将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ネット通販

13021813 このニュースを見て、そのまま肯いています。私もネットではよく購入するわけですが、やはりアマゾンが多いです。
   http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKDASGF1808Q_Y3A210C1EA2000
アマゾンのネット通販売上高、日本で最大 昨年7300億円
 インターネット小売りの世界最大手、米アマゾン・ドット・コムの2012年12月期の日本での売上高が前の期比18.6%増の78億ドルだったことが分かった。直近の為替レートで約7300億円となり、日本で事業を展開するネット通販企業の売上高としては最大。成長するネット通販市場の中で際だった存在となっている。

 いやネット通販ではいくつものところを利用していますが、前には実際に手にして見ないと買えないと思っていたものがいくつもありましたが、もう一度そこで買いますと、相手が信用できますので、また繰り返すことになります。とにかく、自宅まで配送されるのが実に助かります。
 でも

 楽天の売上高は、同社の通販モールに出店した小売店などから得る手数料が中心で、自社で商品を仕入れて販売するのが柱のアマゾンとはビジネスモデルが異なる。

を読みまして、「ああ、そうなんだ」と思いましたものです。
 まだ本を手にして読むことが多いのですが、アマゾンから手に入れたキンドルでもっと読んでいくようになるのだろうな。そうすれば、実に助かります。ただ、もう少し実際の本ではなく、キンドルで読めるようになってくれないかなあ。

12112015 今朝の日経新聞を手にとりまして、一面(私はまず最終面の「黒書院の六兵衛」を読みます)をの見出しで驚きました。

リクルートがネット通販 仮想商店街、楽天を追撃
割引・出店料アピール

 リクルートホールディングスは来年3月にも、インターネット通販事業に参入する。衣料や家電などの小売店が出店する仮想商店街の運営に乗り出す。国内のネット通販市場は楽天、米アマゾン・ドット・コム、ヤフーの3強が主導している。リクルートは傘下のサイトで年間のべ1億人以上の利用者を抱える強みを生かす。ポイントを使った割引などサービス競争に拍車がかかり、消費者の利便性が高まりそうだ。

 私が「エッ」となったのは、二つあります。「エッ、とうとうリクルートもやるのか」ということと、「エッ、リンクルートまだやっていなかったっけ」なのです。でもよくよく考えると、やっていないですね。
 私もできるだけ街の商店で買うようにしてきました。でももう随分前からインターネット通販は使っています。だって、それじゃなければ買えないことが多くなってきたからです。「リクルートのネット通販参入で、リアル店舗からネットへと進む商品流通の構造変化が一段と進む」というのは、実に感じますね。

 私は昨日あるスーパーへ行きまして、あるものを探しました。ネット通販なら買えることが分かっていましたが、たいしたものじゃないし、そこで買えると思っていました。でももう分かりました。やっぱりネット通販なのです。
 ただ、このことはどうにも認めたくない人が大勢いますよ。もう私の知ったことではないですが。
12112002 私は7月に久しぶりに会いました何人もの昔の友人たちに手紙を書きました。別に返事は求めませんが、メールもケータイメールもただの一通もこなかったことに、さすがに驚きました。こういうニュースを見ても、大変に憤慨したり、嘆いたりするのではなく、そもそもこういうニュースにも気がつかないのですね。

↑このページのトップヘ