将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ニュースきくち

810d00ca.jpg

 私が毎日UPしています(といいたいのですが、ときどきUPできていないときがあります。羞しいな)ニュースきくち で書きました 暮らし十職 で紹介したサイトの前田さんが、ニュースきくち2006年4月 に次のコメントをくれました。

1. Posted by 暮らし十職 前田    2006年10月13日 08:33
暮らし十職、代表の前田です。
HPをご覧頂ありがとうございます。
日本が持っている良さを何とか今の人たちに伝えるべく、日々頑張っております。
こう思ってくれる方がいるだけでも嬉しく思っております。
今後ともよろしくお願いします。

 いや、まずは嬉しいです。ありがとうございます。
 私は、「ニュースきくち」では、藤原隆家というペンネーム(これはこの 閑人閑想 のサイトの菊地さんのもともとの一族の祖先だと思われる平安時代の武将の名前です)で、毎日書いています。これは建築関連のニュース記事のひろい読みです。私は建築に関する専門家ではありませんので(今また、もう一人の私が、「お前は、何の専門家だと言えるんだ」と私に聞きます。あのねえ、応えられないよ)、ただ、こうしてインターネット上のニュースをひろってくるだけです。
 ただ「暮らし十職」のホームページは、読んでいまして、いつもあちこちで肯いています。読んでいまして、なぜか納得してしまっている私がいます。
 今造られています 新五十鈴茶屋 ですが、見ていて読んでいて、ため息が出てきます。

私たちは、潜在的に脈々と息づいてきた伊勢の精神的風土に根ざす文化力に軸足をおいて、「ほんものの日本」と「日本人らしい営みの創造」に貢献しようとするものです。

 そうしたことが、ここでも今、創られているのですね。感心し、感激しています。
 インターネットの、こうして見られること、知ることができて本当に嬉しいです。

続きを読む

af622091.jpg

 私が毎日書いております

   http://blog.livedoor.jp/kiku551/archives/cat_10004624.html  ニュースきくち

で見つけたサイトがここでした。

   http://smalloffice-club.ddo.jp/  ちっちゃな工務店・リフォーム店クラブ

 どうやら、私よりも年上の方のようですが、かなりな量のものを日々アップされています。なんだか、読んでおりまして、かなり親近感を抱いてしまいました。
 とくに、ブログで光明寺に行かれたときのことを読んでいまして、はるかな昔この光明寺を訪れたことを思いだし、「あ、ここにも行かなくちゃ」と、今月末くらいに、鎌倉行きを考えている私は決意したものでした(もっとも次回はもう別なことろを考えているので、またさらにその次の機会ですね)。
 私よりも年上の方がこんなに元気でインターネット上で、さまざまな思いを露出されていることに、私は大変に感激しております。

続きを読む

06081603 私が毎日UPしています ニュースきくち建設ブロガーの輪、拡大中!!建築、土木、工務店の現場からの情報発信が面白い!イエイリ建設ITラボ さんから次のコメントをいただきました。

藤原さん、ごぶさたしてます。
当ブログの記事をおとりあげいただき、ありがとうございました。
「建築ブロガー」も、増えてきて、リンク集を更新するのも
大変です。(笑)
藤原さんのように、幅広く専門的な視点で頻繁な更新を行っていく
ブログが、WEB2.0時代の情報源になるのでしょうね。

 ありがとうございます。私はただただ毎日更新するということだけです。建築に関しては、専門家とはいえないもので、自分が、「これは面白いニュースだな」と思うものをUPしているだけです。でも、このブログというのは実にいいですね。できたら、建築に関する多くの方がブログで情報発信をしてくれたら嬉しいのですが、どうしてもパソコンやインターネットに苦手意識を持つ方は難しいようです。それが私には悔しくてなりません。
 このニュースきくちの 閑人閑想 は私より2歳年上の建築家ですが、どうしてもパソコンやインターネットにはなかなかとりくむのが難しいようです。

 でもとにかく、私はこうして毎日UPしていきます。今回家族で温泉に行きまして、そこで、ケータイでずっと私のブログ将門をUPし続けたのですが、やはりブログというのは実に簡単に更新できていいなあ、ということを実に感じていたものです。

