将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ツイッター

13052308 今日の日経新聞のNIKKEIプラス1に「私のお楽しみ」というところがありまして、インターネットで見ようと思ったのですが、これはまだUPされていません。
 ものすごくがっかりしたのですが、とにかくここには以下がUPされています。

第1位 Facebook
第2位 LINE
第3位 Instagram
第4位 Kindleアプリ
第5位 Twitter

 私はこの中では先日LineをここのサイドバーにUPしました。まだよく使えていないのですが、なんとか使えるかなあと思うところです。
 フェイスブックはまだよく使えていません。ツイッターは過去は毎日朝けっこうな量をUPしていましたが、今は休業というところです(まだ少しやる気なのですが)。
 やれているのは、この将門Webというブログだけです。これのUP数だけは、世界でも私が一位だろうと(ただし、中川翔子さんなんかの方が書く数は上です。私は書いている量がなのです。質は駄目です)、思っています。
 ただ、このInstagramはパソコンではなく、スマートフォンなのですね。今日孫じゅにに会いに行きます高速バスの中でやってみます。

13010612  もう7日なのですね。早いものだなあ。もう正月も終わりだなあ。
  いえ1月の正月はまだまだあるわけですが、もう新年のお祝いという気分はありません。これは当然というか、少し寂しい思いもします。しようがないよね。

  今年ツイッターをまだやっていないから、やらないといけないなあ。フェイスブックもどうやって行こうかなあ。

12062507 前には、毎日必ずツイッターをUPしていました(といいましても、自分のブログにUPしたものの題名を書いているだけ)のですが、このところさぼっていました。よくないなあ。
 もっときちんとしていかないとなあ。
 昨日飛鳥山と王子駅の間のあじさいの路を歩きました。それでお菓子とさくらんぼを持って行きました。でもポコ汰はもう懸命に字を読んでいました。ポニョとポポはお菓子を喜んで食べています。
 それにポニョが私のIS01を探し出してやりまして、でも私がガラパゴスを持って行くのを忘れていて、これはポポにはとってもいけなかったです。ガラパゴスはゲームが楽しいらしいのです。
 ゲームなんか、まったく興味のない私では困ったものです。今後絶対に忘れないようにします。

12060105  いつもパソコンに向かうことから私の一日が始まります。

  私は自分の将門WebにいくつものUPをしています。ツイッターは、そのUPの題名を書いているだけです。
 ただ毎日一つは書いている文章があります。それを一つだけではなく、このIS01でもUPしていきたいですね。
  ときどきはUPしているのですが。

12052406  以下に書きましたが、年賀状の整理はこのあとまったくできませんでした。

2012/05/24 14:59昨日妻から言われたので、私の家族宛の年賀状を整理しているのですが、もうこれが実に大変です。いやもう年賀状は決して見ないようにしているのですが、それでも実に時間のかかること、大変です。半ば「大変だろうな」とは予想していましたが、まだ3年分くらいしかやっていないのですよ。あと2年分くらいはやるつもりです。
 しかし大変ですね。年賀状をもし手にとって見始めたら大変なことになってしまいますね。
2012/05/24 18:253日間ツイッターをやっていなかったので、さきほどやりました。私の「ツイッター」は私のブログの将門WebにUPした見出しをすべてUPするようにしています。これがかなりな数ですね。140字を意識して、140字いっぱいに書くようにしているのは、一日に一つです。まれにまだほかにも書くことがありますが、それはほぼIS01で書くことばかりです。
 私はこのブログの将門Webを書くことを第一にしているので、しばらく今回のように休んでしまうと(3日やっていなかったのかなあ?)、そのあとはけっこう大変です。
2012/05/24 19:02今はテレビの前にいるわけですが、ここでIS01でツイッターをやりました。こうしてIS01はいいですが、でもやっぱりパソコンのようにはいかないなあ。

 私の部屋の入り口にあって、私がいつも足がつかえて困っていたのが「埴谷雄高『死霊』」でしたが、それを片付けたら、今度は「梯明秀(かけはしあきひで)『ヘーゲル哲学と資本論』」でした。こんな本がなんであるのかなあ。読んだのは40年くらい前だよ。

12041723 私は、いつもこのブログも書いているのですが、昔からインターネット上のホームページのときも、その昔はパソコン通信のときにも、けっこう量を書いていました。でもあくまで「量」なので、「質」は実に悲しいほどありません。
 でもツイッターで、ある人に次のように言われました。

 ツイッターはこの短いテキストで言いたいことを言うツールなのです。周さんのような長文派にはむかないかもしれません。でも、慣れるとこの短さがいいのですよ

ということなのですが、実はこれは私には面白くありません。これでは私が何か「長文派」というような派閥のようではありませんか。
 かつ私はわざわざ長い文章を書いているわけではありません。
 ゲーテの有名な言葉に「今日は忙しかったから短い手紙を書けなかった」というのがあるのですが、芥川龍之介にも同じような文章があったかと思います。
 私はツイッターで、次のように書きました。

  いや別に私は「長文派」でもないよ。『「書き言葉」と「話し言葉」』では、『書き言葉』派といえるかもしれないけれど。

 そうなのです。

12032305 またこうしてポメラで書いてUPします。

2012/03/24 04:23もう私のブログにはUPしました。ツイッターもやりました。いえ、ツイッターはこれからでもやれるわけですが(そうだ、このあとIS01でやろう)、IS01でもやるべきだなあ。
 今IS01でツイッターしました。すぐに私のブログ「将門Web」でも「ポッドキャスト将門」でも書かれて、見られることでしょう。
2012/03/24 04:48今いくつか、このポメラの辞書をさわりました。いくつかの単語が複数登録されていたのです。いくつか削除し、そしてまた別にも登録しました。
2012/03/24 05:13どうしてもいくつものことをやってしまいます。しょうがないものですね。
 私は自分は文章を書くことには他の人よりは慣れているという思いこみがありました。だが、じゅにの見舞いをしていたときに、見事それができていないことを痛感しました。毎日ケータイメールで、妻、長女おはぎ、ミツ君にじゅにのことを報告していたのですが、おはぎから、「パパのは少しも分からない」と言われて、もう私はものすごく反省して必死に書くようになったものです。
 昔の年賀状だと(ほとんどの人が)、あたりさわりのないことを書いてきます。私もそうでした。でもケータイメールでは、それでは困るのです。具体的にじゅにの状態を報告する義務が私にはあるのです。私はもう大いに滅茶苦茶に反省しまして、それからは必死に書いて行ったものです。分かるように具体的に書くことが大事なのです。
『「書き言葉」と「読み言葉」』ということを思います。この列島で、日本人は日本語を一万年くらい前から使っているのでしょう。それが読み言葉です。でも私たちと同じ書き言葉を使ったのは、まだ千年か、千百年くらいしか経っていないのです。
 このことを強く思います。

 このことは大きなことです。そのことをおおいに分からないといけないのです。私自身がよく分かっていなかったのです。吉本(吉本隆明)さんは、それを言っていますが、明快に展開される前に亡くなってしまいました。悲しいです。でも私は言うのを止めるわけにはいかないのです。

12022003 なんとなく、今になってUPするのが恥ずかしいです。

2012/02/20 13:32今じゅにはお義母さんに抱かれています。ミルクも飲んでいる(血管に入れています)ところです。でも今はベッドに横にさせられて眠っています。実に可愛いお顔で眠っています。
 なんとか、今IS01に書いているものをこのポメラでも書きたいので、コピーしたいと思うのですが、どうやったらいいのだろう。結局パソコンがないと無理かなあ。ケータイメールで移動することを考えましたが、それが正解かなあ。
 いえ、私が「『話し言葉』と『書き言葉』」ということを考えて、IS01で少し書いているのですが、それをこのポメラで書きたいと思ったものなのですが、どうしたらコピーできるかと考えてしまったのです。
 ここの病院の中では、携帯電話は一切使えませんから(使える場所が食堂等なのです)、あとでレストランへ行った時考えてみます。
2012/02/20 14:42レストランでIS01のある内容を手で写しました。普通にコピーするには、やはりパソコンでやるしか今は考えられません。
2012/02/20 15:13今はものすごく可愛い顔でじゅには眠っています。もうこんなにぐっすり眠っているのなら、もうしばらくはおこさないでいたいです。
 帰りの京葉線の中でもちゃんと書いていこうと思っています。
2012/02/20 15:31そういえば、昨日も今日もツイッターをやっていないのですね。今朝はツイッターで書くつもりでしたが、もうここに来る前は時間がなかったのです。今日は帰宅したら、すぐにやります。フェイスブックは私にはまだいまいち分からないのですね。
 でもちゃんとフェイスブックもやり続けるべきだなあ。

