将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ディズニーランド

14042811
けっこう混んでいるのですね。今は舞浜です。ここで乗る人が多いのですね。
でもこの頃は、このIS01がそれほど使えない感じがしていて、新しくスマホを買い換えようかなあ、なんて思っていたのでしたが、こうして実際に書いていると、そんなことは忘れてしまいます。
今度が舞浜駅でした。そうなのだなあ。
ここでものすごく空きました。そうか、みんなディズニーランドへ行くのだなあ。
外はそれほどいい天気とはいえないですね。

13032608 このポメラの新DM25にはいっぱい単語登録しています。

2013/03/27 07:37今日は今頃このポメラを書きはじめました。仕方ないよなあ、なんて自分に言っています。ただ将門Webには三つUPしています。
 とにかく必死に単語登録しています。
2013/03/27 19:08今おはぎから「そうです!」というケータイメールがあり、私は「なんだろう?」と分からなかったのですが、私がその前に「ディスニーかな?」というメールを出していたのでした。その前に三匹がディスニーでピノキオと手をつないでいるのです。(あ、その前に私は長いメールを出しているのです)。

 この日3月27日には長女家族5人はディズニーランドへ行っているのです。今度会ったときにポポに聞いてみます、「ディズニーランドは面白かった?」と。じいじももうディズニーランドが大好きですよ。

X12120401 こうしてなかなか書いていられない私です。

2012/12/04 06:11昨日おはぎの家に行きましたが、おはぎもポコ汰の卒園旅行のディズニーランドへ行くので、晴れていなくても、雨が降ってほしくないのです。
2012/12/04 07:57さあ、もう8時になります。
2012/12/04 19:05これも書いていないなあ。図書館にも行かないとならなかったのだ。
 今日はポコ汰がディズニーランドへ行ったのですが、雨の天気(雨は降らなかったようです)で、空いていたようです。おはぎママはくたびれたようです。
 でも良かったな。今度行ったら、ポコ汰に聞いてみます。
 22日はポニョが保育園で誕生会です。

 ポニョの誕生会には元気で行きます。

12120303 昨日は、ちょうど18時くらいに、おはぎの家へ行きました。ちょうど三匹をミツ君が保育園から迎えてきたところでした。私が姿を見せると、「あ、じいじだ」とポポが走り寄ってきます。ポコ汰も来てくれます。ポニョもそばに来て私を見てくれます。
 それからお部屋に入って、私の持って行ったお菓子を食べます。
 もちろん、まず第一には、三人とも手を洗い、口をうがいします。ポコ汰がとてもポポのうがいを気にして、水をそばまで持ってきます。でも「もうやった」ということで、それで私が持って行きましたお菓子を食べます。
 そしてポポは私と一緒に絵本を見ます。そこで私は始めてしりました。仮面ライダー地蔵ではなく、「仮面ライダーウィザート」なのですね。でも「四人もいるんだ」と言いましたら、「そうまはやと」は一人で4人に変身するのだそうです。
 でもいつも私には「仮面ライダー地蔵」と聞こえていたので、鎌倉の六地蔵を思い出し、「由比ケ浜大通りに立つ赤い頭巾と前掛けを掛けた小さな地蔵」を思い浮かべていたのでした。この絵本を見て、私は始めて分かったのです。
 ああ、鎌倉も歩きたいな。あの六地蔵にも、「じいじは孫のいうことを、あなた方のことだと思い込んでいたのですよ」と話したいですね。
12120302 きょうは、ポコ汰は卒園旅行で、ディズニーランドかディズニーシーへ行くのです。雨が心配なのです。
 なんとか晴れてほしいな。

 写真は、由比ケ浜大通りに立つ六地蔵と、「仮面ライダーウィザート」の絵本をポポが撮りましたものです。

12021406  京葉線で快速電車が出発しました。
  今は舞浜です。ここはディズニーランドへ行くんだ。今度じゅにが元気になったら、孫4人と行きたいなあ。

  今は海浜幕張です。実にいい天気です。昨日はここでは、ものすごい雪でしたが、今日は違います。もうこれで春になってほしいです。

11122818 今飛行機が見えていました。

 舞浜です。ディズニーランドへじゅにとみんなで行きたいな。私は荷物持ちです。なんだか、私は何度も同じことをいい続けているのですね。
 私はじゅにを含め四人の孫が大好きなのです。思えばいつもくどいかなあ。     
 でもとにかく今日は断酒して(300日ぶりくらいかなあ。いやそれ以上かなあ)、いくつものことをやりとげます。
 あ、ビール飲まないと、どうするのかなあ。ご飯食べなくちゃいけないのかなあ。