 今後も毎日UPしていきます。

続きを読む

 ニュースきくち の今年2006年7月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。

07/31官公庁受注額は過去最低、民間は97年以来の高水準――日建連会員の4月〜6月実績(07/31)
07/30地域ビルダーは資材調達でメーカーの「現場対応能力」を重視(07/28)
07/29注文も分譲も中古も、戸建て総合情報のサイトをNTTデータが開設(07/28)
   巡礼古道に結ばれた環境保全へのスクラム(07/21)
07/28
07/27専門メディア顔負け! 最新の建材情報を発信するブログマスター(07/10)
07/26インターネットでバーゲン建材を調達しよう(07/21)
07/25山陰初の”注文建築”マンション(7/23)
07/24設計事務所を業務区分――国交省が建築士制度見直しで新たな案を提示(07/20)
07/23刺激と安らぎが混在するクリエーティブな“学校”(07/20)
07/22“ドライな霧”で六本木ヒルズを冷やす(07/19)
07/21「見られて困るものは何もない」透明仮囲いで工事を公開中〜建設現場の環境対策その4(7/14)
07/20「自家製有機肥料で手づくり野菜を育てよう」〜建設現場の環境対策その3(07/13)
07/19欧州開発の合板パネル建築 耐震性に驚きの声(07/17)
07/18
07/17大工の総数は約55万人、5年間で14%減少──05年国勢調査の速報値(07/14)
07/16モダン建築を観光資源に──大大阪の夢(7)(07/15)
07/15建築の“シンプル”追求 京大生ら きょうから作品展(07/14)
07/14「カラスを餌付けし、現場をハトのふん害から守れ」〜建設現場の環境対策その2(07/13)
07/13[庭]170号
07/12「太陽光発電で得た電力を自由に使ってください」〜建設現場の環境対策
   その1(07/11)
07/11フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「日本の住宅」
07/10木の家・エコとハウスメーカー・工務店
07/09夫婦の住宅選びは「日当たり」を最も重視、妻の方が望みが高い(07/07)
07/08耐震偽装の”後始末”を検証する(07/06)
07/07屋上・壁面緑化は6年間で10倍に増加(07/07)
07/06埋もれた名建築、文化財に──兵庫県養成の「登録推進員」(07/05)
07/05華やか歴史的建築 セレブ気分を演出(06/30)
07/04人気のサッシから分析する住宅デザインの流行(07/04)
07/03
07/02
07/01お菓子の家“建築設計”小中学生の親子 職業の魅力体験(06/19)

060712108 「ニュースきくち」での言い訳 に 目森一喜 さんからコメントをいただきました。

1. Posted by 目森一喜    2006年07月21日 16:03
 勝手なリクエストですが、ニュースきくちは文字が小さすぎるので、大きくしていただけないでしょうか。いつもブラウザで大きくして読みますが、この将門から行ったのでなければ、あの文字サイズでは、読まないで別のページに飛んでしまうところです。
 老眼には、あの文字サイズはつらいです。

 そうなんだ。それで「あの文字サイズでは、読まないで別のページに飛んでしまう」というのはまずいですね。
 でもね、私は「ニュースきくち」を書き、UPしているだけで、管理しているオーナーは菊地さんなのです。だから困ったな。でもとにかく、きょうその旨を伝えます。

 そういう意味では、私のブログも字が小さいですね。私ももっと大きいのでやりたいのですが、前にやっていたデザインのものでサイドバーが落ちてしまって、困り果て、これにしたのです。
 自分でデザインすればいいのでしょうが、もう面倒なんでね。私ももう58歳でね。だんだん、そういう普通にやるべきことが面倒になってしまうのですね。

 あ、それから、あなたも老眼なの。驚きです。私はこの歳でも、まだ老眼じゃないよ。もともと近視だったからかな。私は中学2年のときに近視になってから、もうノートとるのを止めましたからね。
 それに映画が字幕を読まないとならない洋画は見ないようになり、ヤクザ映画ばっかり見るようになりました。
 でも思えば、私は目に関しては、思えば、乱暴な話だった(ノートとらない、洋画見ないなんて乱暴な話だよね)から、でもでも、それで今も老眼にはならないのだと思っています。