2012/02/20 19:09今は家でテレビの前にいます。
 そう言えば、今日は吉田医院に行く日だったのです。
2012/02/20 20:41明日は忘れず吉田医院へ行きましょう。

 もういろいろと時間がないものですね。

12020311 いったんこのポメラをパソコンでUPするのは少し面倒ですが、それでもやります。

2012/02/04 05:58もう過去の将門Webのログは私のブログでUPしました。ツイッターもUPしました。でも私のツイッターは私のブログにUPしているものの題名を書いているだけだから、たいしたものではないのですが(でも毎日一つ以上はUPしているつもりです)、それでもこうして続けているのです。
2012/02/04 06:26やはり寒さを感じます。ただどうしてもこのポメラのほうがIS01よりはやはり打ちやすいですね。パソコンのキーボードと同じですから、いつもやりなれているわけです。IS01は親指入力ですから、電車の中ではいいのですが(あと、飲み屋でもいいですね)、こうしてテレビの前では不便といえます。
12020312 あと、どうしてもケータイメールが、このポメラではパソコンと同じでいったんパソコンにつながないとならないわけで、それでは面倒です。
 思えばこの点は、私が常にIS01を持参しているところなのかなあ。ただし、今はじゅにが入院していて、そこでは携帯電話は使えないですから、このポメラで書いているわけです。 
2012/02/04 07:04それにしてもこれを書いていくのはいいです。
2012/02/04 07:44いやいったん自分の部屋に戻るところでしたが、でも寒くてここにいてしまいました。ここなら、ストーブがあり、床暖房があります。あの部屋にはパソコンしかありません。

 これでUSBケーブルでつないでUPします。この作業は実に簡単なのです。それでも私は面倒くさがりやなのですね。

1112061111120612 今日もじゅにのところへ行きます。
 先ほどツイッターで、私をフォローしてくれた(もちろん私もしました)方が私の長女の親しい方です。嬉しいですね。
 私のブログのサイドバーで私のその方へのフォローが読めます。

「カーネーション」を見ながら、今書いています。
 
 今王子駅で電車にのってから田端を過ぎました。今日は東京駅で急がないとなりません。王子駅で一電車乗り遅れているのです。なかなか大変です。
 東京駅でも間に合いませんでした。これだと、鎌取駅から医院まで歩くしかないかなあ。

11072106 返しましたのは「フェイスブック若き天才の野望」という本でした。これは実際に借りるのには、ものすごく待たされました。私は常時5〜10冊の本を借りていますが、漢詩に関する本や映画に関する本を借りています。
 ただ図書館で選ぶことは皆無です。すべて図書館もインターネットで検索して、予約して借りています。
 予約すると、1日〜2日で借りられます。ただし、上のようなファイスブック(いまはフェイスブックですが、前にはツイッターであり、その前も、インターネット・パソコン関係のものは)に関するものは、実際に借りられるまで数ヶ月かかります。
 あと借りているのは、漢詩に関するものが3冊、映画に関するものが1冊です。
 だが以前ツイッターに関しては5冊くらい借りて、よく分かった気がしたものですが、フェイスブックは分厚い専門的としか思えない本で(2冊とも数ヶ月待たされたのですが)、私にはよく理解できませんでした。このことが、今もツイッターは普通にやれるが、フェイスブックは少しもやれない私の今になってしまっていると思います。

DSCN6346_convert_20110713204057  友人の小野さんが、亡くなりまして、その小野さんの友人のブログのUPを眺めていました。浮雲日記というブログです。私のこのブログでもサイドバーでリンクしています。

少し前に気付いたこと。
知っている人の「声」っていつでも、はっきり明確に思いだせるということ。

 これは実によく分かります。そうなんだよな、という思いですね。この彼女も小野さんも広告研究会というサークルだったそうです。
 私も信じられないくらい、たくさんの業界で、たくさんの職業に就きましたが、この広告の世界もけっこう体験したものです。思い出せば私は「General Producer」という名刺を持っていたものでした。いつも広告作成の世界でも常に詩吟をやるのだから、プロジューサーも何もないよね。
 とにかく、毎日二日酔いの世界ばかりでした。

昨日は「AD白木屋」でしたよ。誰かが「30人でおさえたから」って知らぬ土地とは思えぬ神業で大移動、結局30じゃ無理で40名くらい集結。
もう、まるでデ・ジャ・ヴ。やぎさんの不在以外は。

 ああ、私もそこでお喋りもしたかったな。

これは今日の午後見上げた空の写真です。真っ青な空。
観測史上まれに見る早い梅雨明けになったのは、やぎさんのせいだと思っています。鬱陶しい雨なんか勘弁してよって。ぴーかんでなくちゃね、って。

  私もこの小野さんの友人のサイトの青い画像をしばし、見つめました。もう会うことは永遠にないのですね。あ、勝手に私のサイトでここでUPしていましました。もし駄目ということなら、削除いたします。
 思えば、私の友人では、これはクライアント含めてそうなのですが、私がいくらブログを薦めてみても、ツイッターでも同じでした。やってはくれないのです。私よりも随分年下の人でも同じなのです。そんな友人ばかりでしたが、小野さんは違いました。ツイッターは私よりも数ヶ月早くやっていました。
 仕方ないよなあ、とつくづく思います。

11051208 私のここのサイドバーに置いてあります以下ですが、

  http://twilog.org/shomon

これの自己紹介に「自己紹介 萩原周ニといいます。ハンドル名は周です。娘が二人でもう結婚しています。孫は今は三人です。…」とありますが、実は孫は四人です。そのときから、これを四人にしようとしているのですが、どうやったらいいのか、どの画面でやったらいいのか皆目分かりません。どなたか教えてください。お願いします。
 ツイッターは毎日UPしていますが、それ以前の基本的なことが分からない私なのです。

11042909 もうこうして4月も終わりになります。

2011/04/30 07:02いつもブログに5つの書込をしたあと、ツイッターをやっているのですが、今日は、そのツイッターをやる書き込みが(私は何でもまず、エディタで文章を書いてから、改めてUPします)、なぜか少し消えたりして、それでまたエディタで書いたものです。なんでかなあ?
 今パソコンは再起動しています。それにIS01でツイッターを書きます。でもIS01のツイッターがなかなか立ち上がりません。困ったなあ。まだ駄目です。何故かなあ?
2011/04/30 07:26何故かIS01がうまくインターネットができません。困ったなあ。パソコンでもやってみないとならないなあ。IS01のツイッターも今も立ち上がりません。今はリビングにいますので、パソコンは自分の部屋に行きますので、少し面倒です。
 いや考えてみれば、ノートがあるのですが、ノートもちゃんとやるべきだなあ。今日やってみましょう。
2011/04/30 07:44ああ、また電池も替えないとなりませんね。
 今回の地震は嫌な悲しい事態でしたが、これで元気にがんばるたくさんの方々を見られることは嬉しいことです。
2011/04/30 18:30どうしても朝早い時間のみに書いているので、どうしてもその他の時間に書くことが圧倒的に多くなってしまいます。
2011/04/30 18:53今IS01で私のサイトから「お家で鎌倉」を見ていました。ここのmamatarouさんの頼朝に関することを読みました。うーん、私はどうしても頼朝は好きになれないのですね。私はなんといいましても実朝が昔から好きでした。彼の歌を詠むと、どうしても涙が出てくる思いです。
 ただし、私は鎌倉が好きで、よく歩きますが、でも残念なことに実朝を感じることができないのですね。いつも頼朝とその後に大きく存在する鎌倉武士団を感じていまします。もっと鎌倉を歩いて、実朝を感じたいものです。
 だから私はいつも鶴ヶ丘八幡宮を詣でていません。
 昔家族4人で修善寺に行ったときに、政子をより感じることができました。でもあそこでは頼家のことは感じるのですが、実朝は私の前に出てきてくれないのですね。
 もう少し実朝の歌を何度も詠んでいきましょう。
 私の電子辞書ではかなり百人一歌の実朝の歌は聞いているのですがね。
2011/04/30 19:22今回の地震で陸前高田市で行方不明者の捜索を終えるというニュースを今聞きまして、また涙が出てしまいます。

