将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ドライマティニ

201804090412092504 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、このUPもありました。

居酒屋が出来る前 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月25日(火)06時31分21秒
  洋酒喫茶などという名前の付いた飲み屋がありました。勿論、日本のお酒も置いていたのでしょうが、何とは無くハイカラな感じで、若い客層に人気があったようです。とにかく、若い時分は、何にでも興味がありますから、アルコールと名の付くものは、色々と「試して」みたものです。知人の一人は、仲間で飲み会をやる時は、必ず、ウォッカかジンの瓶を抱えてきました。知ったばかりの文章に出てくる「アプサン」とは一体どんな酒なのか、外国人の歌う「テキーラ」とは何ぞや。そんな事を飲みながら、話し合った記憶があります。

忘れていたウィスキーの名前を思い出しました、リザーブでした。

私は異常に日本酒が好きなので(大昔35年くらい前に「越の寒梅」を30本注文したことがあります)、洋酒というのは買ったことがないですね。ゴールデン街でボトルを入れるのに、困ってウォトカの「ストロヴァイアン」にしたものです。何しろ、50度ですから、これをストレートで飲むと、とにかく感動しました。いつも記憶がなくなっていました。
アブサンもテキーラも飲みましたが、私にはウォトカが良かったものです。ジンの「ドライマティニ」はいつもバーでは、「もっとドライに」に言い続けて、「ジンストでいいんだよ」とは決して、口には出さないで、飲んでいたものです。
リザーブは私には決して私には「新しい中級品」とは思えませんでした。思い出してもオールドですら買ったり、ボトルで入れたことはありません。ただ貰い物をどうしてか、いっぱい手に入れて飲んだものでしたね。
12092505 ただやっぱり日本酒を手に入れて飲んだものでした。四斗樽というのは40升あるのですね。いくつくらい手に入れたことでしょうか。注文もとにかく早くやっていたものです。いくつかの東京の酒屋さんを思い出します。
いや浦和の酒屋さんも、我孫子の春日やさんも思い出します。いや日暮里の前田和洋酒店も思い出すな。

続きを読む

12090309 いや日経新聞は読んでいると、書くべきことが多すぎます。

2012/09/04 06:00日経新聞の最終面で「黒書院の六兵衛」があるわけですが、今日は「日本のモダンホテル十選 江戸博物館研究員米山博」を見てみたいです。
 いやようするに私はここの「東京ステーションホテル」のカメリアというバーが好きで、何度でもそこでドライマティニを飲んできました。そうねえ、ここのホテルはそれほど知らないといいたいのですが、たしか20年くらい前に、ここでも会合を開いたものです。2回やったかなあ。
 長い間工事中でしたが、今年10月3日営業を再開するといいます。
 いつも鎌倉からの帰りなどに利用したのですが、また行こうかな。バーテンに「もっとドライに」なんて言っている私がまたいるのかなあ。
2012/09/04 06:17「喪友記」の有馬稲子さんの「春日八千代さんを悼む 宝塚築いた家元」がとても読ませていただきました。有馬さんは、この人と、「虞美人草」(昭和26年)で共演していて、さらに次のように言っています。

 その翌年の「源氏物語」、あれほどに美しい光源氏を、その後見ることはありません。まさに神がかった美しさでした。

1209040612090407「黒書院の六兵衛」ですが、うん、だんだんとこの的矢六兵衛家のことが分かってきました。

 その御城内でだんまりを決め込んでいなさる的矢六兵衛様じゃなしに、前の的矢六兵衛様。ええい、いちいち話が面倒臭くっていけねえ。

 いや読んでいる私もこんがらかっています。5月8日の「(お知らせ)14日から浅田次郎氏の新連載小説 挿絵と題字は宇野信哉氏」には次のようにあります。

12090311 物語は明治元年、無血開城後の江戸城を舞台に始まります。最も重要な一室である黒書院にじっと座ったままの謎めいた侍の姿を通して、武士や組織、革命とは何かをブラックユーモアを交えて解き明かします。