 でも阿呆な私の言い方です。

続きを読む

 ニュースきくち の今年2006年6月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。

06/305月の新設住宅着工、6.7%増・4カ月連続増(06/30)
06/291級建築士を試験 国交省が新免許案、不合格なら降格も(06/27)
06/28補修の時期を構造物が知らせてくれる時代に
06/27
06/26注文住宅を建てたきっかけで最も多いのは「減税」(06/26)
06/25ガスと住宅の業界団体が「ウィズガスCLUB」を設立(06/22)
06/24赤坂インターシティから森タワーまで――「使いやすいオフィスビル」を選出(06/23)
06/23職人が踏んづけた下地材を張り直す羽目に(06/20)
06/22
06/21時代の主役への道
06/20住宅情報ナビ
06/19みんなの住まい 人と暮らしのコミュニティ
06/18民間工事も「丸投げ」規制・国交省、来年度にも(06/18)
06/1730歳代が60.7%、フラット35の利用者(06/16)
06/16積水ハウス+インフィニティが共同で提案した「娘と暮らす家」の反響(06/15)
06/15トヨタ、戸建て販売5割拡大へ・米国で住宅開発も(06/14)
06/14高齢者向け優良賃貸住宅
06/13銀座丸ごとパノラマ写真 日本建築写真家協会
06/12
06/11住宅の耐震診断着手(前橋市)県内初の取り組み 建築士事務所協会が協力(06/10)
06/10「建築確認」の解説で朝日新聞に重大な誤り
06/09「東京都心の人口増加傾向が明らかに、2006年版首都圏白書」
06/08RSS対応の建設サイト、ブログリンク集
06/07「今里の家」英の建築作品集が紹介(06/06)
06/06建築設計者の4人に1人が発注者から過度の圧力を経験(06/05)
06/05家を建てるならハウジングナビ
06/04道路や公園は見通しよく/建築に「安全な街」視点(06/03)
06/03だから家づくりは最高に面白い(06/01)
06/02
06/01

 ニュースきくち の今年2006年5月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。

05/31「ケンプラッツ」のRSS配信(05/22)
05/30郊外の大規模集客施設の出店を規制する改正都市計画法が成立(05/29)
05/29アップトゥーデイト・コーポレーション
05/28RSSリーダーを使いこなせ!(05/25)
05/27壱岐市の埋文センター・博物館 設計、運営 黒川事務所など3社グループに(05/24)
05/26建設ブロガーの新着情報は「RSSリーダー」でゲット!!皆さんは使ってますか?(05/25)
05/25新スポット、表参道ヒルズを探検
05/24足場の上、工事中の屋上で建材の調べものをしたい。あなたは、どうする?!
05/23開設から13年、ミサワホームの有料老人ホームがリニューアルオープン(05/22)
05/22第2回 木質建築空間 デザインコンテスト 結果発表
05/21今井ブログ 零細企業 今井工務店の復活工事日報!
05/20インターネットで“全室見学可能”のマンション、実はスゴイことが起こってるんです!(05/19)
05/19顧客の理解を得る現況調査とは?(05/18)
05/18現場主義
05/17住木センター、中小の木造住宅生産者の生産体制整備を支援(05/17)
05/16企業価値や資産価値の確保にも不可欠な耐震化(耐震対策の促進に挑むBCS その4)(05/15)
05/15耐震強度偽装問題で発注者心理に変化は?(04/18)
05/14知りたい建築設計の基礎知識
05/13昨年度末の建設業者数3.6%減(05/12)
05/12無線ICタグで建設現場の物流、施工管理が変わりそうなヨカーン!(05/11)
   五輪招致で建築家対決…東京・安藤氏、福岡・磯崎氏(05/12)
05/11フォトブログbears
05/10戸建住宅のビジネスブログ・システム
05/09建設ソリューションEXPO 2006
05/08空間創造
05/07
05/0615億円の見込みが5600万円に「回転道路」で安価に渋滞を解消(04/27)
05/052005年度の住宅着工戸数は5年ぶりに120万戸超、国交省調査(05/02)
05/04建設各社、工場建設の受注争い激化(05/04)
05/032006年度住宅着工戸数は124.1万戸、建設経済研などが予測(05/02)
05/02新入女子社員が建設ブロガー界にデビュー!! 建材カタログ活用の「達人技」を伝授(05/01)
05/01建設ITキーワード