 地震への思いで、もうずっとすごした4月でした。

11042810 いやあ、これで丸4日孫に会っていないのですね。

2011/04/28 06:37今日は孫ポコ汰・ポニョ・ポポに会いに行くつもりです。2日会っていないだけで、もう寂しいばかりです。
 今電池を換えました。今までもけっこう電池は使ってきましたね。やっぱり充電式にしてよかったですね。
 私のブログでは朝6時までに5つのものをUPするようにしています。そのあとツイッターをUPしています。そしてツイッターもIS01でも時々UPするようにしています。
2011/04/28 17:30もうこんな時間になっています。きょうは長女の家へ行くつもりだったのですが、おはぎから、きょうはミツ君のお父さんとお母さんが来るので、私は来ないでというケータイメールがありました。仕方ないですね。
2011/04/28 18:31ちょうど夜になってきました。少し前に余震がありましたね。いえ、震度はないのかもしれませんが、私が身体で感じたのです。
 これでいいかな。IS01でも書きましょう。
2011/04/28 19:13でも結局IS01ではツイッターしかできなかったものです。

 IS01でもツイッターだけなのですね。

11032715 長女の家に行きまして、孫と会いました。ミツ君のお父さんお母さんとも会いました。

2011/03/27 07:47どうやらいくつものUPをしました。さらに「吉本隆明鈔集」ももう4つ書いてあるのですが、これからUPします。もう入れる画像も用意しています。そしてそのあとツイッターもUPします。
2011/03/27 12:58これから長女の家に行きます。
2011/03/27 17:50長女の家に行きまして、そのあと東京社会保険病院へ行きまして、今帰ってきました。
「笑点」を見ています。 

 ひさしぶりに義母と会いましたが、私のことが分からないようでした。

11031106 いや地震で大変でした。でも被災された人を思い、今日も警戒していきます。

2011/03/11 06:44昨日読んでいた本がどこにもないので焦りました。でもありました。「渡辺由佳里『ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術』」という本です。あと少しで読み終わります。私が一日に3、4回書き込んでいる(UPしているのは全部で平均15くらいです)のですが、日本のツイッターは今は2009年の段階とはかなり違っていますね。この本は2010年10月25日発行ですが、私の思う情報よりは少し違うなということも感じています。
2011/03/11 07:15今後も私はもっとしっかりしなくちゃいけないな。
 きょうはもうツイッターは一度UPしているんだな。4つUPしました。このことが私のクセになっていますね。
2011/03/11 10:02「ちい散歩」を見ています。いいなあ。新宿御苑も懐かしく思い出します。これはいい番組だなあ。ちいさんはいいですね。ヤクザ映画に出ていたときも好きでしたが、今もいいなあ。新宿御苑に行ったのはいつが最後かなあ。
2011/03/11 14:07以下は、IS01で打ちました。だから11時頃打っていたものです。これをメールして、ポメラで取り込んだものです。

 こうしてこの機器で打てるのはいいなあ。なんとしてもこのIS01でどこでも打てるようにしてきます。やっぱりやっていけないといけないなあ。でも私はここでポメラも打てるのですね。
  ここまでの前は吉田医院で打ちました。今は薬局です。こうしてここでもうちます。

2011/03/11 14:10以上のように打ちまして、私のパソコンのGメールアドレスに送りまして、こうして取り込んだものです。でも食事等々で今になりました。思えば、別に医院や薬局では、ポメラでも打てるのですね。なんとなくばからしいかなあ。

 このあとに大きな地震になったものでした。

11031008 地震がけっこう頻繁に起きますね。

2011/03/10 06:57地震を感じました。自分の部屋でも揺れているのを感じたのですね。今回はケータイには何もなかったなあ。以前ケータイに警告の知らせが来たことがありました。
2011/03/10 07:45私はいつも朝早くツイッターをやります。一日に3回か4回やりまして、実際のUPは一日に10〜15くらいUPしています。でもこのツイッターの面白さを感じることができない人もいます。もっとも私なんか「面白さ」というようなことは感じていないかなあ。
 思い出しました。インターネットでホームページを作成することが次第に盛んになるかなあ、という頃の話です。「何が面白いか、何が有益かわからない」という女性に、「まずはホームページを作ってみたら〜」というと、「当然もう作っている。でもわからない」という女性の声を今も思い出せます。思えば、こういう人はいつでも同じなのですね。
 こういう私もツイッターはいいのですが、フェイスブックはもちろん作ってあり、私のブログのサイドバーにも置いてありますが、でもでも私にはその面白さがわからないのです。仕方ないなあ。
2011/03/10 08:01「てっぱん」も少し驚く展開で、これはどうなるのかなあ。

 ツイッターはけっこうフォローしてくれる方がいます。だんだん増えてもう800人を越しました。

11021201 一つ前で、「でも失礼なことだから、辞書を手に入れるかな。あ、あったかもしれないな」と書いた件ですが、すぐ私の後ろ側にありました。ここに掲げました。
 いつどこで手に入れたのかなあ。5、6年前かなあ。もっと前かもしれません。
 でも私にはまったく分からないのです。どこで学べばいいのかなあ。いや、ツイッターで欧文のアルファベットが分かるような感じまででいいのです。

11021108 私はここのサイドバーに置いているツイッターですが、自分からフォローした人は数人というか5人以下です。ただ、フォローしてくれる方をほぼこちらからも返しているところです。だからまだ少ないのです(ごく少しフォローされてもこちらがフォローしない人がしますが)。
 でも昨日は朝最初は、300人代だったのに、今は600人を越してしまいました。もう驚いています。どうやって私を知るのかな。
 とくに、韓国の方と米国の方は、どうやって私を知るのでしょうか。そして、私は韓国語も英語もできないよ。だから私は返答できません。
 まあ、英語は少しは分かりますが(辞書引けばいいし)、韓国語の文字は少しも分かりません。でも失礼なことだから、辞書を手に入れるかな。あ、あったかもしれないな。

11020911ところで、先ほどあなたのツイッターをちょっと覗いてみたら、何か病院行きとかいうことが、ちょっと書いてあったようですが、大丈夫なのですか?
まあ、そろそろ我々もだんだん体は若くなくなってはきていますよね。ただ、気持はいつでも若くありたいと思っていますが。

私は途中で一度は遅い結婚をしたけれど、別れて今は独身だし、子どももいないので、余計にむしろ自分自身が、良くも悪くも若造のような所があります。皆さん、孫が出来ると、周囲でもそうですが、よほどの人でも、みんないっぺんに「ただのじじばば」になってしまうのを見て、なんだか戸惑ってしまったりします。まあそれだけ孫はかわいいのでしょうが、うらやましいと思う面もありますが、なんだか呆れてしまうときもあります。まあ、子どもや孫を持ってみないとわからないことなのでしょうね、その気持ちは。

 病院は、何故か脚を引きずるように歩くので(丸1年くらい前から)、妻や娘に「医者に行きなさい」と言われて、ちょうど私の義母の入った東京北社会保険病院で、整形外科と脳神経内科を見てみらいましたが、まだ分からないのです。
 まあ、まだ見てもらいます。じいじになっただけだと思うんだよな。
 子どもは、女の子が二人で二人とも小学校の教員です。彼氏も二人とも教員です。でも長女の彼は、もともとは、まったく違う仕事をしていたのですが、長女の影響で玉川大学で学び直しまして受験し、それで埼玉県川口市の教員になりました。
 孫は、長女のところが、男女男の3人で、私は毎日会っています(ときどき2週間に3日くらい会いません、会えません)。次女はまだ長女を産んで間もないです。
 私のサイドバーに、以下のようにあります。

じゅにはいくつになったの?
じゅには生後2ヶ月22日♪
★1歳の誕生日まで282日★

 もうこの子にも、雛人形を贈りましたから、今月末に、それを見に行きます。次女は千葉県君津市に住んでいます。
 私は長女も次女も授業運動会を見に行っています。いや、実は兄の娘も、弟の娘二人のも見に行っています。そして兄の娘のその子どもにはケータイメールで連絡しています(でも私がケータイ変えたから、アドレスも変えたからできなくなっちゃった)。
 このあいだは、次女の家で、前に勤めていた柏時代の教員仲間とも会ったものです。次女ブルータス(こういうハンドル名です)は、最初東京都文京区、千葉県柏市、今は千葉県木更津市の教員と変わってきました。このブルータスのお義母さんも綺麗な方で私は嬉しいばかりです。 あなたはなぜその女性と別れちゃったのかなあ。でももう仕方のないことですね。