 まあ、そのまま、やっていきましょう。自分の心と身体の命ずるままです。

  今は御徒町です。今は16時21分です。

d3c7381e.jpg  今「舞浜」でたくさんの人が降りました。みんなディズニーランドへ行くのですね。
  じゅにも来年の3月になったら出かけます。じいじとばあばとナオキパパとブルータスママと、それにおはぎ家族5人で行くのです。 じいじは荷物もちでいいです。

  今と同じで、このIS01をずっと打っています。 じいじは、それが夢なのです。鎌倉で実朝のこと考えるのが一番好きなのですが、でもそれじゃ孫たちは訳が判らないよね。
  だからディズニーランドに行こうね。 その日が待ち遠しいです。

11110812 いままた海が見えます。
 この京葉線はいいですね。 とにかく毎日乗っていても遠いものですね。いつもじゅにの顔みて、嬉しくなっています。
  あ、ディズニーランドだ、早くみんなでくるぞ。

  また海が見えます。

67f3301e.jpg  舞浜です。

  ディズニーランドに行くのだろう、何人もの子どもたちを見ました。 私の孫のポポとじゅにも連れて行きたいな。そんな日が早くこないかなあ。

   市川塩浜のあたりでは海が見えます。昨日は帰りに見ていたものでした。
   いつも持っているボールペンを忘れたことに気がつきました。どうしてもあまり使わないから、忘れるんだなあ。

   南船橋でベンチに座りました。

11100702 私は子どもたちがまだ小学校に入学していないころ、ディズニーランドへ1度行ったきりで、その後はまったく行っていません。なんというか好きになれないところなのです。昔このことについて、私の書いた文があります。

ディズニーランドが嫌いです

 私はディズニーランドが嫌いです。クライアントの会社の招待で、1回家族と一緒に行きました。それでもう行きたいなんて思わないですね。妻や子どもたち、とくに子どもたちは、もう何度もいっているみたいです。でも私は、あそこって遊園地という感じがしないんです。
 これからけなすんだから、まず少しほめておくと、最初かなりなわけの分からない投資だったでしょうし、あんだけの期間で赤字を解消し、しかも千葉県にかなりな経済効果をおよぼしたオリエンタルランド、偉いなと思います。オリエンタルランドって、なんとなくみすぼらしい感じだったのだけど、それも克服したようですね。立派です。
 でも私は好きになれないのです。浦安は山本周五郎の世界、「フーテンの寅望郷編」の世界、いまも残るアジア的生産様式の世界でいてほしかった。
 いや住んでいる人には街が発展(?)したほうがいいのだとしても、私はこんなおじいちゃんと孫を想像しました。

 孫「おじいちゃん、○○ちゃんと『カリブの海賊』へ行ってくる
  よ

 爺「いいよ、おじいちゃんここで座って待っているよ」
   おじいちゃんは、駆けて行く孫娘を見ながら、おもむろに風
  呂敷から、弁当箱とワンカップを出すと、静かに口をつけた。
   ───思えば、こうして米国にあるという有名な遊園地と同
  じ公園に長女と孫2人連れてくることができた。戦後必死に働
  いてきた甲斐があった。だってあんなに孫が嬉しそうな顔して
  いるんだから。……………昭和19年あのインパール作戦の敗
  走のとき、泥をのみ、飢えをしのいで帰れてよかった。イラワ
  ジ河で濁流のなか、何人もの戦友が流木に押し流されていって
  しまった。あいつらだって、本当はここで、孫たちが駆ける笑
  顔を見る権利はあるんだ。だけどほとんど帰れなかった。……
  ………やっと船橋の大神宮下に上陸して、歩いて、故郷まで帰っ
  たんだ。それからずっと働きずめ───。
   また1つワンカップを取り出す。おばあさんの入れてくれた、
  煮物口にいれて。
   ───思えば、ばあさんにも苦労をかけてきたんだよな。きょ
  うだって一緒にくればいいのに。まあ俺と歩くのいやだろうし
  な───。
 
  孫2人が駆けてくる。
 孫「おじいちゃん、いまピーターパンに会ったよ、写真とっちゃっ
  た

 爺「ピーターパンか、よかったね
 孫「こんどはおじいちゃんも一緒にいこう
 爺「おじいちゃんはここで待っているよ
 孫「おじいちゃん、お酒好きなんだね。じゃ待っててね