 ニュースきくち の今年2006年4月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。

04/30
04/29
04/28建築ブックマーク
04/27住宅メーカーの住宅の所有者は96%が「満足」、経産省調査(4/26)
04/26昭和30年代の住み心地・団塊世代向けレトロ住宅、遊建築設計社が開発(4/26)
04/25旧高山邸を再編整備(藤岡市)市民交流の拠点に(4/7)
04/24工務店のための有力企業ガイド2006
04/23左官用語辞典
04/22自作の調度品チェック 京都迎賓館開館1年で技術者ら(3/31)
04/21“Let it be”って、こんな歌だったのか!! iPodの悲劇を克服、建設ユビキタス的な技術伝承を考える(4/20)
04/20JIAが文化学院校舎保存の要望書を提出(4/19)
04/19あなたの街の建築家・建築設計事務所
04/18建築系検索エンジンKenKen!
04/17「家具・ホームセンター」の業界地図(4/17)
04/16暮らし十職
04/15全国の建設ブロガーたちよ、結集せよ!!
04/14ユビキタスな省エネビルを制する者は、大手ゼネコンか、それとも、、、(4/13)
04/13建築設計者が使っているCAD、OS、プリンタは?(4/1)
04/12外観パースづくりでの上手な“手の抜き方”、アングルを決めて見えないところはつくらない(未来舎)(3/26)
04/11新宿区が和風庭園開設(4/3)
04/10団塊世代の退職で住宅関連消費が活発化、電通調べ(4/9)
04/092006年日本建築学会賞が決まる
04/089割はインターネット経由で受注、打ち合わせ短縮でコストも削減(3/26)
04/07住宅フォーラム(岡村泰之建築設計事務所のHP)
04/06建設総合ブログ
04/05建築・住宅用語集(4/3)
04/04専攻建築士の認定者数が半年で3倍増に
04/03元泥棒の回顧録11 手口を変えて同じ家に2年間で3回侵入(2)
04/02建築基準法や建築士法などの改正案がいよいよ国会へ(3/30)
04/01国立のマンション訴訟で最高裁「景観利益」認めるも上告は棄却(3/31)

 ニュースきくち の今年2006年3月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。

03/31凸版、住宅関連商品を横断検索できる新サービスを開始(3/26)
03/30太宰治まなびの家、旧藤田家公開/弘前(3/26)
03/29ピカパー!が「スカパー!光」に改称。戸建て向けサービスも開始(3/29)
03/28
03/27建て替え時のセットバックを不要にした初の条例を制定(3/27)
03/26過去最多の1223人、2005年の住宅火災死者(3/25)
03/25
03/24太陽光発電の利用には高齢者ほど消極的、内閣府調査(3/21)
03/23サイバード・スペースのデザインがもたらす安全と安心(3/23)
03/22よみがえる東京駅 赤れんがは愛知産、「秀吉の兜」装飾(3/23)
03/21住友林業ツーバイフォー、外断熱工法を採用した住宅(3/21)
03/20
03/19必見! 今どきの住まい
03/18里山に抱かれ 環境問題解く 「地球研」北区に新施設(3/1)
03/17都内のオフィス環境、不満要素は狭いスペース(3/17)
03/16レトロ空間で本場の響き──西洋建築、演奏会に活用(3/16)
03/15ヒートアイランド対策で「風の道」の効果を確認(3/14)
03/14
03/13マンション選びの極意〜都心に住んで休日の街を一人占め(3/1)
03/12行政の施策は整った、後はやるだけだ!〜自助・共助・公助による努力を〜(1/16)
03/11「おサイフケータイ」を鍵として使う住宅セキュリティ・システム(3/9)
03/10三井不動産、青山のハザマビル跡地に新たな高層複合ビルを建設(3/10)
03/09個人住宅、建築工事費2年連続増加・04年度(3/7)
03/08建築家・根岸さんら第一席 循環型住宅提案コンペ、県人初(3/7)
03/07トステム、耐震ロックを標準装備したシステムキッチン(3/6)
03/06観覧車のように多数の乗りかごが循環、日立がエレベータ新駆動技術(3/1)
03/05「耐震改修工法・装置」選定結果、東京都(3/2)
03/04太陽光発電の家は子どもの環境教育にも有効(3/2)
03/03一戸建ての耐震性はここをチェックせよ!〜いきなり耐震リフォームを依頼する前に〜(3/2)
03/02JIAの日本建築大賞2005大賞を妹島和世氏の「梅林の家」が受賞(2/28)
03/01寝室の明かり/空調など統合制御する「快眠システム」、松電工(2/28)