 なるほどなあ。これは実に面白い武士の実態なのですね。

11110908 カクテルというと、私は「ドライマティニ」しか頼みません。バーへいくとウィスキー飲んでいても、必ず頼みます。最初「ドライマティニ」と注文して、次に「もっとドライに」といいます。バーテンさんはけっこう一生懸命に作ってくれます。そこで、「チャーチルはベルモットの瓶を横目でにらみながらジンを飲んだ」なんて話をしながら、さらに「もっとドライ」といい続けます。しかし4杯目には、いわなきゃいいのに、「結局ジンストでいいんだよ」などと言ってしまい、ここでいっきにくずれてしまいます。たしかに、ドライマティニとジンストは同じようなものでも、赤坂の高級料亭と御徒町ガード下の飲み屋ほどの落差がありますね。
 それにしても、いつもおいしいマティニにはなかなかお目にかかれません。それでも私があちこちで飲んで、一番美味しいと感じたドライマティニの飲めるバーがあります。

店 名 カメリア
住 所 100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
    東京ステーションホテル内
電 話 03−3214−9052
営業時間 午後4時30分から11時まで
     午前11時30分から午後9時まで
定休日 日曜日・祝日

 場所は、東京丸の内南口出た、東京ステーションホテルの一番の南側ですから、すぐ分かると思います。待合せにいいですね。ただしこんでいて、バーの中に入れないこともあります。それでもホテルの駅構内が見渡せるところで飲むことができます。
 ここで飲んでいるといろいろなこと思い出します。この東京駅から京都方面に行ったときのことです。そんなことを思い出すためにも、あのバーはあるのでしょうね。また私は何処からか帰ってきたときにも、よくあのバーに寄ります。東京駅に帰ってきてほっとして、さて家まで帰るその前にまず一杯なんて考えるわけです。でもそれで結局家まで帰らず飲み続けたことがありましたが。
 また以下の映画でも、このバーでのシーンがありました。

   東京日和

 この映画の中で、私が一番好きな場面です。それとこの映画でも、ステーションホテルから見ている画像もありますが、あの東京ステーションホテルも私は好きです。私が新聞記者のときに旅行関係の団体の会合の取材で、始めてあのホテルに入りました。東京駅の丸の内側にあんなホテルあるのを知らなくて、感激しました。その後は、何度かいろいろなことで行く機会があります。そしてそのあとすぐあのバーを知りました。その頃から1年に2度くらい行っているでしょうか。
 ここはひとりで行くか、友人と二人でいくのにいいお店ですね。

11050109 10月19日に「鶴丸高校第18回卒関東地区在住者同窓会」がありました。

 私ははじめての参加でして、実に39年ぶりに再会できました友人がいました。会場は以下の42階でした。

  東京ドームホテル

 ここで愉しい時間をすごしましたが、ここで午後6時から9時まで過ごしたあと、2次会ということで、以下の会場が用意されていました。

サウンドステージ&ダイニング アーティストカフェ|東京ドームホテル

 ただ私たちは、もう54、5歳のおじさん、おばさんばかりです。ホテルの係がここへ案内してくれるといいます。その人の言われる通りについていきました。だが、エレベーターがいっぱいで、ちょうど、その係の人と私含めて3人が最初エレベーターに乗りました。でも行き先は42階の上の43階です。「これなら、案内がなくても誰でもこれるよ」という思いでした。
 店に入りますと、ちょうど20人くらいの円卓が用意されており、窓の外はもう実に綺麗な夜景が見られます。「あ、これなら、もうすぐここに来る女性たちは喜んでくれるだろうな」と思いました。待っている時間に、「皆を待っているべきだ」という声もあったのですが、もう私は注文します。「ドライマティニを持ってきて」。
 それで私はトイレに立ちました。案内を請いますと、入り口のほうに行くように言われます。さらに、そこを出ますと、ちょうど入り口でワイヤレスマイクロフォンをつけた女性が、「ここですよ」とトイレに案内してくれました。 そしてすぐに戻ります。だがここで問題が起きました。さきほどの同じ女性が私を会場に入れてくれないのです。「予約がないとだめだ、誰の予約なんですか?」というばかりです。「鶴丸」の名前を出しても、「そんな予約はない」というばかりです。たぶん、どなたか個人名での予約だったのでしょう。私は、「さきほど2分前にあなたが私を案内してくれたばかりじゃないか」といいますが、彼女はまったく記憶がないようです。私は「すぐそこで仲間が待っているよ」と言っても認めません。もう私は頭に来まして、いっそ「すぐそこだよ」と中に入ろうとすると、それこそ身体で実力で止められます。「何故入れないのだ」「予約がないと駄目」という問答を続けていると、さらに体格のいい係が私のそばにやってきます。
 そのとき、ちょうど私が注文をしたボーイさんが、「お客さま、お待たせしました」と、ドライマティニのグラスを盆に乗せて私にほほえみかけてくれました。それで、「先ほど中に入って、そこで注文したのだから、こうしてそれが出てくるんだろう」と言いまして、中に入りました。しかし、先ほどの失礼な案内係は謝りにもきません。
 それで、でもとにかく皆が来るのを待っていました。でも待っても待ってもきません。3人だけです。ついに、1次会で最後までかたずけていた幹事の一人がきました。「あれ、みなはどうしたの?」。どうもこれはおかしいです。 かくして、そのグループの一人に電話します。みなは3階のある店に入っていました。彼らは大勢でぞろぞろ来たのですが、やはり入り口で「予約がないと駄目だ」「いや予約しているはずだ」「でもありません」という問答を繰り返し、中に入れないで、そちらへ向かったのです。
「いや、ちゃんと席を予約してあったのだから、また上がってこない?」という私たちの誘いに、「もうあんな不愉快な店には行きたくない」ということで、私たち4人のほうが3階に降りていきました。
 私は店の人間にはかなり怒りました。「なんで2分前に、あなた自身が案内した客の顔を忘れるんだ」「こんなに大勢で予約してあるんだから、すぐ判断できるはずだろう」「もうこのことは、ちゃんと自己批判しろよ」「まあ、私のホームページで書きますよ」と言ってきました。