というようなおじいちゃんの存在を、このディズニーランドは拒絶しているのです。私公園のベンチでおとしよりがワンカップ飲んでるの見るの、大好きなんですね。
 最初私が行ったとき、まさかレストランにはビールくらいあるのだと思っていた。一緒にいった社長さんも「レストラン行けば、ビールくらいありますよ」と言っていたが、まったく冗談じゃない。あれは公園の存在ってものを勘違いしているんですよ。もう2度といくものか。
 では、私が好きなテーマパークっていうと、それは「日光江戸村」です。あそこなら普通にお酒が飲めます。     (1992.05.31)

フランスのディズニーではワインが飲める

 私のクライアントの2社でディズニーランドの話をしました。私は、

デズニーランドが嫌いです(1992.05.31)

で書いたように、ディズニーランドが嫌いです。世界にはこのディズニーランドが4カ所あるそうです。カルフォルニアと、フロリダと東京とフランス(パリかな?)だそうです。
 それでこのディズニーランドはどこでもお酒は禁止でしたが、このたびフランスではワインは解禁になったそうです。すなわち、フランス人がいうのには、「食事のときワイン飲めないなんておかしい」という主張だったようです。それが認められたわけです。
 でもそうするとおかしくないですか。日本だって、「食事のときに酒のめないなんておかしい」という主張があって当然です。どうしてフランスはよくて、日本はだめなのでしょうか。フランスはアメリカ独立戦争を助け、アメリカに自由の女神を贈ったから、特別待遇なのかな。それとも私たちが主張しないからいけないのかな。
 できたら、私はディズニーランド内で、酔っ払ったおじさんたち50人位の隊列でデモンストレーションやりたいな。必ずマスコミ等々は、「非常識な中年酔っぱらい」と非難するだろうが、そのデモンストレーションを真剣に激しくやれば(すなわち、はげしくジグザグデモをやると、もう年とった私たちはあちこちにゲロ吐いちゃうんだ)、「……でもよくよく考えてみれば、このおじさんたちの主張も間違いとはいえないのじゃないか……」となるはずです。いったい公園とか遊園地って何の為にあるのでしょうか。私は「ディズニーランドが嫌いです」で書いた、インパール作戦から帰ってきて、戦後必死に生きてきたおじいさんの姿を忘れないのだ。
 私は私のクライアントで、「日光江戸村」を薦めてきました。一つの会社の社長はそれで、こんどの日月曜日に鬼怒川へ行くことになりました。きっと江戸村で走り回る子どもを見ながら、お酒を口にするに違いありません。(1993.09.10)

 もっとも東京ディスニーランドで、お酒を飲ませないというのは、米国のディスニーランドの方針ではなく、あくまでオリエンタルランドのポリシーなのでしょうね。それはそれで仕方ないけれど、だから私はそれが嫌いだから、これからも絶対に行きません。
 それから、私が書きました、ワンカップを飲んでいるおじいさんというのは、私の父と私の昔の彼女の父親をモデルとしています。私の父はビルマ戦線へ行きまして、泰緬鉄道を建設しました。そのあと、千葉県茨城県の部隊が3つに別けられ、一つはインパール作戦へ、一つはフィリピンへ、一つはスマトラ島へ転進になりました。フィリピンへの部隊は輸送船が襲われ全滅でした。父は偶然スマトラ島だったので、生きて還れたのです。
 私の昔の彼女のお父さんは、インパール作戦で運良く生きて還れたようです。
 こんなおじいさんが、孫の喜ぶ姿を見ながら、遊園地で酒飲むのは私はいいことだと思っているのです。

8b7a724b.jpg  今やっと座れました。
  もういっぱいの人でした。もう驚くほどのたくさんの人です。みなディズニーランドと海浜幕張のイベント目当てのようでした。

 でも電車が待っています。 でも、もういつも妻を私は必死で追いかけています。妻は私の足が遅いとイライラしています。
 もう仕方ないのよ。私だって必死なのです。

11090508 舞浜です。ここへ孫4人を連れて来るぞ。私はディスニーランドの各ブースには入らなくていいのです。  
 私は荷物持ちです。じゅにもポポも喜ぶぞ。
 私は昔は日光江戸村が好きでした。ディズニーランドは酒が飲めないから嫌いでした。
 でも今は酒を飲むことなんかどうでもいいです。孫たちがみんな喜んでくれればいいのです。 それだけです。それしかありません。 私はそんな人間になったのです。そんなことが一番大事なことなのです。    
 もう、じゅにの入院したところは大好きです。
 今は神田です。早いなあ。

