにはいきません。
 それで、今はケータイなので、文字が打てないから、パソコンに切り替えることを申し出まして、すぐにケータイを終了して、パソコンでスカイプします。
 パソコン画面だと、テキストでチャットもできますから、これだとはっきりするのです。
 彼女が心理学だというので、心理学だと私はよく知らないが、昔高校生の頃フロイトを読んだ、なんていう話をします。だが私は「精神分析入門」の話をしようとして、これはフロイトという名前はすぐに判ったみたいだが、この精神分析入門というのは、日本語でお喋りしても判らないだろうから、テキストで打てばいいと思って、チャットのできるし、私が両手でキーボードの打てるパソコンでのスカイプにしたのです。でもサ、「精神分析入門」って、中国語だとどう書くのかなあ?
 ただし、今度は彼女のほうに電話が入ってきたというので、お喋りはできませんでしたが、チャットはできました。
 実は私は、細川頼之のことを考え、それを書いているところで、彼女は他の電話をしながら、二人でチャットしていたわけです。
 でもこれはいいなあ。彼女は若い方なので、実に日本語も早く話し、かつテキストを打つのも早いです。
 ただし、彼女が30代前半なのに、私が58歳だというと、驚いていました。

 こうしてチャットもできて、電話でもお喋りできるのは愉しいです。

続きを読む

2822c6b8.jpg 義母は休日のときには、眠ってばかりいるせいかかなり記憶が混乱してしまいます。そちらへ行っていますと、少しは頭の中が整理されているようです。
 つい先日ある方と長い間スカイプでお話しました。スカイプだとある時間帯はチャットでお話して、それがテキストで残りますから、あとで読み返してみて、またそれで別なことが考えられます。もう50代、60代の方はぜひやってほしいな。遠い地方や海外でも料金をまったく考えないでお喋りできることは実にいいです。(3/09)
続きを読む

8b71faf0.jpg

 私は実にケータイメールを多用しています。私とつき合う友人も私と仕事上でもつき合うのに、みなケータイメールを使っています。ケータイメールが使えないと、そのうち間違いなく私とのつき合いも疎遠になります。携帯電話の電話機能しか使えない方は、次第に疎遠になります。もう今ではつき合いはない方ですが、やたらに携帯に電話してくる方がいました。実は私だけではなく、誰にでも携帯で電話しています。でも人は携帯でも普通の電話でもいつでも出られるわけではないのです。
 それで私が今はいつも持参して使っていますロジテックのスカイプ携帯端末ですが、これがメールできないことがとても残念です。これは日本語入力ができないのですね。ただし、私の画面にコンタクト名は、日本人・中国人の場合は漢字で表示されています。それはパソコンのスカイプ画面で入力表示しますから、それがロジテック携帯端末でも反映されるのです。
 私はパソコンでスカイプするときには、耳にマイクのイヤホン(口のすぐそばにマイク)を入れてやりますから、両手は空いているので、それでパソコンを打っています。
 これで、昨日気がついたのですが、まずスカイプにはボイスメールがついています。これは私も多用しています。でもやっぱり文字で長く書くべきことがあるじゃないですか。例えば、会社の経営に関する数字に関連したことや、登記手続に関したこと等々は言葉ではなく、文書で示したいものです。そうでないと、声では面倒でなりません。
 そんな思いのときに、スカイプのチャット機能を使うことに気がつきました。チャットというと、すぐに同じ場にいて、パソコンで打って相手に返さなければいけないように私は思い込んでいました。いや、これは私だけではなく、誰でも同じに思っているかと思います。でも実は私たちはいろいろな用があるわけです。
 私は スカイプ3.00.2.16 に次のように書きました。

でもそれでバージョンアップするのですが、途中で郵便局に手紙出しに行きましたり、かつ西安の少女ともチャットしていたり、そして夕食も食べました

 実は、まだその他にもいくつもやっていました。それで西安の子は中国人なので、日本語書くのは大変で時間がかかるのでしょうが、その他の方はそうではないのですが、もうチャットをリアルタイムでやっている暇がありません。でも私の京都の友人もそれに気がついたようで、私は食事が終わって(私は食事と言っても必ずお酒を飲んでいるのだ)、パソコンのスカイプ画面をみると彼のチャット画面が残っています。彼もまたチャットをメール伝言として使ってくれていたのです。
 これは私の大発見です。でもこれは、その多くは 目森一喜 さんとのスカイプで話をしている中で二人で判ってきたことです。これは大事な大切なことに気がついたものです。

 それで、でもロジテックの携帯端末を使っているときには、このチャットもできません。日本語入力ができないからです。
 できたら、次のこのスカイプ携帯端末は、ぜひとも、この日本語入力機能がほしいです。多少機器が大きくなっても重くなっても構いません。そうすれば、この日本の(というよりも全世界も同じですね)ケータイは一新されますよ。
 いや、逆に言いますと、今の携帯側がスカイプ機能を取り入れてもいいわけですが、それはやりきる決意がどこのメーカーもできるかなあ。

 その意味で、ソニーの「パーソナルコミュニケータ」mylo(マイロ)という製品は注目しています。

続きを読む

↑このページのトップヘ