11020909萩原さんのこのホームページとブログは、実は私は数年前から知っていました。随分積極的に間口を広げて、手広くやっておられるようですね、感心というより、ちょっと驚きですね。時々ページを開いてみては、ちょっと眺めてみたりはしていました。今までに何度か声を掛けようとおもったことはあるのですが、余り手広くやっているので、却って圧倒されてしまって?どこから入ったらいいかなんとなく躊躇してしまったかもしれません。それで、まあそのうちに、みたいなことで、つい先延ばしをしていました。
でも、どこかの時点で一度「ご挨拶」をしないと、永久に機会を失してしまわないとも限らないので、思い立ったが吉日で、今回とにかく「顔見せ」だけしてみることにしました。まあ、生きているうちに?ともかくやっと今回、コンタクトを取ることができて、よかったです。
と言っても、要するにそれは、私自身がその気になるかならないかという、ただそれだけのことだったわけですが。

まあ、掲示板なら手っ取り早いし、わかりやすいかなと思い、こちらからコメントを入れてみることにしました。(この掲示板は、しばらく中断していたのですか?それなら今は復活して、グッドタイミングだったわけですね。)

 いや、私は今前のホームページは閉じました。全部で1、500ページ(もっとあったかなあ。1、900ページに迫っていたか超えていたかもしれません)を超えていましたが、今はこのlivedoorのブログが、私のホームページです。前のは、大きいだけでもうちゃんと管理ができていませんでした。ドメイン「http://shomon.net/」もどうしようかなあ、と思っています。管理料は、もう何年か分払い込んであるのですが、考えてみれば、ドメインとか、自分独自のホームページなんて、だからどうだというのよ。自分の思うことが語っていけるサイトがあれば、私はもうそれでいいな気がしますね。
 できたら、あなたもブログをやってみてください。
 掲示板というのは、もう古い形だと思うのですね。ただし、このteacupは実にいいシステムだと思いますよ。私は有料システムで、でも自分が払い込んだのをいつだったかを忘れ果てて、しばらく掲示板がダウンしていました。
 いやそれでもう他の掲示板システムも考えたのです。私のホームページは、全部で10を越す掲示板があったのですが、もう管理しきれなくなったのです。自分だけで管理するのは、もう無理でした。でもこのteacupは実によくやってくれます。管理料も安価です。 私らは、もう60歳を過ぎているわけです。私は今年5月30日には、63歳になります。あなたもそうなるんだよね。できたら、ブログをやってみてくれないかな。いやまずツイッターでもいい。私はツイッターもやっていますが(私のここのサイドバーにあります)、やってみると、簡単でいいですよ。フェイスブックもやってみましたが、これはまだ面白さとか良さが分からない状態です。
 私はね、「間口を広げて」いるわけじゃないよ。普通に自分の思うこと、自分の関心を述べているうちに、こうなったものです。

11011104  日本経済新聞 にこの記事がありました。

 インターネット検索最大手、米グーグルのネット覇者の座が揺らぎ始めている。2010年はサイト訪問者数で交流サイトの米フェイスブックに抜かれて首位を明け渡し、株価も年間で5%下落した。人材流出も止まらず、「かつての輝きを失った巨人、マイクロソフトに似てきた」と揶揄(やゆ)する声も漏れている。

 驚くニュースです。私はグーグルには自分のホームページを立ち上げた年から、実に親近感があり、そして評価してきました。周りにも随分言ってきたものですが、なかなか理解されなかったものです。まだアイビーエムが大きなコンピュータ企業であり、マイクロソフトですらよく分からない人が多かったものです。ヤフーを説明しても分からない人ばかりでした。そんなときに、私はいつもグーグルを評価していたものです。
 それがこんな事態です。驚きます。私はツイッターはいつもやっていますが、フェイスブックも少しやっていますが、面白さは少しも分かりません。ツイッターのほうが親近感を思うものです。
 でももう少しやっていかないと駄目だなあ。私なんか、ただのじいじだものなあ。

グーグル、揺らぐネット覇者の座 フェイスブックに敗北

101209092010/12/10 11:46またもうすぐニチイの介護サービスの時です。
 今この機会に「青空文庫リーダー」を使ってみようと思ったのでしたが、ここでは駄目でした。パソコンでないといけないのでした。またノートを持ってきて、起動するわけにはいきません。あとで午後一時過ぎたらやってみます。
 そういえば「浅野」にも行きたいのですが、なかなかチャンスがないなあ。夜は無理だから昼食に行くしかないのですね。でもそれも難しいな。
 きょうはシャープの電子書籍リーダーのガラパゴスが来るはずなのですが、いつなのかなあ。
 ちょうど12時5分前にニチイの方が来てくれました。
こうして、ポメラで書いて、IS01も時々書いて(今はこの機器ではまだツイッターしかできないけれど)、電子書籍で小説を読めれば嬉しいです。私は最初に「長塚節『土』」を読むつもりなのですが、さてどうなるでしょうか。私は長塚節と、そして彼の書いた『土』がどうしても深く思い出されるのです。「青空文庫」で読めるのです。思い出せば、中学2年でこの作品は読んだのですが、また読み直すことになるなあ。
 長塚節は、若くして亡くなったのですね。彼の歌集は、母のものがあったのに、我孫子の家を引っ越する前に下北沢の古書店に売ってしまいました。今からあの古書店に行っても見つからないだろうな。
 私が書いている『吉本隆明鈔集』で長塚節の言葉も出してきて、私はそれでの歌はも覚えていますが、あとの歌はなにも記憶に甦りません。
 あ、すぐあとで私の『吉本隆明鈔集』での長塚節に関する隆明鈔の言葉を書きます。
2010/12/10 12:30今日の介護サービスは終わりです。大変なお仕事ですね。実にありがとうございます。

10112211 本日は、ブルータスと私の四番目の孫じゅにと会ってきました。もうとっても可愛かったです。

2010/11/23 07:48昨日は結局このポメラは、そのあとでは書けませんでした。
 きょうはブルータスとじゅにに会いに行きます。今きょう手渡す手紙を書きました。妻にももって行ってもらいました。A4で2枚です。きょうも手渡すと喜んでくれるかなあ。私の長女は私の手紙は喜ばないのですが、次女ブルータスは喜んでくれるのです(そのはずです)。
 でもノートパソコン
はもうもっていかないですから、IS01で途中で書きますね。でもIS01だとツイッターしか書けないのだなあ。もうツイッターはきょうは11書いています(いや、別に私のツイッターはどうでもいいことばかりなのです)。
 ツイッターばかり書くわけには行かないから、ちゃんとやり方を学びましょう。
 さて、「てっぱん」です。ちゃんと見なくちゃ。昨日少し嫌いになったから、今日は好きにならないと。
2010/11/23 16:24今はブルータスとじゅにに会ってきて、その帰りです。東京駅に向かっています。もうすぐ到着です。なにかお土産を買うべきだなあ。東京駅で買おうか。あ、もうすぐだ。
2010/11/23 16:55木更津の金田ターミナルでお土産を買えませんでしたので、東京駅で買いました。でも見ているうちにポコ汰やポニョを思ううちに、チョコレートを買ってしまいました。これで二人の喜ぶ顔が想像できるからです。ポポは、まだ食べられません。そのあと歩いて東武ストアでお刺身を買って帰ります(妻からの依頼がありました)。

 結局、探すうちに、ポコ汰とポニョの喜ぶ姿を想像して、チョコレートを買ってしまったのでした。でも行くと、もう眠って(遅いお昼寝でした)いました。だからものすごく残念でした。

10111206「ニュースさとう」を書いて、「読書さとう」も書いています。

2010/11/12 07:43もう蜘蛛業はメールを送りました。でも書いた「ニュースさとう」で、出てきた言葉を調べてみたことをまた私のブログで書きます。少し中途半端にしか分からないことは調べたほうがいいですね。それもインターネットで調べるのがいいです。
 思えば、前から言っていたことですが、私は漢和辞典以外は使わなくなりましたね。
2010/11/12 12:42今薬局です。こうして、IS01でツイッターをやって、あちこちデジカメで撮りまして、そしてこうしてポメラで打っています。もし、なにもなかったら、私はそれでまた別なことをやっています。全く何もない環境でも自分を鍛えてきた思いです。そのうち電子書籍ができたら、もうそれだけでいいなあ。