 でも、どうしてこんな馬鹿なことが起きるのでしょうか。とてもいいロケーションにある素敵なホテルのレストランです。お客さんでいっぱいでした。でもなんで、お客をこんな不愉快な目にあわせるのでしょうか。
 何日かあとで、ある店で、このことを話しました。そうすると、そこのママがいうのです。「そういう店は、もうただただマニュアル通りにしか動かないのよ」「人気のある店だから、予約がある人しか入れないというマニュアルの通りにしか動けないのよ」。私もそうなんだろうな、と納得しました。 そしてそのマニュアルには、自分たちのミスは謝罪しないということになっているんでしょうね。
 私は自分のコンサルしている企業にも、個人にも、絶対にこうした姿勢は許しません。当たり前のことだと思いますよね。

d417e342.jpg

 周の雑読備忘録「枝川公一『バーのある人生』」をきのうほぼ読んでいました。それできのうは八重洲ブックセンターに行ったのですが、その他にも歩いている街で、私の思い出の中のバーを思い浮かべていました。

 でも俺は、東京ステーションホテルの「カメリア」しか知らないものなあ、そもそもカクテルなんて知らないしなあ…………、

なんて思いながら、カメリアでのバーテンダーさんとの会話を思い出していました。
 あの店は昔は日曜日もやっていたので、よく新幹線等で東京駅に着いた日曜日の夜、飲みに入っていたものでした。

 たしか、岡崎へ行った帰りに、あそこで記憶が無くなったんだよなあ、疲れていたからなあ……………………、

なんていううちに、その岡崎からの帰りに、私が入ったのは東京駅丸の内口の、どこかのホテルの「サムライバー」だったことを思い出しました。「ああ、あそこだ。兜や鎧が置いてあったんだっけ…」。それで、私は歩くなか、いろいろな街のバーを思い出していました。
 いつも必ず飲む、「ドライマティニ」を思い出すうちに、「ああ、宇都宮のホテルのドライマティニが美味かったな」、ということで、「あれはなんであそこで飲んでいたんだ」……………「ああ、あそこ(栃木県小山市)で撮影をしていて、最初だから真面目に宇都宮のホテルに泊まったんだ、俺はホテルの部屋に入るなり、吐き出して(前日の酔いで)、そのあとホテルのバーへ行ったんだ」…………………そこで、ドライマティニで感激しました(宇都宮はけっこういいバーがあるようです)。思えば、そこで仕事に来ていたカメラマンは、私の飲み方に感激し、かつ呆れていました。
 でもでも、それは実は1日目のこと。2日目は、もう撮影の仕事の途中で、私は散髪に行き、綺麗になって、その晩は、「今度は私たちの知っている店にいきましょう」というカメラマンの案内で、小山駅そばの「達磨」という店に行きました。これがもう実に感激な店で、今でも私はあの店に行きたいものです。
 そして3日目は、仕事を依頼されていたメーカーの招待で、また別なお店に行きました。そこで、最初の店で、私はクライアントの方から、「課長(私はその頃課長職)、あんまり酒を殺して飲んでは身体に毒ですよ」なんて言われたものでしたが、さすが3軒目で、私が歌い騒いでいるうちに、私がずっと黙って真剣に仕事に取り組んでいるように見えたのは、すべて2日酔い、3日酔い、4日酔いのせいだと判って、彼らは、「もう東京の制作会社のクリエーターというのは、こういうものなんだ(あ、これも誤解、でも行ったみんな全員がのんべしたから。第一私はクリエーターではなく、ただの酔いどれです)」と気がついたようです。
 実はその翌日も撮影で、実に面白かったものでした。

