将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:デジカメ画像

 ここの 「トトロがいるかな?」今はリビングです の画像をどちらも以下のように

   この画像を右に90度傾けたいのですが、どうしてもできないのです。

と言っていましたが、今できましたから、やりました。なんだか簡単でしたね。
7f209c9a.jpg 私はときどきパソコンに関する操作が駄目になります。
 もちろん、いつものデジカメ画像は簡単にできるのですが、今回のIS01の画像は今ようやくできました。

b1a94262.jpg

 一つ前のUP 周の雑読備忘録「『DIME通巻581号』」に同じこの雑誌の画像を二つ入れました。一つは私がデジカメで撮りました画像で、もう一つはインターネット上で得たものです。雑誌なら、そのインターネット上のホームページをリンクするのですが、これは発売されてすぐだからなのか、まだリンクできないのです。
 だから私の下手なデジカメ画像と2つUPしたものです。
 思えば、私はいつまで経っても撮影の腕はあがりません。

続きを読む

90315320.jpg 私の妻の叔父(妻の父親の弟)さんから、昨日手紙が届きました。叔父は今82歳ですが、B5のの用紙3枚にパソコンでプリントした手紙です。
 でもその2枚目には、デジカメ画像が3枚文書中に載せられています。ああ、これは私にはできないのですね。多分ワープロなんでしょうね。私はエディタで文書を打つだけだから、画像は写真のプリントとして、また別にしなければなりません。少々悔しいな。
 私もけっこう手紙を書いています。そしていつも素敵(と思っています)なシールで封をして、必ず記念切手を貼っています。
 ここの私が掲げた画像は、叔父からの手紙に貼ってあった画像です。干支文字切手ですね。今年の干支の切手です。もちろん、私も今度の干支でも出していますよ(ほかにもたくさんの記念切手で順番に出しています)。
 私の友人たちも、できたら、パソコンで手紙を書いてほしいな。「忙しくて…」と言われるのですが、忙しいからパソコンを使うと、簡単に速くできますよ。

db4d3ac1.jpg いつもなかなか適当な画像がないものです。毎日UPしています「わが家のおかあさん」は、印刷して「お便り帳」に載せていますので、いつものような手前勝手な画像というわけにはいかないだろうと私は思っています(もう充分に勝手だという声も聞こえますが)。
 もう私の部屋にあるいくつかの本(もう充分にいっぱいあります)をデジカメで撮って、その解説を少し書こうかなあ。
続きを読む

ffce97e3.jpg このブログには、一つのUPに、一つかその以上の画像を付けています。そして本文とその画像が関連ないものも多いのです。ほぼ1日に5回以上のUPをしていますので、画像はそれ以前にデジカメで撮ったものが多いのです。かなりな画像数を用意しておかないとならないので、その画像をいくつも用意していて、それでUPした文章に添付します。だからどうしても本文とは関係ない画像にもなってしまうのです。
08041102 でもかならず、「続きを読む」のほうに、その画像の解説をするようにしています。本文のほうで解説をする場合もあります。 周の雑読備忘録 の場合は、その読んだ本の画像をアマゾンから載せるようにしています。たまにアマゾンには画像がない場合があることもあるので、その場合は私が急遽デジカメで撮っています。ただし、本の場合は、画像がないのは古い本の場合が多いのですが、「週刊アスキー」と「日経パソコン」の場合も画像がないので、私の拙いデジカメ画像になっています。
続きを読む

e394df62.jpg

 写真はこの王子の家の近くの駐車場の料金の看板です。午後1時すぎに、次女ブルータスから、この近くの駐車場の料金を聞いてきましたので、デジカメで撮りました。でも私には難しくて説明できない。でもデジカメ画像だと、送るのが少し面倒です。でも私はケータイを持っていくのを忘れていました(ときどき、首から下げているケータイを持たないで外出してしまいます)。それで再び行きまして、ケータイで撮りまして、ケータイメールで送りました。
 すぐに、ブルータスからは、「ありがとう」という返信が来ました。もう私は、ブルータスがポコちゃんを抱いている姿を想像して、ウルウルしています。

 写真は、デジカメでの写真です。
 ここは、私の埼大の後輩の奥様の実家のすぐそばです。

edc2506d.JPGいえ、なにしろ、きょうは、日の光が強くて、運動場だと、液晶画面がよく見えないのです。あとでデジカメ画像をいくつもアップします。

 このあと、私の妻がたどり着きました。暑い日の運動会、そしてブルータスがとても頑張っている運動会でした。

↑このページのトップヘ