 はやく電子書籍のハードのマシンを手にしたいです。

10102616 私のブログのサイドバーに、Facebookのバナーを置きました。今朝起きたら何人もの方と「友達」になりました。
 ツイッターは日本語だと漢字を使えるのがいいのですね。欧米語も漢字も一字は同じなのです。そのことを「ニュースさとう」に書きました。
「読書さとう」で「さくらももこ『まる子 毛糸のパンツをいやがる』」を書きました。「子どもはだれもこんな思いに深く悩んでいることがあるのだ。だけどヒロシはもう忘れてしまっている。ほとんどの大人はそうなのだろう。さくらももこの感性が優れているのは、こうしたことを鮮明に思い出させてくれることにある」と私は書きました。私はさくらももこが好きです。吉本隆明と吉本ばななと島尾敏雄と同じくらい好きです。
 写真は、10月26日の午後1時12分の谷中の路で撮ったものです。ある骨董屋の前です。(10/28)

6549c282.jpg「浅野」で食事して、秋葉原へ行きます。Facebookというのはケータイではやれないのかな。このツイッターもブログもできるのに、駄目なんですね。

10101505 ここのサイドバーにツイッターを置いてあります。ちょうど12のUP分を載せるようにしています。それから、私の以下にもサイドバーに8のUP分を載せているツイッターを置いてあります。

 http://www.voiceblog.jp/shomon/ ポッドキャスト将門

 ここは今ほとんどUPしていませんが、そのうちUPしていくつもりです。なんというか、私は自分の声で喋るのが苦手なのですね。
 それと近いうちに、もう一つサイトを作る予定なのですが、そこにもサイドバーに、このツイッターを載せるつもりでいます。
 ただなかなか新しいサイトというのは、悩み多いものです。

10101207 ツイッターをやっていると、いわば略語とでも言う言葉がたくさんあって、それには私も判らないので、参っています。でも英語等でもあるんですって。

2010/10/13 09:32義母を送るために、リビングにいます。今パソコンのほうでは、「ゲーテの愛した女、シュタイン夫人」を書いている途中です。今はノートパソコンはほぼ開かないので、自分の部屋と、このリビングを往復するのはポメラですね。いえ、これは外の電車の中でも飲み屋でも開いていますね。IS01はどうしてもポメラを書くのには不便ですね(今のところ)。
 でも書いているときに、できるだけいくつものことを単語登録しています。IS01にも昨日から登録しています。登録できると、書くのが実に早いのですね。
2010/10/13 09:44上に書いたように、単語登録が実にいいです。パソコンはノートもデスクトップも辞書をはじめいくつものものを外付けのHDDにしていますからいいのですが、このポメラもIS01も違います。ああ、IS01はそもそもシステムもパソコンとは違うから、もう当然なのですね。でも、「私」を「わ」だけで変換してくれないと困ってしまいます。そんなことだと、ツイッターなんか面倒でたまりませんね。もちろん私のIS01ももう違うのです。
 もうどんどんと変化していきます。テレビでフランスやイギリスの番組を見ていると、実にかったるいしゃべり方をしていますが、実際の現実には若い人はもう違うのでしょうね。ツイッターをやっていて、英語仏語等々でこれをやるのはかったるいだろうなと思っていましたが(彼らは漢字がないから。漢字もアルファベットとも一字は一字なのです)、でも実際にはものすごい略語がどんどんと生まれているようです。
 世界がどんどんと変化しているのを感じます。でもその変化がまったく理解できない方はどうしようもないなあ。

 けっこう若者はどんどんと変化変貌しているのですね。私も変わっていきます。変わらないところもいくつもありますが。

10101101 Re.生落花生小野クンから、次のコメントがありました。

1. Posted by オノくん   2010年10月10日 18:29
トラックバックありがとうございます。
その元社長ですが
携帯のメールですら返事の仕方がわからないということで
電話をかけてきます(笑)
ま、声の方がコミュニケーションとしては良いかもしれませんが。

ツイッターのタイムラインって
自分で選んで(フォローして)おきながら
風の便りのような舞い込み方でなにか新鮮ですね

自分とはまったく関係ないことなのに
タイムラインで
例えば
いま周さんが京浜東北線に乗っていてIS01に向かっていると
知ってしまう

必要でないことだから
なんとも嬉しい気分になります

 どうもありがとう。嬉しいです。あなたツイッターにはときどき返信しようとしたリツイートしようとしています(でもあんまりできていませんが)。
 IS01は常時身につけていますから、いつでもツイッターでもメールでもブログでも書けるのです。ツイッターは、ケータイでもパソコンでも同じにできるのがいいですね。ただし、ツイッターだけの文章では、できるだけ140字いっぱいに書くようにしています。なんとなくそうしないと面白くないように思うのですね。
 だから今は電車の中で本を読むのは、東京や秋葉原までではブログ等を書いています。鎌倉等へ行く時には、読書の時間でもあります。とにかく、一年に300冊を読むのには、必死に読まないとならないのですね。
 今は、「読書さとう」というのでも必死に書いています(何が必死って、要するに毎日書くのが必死なのです。内容はどうでもいいことですが)が、書くのは数分ですが、書く内容を何にするかに時間がかかります。とくに、「ニュースさとう」が何を書くのかは必死で時間がかかり大変です。あ、きょうはあと一つ書くのは「歴史さとう」でした。
 あ、私は手紙も書くのよ。今は一年で100通を超えるくらいですが、一昨年は600通を超えました。
 貴社の元社長が、「携帯のメールですら返事の仕方がわからないということ」というのは、本来は違うことだと思いますよ。彼もメールのほうが音声での会話よりも好きなはずです。
 吉本(吉本隆明)さんが、『言語にとって美とはなにか』で言われたように、指示表出と自己表出でこの言語は成り立っていると私は思っています(あの明確には、私が吉本隆明の言語論をこんなに言い切っては駄目です。いや私は言い切ってはいないのです)。そして、私たちには、書き言葉と話し言葉が大きなものとしてあるのだと思いますが、いわゆる私たち(日本人)には、「書き言葉」が占める割合が、(日本では)他の言語よりも大きいのだと思います。
 ここのところが、私なんかはスカイプで中国人や米国人と話しても、その会話することよりも、書き言葉が大きいのだと思っています。だからスカイプではメールはないので、同様にできるChatが隆盛になるのだと思うのですね。ツイッターも同じだと思います。
 欧文によるよりも、中国語の漢字ばかりよりも、日本語のほうがツイッターは便利なのですよ。
 私は娘や妻とも、どうしてもケータイで言葉よりもケータイメールでの文書による会話が実に多くなっています。このことが実に日本人の大きな特徴だと思うのですね。
 中国の人とスカイプでChatすると、杜甫の名前は知っていても李白は知らないよ。いわんや、詩句なんか出てきません。それが北京大学の先生だったり(女性の方でしたが)するのよ。驚いちゃうよね。
 これからもIS01ででも、おおいにツイッターもしていきます。鎌倉を歩いて、実朝のこともよく考えていきます。そして鎌倉でもまた一人でも飲んでいます。その場でもツイッターもしていきます。

10100802  Spider job 蜘蛛業 に書いております ニュースさとう が10月3日〜10月9日までのUPが以下の通りです。

2010/10/09(土)No.326
劉氏にノーベル平和賞が授与される
2010/10/08(金)No.325
常用漢字表が改定されるってことですね
2010/10/07(木)No.324
安田成美も富司純子もいいなあ
2010/10/06(水)No.323
渡部陽一というカメラマンを見ていると私も心が和みます
2010/10/05(火)No.322
auとシャープの新アンドロイドケータイ
2010/10/04(月)No.321
ドイツ第1次世界大戦の賠償金を完了
2010/10/03(日)No.320
ツイッターを活発に使っています

  実は毎日この「ニュースさとう」をUPしているわけですが、けっこう大変なのです。いやもちろん私の書く意見はたいしたことはないのですが、ニュースそのものを見つけるのが非常に大変なのです。実に時間がかかっています。
 私のこのサイトのサイドバーのニュースサイトをあちこち見ていて、それでもなかなか「いいニュースだ、これは取り上げたいな」というのが私には見つけられないのです。まあ、これは自分の能力で仕方ないわけですが、こうして愚痴りたい思いにもなりました。

10100501雑誌名 週刊アスキー通巻802号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 2010年10月12日
読了日 2010年9月28日

 山崎浩一さんの「今週のデジゴト」は実に興味深いアフガンでの出来事が書いてあります。これは驚くことですね。ツイッターは大事ですね。大切なことです。ケータイでできるのがいいですね。

