Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
クチコミを見る

 毎日私はツイッターをやっていますが、友人たちはお誘いしてもやってくれないのですね。残念です。
 それにしても、私のところでやりだしたら、私が最初は3名しかフォローする人がいなかったものです。でも今は100人を超えました。何故か、私をフォローする人がいまして、それを私のほうでフォローしているうちに、こうなってきました。

書 名 Twitter社会論
    新たなリアルタイム・ウェブの潮流
著 者 津田大介
発行所 洋泉社
定 価 740円+税
発行日 2009年11月2日初版発行
読了日 2010年4月28日

目次
はじめに
第1章ツイッターとは何か?
1 ツイッターで今、何が起きているのか?
  急増するユーザー数
  注目を集めるツイッター
  ツイッターの生い立ち
  ツイッターの日本でも広がり
  ユーザー数増加によるトラブルやセキュリティは?
  ツイッターのビジネスモデル
2 ツイッターとは何か?
  「新しい情報流通インフラ」
  140字という字数制限
  ツイッターの6つの特徴
  1.リアルタイム性/「リアルタイム検索」の価値
  2.強力な伝播力
  3.オープン性/モバツイッターの登場/多様な関連サービスの隆盛
  4.ゆるい空気感
  5.属人性が強い
  6.自由度が高い
第2章筆者のツイッター活用術
1 筆者のツイッター個人史
  ツイッターとの出会い/
  リアルタイム・コミュニケーションの快楽
  ネットの情報にタイトルなんかいらない!?
  非公開から公開へ
  悩める公開ユーザー
  思考をだだ漏れにすることで得られるもの
  5通りの活用法と、「告知ツール」としてのツイッター
2 「tsudaる」技術
  「tsudaる」とは何か
  「tsudaる」スタイルの完成
  「tsudaる」と呼ばれて
  ツイッター中継の効能
  更なるインセンティブの可能性
  ツイッター中継と著作権問題
  報道としてのツイッター中継
  ツイッター中継の「報道」としての意味
  「tsudaる」技術
第3章社会に広がるツイッター・インパクト
1 ツイッターとジャーナリズム
  マスメディア・ジャーナリズムの3つの機能
  ツイッター上で行われた「伝達機能」的報道
  ムンバイテロ報道の残した課題
  秋葉原連続殺傷事件
  ハドソン川野旅客機不時着事故
  「洪水」をきっかけに生まれた新しい伝達型ジャーナリズム
  モルトバやイランで発揮された「監視機能」
  政治性を帯びるツイッター
  政策形成のプロセスを透明化する「監視機能」
  ツイッターで「構築機能」は実現できるか
  旧メディアとソーシャルメディアの連携の可能性
  ネット時代のジャーナリズム
2 ツイッターと政治
  オバマ大統領選とソーシャル・メディアの威力
  政治家に広がるツイッター活用
  日本でも広がる政治家のツイッター利用
  カウンター・メディアとしてのブログ
  ツイッターの強力は¥なカウンター機能
  日本の政治家がツイッターを使う理由
  逢坂誠二衆議院議員の場合
  国会議員による実況中継
  ツイッターを通しての想い
  ツイッター「炎上」
  ツイッター議員との上手な付き合い方
  ツイッターと選挙
  ネットと政治
  政治の現場とツイッター
  英国政府の公式ツイッターガイドライン
  日本の公的機関はツイッターをやるべきか
3 ツイッターとビジネス
  企業のツイッター活用状況
  大成功したデルの事例
  企業のツイッター利用の4パターン
  ツイッター社が定義する企業のツイッター活用
  企業活用の具体的事例
  活用の限界とメリット
  「人間力」の高い社員を担当にすべし
スペシャル対談 勝間和代×津田大介
 つぶやく力――ツイッターの可能性を探る
  きっかけはエゴサーチ
  広瀬香美というユーザー
  ツイッターのもたらした発見
  フォロワー数というシビアな現実
  ツイッターの時間、生活の時間
  ビジネスパーソンのツイッター活用術
  非承認制のもたらす気安さ
  ツイッターは「原始インターネット」
  ツイッターはキャズムを越えるか
おわりに

 でも私はいつもこうなのですが、ちゃんと理解出来ているとはいえないのですね。この本にある用語も私が自分では説明できないことが多々あります。
 いや、ツイッターで、みなさんが書かれることで、「○○…なう」って、どういう意味なのかなあ。誰か教えてくれないかなあ。
 もう私は判らないことだらけです。