8df6c202.jpg  今日は実に綺麗な青空です。じゅにに会ったら、まずこの綺麗な青空のことを言いましょう。今日は実にいいディズニーランド日よりですね。
  じゅにが治りましたら、みんなで行きますよ。じゅに、ブルータス、ナオキ君、ポポ、ポニョ、ポコ汰、おはぎ、ミツ君とじいじとばあばの10人です。

  でももう私の目の前の座席におかあさんとおばあちゃんと3人の子どもが座っています。おはぎのところの3人より、少し小さい、若いかなあ。
  とっても綺麗なおばあさんです。 早くじゅにも治ってこんなにならないかな。あ、まずい、涙になりそうだ。

0b013dc8   ものすごく暑い日です。柳田公園でテントのテープを切っていた(テントの中に入らないようにということから、今日は入れるようにしたのでしょう)人に妻が聞いていました。今日は動物は来ないようですね(昨日はたくさん小さい動物がいたようです)。

  やっぱりディズニーランドに行かれる方が多いようです。こんどみんなで行きたいな。じゅにが元気になることだよ。元気なじゅにといっぱいお喋りしたいのです。
  しかしもう、このIS01とケータイメールで大忙しですね。前ならあ、こうした電車の中でもノートパソコンを開いていたものでしたね。
 それが今では、こんなにIS01でやっているものです。 先ほどの私のケータイメールで、ブルータスは起きてしまったかなあ。それがものすごく心配です。
 ケータイメールは普通は音がしないようにしているはずですが(そうでないと、今の私ででも大変なことになります)、どうかなあ。

11072905リー&笑美の只見日記」の2011.07/28 「ディズニーシー」がありました。
 私はディズニーランドは行ったことがありますが、このディズニーシーには、行ったことがないのです。
 ちょうど2年前の「2009年5月30日のポメラ」に、ポコ汰とポニョとおはぎ夫婦と私たち夫婦でこのディズニーランドへ行きましたことが書いてあります。そこに、『「怖がって泣かないかな」というところは、ホーンテッドマンションというところです。そこでポコ汰は、アンパンマンのパンチをする気概を見せたようです。とっても愉しい日でした。孫がいると、ディズニーランドのことも好きになれるのですね』と書いていますが、このときはまだ2歳のポコ汰ですが、じいじやみんなのために、元気なポコ汰でした。
 今では、保育園から帰ってくるときに、近所の優しいおばちゃんに敬語で話しかけるような優しい男の子になってくれました。
 思えば、昔は私はディズニーランドって少しも好きではなかったのですが、今では孫と一緒に出かけるのは実に嬉しいです。いやもう私は外で荷物持ちで待っているだけでいいのです。今度は、さらに、ポポも連れて、じゅにとブルータスとナオキ君と一緒に総勢10人で行ってみます。
 最初はやっぱりディズニーランドかなあ。
  私はね、昔夏休みに鬼怒川へ行きまして、日光江戸村に入る直前に、私のポケベルが鳴り、そこの青色電話ボックスに入って自分の事務所にかけたら、あなたからの電話で、あなたの当時の会社へ電話したことがありましたよ。もちろん、日光にいるなんて、少しもいいませんでしたが。あれは長女が小六で次女が小五のときかなあ。
 自分の子どもも可愛いものなのですが、孫はもうただただ可愛いばかりです。それにね。もうポコ汰なんか、ときどき後を見て、私が歩くのが遅いことを、気にしてくれているのですよ。
 もうすぐ長女家族5人がここへ来てくれます。妻と私は明日はじゅにの医院へ行くので、そんな話をしてあげます。

 なんだか、とっても真面目で優しい女性事務員だった笑美さんが、こんなに可愛いリーちゃんとディズニーシーを歩かれているなんて、とっても素敵ないいことです。嬉しいことです。