「今何してる?」「ここでこうしているよ」というただのつぶやきが、自分やだれかの命をつなぎとめる究極のライフラインにもなりうるのだ。

 なるほどなあ、という思いですね。

10100401 きょうもポニョに私のポケットを探られるのかな、と思って緊張しています。

2010/10/06 07:55昨日書いていたのですが、秋葉原の大量の中国人客のことを書いていませんでしたね。あとで書きます。そういえば、ツイッターが入力画面が出てこないのです。困りました。もうこれでは使えないですね。いや時間が経っても同じなのです。もう前のバージョンにもどしちゃおうかなあ。
2010/10/06 08:02「てっぱん」を見て、また涙が浮かびます。
2010/10/06 09:44さてまたこうしてリビングで義母を送ることを用意しています。
 いつもこの時が一番大変です。でもこれをずっと続けて行きます。
 昨日長女の家に行ったときのことを思います。いつも同じなのですが、私はいつも孫のことを思い描きながら向かっています。まあ、自転車でも行くときがあるのですが、そのときは走っていることを一番考えるようにしていますが、歩いているときは一番3人の孫を思っています。でも実際に会うと、またいろんなことがあるわけです。可愛いのですが、でもポニョはいつでも私のポケットを探って、いくつものものを取り出します。そしてそのものを出していろんなことをしだします。面白くてたまらないのでしょうね。私も面白いのですが、でも実は大変でもあります。
 でもポニョは家の中だと、平気でものをどんどんと落としてしまいますが、外では決してそうはしません。そのことでは、私は少し安心しています。
2010/10/06 10:09外で義母のお迎えを待っています。きょうはいい天気ですね。嬉しい天気です。

 ポポは私を見ると、笑顔でいてくれるのですが、でも私が抱くと、泣いてしまうのです。かなりこの日は決意して行ったのにやっぱり困りました。

10091516 毎日ツイッターを書いています。140字という制限があるので、毎朝「おはようございます」で始める挨拶は、いつも10何字削除したり、ほんのわずか削除したりしています。だがIS01でやると、今度は数字が最初から分かるために、「あと少し何字書かなくちゃ」という気になります。どっちがいいのかなあ。削除したほうが楽だなあ。
「読書さとう」で、「ショーロホフ『静かなドン』」について書きました。あの作家はいいですね。ソ連でも実にいい作家がいたものです。今度はソ連のひどい作家のひどい作品のことも書きます。
「ニュースさとう」では、「茨城県が2年連続の不人気で最下位」というニュースを書きました。なんとなく不愉快です。私は実は茨城県生まれなのです。この私の生まれ故郷のことはいくらでも言いたいことがあります。
  写真は、9月15日午前11時49分に撮りましたご近所にありましたお花です。(09/18)

原口大臣、ツイッターは世の中を変えますか?
原口大臣、ツイッターは世の中を変えますか?
クチコミを見る

書 名 原口大臣、ツイッターは世の中を変えますか?
著 者 原口一博
発行所 マガジンハウス
定 価 952円+税
発行日 2010年7月1日第1刷発行
読了日 2010年8月29日

 こうしてツイッターに関する本を借りています。それで私ももう少しツイッターのことが分かりたいという思いなのです。でも借りてから、「あ、この著者は大臣のひとなんだ」と感じる段階の私です。
 でももう私もツイッターを使い始めてけっこう長いのですね。

10081801 ツイッターはよく書いていますね。それは簡単だからかな。ただし、私はブログをまず書くことが大事ですから、ほぼツイッターの8割はそのブログの各題名ばかりです。

2010/08/24 07:23ツイッターはよく書いています。実に短かくていいのですね。ただ私は文章は先に書いてからUPして、それから140字を超える数の文字を消しています。
 なるべく単語登録をするようにしています。前のVJEでは、「諸葛亮孔明『出師表』」をすらすら書けるようにしていたものでしたが、今はそんなことは必要ないですね。
2010/08/24 07:43これで「アスキー通卷796号」のことを書こうとそばにもってきたのでしたが、書いていられませんでした。でもこれから書こうかな。
2010/08/24 09:44また義母のお迎えを待っています。義母は毎朝どこへ行くのか分かっていません。いつも故郷の山口へ帰るか、病院へ行くと思っているようです。仕方ないですよね。
2010/08/24 10:06こうしてこれを書いているだけではなく、他のこともいくつもやっています。
 でも今はテレビで「ちい散歩」を見ていますが、こうしてどこにもいくつもの花を見ることができますね。いいなあ、どこの街にも素晴らしい方がいますし、どこにも素敵な景色があります。日本中がこうなのでしょうね。いや本当は、世界中もそうなっていけばいいのです。でもなかなかそうはならないのかなあ。

 そういえば、私も毎日歩くときに、いくつものお花を見ています。それを持参のデジカメで撮影していて、そのほとんど(7割くらいかな)をこのブログに添付してUPしています。

10080117  私は 将門Webの各ページのバナーを増やしていきます に次のように書きました。

 でも私の多くの友人たちもやってほしいな。

これは、少し言葉が足りませんでした。
 私のたくさんの友人たちにぜひ、こうしたブログやツイッターをやってほしいのです。特別に新たに費用がかかることはありません。
 今は多分誰も持っているでしょう、キーボードで何らかのことを書けばいいのです。そしてどのブログも無料があります(有料もありますよ)。またツイッターはみな無料です。
 またキーボードで打つのが苦手という人は、「周のポッドキャスト将門」を見てください。自分の声で喋ればいいのです。
 ただ、ここのサイドバーのバナーもすべてUPしていません。周のポッドキャスト将門のバナーにも置いてあるわけですが、まだ不完全です。
 そのうち、すべて完了しますから、日々見ておいてください。
 ただ、私の「周のツイッター」は、私が毎日UPしています。実に簡単ですから、ぜひ自分のツイッターを始めて私に呼びかけてみてください。
 私の「周のツイッター」のサイドバナーを私のポットキャストの方にも置きましょう。そして私のポットキャスト将門も時間がかかりますが、なんとかしてまいります。

10071403雑誌名 週刊アスキー通巻792号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 2010年7月27日
読了日 2010年7月13日

「Scene2010」を読んで、胸がつまります。「娘を怒鳴ってしまった」とあります。私はそんなことはしたことはないです(そういうつもり、そういうはずです)。飲み屋でケータイメールを書く事はあります。いえ、飲み屋でも私はノートパソコンで普通のメールを書いていますね。あ、また手紙を書こう。でも手紙は私の次女宛ですね。孫はまだ字が読めません。
「パーツのぱ」を見て笑いました。こうしたドジは私がやっているのですね。
「Twitterクライアント大全」ですが、こういうところに紹介されているソフトはいつもよく判らないのですね。もうツイッターはやっているうちに知ったほうがいいです。

10071801 私は現在ツイッターをUPしています。と言いましても、いつもUPしています私のこのサイトと他のページも更新したら、その更新記録をUPしているだけです。あとは「おはようございます。7月20日です。……」という文章を載せているだけです。
 だからやっていることは、実に簡単なことですが、これでもUPしているのは、いいことだったなと思っています。
 できたら、多くの方がやってくれたらなあと思っています。実は10人ばかりお誘いして、みんなそのメールにはいい返事をいただいたものでしたが、その新たにお誘いした方は、まったくやってくれません。たぶん、みんな少しはやろうと思ったものなのでしょうが、でもできないのでしょう。
 いえ、ツイッターをやられている方は、「あんな簡単なことなんか…」と思われるでしょうが、実はこれすら大変な事な方がいるのです。
 大昔、ホームページを私がオープンしたときに、「萩原ができるのなら、俺もできる」とばかりの言動の方がいました。でも私は、その方のいうことは少しも感心しませんでしたが、でもおおいに協力するつもりでした。そしていつでもその用意をしていました。
 でもでも、少しも出来てこないのですね。私はいささか呆れたというか、実は、実に悲しかったものです。
 それが今は、それよりもはるかに簡単なツイッターでも、まったく同じです。「退職になったら暇ができるから」とか、「私は今大変に忙しいので…」という人がいます。これは実際にこういうのですよ。しかし、実際に退職しても、忙しい時でなくなっても、事態は少しも変化しないのです。時間的に余裕のある人、忙しくない人がやるものなのでしょうかね。もう私はただただ呆れています。

10062114Spider job  蜘蛛業」 に書いております ニュースさとう が6月20日〜6月26日までのUPが以下の通りです。

2010/06/26(土)
ツイッターをより便利に使うには
2010/06/25(金)
電子辞書はカシオが首位です
2010/06/24(木)
毎日ツイッターしているようです
2010/06/23(水)
中国以外の国に生産拠点を求める
2010/06/22(火)
これはいい対談(とはいわないかな)です
2010/06/21(月)
「情報アクセス権」って、何が有害だというの
2010/06/20(日)
ケータイの電池の保ちを一番困るそうです