 ニュースきくち の今年2006年2月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。

02/28数寄屋大工、繊細な技術に驚き アイスランドの学生らが見学(02/27)
02/27首都直下地震では12.7万棟が全壊することも、東京都(02/26)
02/26皇居のお堀にたまった泥を真空吸引(02/26)
02/25住宅リフォーム市場は2010年に8兆円規模へ NRI予測(02/23)
02/24TJMデザイン、携帯電話デザインのコンパクトな墨つぼ(02/22)
02/23品質とスピードは両立するか(02/16)
02/22「御便殿」寄贈受け移転し保存(02/11)
02/21「柱補強へ屋根持ち上げ 東本願寺・御影堂」京都新聞(02/09)
02/20「団塊世代の引退と技能伝承問題」日経BP社(02/17)
02/19住宅は「購入」が最終ゴールではない(02/18)
02/18免震・制震戸建住宅の販売急増、今後は制震の普及に期待(02/17)
02/17「住宅リフォームに関心あり」は48.6%、耐震強度は44.5%が「不安」(02/16)
02/16失敗できない住宅選び:「リフォーム」を超える「リノベーション」のススメ(02/15)
02/15マンション新時代―これからのマンション管理を考える(02/02)
02/14ハートビル法(02/07)
02/13花粉症商戦が早くもスタート 新商品が次々(02/12)
02/12「スミス記念堂」再建へ 彦根のNPO法人、10年越し夢実現(01/21)
02/11「和風建築の魅力」(2004.10.10)
02/10住まいと注文住宅 住み心地(2004.10.14)
02/09地震大国ニッポン、ここまでやれば大丈夫(02/08)
02/08国交省、違法建築設計などに懲役刑も(01/31)
02/07地元団体が『太子講』継承 主役の大工職人減少 区民触れ合いの場へ(02/05)
02/06住宅の質向上へ数値目標・住生活基本法案を閣議決定(02/06)
02/05「入母屋造り」
02/04細淵家住宅など 登録有形文化財に(2005.11.20)
02/03社会 : 江戸時代後期の古民家再生 富士見・折井さんの住宅(01/23)
02/02京都・谷崎邸、公開へ 「夢の浮橋」主人公の家のモデル(01/30)
02/01「ニュースきくち」オープン前のUPがあります
   「ニュースきくち」の1月にUPした題名です
   【東京】延べ1.5万峽弉茵〇劼匹皺板軈躪脾歎設(02/01)

 

 ニュースきくち の今年2006年1月に私藤原隆家がUPしたタイトルが以下です。最後の(01/30)というのは、その記事が出ていた月日です。

01/31『東横イン流経営哲学』とは稼働率82% 裏に徹底管理
01/30「グランドステージ赤羽」に使用禁止命令!(01/30)
01/29姉歯事件:工事監理の責任があるのに見過ごしたのではないか(01/23)
01/28「淡路瓦」復権へ融雪機能を実験 新潟の豪雪救いたい(01/16)
01/27「村野藤吾が設計した北国銀行の旧本店社屋、保存へ」(01/16)
01/26【ファンキー住まい通信】偽装見破れるか? マンション選びの心強い味方、登場
01/25「建築士8人の免許を取り消し 耐震偽装で国交省」中日新聞(01/25)
01/24ピアチェック導入が必要 JSCAが集会(1/24)
01/23「江戸時代後期の古民家再生 富士見・折井さんの住宅」長野日報
01/22「構造検証チーム始動へ県建築指導課 23日申請から再計算」
01/21国の有形文化財に 商家建築の「織本屋」母屋(つるぎ町) 徳島新聞(1/21)
01/20「建築確認制度改善を─参院国交委参考人質疑」東京新聞
01/20「ニュースきくち」を開始

dfc6022f.jpg

 プロトの4―6月期、経常益24%増・ネット活用奏功 に次のように書きました。

 私は広告の世界にいたことがあります。そこで学んだことは、広告を作ることも愉しく大事なことですが、同時に広告を露出した結果を必ず調査することというのも大事だと教えられたものでした。でも、この広告の効果の調査というのは、実に大変な作業でした。新聞や雑誌はまだいいのですが、テレビは、その広告効果の調査というのは実に大変なことです。
 それにくらべて、このインターネットは、そこが実際に判定しやすいのです。私のホームページ将門Webには、いくつもアクセス解析が入れてあります。ブログ将門もlivedoorがやってくれているアクセス解析があります。
 これを見ますと、実に私のところを訪れてくれる方が、どうやってきてくれているかというのが実に詳しく判ります。