10122502  私のこの義妹は、最初に書くことは実に美人なことです。そして驚くほど若いこともあります。ずっとある大手銀行に勤めているのですが、そこを辞めてからもパートとして働いています。そして40代の後半には、ディズニーランドでも週3日働いていました。でもその歳なのに、30代前半にしか見られないのです。ディズニーランドでも、ある店の店長でしたが、他の店の店長の女性たちの中で一番若いと思われたようです。でも事実は、一番の年上でした。
 私はディズニーランドというところが、どうしても好きになれないものでしたが、彼女が働いていることを知って、とても好きなところになりました。
 彼女にとっては、私はどうしようもない酔っ払いでしかないでしょうが、ちゃんとみなさんに敬意を払って行きます。私はいつも弟のいうことは必ず守っているのです。

d5bec9d4.jpg

 いつもパソコンにもポメラにも満足できない私です。

2010/04/13 05:24パソコンがうまく動かないのでいらいらして、こちらに書いています。管理画面に入れないのです。だからブログを入力できません。実に実に困っています。もう再起動はしています。もうパソコンをぶんなぐって壊したくなります。
2010/04/13 07:40でも上の事態は直りましたよ。
2010/04/13 07:58このポメラは辞書が実に不満です。困ったものですね。
 さて「ゲゲゲの女房」です。水木しげるさんが今年88歳だということです。いつまでもお元気でいてほしいな。
2010/04/13 09:46今「歴史さとう」で、「ソクラテスの好きな女、クサンティッペ」を書いていて、クセノフォンのことを少し書いたのですが、大変ですね。
 それと、「ソクラテスの好きな女」と書いて、あ、まずいかなとも思います。クサンティッペのことはソクラテスは「好きな女」なんて言えないかな。クセノフォンのことをものすごく思い出していました。彼はソクラテスのことが好きだったのだろうな。
2010/04/13 09:54きょうはポコ汰があちらのおじいちゃんとおばあちゃんと一緒にディズニーランドへ行きます。もうそのポコ汰の嬉しい顔が思い浮かんで、私こそが嬉しいです。

 私は昨年ディズニーランドに長女家族と一緒にいけて嬉しかったです。昔はあんなに嫌だったのに、孫と一緒に行けるともうただただ嬉しいのです。思い出せば、私の母親もディズニーランドに行けたときは、実に喜んでいました。私だけが駄目だったのだなあ。

続きを読む

701df4d2.jpg 義母が少し元気なのかあ、という様子が判ります。
 この写真も5月30日のディズニーランドです。午後3時代にエレクトリカルパレードを見ていました。昔は少しも面白いとは思わなかったのでしたが、孫がいると、もうとってもいいです。また孫と行きたいな。孫って、こんなに大きな存在なのですね。(06/09)

ec47d7b7.jpg 5月30日のディズニーランドで、みんなが買物をしている間、ポニョは私と二人で待っていました。でもそのうちに目を醒まします。そばには、じいじしかいません。ママも大好きなお兄ちゃんもパパもいません。どうでもいいじいじがそばにいるだけです。
 それでポニョは泣きたくなりました。でもでも、そこにこの綺麗な赤い服を来た人たちが大勢、すぐそばまで来てくれました。もうポニョは泣くのも忘れて、目をまん丸くして見つめています。
 もうこの楽団はいっぱい演奏をしてくれました。

d73b9308.jpg 私はけっこうずっと高血圧だったのですが、ここ2日ほど下がってきました。とくに最低血圧が普通の人なみになってきているのが嬉しいです。
 この写真も5月30日のディズニーランドです。こうして綺麗な芝生や花がたくさんありました。いつも綺麗に管理しているのですね。人間の手でちゃんと管理されているところを見るのは好きです。それに私にはここのいくつもの池に錦鯉がいなくてよかった。(06/06)

afb44fdf.jpg パソコンの雑誌を見ていると、どんどんと進歩していくのを感じています。私なんかついていけるのか不安なんですね。
 この写真も5月30日のディズニーランドです。二人の孫にはいい思い出になったでしょう。でもポニョはまだ0歳だから覚えていないかなあ。私も0歳のときの記憶っていいましたら、東京から秋田へ引越する列車の音のみです。(06/05)

564edcaa.jpg 昨日は義母は1日ここに居ました。私は出かけまして、帰ってきたときに義母がいるのもなんだか安心するものでした。
 写真は5月30日のディズニーランドで撮りました。こんな綺麗なお姫様が何人もいました。Oさんは昨日行かれたのですね。昔は私は日光江戸村のほうが好きでしたが、今ではディズニーランドが好きになりました。あ、やっぱり日本のいい企業だなあ、とつくづく思いました。(06/04)

f54a81a6.jpg きょうはいい天気になりそうですね。孫のポコ汰が保育園でも、ディズニーランドへ行ったことを保母さんに話したようです。あ、関係ないことですが、この「保育」という言葉はいいですね。なんて素敵な言葉、文字でしょうか。
 写真は5月30日に行きましたディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドです。私はずっと外で待っていました。いえ、私はポメラでずっと打っていたのです。あ、本も読みました。(06/02)