 あ、でもバーということで、私は思い出しました。私がこの「枝川公一『バーのある人生』」に著者が記しているバーで思い出せるのは、湯島の「エスト」です。私はここで、ロンリコという75.5度のラムを飲みます。でもバーテンダーさんは、3杯しか飲ませてくれません(要するに強いから)。でも私は、そこで必ず5杯飲んできました。それはもうごますったり、ごまかしたりいろいろです。
 ある私が使っていた人を、ここでこのロンリコを飲ませましたが、最初はその強烈さに驚いていましたが、そのあとからは、彼はこのロンリコの虜になってしまったようでした。

 JR千葉駅の裏というか、確か京成線の裏あたりに、ケーキ屋があって、その2階に、いいバーがありました。千葉で仕事のあと、いつも日曜日でしたが、ここで飲んでいました。バーテンダーさんが綺麗な女性で、でもでもそのうち私は記憶がなくなり………、でもいいバーだったなあ。

 たしか、市川から松戸まで走っているバスの中頃の駅で、私はあるバーに入っていたことを思い出します。あれはなんであんなところを私は歩いていたのでしょうか。なぜだか、判らないが、私はそこでウィスキーをダブルでストレートで飲むうちに、バーテンダーさんは、私が前にも来たことを思い出しました。でも私はよく覚えていません。

 京都へ行くと、たぶん3軒くらい腹いっぱい飲んだあと、四条河原町の小さなバー「リラ亭」に入ります。私はいつも同じことをぶつぶついい、そしてバーテンダーさんが思い出してくれます。でももう京都のあのお店はないかもしれないなあ。

 思い出せば、いくらでも甦ります。神田のあのバーも私は好きです。行ってもマスターは私を思い出しません。でもちゃんと覚えているんです。あのバーのグラスが好きで、あるところで見つけた私はすぐに半ダース買いました。でも、もう全部割ってしまいました。私はワンカップのグラスで飲んでいるくらいでいいのです。盃でもグラスでもいくつも割ってしまいます。
 でもあのバーは、もう友人が亡くなったあと行きまして、もう悲しくていけません。

 あ、悲しいと言えば、私の親友だった堀雅裕さんも、あちこちバーが好きでした。みんな堀ちゃんのことを詳しく知っています。思い出をいくらでも話してくれます。でも私のほうが悲しくってね。あ、でも(と言いまして、もう何時間も経ちました)………………………………、まずはここまででUPします。

続きを読む

060712003 放課後のバーテンダー絵日記この記事がありました(記事とはいわないのかな?)。

 今日はバーテンダーの華やかなカウンターの裏側について★
実はバーテンダーの仕事って、場合によっては一人で
経営してる場合も多いから、とってもダーティーな仕事も
あるんだよ(・∀・)

もちろん掃除も!従業員育てるなら人事も!自分が経営するなら経理も!
それに食器やグラスの片付けも!新しいメニューの企画も!カクテルの勉強も!
お客さんへのコンタクトも!宣伝も!

 私もこのごろはバーに行くこともなくなりました。私の好きなバーもいくつかあるのですが、もう行かなくなると、そうしたバーでのバーテンさんとの短い触れ合いが実になつかしくなります。
 私はカクテルといいますと、必ずドライマティニを頼みます。ドライマティニの美味しいバーは知っているつもりです。

 でもいつも私が好きなバーというのは、そのバーテンダーさんとの触れ合いもありますし、その美味しいマティニに触れることも私は大好きなのです。
 いくつもいくつも、好きなバーでのことを思い出します。

 あ、今また別なバーでの思い出が頭に浮かんできました。若いバーテンさんだったけれど、いい会話だったな。あれは浅草だったですね。
 あ、千葉駅近くのバーも思い出した。あれは珍しく女性のバーテンさんでした。

 なんとか、身体がもう少し飲める状態になったら、思い出の中にあるバーめぐりをしようかな。

続きを読む

↑このページのトップヘ