 私は、私のブログ将門にきてくれている方の約半分が検索エンジンだと、前に報告しました。その検索エンジンのうち、Yahooがそのまた7割で、欧米や中国・韓国のようにGoogleの割合は多くないと書いたものです。
 でもでも、ここ約1カ月前くらいから、Googleが復活(昔はみなGoogleが多かったのです)してきました。Yahooとは今はちょうど45%くらいずつで同じです。あと10%はエキサイトとMSNやその他です。
 そして全体の半分は、さまざまなサイトからきてくれています。私の将門Web内からとんでくれる方も多いです。

 もう、これはインターネットだろうなと思いますよ。過去の広告では、これほど明確には判明できていませんでした。

 とくに私はインターネットでも、今のブログというのが、私が過去に経験してきました広告業界(私は広告代理店のチーフプロジューサーをやっていたことと、広告コピーを書いていた時代があります)での経験を思い出しても、広告したことへの調査が、実によく判断できるなと思うのです(ただし、私のホームページやブログが広告をやっているというわけではありませんが)。
 いくつものアクセス解析で、実に詳細に判るわけなのです。

 とくに、このブログは、驚くほど検索サイトからきてくれる方が多いのです。いわば、これが「口コミ」効果かなと言える思いがしています。
 これまでの広告、これからの広告 に書いた内容ですが、

メディアに触れる姿勢はまえのめり
情報源の多様化と情報検索ツールの発展
消費者は情報収集を始めた

というのをよく感じることができます。だって思えば、自宅で常時接続しているパソコン(しかも、もうテレビでインターネット接続もできる家庭が多くなっていくことでしょう)で、もういくつもの情報検索をして、そして実際にインターネットで購買する多くの人たちの存在を感じています。

 ただ、それで私が毎日UPしております ニュースきくち があるのですが、あれもまた私はいわばそのネットへ多くの人がきてほしいパブリシティのようなものとして位置づけてやってきました。
 あくまで、私の「ニュースきくち」はここへ来てくれる方へのパブリシティであり、だから私は毎日ただただインターネット上の建築に関するニュースを探してやってきました。
 だが、それはいわばつけたしであって、もっとこのサイトのオーナー自身からの建築についての情報提供を期待していました。でも忙しいのでしょうが、まったく情報が提供されることはありません。
 そうなると、つけたしの情報であるべき私が藤原隆家として書きます「ニュースきくち」がメインの情報であるサイトになってしまっています。
 これは大変にまずいことです。

 それでちょうど私は毎日これをUPすることにしていましたが、18日に疲れて夜12時前に眠ってしまったことがありました。私はいわば毎日気ままにUPしていたのですが、こうしたいわば事故が起きてしまいます。

 そこで私はかなり反省しました。そして、この7月に今後はちゃんとUPしていこうと、UPする記事の予定を簡単に作りました。ようするに、月日と、そのUPする予定の題名を記すだけです。でもそこでだんだんといろいろなことが判ってきました。
 私は、きままにインターネット上の新聞記事等々を読んで抜き書きして、そしてそれへの私の思うことをただ書けばいいと思っていました。だから私が書くことがらくなものばかり抜き出してきています。実際に建築の興味ある方への大事な情報提供とはいえないのです。
 それで、これからだけではなく、過去の題名も記していきましたときに、私から見ても、「こんな雑多な情報を、雑多にあげられても、意味ねえよな」と思うものでしかありません。私としては、言い訳としては、「これはそのサイトの中のいわばかざりだからさ」なんていう思いでしたが、いわばこれだけしか情報提供されていないサイトなのですから、もう少しまともな情報提供をしていくべきです。
 そのことを強く感じました。