90fb598f.jpg きょうの朝も涼しいですが、雨が振らなくてよかったです。
 5月30日に長女家族4人とディズニーランドへ行きまして、大変に愉しかったです。二人の孫にも大変にいい思い出になったと思いました。
 写真は私がよく飲みに行きます柳田公園そばのバー「千の朝」で開店2周年記念で頂きました絵はがきの一枚です。これも誰かに出します。(06/01)

063fdb63.jpg

 朝10時に義母をデイサービスに送ったあと、10時25分くらいに、上中里駅で長女の家族4人と会いまして、東京駅から舞浜まで行きました。もう実に愉しい日でした。

2009/05/30 12:38今「なんとかワールド」の前で私は待っています。
 思えば、私が前にディズニーランドに来たのはいつのことだったろうかなあ。思えば、まだ、二人の娘が小学校の低学年だったなあ。でも私は、ここが酒を飲ませないところだったので、とても嫌いでした。今になれば、どうでもいいことですね。
 でもたくさんの人が来ていますね。天気が暑くなくて、とてもよかったですね。外国の方がたくさん来ていますね。韓国の方、中国の方が多いのかなあ。
 あ、きょうは私の61歳の誕生日なんだ。じいじになって、長女家族と一緒にこれて良かったな。ああ、やっぱりここで酒を飲んでいるじいじになりたいな。
2009/05/30 13:52また、なんとかの前で待っています。ポコ汰は怖がって泣かないかな。なんとかマンションです。
 でも、もうすぐこの電池がきれるはずなのですね。

「怖がって泣かないかな」というところは、ホーンテッドマンションというところです。そこでポコ汰は、アンパンマンのパンチをする気概を見せたようです。とっても愉しい日でした。孫がいると、ディズニーランドのことも好きになれるのですね。

続きを読む

b6f44a33.jpg

 よっしー はこの記事 がありました。

 連休に「房総のむら」へ行った。入り口近くの駐車場が満車だったので、奥の駐車場へ入った。広い公園の端から端まで歩くことになった。ここは古墳群の中、あちこちに背丈ほどの膨らみがあり、それぞれ「××号古墳」の案内がある。見通しもよいところで、場所によっては北印旛沼から佐倉方面が見通せる。

 思えば、私は長く千葉県に住んでいたのに、全然その県を知らないのですね。3月20日に君津のマザー牧場に行って、もう大変に喜んでいたところでした。
 思えば、ディズニーランドも千葉県にあるのに、少しも好きでないところでした。でも今度孫と一緒に行けると思うと、ものすごく愉しい思いになってしまいます。

続きを読む

08060102 きょうが、こうして晴れまして、実にいい天気で、ベランダの排水路工事ので最後の仕上げで壁塗りをしてくれています(いや壁を塗っているわけじゃないけれど、どう言ったらいいのか判らないので)。
 それでその工事をやっている方が、フェンスを越えてやっています。もう私はそれを見ているだけで怖いのです。自分がやっているわけではありませんが、そのやっている人を見るだけで怖いのです。
 それで、そのやっている方にも話したことなのですが、私も大昔東大闘争のときに、1969年1月18日のことですが、あのときは、東大安田講堂の屋上をとび回っていました。18日はよく晴れていて、空気が乾燥していて、機動隊の打つ催涙弾が屋上裏の屋根で燃え上がることがあります。そうすると、私たちが消化器をもって、後の斜めになった屋上を飛び跳ねて、それを消しにいきます。
08060103 思えば、もう今では考えられないことですね。今のじいじの私ではとうていできないことです。

 そういえば、もう一つ喋ったことですが、昔は私は、ディズニーランドなんて、少しも行きたくありませんでした。酒の飲めないところなんて、存在がくだらないです。でもでも、今の私は孫のポコ汰を連れてディズニーランドに行きたいです。ミッキーマウスやドナルドダックのそばにいるポコ汰を見たいものです。
 これはたった今のことです。今終わって10時40分工事の方が帰りました。ありがとうございました。

 ここに掲げた二つの写真が、その排水路です。

7a9c6791.jpg

「上野動物園」ナミちゃんが、以下のコメントをくれました。

1. Posted by なみんと    2008年05月23日 06:37
周さん〜おはようございま〜す(*^_^*)
動物園っておもいきっていってみるのもいいものですね。。ポコちゃんとポニュちゃんと一緒に行ける日はすぐそこまでやってきていますね。
微笑ましい姿を想像しています。上野動物園もこの数年随分充実してきた感じがあります。休憩空間も綺麗に整備され新緑の中でとても気持ちが良かった・・木陰があるので暑さ対策もなんとかできますね。。