 私はツイッターはこのブログのサイドバーで見られるのですが、それは自分のUP分のみです。なんとかケータイでも見られればいいのです。
 いやもちろんケータイでも「モバツイ」は見られますし、見ていますし、UPもしています。でもリスト別に見られれば、これほど便利なことはないのですがね。

82452f23.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻779号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 420円
発行日 2010年4月13ー20日
読了日 2010年3月30日

「超カンタンPC自作」を見ますと、もう今の私では自作というのは無理だなあ、と思ってしまいます。仕方ないなあ。あの自作していた日々は私には何だったのでしょうね。
 ツイッターも私ではよく使えていないんだなあ、ということが判ります。毎日何人もがフォロアーになってきてくれているのですが、まだ私は使い方が判っていないのです。でもこのままやっていくしかないなあ。
 そもそも私はちゃんとしたパソコン使いとは言えないのだよなあ。

28f67fd4.jpg

 私は ツイッターの背景画像を変更しました に書いたのですが、ぜひツイッターをやってみてください。私がつい丸2カ月前に、私と同世代の友人たちにメールをしました(中にはケータイメールした方もいます)。この「ツイッターをぜひやりましょう」という内容のメールです。
 見れば、判りますが、

   http://twilog.org/shomon 周のツイッター(@shomon) - Twilog

ですと、いわば一つのブログにも見えちゃうでしょう。私のは、ただ自分のブログのUP分の題名をコピーしているだけですが、また別にツイッターを140字分UPしていけば、もっと格好いいものができると思います。
 実をいえば、今年は大変換の年になると私は思っています。インターネットが大きく変化しますよ。いや、もう大きく変化してきているのですが、そのことを私たちが自分の身体全部で感じる年になると思うのです。
 これで一緒にやっていかないと、もう手遅れになってしまいます。おそらく、これで一緒にやっていけないと、もう間違いなく取り残されます。そしてそれは、明治代や大正代の私たちの先輩たちが私たち世代との違和感よりも、もっと大きな隔絶感になってしまいます。これは実に大きいですよ。
 パソコンは、エクセルやワードができても何もならないのです。いやエクセルなんか、本・参考書を手にしてやっていけばいいのです(あ、私はエクセルなんて、いつも本を手にやっています。そしていつもできる人を尊敬しています)。それよりも、実際にインターネットで情報を当たり前に得られることです。情報を普通に得るのには、こちらからも情報を発信しないとならないのです。
 私たちが手にしているケータイも大きく変わります。私はケータイでもツイッターをやっていますが、どうにも私はとろいです。でも今年はアンドロイドケータイも手にするから(ええと私はまだです。だって私のauはまだなんですもの)、これで大きく変わりますよ。
 そして、キンドル日本語版がでると、もう本が一変します。本は私は一年に今も300冊を読破しますが、それがもっと簡単に読めるようになります。もうあんなに重い本を持って歩かなくてもいいのです(1冊は軽いが、4、5冊持つと大変です)。
 私たちの歳上の方たちとの違和感は、でも双方の努力でなくすようにしてきました。でも私たちの下の世代とは、ものすごい隔絶感が出てきますよ。もう私自身が私と同世代の多くにけっこう呆れているところです。読書もしない、パソコンもやらないで、どうするのよ。「私はパソコンはできないけれど、読書はする」なんて、嘘です。そんな恥ずかしい嘘をよくつくものです。

続きを読む

5c9a1b9c.jpg

 私のツイッターの背景画像を替えました。

http://twitter.com/shomon 周のツイッター (shomon) on Twitter
http://twilog.org/shomon 周のツイッター(@shomon) - Twilog

 いえ、これは王子駅前の東武と駅の間です。別にどうってことのない画像ですが、4月19日の夜7時35分に撮りました。いえ、私はいつも歩いているのです。でも、ここから私は東武に入ります。
 でもそのうちまた背景画像は替えます。これだと私が歩いているいつもの風景ですからね。代わり映えがしません。

989224c6.jpg

 ポメラで書いていると、「辞書が情けないなあ」という思いでしたが、それは私が駄目なのだと判りました。もう今後はちゃんとしていきます。

2010/04/21 07:33またここで「わが家のおかあさん」を書きました。ポメラで書けるということは食事が終わってもすぐに書けるのです。パソコンだと、こうは行きません。
2010/04/21 07:41ツイッターを読みますと、いろいろと分かりますね。いや、私のフォローワーが実に興味深いことを書いてくれています。
 もうすぐテレビを必死に見ます。いやどうせこれを書きながらでも見られるのですね。でもこのことは大きなことです。私は常に二つのことをやるようにしています。でもできない人もいるんですね。そのことを絶えず分かっていないとまずいなあと思っています。
 なかなかいくつものことがあるから大変ですね。そのことをいつも感じています。
2010/04/21 12:25昼食が終わりました。
2010/04/21 17:34長女宅に来まして、迎えにいきました。

 長女の家に行って、すぐに二人を迎に行きました。でもあれ、もうすぐ5時になっちゃうな、と思ったいたら、保育園から途中の公園にいました。でもポニョはなかなか帰ろうとしないで、少し大変でした。どんどん公園の奥に行ってしまうのです。それで遠くて、「じいじ」なんて呼んでいます。でも家に帰ったら、じいじを少しいじめたので、お母さんに怒られて、私に謝っていました。もうただただ可愛いです。

7d763a0d.jpg ツイッターを使う人口が日本は700万人になるといいます。私もツイッターを始めたら最初はたいしたことがなかったのですが1カ月をすぎたあたりから、実に毎日のようにフォローしてくれる人が増えてきました。もうどんどん増えて来ています。私のブログのサイドバーに私のツイッターが置いてありますから、それで増えているのかなあ。私からは新しくフォローしたのは最初の3人だけなのです。それ以降は、まったく知らない方がどんどん増えてきています。10040904これはケータイでもできるというのが大きいですね。このツイッターを含め、今年の秋には大きく変わってしまうことを感じています。ツイッター、キンドル、グーグルが大きくなるでしょうね。
 どんどん変化変貌するパソコン・インターネット環境を感じています。やはり吉本(吉本隆明)さんを読んできて正解でした。そのことを一番感じています。指示表出だけでない自己表出の世界も感じています。文字を書くことが大切なのです。
 写真は4月9日午前10時38分の私の通う歯医者さんのお花です。桜の花がありますね。「桜」の花言葉は「優れた美人」なのですね。(04/20)

4c673b1e.jpg

 周の雑読備忘録「コグレマサト+いしたにまさあき『ツイッター 140文字が世界を変える』」に、目森一喜さんからのコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜   2010年03月31日 03:39
 ツイッターは周辺で色々な人たちが色々なサービスを作り出しています。それはネットの力と方向のひとつを感じさせるものですね。
 URLを短縮化したり、場を作ったり、すっかり関心して見ています。
 中国は、天安門記念日など、何かの時にはツイッターの接続を切ります。そういう出来事があるたびに、たくましくなっています。見習いたいものです。

 ツイッターは、けっこう親しい人でも、「何が面白いのか判らない」という声(声と言ってもメールでですが)を聞きます。でもそれよりも、「やってみるよ」という返事をケータイメールでくれて、でもできない人がいるようです。みんな私の年代ですがね。
 ツイッターのいくつもの周辺ソフトサービスに感心しています。でも私も、「これどうやって使うのかなあ?」というのもありますね。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
クチコミを見る

 私はツイッターに登録したのはもっと早いのですが、普通に使いだしたのは、この2月からです。ちょうど今がそのツイッターの意味が判り、そして意義も判ってきたというところでしょうか。

書 名 ツイッター 140文字が世界を変える
著 者 コグレマサト+いしたにまさあき
発行所 マイコミ新書
     毎日コミュニケーションズ
定 価 780円+税
発行日 2009年10月20日初版第1刷発行
読了日 2010年3月29日

表紙の裏面の紹介
ツイッターは、ユーザーが「つぶやき」を投稿し合うことでつながるコミュニケーション・サービスです。2009年の春ごろから急激に普及しはじめ、ブログやSNSに続くコミュニケーション・ツールとして、著名人の参加、企業のPRツール、ニュース媒体としての成長など、新たな展開を迎えています。
今はまだ、世間から「よくわからないサービス」と思われがちなツイッターですが、ブログやSNSのように、ビジネスユーザーを中心に、知らないと恥ずかしい、という状況になりつつあります。
本書では、ツイッターがなぜ流行ったのか、どのように進化したのか、今度どうなっていくのか解説します。またツイッターの影響力を感じさえてくれる事例を具体的に紹介しています。
本書をきっかけに、なんとなく知っていた、使っていたレベルのツイッターへの理解を、もっともっと深めましょう!

