将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:パソコンの前

12081504 この「黒書院の六兵衛」の加倉井隼人の奥様の挿絵を取り直しました。

2012/08/15 06:12パソコンの前へ行きまして、「周のポメラ」をUPしました。でもこの「黒書院の六兵衛」の奥様のことがこの実際の挿絵のようには美しくないので、またリビングに来て新聞を広げ、画像を撮り直しました。
 この連載小説が実際の本になっても、この挿絵はそれに載せられるわけではないから、それはどうにも不満だなあ。それがどうにかならないものなのかなあ。
 だから、私はこの挿絵をデジカメで撮って載せているのです。いつか、「これはおかしい、著作権を無視している」といくか言われるかと思ってきましたが、今のところなにもありません。私がデジカメで撮る下手な絵ですからね。あ、挿絵は素敵なものだと思いますが、それを撮る私がいけないのです。下手なのです。
 また上に書いたように、挿絵を取り直して、その上の「交遊抄 恩田雅和『落語から漱石へ』」を読みました。
12081506 漱石は当然みな読んでいる訳ですが(読んでいないのは「坑夫」だけでしたが、もう随分前に読みまして、私はものすごく感激していました)、「和歌山といったら漱石が『現代日本の開化』をしたところだ」という言葉に、私は漱石の講演は少ししか読んでいないことを思い、また恥ずかしい思いです。

 でも漱石の「講演集」なんて本はないかな。森鴎外の講演もいいものがあるのですね。

12072803 もう今の私はどこでも自在に機器が使えるようになりました。

2012/07/28 06:05今リビングへ来ました。私は前にはこのポメラはパソコンの前では打てなかった(だってそれならパソコンを使えばいい)ものでしたが、今はできるようになりました。思えば当たり前なのですね。
 でもこのポメラは今はもう外出時は持って歩かないですね。だって大きすぎるのです。幅がありすぎます。
 それと今はノートパソコンも持って歩くことはないですね。もうIS01がありますからね。前にじゅにの千葉県こども病院へ行くときに、京葉線の中でノートを広げていた40代、50代の人(30代の女性もいました)は、やっぱり古くさいことをやっているようにしか思えなかったものでした。

 実際に古い形に見えただけではなく、間違いなく古かったのですね。

12071408 以下を書いていて、インターネットを検索しないと(自分のサイト内ですから簡単です)ならないことになり、パソコンの前に来ました。

2012/07/16 06:52今NHKで斎藤孝さんを少しだけ見ました。私は彼の本を読んで、ゲーテがシラーについて言っていることで、ものすごく感心したことがあります。もう私では分からないことでした。以下の本を読んで

 周の雑読備忘録「齋藤孝『「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術』」
  
http://shomon.livedoor.biz/archives/51726085.html

 そして、私は以下に感激していたのでした。

 ゲーテが親友シラーを語った言葉
  
http://shomon.livedoor.biz/archives/51725491.html

 これをまた書いてみます。

 つねに、新たな考えを羽ばたかせるために情報をひきよせ、取り込んでいくという姿勢を持とう。そうでなければ、情報をいくら集めても意味はない。
「あれほどのすぐれた人が、その実、何の役にも立たない哲学的な思考方法に骨身をけずったことを思うと、悲しくなるよ」
 これは、ゲーテが親友、シラーを語った言葉だ。親友だからこそ、かくも辛辣なのだろうが、うなづけるところはある。

 私はゲーテもシラーも大好きでした。でも、こんなことは夢にも思いませんでした。もうこのときから、私はこの斎藤孝さんのファンになってしまったものです。

 とにかく、私はすぐに誰にでもファンになるし、誰のこともすぐに嫌いになっています。

12070802  今日は「金子みす〃"物語」があります。私は彼女の詩はいくつも読んできました。でも私はこの時間はテレビの前からではなく、パソコンの前にいるのです。
  でもみすずのずが出ないのだよな。〃の点をつけるのだけど。

  テレビの前へ来るとテレビばかり見てしまいます。

12062505 なんだかいくつものことを思います。みんな書ききれません。

2012/07/02 07:50私が自分の部屋でパソコンの前で座っているわけですが、そのときにわずかの間に夢を見ました。
2012/07/02 08:00「梅ちゃん先生」が始まりました。その前に私が7時48分くらいから、2分くらい眠ってしまい、そのときに夢を見ました。その夢をよく思い出します。
 でもその夢のこともまた書きますが、とにかくこのドラマがいいです。

 ここに書いた夢のことも書かなくちゃな。私は「夢の中の日常」を書いていて、またそこに書くべきなのですがね。いろいろとありましてね。
 そういえば、私が自分の夢のことを少し喋ったとき、「『夢の中の日常』は島尾敏雄の作品じゃないか?」といいました私より二歳年上の方がいましてね、私は「島尾さんのは『夢の中での日常』で私のは、『夢の中の日常』なのです」と言ったものです。いささか私はあきれていました。
 今日の夢のことは簡単だからまた書きます。

12060209 いつもポメラを打つようにしていますが、もう持っては歩きません。

2012/06/03 14:20どうしてもこのポメラを打つ場は限られてしまいますね。パソコンの前ではまず打ちませんね。パソコンそのものを打ったほうがいいのだもの。

 このポメラは大きすぎるのです。あと漢字熟語変換がおおいに不満です。でもものすごい数を単語登録して、少しは使えます。

12042706 4月26日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは パソコンの前 じっとして 歌の湧き来ず 諦める時

