将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ニチイの介護サービス

101212032010/12/13 12:02きょうがニチイの介護サービスの日だとは分かっていたわけなのですが、私の友人の「長春有情」のここを読んでいたら、すっかり忘れ果てていました。
「吉川英治『三国志』」で廬植が檻車に入れられて行くところに劉備が会って話をするのですが、張飛が、「もうこんなのは、この官軍とやらを皆殺しにして、先生を救おう」といって劉備が止めるところですが(きょうのところはそれまで)、私は昔高校生のときには、「張飛はしょうがないな」と思ったものですが、今ではこの張飛のやり方が一番正しいのじゃないの。廬植だって、そのまま引き立てられたって、仕方のないことなのです。もはや後漢はただのひどい情けない国です。ここで廬植が逃亡して、劉備と一緒に戦えばいいのだ。
 でも所詮は無茶なことを私が言っているのかもしれません。
 さて、私はガラパゴスもIS01もケータイもいくつも打てるもの、書けるものがあって嬉しいです。

101209092010/12/10 11:46またもうすぐニチイの介護サービスの時です。
 今この機会に「青空文庫リーダー」を使ってみようと思ったのでしたが、ここでは駄目でした。パソコンでないといけないのでした。またノートを持ってきて、起動するわけにはいきません。あとで午後一時過ぎたらやってみます。
 そういえば「浅野」にも行きたいのですが、なかなかチャンスがないなあ。夜は無理だから昼食に行くしかないのですね。でもそれも難しいな。
 きょうはシャープの電子書籍リーダーのガラパゴスが来るはずなのですが、いつなのかなあ。
 ちょうど12時5分前にニチイの方が来てくれました。
こうして、ポメラで書いて、IS01も時々書いて(今はこの機器ではまだツイッターしかできないけれど)、電子書籍で小説を読めれば嬉しいです。私は最初に「長塚節『土』」を読むつもりなのですが、さてどうなるでしょうか。私は長塚節と、そして彼の書いた『土』がどうしても深く思い出されるのです。「青空文庫」で読めるのです。思い出せば、中学2年でこの作品は読んだのですが、また読み直すことになるなあ。
 長塚節は、若くして亡くなったのですね。彼の歌集は、母のものがあったのに、我孫子の家を引っ越する前に下北沢の古書店に売ってしまいました。今からあの古書店に行っても見つからないだろうな。
 私が書いている『吉本隆明鈔集』で長塚節の言葉も出してきて、私はそれでの歌はも覚えていますが、あとの歌はなにも記憶に甦りません。
 あ、すぐあとで私の『吉本隆明鈔集』での長塚節に関する隆明鈔の言葉を書きます。
2010/12/10 12:30今日の介護サービスは終わりです。大変なお仕事ですね。実にありがとうございます。

101125122010/11/27 12:53あ、きょはニチイの介護サービスはお休みなのですね。そうか、ちゃんと知らないといけないですね。

  あ、土日はお休みだったのでした。ツイッターをやるも何もないです。IS01はいつも使っています。

↑このページのトップヘ