著者プロフィール
コグレ マサト
ネットからMac、iPhone、育児まで、気になるモノとコトをひと回り拡張して提供するブログ『ネタフル』更新中。アルファブロガー2004、2006に選出。第5回Webクリエーション・アウォード、Web人ユニット賞受賞。浦和レッヅサポーター。共著に『クチコミの技術』(日経BP社)。
いしたに まさき
ネットマーケティング、Webサービスなど、見たもの、体験したものの、考古学的レビューブログ『みたいもん!』更新中。2002年メディア芸術祭・特別賞受賞。第5回Webクリエーション・アウォード、Web人ユニット賞受賞。株式会社レゾン、取締役。共著に『クチコミの技術』(日経BP社)。

目次
はじめに
ツイッター早わかりガイド
第1章 日本におけるツイッターの歴史
ツイッターとの出会い/2年前に第一次ブーム(2007年)/ツイッターで突発的な飲み会が開催される/2008年は、横ばいだった?/なぜ2009年になって再ブレークしたのか/携帯電話とツイッター/アイフォーンとツイッター、その高い親和性/2009年春先から、著名人がツイッターに参入/ビジネスや著名人の利用が目立ち始める(2009年5月/IT系著名人が続々参加(2009年6月)/ファンタジスタ「@asahi」の登場/「@asahi」のフリーダムぷり/ビジネスでの利用が活発化(2009年6月)/ビザビとツイッター/毎日新聞とツイッター/2009年7月―エポックメーキングな1カ月/フジヤカメラとツイッター/ツイッター小説の出現/勝間和代がツイッターを始める/冬の女王・広瀬香美、夏にツイッターを始める/広瀬香美と「ヒウィッヒヒー」/「ビバ☆ヒウィッヒヒー」誕生/ツイッターでスポーツ中継する/「スポルタァァァ!」/ツイッターと政治

第2章 ツイッターとは何か?
ツイッターは分かりにくい?/ツイッターは誰が作ったのか?/ツイッターはいつ作られたのか?/なぜ140文字なのか/1400文字というコンテンツの単位/「フォロー」と「フレンド」は違う/人が先か、情報が先か/タイムラインとは/ツイッターがオープンであることの意味/リプライとリツイート/リプライとは/リツイートとは/ハッシュタグとは/公開か非公開か/ミクシィとツイッター/ツイッターはよりダイレクトなサービス/セカンドライフとツイッター/ツイッターはこのまま普及するのか? 化けるのか?/ツイッターは「情報フィルター」そのもの

第3章 ツイッターを楽しむためには?
ツイッターに決められた使い方はない/情報との距離が近いツイッター/利用頻度の高いツイッター/使い方は人それぞれ/ツイッターはプラットフォーム/とりあえず「おすすめユーザー」をフォローしてみる/知らない人でもとりあえず100人くらいフォロー/同じタイムラインは二つとしてない/ツイッターの三カ条/月面にいるようだ/ボットもフォロー/時事ニュース、ニュース速報もボットで/ツイッターを利用する二つのスタンス/醍醐味はコミュニケーション/何が面白いのか/「つぶやきを非公開」はもったいない/ツイッターは世界に開かれた窓/つぶやいてはいけないこと/どのくらいの頻度で発言されているか/クライアント・ソフトを活用する/ブログの更新情報の配信先として利用する/ツイッターを利用した周辺サービス/それでもやっぱり向き不向きがある

第4章 ツイッターをビジネスで活用する
ビジネスにツイッターを活用することができるのか?/ブログもそうだった/ツイッター・ユーザーは「量」より「質」/企業がツイッターを始めている事例/ポーケン・ジャパン(Poken Japan)/ビザビ/フジヤカメラ/毎日jp/ヤフー・ショッピング/広瀬香美さんに、ツイッターでインタビュー!

第5章 ツイッターの今後
ツイッターの価値の変化?/なぜツイッターはここまで成長してきたのか?/ツイッターと連携するモバイル端末/ツイッターと実況中継の相性の良さ/ツイッターと検索/グーグルからの買収話を断った/なぜグーグルがツイッターを恐れるのか/日本での今後の展開は?/ツイッターにおける欧米と日本の文化的な差異/日本語に有利なツイッター/日本の携帯電話での展開/訓練を受けるツイッター/ユーザーに愛され続けるツイッター/ネットを通じた社会実験としてのツイッター/フォローとフォロワーズの関係/情報を出していく人がより面白いことになっていく社会/ツイッターは自分の人間力の鏡である/ツイッターはツイッターでしかない/14年かかってネットはついにここまで来た

おわりに
参考URL一覧
ツイッターを便利にするウェブ・サービス
ツイッターを便利にするクライアント・ソフト
おすすめポット

 パソコンでやるだけでなく、ケータイでもけっこうツイッターをやっているものです。やっぱりケータイでできるというのは画期的なことですね。第5章に 「ツイッターは自分の人間力の鏡である」という言葉に惹かれました。私は「人間力」という言葉を使うのは、吉本(吉本隆明)さんであると思ってきました。ここに出てきたことに驚くと同時に、やっぱりその通りだと思いました。
 いや、それはツイッターということではなく、パソコンとケータイを使ったインターネットそのものが、今これからが一番、この「人間力」が問われてくることであると思っています。

c0d5459b.jpg

 ツイッターで、以下のようにありましたので、

tramondo1    共同幻想論を理解しようとするならば「古事記」と柳田国男「遠野物語」を精読する必要があります。

 私が以下のように返信しました。

@tramondo1 ただそれには『古事記』も「柳田国男『遠野物語』」をさらに理解するための本を読む必要が出てきます。それよりもただ『共同幻想論』にあたるのがいいと思うのですね。そうでないと、「対幻想という概念はフロイトも読んだほうがいいし」と、ただただ広がってゆくばかりです。

 私はこれはどの本を読んでいても思うのです。まずその著作自体を読んでみるべきだと思うのですね。
 吉本(吉本隆明)さんの『共同幻想論』を理解しようとするには、まずはマルクス、エンゲルスの『経哲草稿』『ドイツイデオロギー』を読まないとなりません。そしてフロイトを読んでないとなりません。『精神分析入門』『夢判断』くらいは読んでおくべきです。
 そして『古事記』は必読ですね。そして柳田国男です。でも柳田国男は膨大で実に大変です。私などは、『柳田国男全集』を目に前にして(私の家では、兄がこれと『折口信夫全集』を持っていました)、ただただため息をつくばかりでした。私の高校生のときです。だから、私はその数冊の中のわづかしか読んでいないです。
 でも『共同幻想論』は、大学2年のときに始めて読み、その後は何度も読み通しました。私は大学生になるまで吉本隆明さんと言う方を全然知らなかったのです。丸山真男は大学に入ったばかりの5月に読んだもので、実に大感動して読んでいたものです。引き続き『現代政治の思想と行動』を読みましたが、この本にはそれほど感心はしなかった思いでした。でもそれも何もかもが吉本隆明さんを読むことで、すべてが変わった思いがしたものでした。
 それから『試行』をいつも購入するようになり、27歳くらいからは定期購読するようになりました。吉本(吉本隆明)さんに関する本は、雑誌等々の特集号もすべて購入し、今もすべて持っています。
 そしてパソコン通信の世界で、『吉本隆明鈔集』をやりはじめ、インターネットの世界になっても続きまして、今のブログの世界でも続けています。もうけっこうな分量になってきています。

870a6562.jpg 画像の方向を間違えて、でも「今度はいいはずだ」とUPしたのも駄目で、削除してしまいました。
 ケータイでツイッターにUPするのは簡単にできるのですが、駄目ですね。いえ食事のときはリビングにいるので、ケータイでブログもやりたいのです。
 そこでも、ノートパソコンなら簡単にできるのですが、食事の場でノートを広げたくない思いなのです。
 でもポメラで打ったものをケータイでUPできるはずだったのに、今は駄目です。ケータイを替えたからなのですが、今の私ではそんな簡単にはできないのですね。
 またあとでUPします。

↑このページのトップヘ