 ありがとうございます。ポコ汰は、もういつも愉しい子ですよ。いつも、この私の部屋に来て、私の膝に乗って、パソコンを見て、自分でマウスをいじるのが好きなようです。それに私のところへ来ると、また冷房装置のリモコンも触るのが面白いようです。リビングの照明のリモコンは、散々いじって怒られていますから、もういじるのはあきらめている感じですが、じいじの部屋ならいいのでしょうね。
 でも本当に孫って不思儀です。動物園にも連れて行きたいと思っていますが、私はディズニーランドへも連れて行きたいと思っているのです。私はディスニーランドなんて少しも好きではありませんでした。でも孫のポコ汰は連れていきたいと強烈に思うのです。
 本当に、ポコ汰とポニョを連れて実際に行けるのはいつのことでしょうか。
 私はまたあの動物園の中でも、ビールを飲んでいるだろうなあ。
 あ、そうだ。私の二人の娘も連れていきましたが、王子からすぐ都電でいける「荒川遊園地」もいいところですよ。

続きを読む

d40a7a3b.jpg

 一昨日の土曜日ブルータスが来ました に書いたように、おはぎの部屋に、ブルータスは家族で来てくれました。私はブルータスにはひさしぶりだったのですが、少しなんだか羞しくって、ブルータスと話すことはあんまりできなくて、ポコちゃんばっかり構っていて、ブルータスのこともよく見つめられませんでした。
 でもブルータスも、ポコちゃんを抱いていましたが、もう可愛くて仕方なかったでしょうね。早くブルータスの子どもとも会いたいです。私の孫が早くほしいのです。
 ブルータスが帰ったあと、私はすぐにケータイメールをしました。
 その返事が昨日日曜日の午後2時台に来ました。次の内容でした。

すっかりパパもおじいさんだね。昨日はありがとう。突然ですみませんでしたね。パパも体大事にね。

 もう見て喜んで涙ぐんでしまっている私です。すぐに妻に報告に行きました。いいですね。嫁に行った娘が、そのお相手の家族と仲良くしていて、その家族みんなと会えて、そしてその娘が姉の子ども、私の孫を抱いている姿を見ているのは、私が最高に幸せな瞬間です。
 今度はいつ会えるのかなあ。

 一昨日の土曜日ブルータスが来ました へ

続きを読む

f9150028.jpg 一昨日雨が降っていましたが、ブルータスはディズニーランドへ行くと言っていました。「雨なのに大変だなあ」と思いましたが、彼と二人で行ったのではなく、家族みんなで行ったのでした。家族みんなというのは、ブルータスの彼のナオ君とお父さんお母さんだけでなく、弟さんとその彼女も一緒だったようです。
 それで、そのあと夜になって、みんなでこの王子へ来ました。それでまず、おはぎの部屋に到着したというときに、妻が行きました。そしてしばらくして、妻と交代で私が行きます。
 私が行くと、ポコちゃんがみんなに囲まれています。でも私が行ったら、私の顔を見て、すぐに私に駆け寄ります。みんなが「やっぱり、おじいちゃんがいいんだ」と言ってくれて、私も嬉しかったのですが、実はそうではありません。
 ポコちゃんは、私の顔を見ると、私が首からかけているケータイが目に入り、早速それをいじりに来たのです。ポコちゃんは、私がこうして身につけているケータイやデジカメやスカイプ端末などを触っていじくりまわすのが大好きなのです。
 でも、私はもうポコちゃんが寄ってくるのをみて、もうメロメロに好きになってしまいます。もう可愛くて仕方ありません。

 一昨日の土曜日ブルータスが来ました の2 へ

続きを読む

6fa4ecf1.jpg

 昨日は、初孫ポコちゃんのお宮参りです。これは孫を抱くのは、彼のお母さんの役目ということ(インターネットで調べるとそう書いてあります)で、あちらのお祖母ちゃんとお祖父ちゃんが来てくれました。

 それでそのお二人に、東十条の黒松の草月 をお土産で持っていくのようにあげようと、私は自転車で買いに行きました。9時10分前に出発して、9時15分にはおはぎの部屋に帰ってきて、可愛い孫のほっぺに触っていました。11時王子神社でのお宮参りなのですが、あちらのお祖父ちゃん・お祖母ちゃん(お父さん・お母さんといいたいのですが、ポコちゃんから見れば、もう祖父・祖母なのです)はもうおいでになっています。