 独楽吟はパソコンの前に座ってスッと出てくる時と 全く出て来ないときがあり、スッと出て来ないときは潔く諦めパソコンを閉じます。「明日がある!明日がある。あしたがある〜さ♪」という心境です。

 私は、いつもパソコンの前に居る、と言いたいのですが、でも今はテレビの前ではポメラを開いていますし、外の飲み屋等ではIS01を開いています。ノートパソコンは開くのが遅いので、面倒なのです。電車の中でノート開く人も、すぐに電車を降りてしまいます。短い時間でも書けるIS01が数段上です。もちろんデスクトップは常時開いています(今はデスクトップです)。

たのしみは ペット談義で うふアハと 思わず4人 笑いあう時

 同じ部屋で4人働いています。娘さんが飼っていたミドリガメが死んでしまったとか 金魚が卵を産んで3-4日で稚魚が孵ったとか 生き物好きの私にはわくわくする会話。いつもおしゃべりしているわけではないけれど 楽しく働かせていただいています。

 ペット談義なんてしたことがないなあ。でも今朝6時代に郵便局へ行ったときに犬を連れた人とすれ違いました。その犬のことで、いくつも思いました。

12031205  私はパソコンの前では、決してポメラもIS01も打ちません。そこでは当然にパソコンでやります。だがパソコンでもポメラでもとても早く打てますが、IS01ではそうはいきません。
  ただ、IS01ではけっこう単語登録していますが(もうすぐ400を超えます)、ポメラでは、「吉本隆明鈔集」も「鈔集」も登録できていません。
  このIS01では単語登録できています。 もちろんパソコンでも登録はできています。

0e7e76c8.jpg

 なんか、ただこのポメラに勝手に書いているだけですね。でも朝書いたのは長いので、UPします。

2009/12/19 07:32冬だから寒いわけですが、でも部屋の中で暑くもあるときもあって面倒なことです。
 でも今思いましたが、私なんかこういうポメラのような機器があるから、こうして打てるだけで、手で白紙に書いていたら目も当てられない状態ですね。そもそも漢字がよく判らないしなあ。だから、こういう機器がいいですね。ただ、私は昨日さらにパソコンを使って書いている自分への弊害みたいなものを書いてみました。パソコンは1984年から使っているわけで(もっと前から使っていましたが、積極的に使いだしたのはこの年からです)、もう25年を過ぎているのですね。
 1984年というと、ジョージ・オーウェル「1984年」の年なのですね。あの年からあらゆるものが変わりました。私も変わりました。私がパソコン通信をやりだしたのもこの年かなあ。
 思えばもう25年が経過しているんだ。1992年から積極的にパソコン通信をやり出しました。それで1997年暮れくらいからインターネットを始めて、1998年10月1日にホームページをオープンしました。そして2005年1月21日にブログをオープンしました。ホームページのたくさんのページとブログを統一して、大きなホームページとしたいのですが、でもなかなか実現できません。
 思えばただただ量が多いばかりの私のホームページとブログですが、今後もただただ量が多いばかりでいくのかなあ。
 今、義母が毎日お世話になっています「わが家新聞」第3号を見ているのですが、手書きで書いてあるんですが、私には手書きなんてとてもとてもできません。手で書くなんて私にはもはや到底できないことです。思えば欧米ではタイプライターが出現したときに、実にホッとした人がいるだろうな。実際にはその時点ではいない訳なのでしょうが、あとでタイプで打っているときに、そのことをつくづく思い出したはずです。
 私もパソコンより前にオフコンを使っていたのですが、それのワープロでよく手紙を書いたり、要するに文書を作りました。
 パソコンになってからは、ワープロはいっさい使っていません。エディタであるVZで文章を書いていたばかりです。そのときからの習性で、今でもワープロソフトは使いません。使えません。そのために今もATOKはまったく好きになれません。もちろんワードというのもまったくだめです。使わないというか、使えないのです。
 でもエディタでも、WZもこのごろどうしようかなという思いです。もう換えるつもりでいます。ただ、私は新しいパソコンにしたときから、ワードはいっさい使いませんが(実は使えないのだ)、MSーIMEは使うようになりました。だってVJEはいくら待ってももう復活はしないのですから。
2009/12/19 08:47もっとやりぬきましょう。私はまたパソコンの前に行きます。

 またあとで、このポメラに書いているかもしれません。

続きを読む

6bf3ce3d.jpg

 どうしても、いつもこれを書いて行きたいのですが、なかなか出来ていませんね。

2009/06/02 09:19今月もこれを書いていきます。

 やはり、家でパソコンの前では書く気にはなれないものなのですね。仕方ないものですね。

続きを読む

bb5bdf2c.jpg 21日から長女家族はミツ君のお父さんお母さんの家に行っていました。昨日戻ってきて、また私の部屋に入ってきて、パソコンの前で私の膝の上に座り、いろいろなものを手にとっていじくりまわしています。それを自分のママに見せに行っています。またおおばばの部屋にも入っていきます。
 写真は私の部屋にある『幼学詩韻』です。これはたしか1969年の11月くらいに、東大前の古書店街で買ったものです。(06/23)

8784831e.jpg 私の部屋に孫はいつも入ってきて、パソコンの前でマウスを動かします。もういつものことです。そしていろいろなものを指さして、取れというのです。だからいくつものものを取ってはそれで遊んでいます。
 写真は私の部屋にある『孫子』と『呉子』です。私が高校1年のときに、神田で購入したものでした。その後何度も読んできた本です。かなり本自体がくたびれています。(06/21)

↑このページのトップヘ