将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:デジタルコードレス電話機

09062501 デジタルコードレス電話機を買い替えましたimajouの独り言 さんから、次のコメントを頂きなした。

1. Posted by 今城    2009年06月24日 12:27
 ご無沙汰してます。

 私も自分の部屋の子機の具合が悪くなり、困っています。それとは別にFAXを置いていますが、周さんと同じで、使うのは年に一回くらいになりました。契約を解除しようと思いながら、生来無精なのでまだそのままです。勿体無い。

 お元気でお暮らし下さい。

 ありがとうございます。いえ、私は元気なんだと考えているのですが、でも精神的にはあれこれ疲れているかなあ、なんて考えています。昨日は、孫のポニョをずっと見ていました。みている間にポメラを打てるかなあ、なんて考えていましたが、それは甘かったです。風邪をひいているので、ずっとみていたのですが、眠ってくれないと、私の時間は持てません。
 でもどうやら、よくなってくれたように思います。ただし、また今朝の具合を聞かないとなりません。でも眠っている間に、本は2冊読めました。
 前ほどお酒を飲まなくなりました。とくに外で飲む機会は減りましたね。
 それでFAXは年に1回というよりも、もう私は3年に1回ですかね。ほぼFAXもみなメールですむようになりました。ただし、葬儀屋さんがまだFAXですね。
 2年前に、私の友人が家で、FAXを使っているというので、驚愕したことがあります。不動産の仕事で使うらしいです。間違いなく、すべてメールにできるものでした。

 私の家では、新しく私がひいた電話番号が、FAXも兼用にしました。過去の020の無料のFAX番号は使用しないので、止めました。でも前の電話番号は、義母の名義ですが、電話帳に載っているので、実にどうでもいい営業の電話が3日に一度くらいかかってきます。

 この購入しました電話機の支払いで、20日(土)に機械をお店で手にしたときに、「振込先を請求書に今書いてください。支払いはインターネットでしますから」と言ったのですが、相手の経理の女性が、「あ、インターネットの口座なんかありません」というから、「いやだから、インターネットですると言っただけで、口座はお宅の巣鴨なんとかのでいいのです」と言って、書いてもらいました。もちろん、すぐに振り込みました(ただし、相手の口座には、休み明けの22日(月)午前9時に入るわけですが)。こういうところでは、パソコンも売っているのですよ。少し心配です。
 思えば、いろいろと便利になった分、けっこう面倒なことばかりにもなってきたことを感じています。

839925f8.jpg 20日に、電話機を買い替えました。この王子の家は、2007年1月に妻と二人でここへ住むようになりまして、黒電話をコードレス電話機にしました。秋葉原のヨドバシデンキで買ってきたものでした。でも、ついこのごろ、私の部屋に置いてある子機が呼出音がしなくなりました。
 こうなっても、マニュアルを読んでも判りません。ホームページを読みましても判りません。3年半経っていますから、もう駄目なのかなあ、そんなことはないだろうと、いろいろとやりましたが、電話は故障していませんが、私の部屋の子機だけは呼出音がならないのです。
 こうなるともう非常に不便です。リビングの親機の音に気がついて、行く間に電話が切れてしまうことがあります。わざわざ行くと、どうでもいい営業の電話だったりします。もういかにも、「インターネットなんて興味はないでしょうが……」というような営業電話なのですね。実に失礼ですよね。もう私の年代だとそういう見方なのですね。
 それでちょうど19日朝にムトウデンキのA全両面カラーのチラシが私の家のポストに入っていました。もう秋葉原で買うよりももう近くの電気屋さんがいいです。それで電話しまして、チラシにあったパナソニックのデジタルコードレス電話機<VE-GP24DW>を買うことにしました。これは子機が2台ですから、妻も私も自分の部屋で電話がとれます。
 もっとも私は私のすぐそばには、また別のパナソニックで電話機とFAXがあります(電話番号も別です。でもFAXって、年に3回くらい使うと思いましたが、もう年に1回くらいになりましたね)。
 でも子機が2台だといいですよ。
 ただし、いくつかの電話番号を登録したりする作業が大変ですね。あれを私がやるのかなあ。昨日ミツ君が来て、親機に3つ登録してくれました。長女おはぎ(つまりミツ君の家)と次女ブルータスと四国徳島の義弟の電話番号です。
 おかげで、私はブルータスとひさしぶりに話しました。手紙は書いているけれど、漢詩のこと(このごろは曹丕の漢詩のことです)を私が書いているだけですものね。
続きを読む

↑このページのトップヘ