 妻が次女ブルータスの来月3月25日の結婚式の衣装選びです。ディズニーランド近くのホテルオークラに出かけます。次女のドレスを彼のお母さんと選んでいるでしょう。
 そのあと私は、ある仕事をやります。もちろん、ブログも打ちますし、メルマガも書いています。義母のお昼を食べさせて、もう私は食事をしている時間がありません。
 それで妻が3時半頃帰ってきて、私はまずあるものを宅急便で出しにいきます。でもいつも使っているところが2軒ともお休み(あ、きょうは日曜日だ)。それをセブンイレブンで出して、家に帰って、長女のお父さんの買ってきてくれた御弁当(お父さんはわざわざ新宿高島屋まで行って買ってきてくれました。他にも買い物があったのです)を食べます。
 それで王子駅から、ディズニーランドまで急ぎます。電車の中で、次女と妻にケータイメールします。私は宅急便出した相手にもケータイメールします。

 かくして、ホテルオークラへ着きまして、相手のお父さんの衣装選びを見て、私の衣装を決めます。私はこういうことはすぐ速いのです。あ、そういえばこのことで出発する前に、妻が「ワイシャツ着ていかないとまずいでしょう」というので、あわてて着替え、そして「皮靴はかないとまずいでしょう」というので、私は「えッ、靴なんてあったかな?」と焦ります(エッ、私は普通に下駄で行っていいと思っていた)が、妻が靴を出してきます。
 私が下駄で現れなくてブルータスは少しは安心したでしょう。私はすぐさま決めました。
 そのあとは彼の衣装選びです。結婚式とお色直しのタキシードと和装を見ます。「あ、これがいいんじゃないかな?」。
 そのあと、午前中妻も見ていたブルータス自身のお色直しの着物を見ます。その前にドレス姿は、ブルータスのデジカメで見ました。着物は、「あ、これがいいな」。でもそのあとまた別なのを着ると、「あっ、これのほうがいいかな?」。そのあとも、「あ、これのほうもいいなあ」。私は単なる親バカですが、何故か私の次女はとっても綺麗です。「なんせ、俺の娘だからな」(と心の中で思います)。
 で、どうやら決めまして、そうするとその前の結婚式のドレスも決まります(お色直しの和服の色で、比較して決まりました)。でもサ、あとで聞きまして、そのレンタル料金で私はぶったまげます。
 そのあと、また別にここへ着て、衣装と何かを決める日を彼とブルータスが予約していました。
 二人が小学校の教員だというので、その衣装室にいた二人の女性のうち、お一人が「私は子どもが小学校6年と2年です」というのです。「えっ」と驚きます。私たちから見れば、独身とも思える若くて綺麗な方なのです。

 そのあとブルータスは、司会者との打ち合せがあるというので、みなさんと別れまして帰ることにしました。でも私はいつも、ここからの帰り方がよく判らないのです。あとで妻に聞くと、ホテルが出す舞浜行きのバスがあるというのです。それを待っていれば良かったな。私はモノレールで降りる駅を間違えて、そして大変な苦労をして何故か新浦安駅まで歩いて(かなり歩いたよ)、それで王子まで戻りました。なんか、私は馬鹿でとろいよなあ。

 とにかく、忙しい日曜日でした。

 私はこのホテルオークラへ行くとき、戻るとき、ディスニーランドに向かう、そして帰ってくるたくさんの家族連れを見ました。そのときに、私の心が大変に変化してしまっていることに私は驚きました。
 私は、私はディズニーランドが嫌いだよ に書きましたように、心の底からディスニーランドが少しも好きになれませんでした。でもでも、このデイズニーへ行く、そこから戻ってくるたくさんの家族を見て、モノレールの中で、「私も今度ポコちゃんと、ここに来れるのはいつだろう?」と思っていたのです。「いや、ポコちゃんだけではなく、その妹、弟とも、ブルータスの子どもたちとも、ここへ来るぞ、手を引いたり、抱いたりして、ディズニーを歩こう」と自然に思っていました。そんな私のことを自然に思い浮かべていました。ディズニーランドの各キャラクターのことを、私はいくらでも孫に詳しく喋ることができます。そんなおじいさんになります。
 まずそんな日は、来年には可能でしょう。間違いなく、「じじは、どうしてそんなことまで知っているんだろう?」って、ポコちゃんが思ってくれるはずです。

続きを読む

↑このページのトップヘ