 これから、「ニュースきくち」が始まってからの題名のみを月ごとに並べてみます。そして、今後はもっと真面目な情報提供、情報の真面目な露出を実現していきたいと考えました。

 珍しく真面目なんだよな。

 あ、それから、「ニュースきくち2006年1月」から始めますものには、画像をUPしません。いや画像があると、題名ばかりがうまく見ることができないと思うからです。それと、もう画像がないこともあるのですが。

 

96dec076.jpg

 私が藤原隆家というペンネームで毎日書いています ニュースきくち で書きました 人気のサッシから分析する住宅デザインの流行 で次のように書きましたことで、強く思い出していたことがあります。

 私のクライアントに、建具屋さんがあります。もともとは木工屋とでもいう仕事でしたが、今は建具といいましても、やっぱり一番多いのは、アルミサッシの仕事です。今は一戸建てよりも、マンションの家が多く、一戸建てといいましても、昔とは違ってもうどこの部屋もアルミサッシを使っています。
 そのアルミサッシにも人気色があるんですね。今度、行きましたときに、この人気色のことを聞いてみましょう。(藤原隆家)

 私が1969年12月10日に逮捕されました事件で(芝浦工大内ゲバ殺人事件と言われました。でもね、殺人でもなんでもないよ)、私は埼玉県朝霞署に逮捕勾留されたのですが、その留置場に、私より先にS君がいました。彼は窃盗罪の疑いでした。
 そのS君が、仕事がサッシ屋だったのです。私は「サッシ屋」と言ってもよく何なのか判りませんので、彼に聞きますと、彼が説明してくれたものでした。

 サッシ屋と言っても、よく判らないかもしれないけれど、前は家というと建具屋ばかりだったけれど、今はみなアルミサッシを使うじゃない。それでね、アルミサッシっていうとね、…………………………

とよく教えてくれたものでした。アルミサッシと言っても、円形のものもあるんだというようなことも教えてくれたものでした。
 私の房の入口には「殺人、殺人未遂、…………………」という罪名が書いてありましたから、けっこう大変な存在だったのですが、お互いの事件のことは話さないで、彼の仕事のことを話したものでした。あともう一人在日韓国人のRさんもいて、その彼とは吉川英治の「三国志」の話をしたものでした。

 このS君とRさんとの思い出で、前に書いたことがありました。この留置場にいたときにあった参議院選挙のことです。2005年9月10日に書いた 明日は投票日 です。

 またいくつものことを思い出しました。

2017071703 私が藤原隆家というペンネームで毎日UPしています ニュースきくち での5月21日の 今井ブログ 零細企業 今井工務店の復活工事日報!今井ブログさんから以下のようなコメントをいただきました。

コメント失礼致します。
初めまして、愛媛県西条市の今井工務店と申します。弊社ブログをここまで紹介して頂き、大変嬉しく思っております。ありがとうございました。
「閑人閑想」様のブログ記事は、非常に内容豊富で興味深いですね。これからも記事を楽しみに拝見させて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。

嬉しいです。この今井ブログを読んでいる私はいろいろなところで頷いています。こうして、私よりも若い方がこうしてブログで、自分の仕事について書かれていることに感動しています。やはりこうしてブログというのはいいですね。過去のインターネット上の各ホームページばかりのときとは違って、実際に仕事をしている人が、その自分の仕事を書いていてくれます。前には、その仕事のプロであっても、インターネット上にそれを伝えるには、やはりまたHTMLのプロとでもいう人が必要でした。

今は、誰でも、自分の言葉で、こうしてインターネット上で表現できます。ぜひとも、この今井工務店さんのように、みなブログを発信してほしいな。

続きを読む

926c1879.jpg

 私が藤原隆家として毎日UPしています ニュースきくち にも このこと をUPしました。
 イエイリITラボ に 待望の RSS対応サイトのリンク集ができました。いえ、私は真剣に結構待ちどおしかったのです。
 これでこれから、これらのいくつもの建設に関したサイトを見ていきます。おそらくこれから自分の家を造りたい、自分の家を改築したい(この改築したいという人がいるのは、おおいに感じていますね)という人(これは私たち団塊の世代に多いように思います)、自分の事務所やお店のビルを改築したい人は、このRSSでいつもこういうサイトを見ていくことでしょう。そしてそういう人が増えていくし、インターネットを普通に活用する若い人なら、またこうしたRSSでさまざまな情報を見ていくと思うのですね。

