将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:バチスタ手術

医龍―Team Medical Dragon (5)
書 名 医龍5─バチスタ…終了─
著 者 乃木坂太郎
    永井 明
発行所 小学館
定 価 505円+税
発行日 2004年2月1日初版第1刷発行
読了日 2006年6月16日
「これは泣くから電車の中では読めないな」ということで、でも今朝は秋葉原のヨドバシに寄る用がありましたから(ヨドバシは朝9時30分開店なので)、そのおかげで家で本の半分くらいを読む時間がありました。
 でもでも、やっぱり私は涙を流していました。「第32幕越権医療行為」での朝田のいう言葉

   ───俺にとってチームとは、
   共に命を追う、
   大事な仲間だ───
   一人でも命を諦めない者がいれば、
   俺は何があっても共にすすむ。

 いい言葉です。自然に涙が出てきてしましました。やっぱり電車の中でなくて良かったな。

 

医龍―Team Medical Dragon (4)
書 名 医龍4─第1回バチスタ手術─
著 者 乃木坂太郎
    永井 明
発行所 小学館
定 価 505円+税
発行日 2003年11月1日初版第1刷発行
読了日 2006年6月12日
 また羞しいのだが、電車の中で涙を流してしまいました。「第26幕第1号バチスタ患者」の中の朝田のいう言葉にです。

   待ちに待った患者だと………?
   勘違いすんなよ
   患者が医者を待っているんだぜ!

 この通りです。でも、いかにこうした当たり前の医者としても意識・使命を忘れ果てている人が多いことでしょうか。そしてそれは医者に限らないことなのです。

↑このページのトップヘ