 もうビジネスも生活もこうして、変わっているのです。
 ただ、こういう変化に対応しないおじさん、おばさんがいます。対応できないというよりも、対応しようとしないのです。だからこういう方たちはビジネスでも、生活の上でも、どうしようもない感じですね。

19c691e5.jpg

 私が藤原隆家として、毎日UPしています 閑人閑想ニュースきくち ですが、るるぶ.comを見まして、これを書いたものでした。

 ここに書きましたように、私は表参道で結婚式をしました。もう愉しい結婚式でした。なんだか、私を祝うためか、パトカーは4台来てくれて、実にたいそうな大騒動で、面白かったです。
 ただ、こうして新しく「表参道ヒルズ」ができると、必ず見にいかないとまずいなという思いになります。
 街はどんどん、綺麗になります。綺麗にならない街は私は嫌いです。

 私の我孫子の家から、朝通勤するときに、道をいつも掃除しています染谷観光の社長とその社員の方々をいつも思い浮かべています。街を綺麗にすることが大事ですね。
 私は汚れた街が嫌いです。タバコの吸い殻が散乱している街が大嫌いです。

続きを読む

5ad971a2.jpg

 私が毎日UPしています

   http://blog.livedoor.jp/kiku551/archives/cat_10004624.html
                      ニュースきくち

で、何度もさまざまな記事を取り上げてきましたのがこのサイトです。

   http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/  イエイリ建設ITラボ

 建築の世界も、かなりIT化が進んでいるとは言いましても、実際に私があちこちで接していますこの業界の経営者の方々は、いわば私と同年代かその上が多いわけで、実際の現場に携わっている若い方とはかなりあらゆることに関して認識が違うのを感じています。
 もちろん、その業界での長い経験を若き世代に教えていくのはいいことだと思うのですが、仕事で必要な新しい技術情報を使うことにもマイナスな思考の考えしかできない方が多いことを私はよくよく感じています。
 そうした実情が「嫌になるなあ」という思いを抱いている私ですが、このサイトで UPされたことを、いつも読みまして、多くの方に伝えていきたいなと考え、それがこの業界を変えていけるのではないかと期待しています。

 このサイトで書かれていることをいつも読んで参考にして、さらに自らも実践し、この建築の世界で生きている方に伝えていくようにしています私です。

続きを読む

a797bbf0.jpg

 私が毎日更新UPしています ニュースきくち ですが、きのうUPしましたのが、次でした。

  「足場の上、工事中の屋上で建材の調べものをしたい。あなたは、どうする?!」

 これはイエイリ建築ITラボこのニュースを見て書いたものでした。

 私は、これを読みながら私が大学5年のときに左官屋の手もとの仕事をやっていたことを思い出していました。モルタルをこねて作りまして、それを一輪車でビルの上に運びます。そして狭い路板(みちいた)の上を運んだものでした。
 この建築現場のビルの上のほうで、一輪車を使っていた思い出はほかにもあります。それと、また別にダクト屋の仕事をしていたときにも(これは大学6年のときにやっていたな)、いくつもの現場のビルの上や地下鉄の中の高いところに登って仕事をしていたものでした。
 でも、それがこうして今その現場の足場の上でケータイでできるなんて、実にいいなあと思いました。

 足場の上にいるときに、ノートパソコンを開くわけにはいきませんね。いくらパソコンとインターネットで解決の方向が見えるはずだと言いましても、現場の足場の上ではそれが使えないのですから困り果てます。

 これはつづづく思いあたります。でも今はケータイが使えるのですね。
 今こそ、こうしてITを使って、さまざまな現場で実際に仕事を処理していくのがいいなあと思っています。とくにケータイはかかせません。

 今ちょうど私は、ケータイメールを妻と5通やりとりしました。いわば、どうでもいいけれど、でも実際に交わさないと解決しないことがいくつもあります。電話で実際には話せない場がいくつもあるのです。

 だから、いわば、建築の現場の足場の上だけの問題ではないのですね。ケータイを普通に使いこなすことなのです。

続きを読む

↑このページのトップヘ