将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:パソコンソフト

 パソコンソフトの使い方が容易に分からなくなっている私です。

2012/06/19 05:55しかし、もう私はパソコンソフトの使い方にも分からなくなっています。それを如実に感じます。これでは実に困りますね。ちゃんと自分でやれるようにしていかないとなあ。
120619122012/06/19 06:44「黒書院の六兵衛」は今日は上野の松坂屋の店先まで、隼人と八十吉(福地源一郎のこと)は行きます。八十吉が店先で矢立を取り出してメモをしています。こういうシーンが実に面白いです。上野の彰義隊戦争の直前がこんなに面白い状態なのですね。もちろん、これは小説ですが、私は本当の事実が描かれている思いなのです。
2012/06/19 07:02台風が来ているのですね。雨がたくさん降っているようです。
2012/06/19 12:33先ほど私の将門Webで、横路利一のことを書きました。私には、『日輪』の中で、卑弥呼の言う「奴国の滅びたのは今ではない」という言葉が甦りました。
 いやもうすでに将門Webに書いてしまったことで、さらに付け加えたいことがあるのですね。いやけっこうあるのですね。それをまた改めて書いていきましょう。
「梅ちゃん先生」を見ています。朝は見ていられなかったのですね。
2012/06/19 13:19どうしてもテレビを見てしまいます。この癖を止めなくてはいけないなあ。

「彰義隊」はポメラでは書けないのですね。ああ、登録すればいいんだ。もうこのポメラでは、漢字熟語登録はいっぱいしています。

c3c832e2.jpg 私は今朝夢の中で、私より年上の方の「パソコンソフトが使えないじゃないか」というクレームで電話を受けていました。
 その方とは電話で話しているのですが、顔は見知っている方です。たしか漢字で2字名のソフトウェアでした(いくら思い出そうとしても、その漢字名が思い出せない)。
 だが私は、ソフトを作る能力もないし、私のその夢の中でも私の部下がソフト制作を受けたわけでもありません。間違いなく彼の勘違い、誤りなのです。
 ただものすごい怒りのクレームで、私が「それはもともと私のところでは受けていませんよ。どっか他に頼んだんじゃないの。第一私はソフトなんか作れませんよ」と言う暇を与えてくれません。
 実は、私にはそんなクレームの電話を聞いている時間余裕はないのです。そのあと、開かれる大きなミーティングの司会進行を私がやることになっていました。
 それは大事な会議でした。それでこの会社の進路を決定するべく、経営陣が考えているもので、そのために、私が司会進行役として選ばれたのです。私はその司会役には自信がありました。私は「こういう会議も、思えばやっぱり大事なのは、『政治』だからな」なんて思いがあり、かつそういう考えを抱いてしまう私自身のことを、「やっぱり問題あるなあ」なんても感じていました。
 そんなことをしきりに考えながら、もう断然とこの電話を切るかと思い出していました。だが突如切ったら、私より年上の方だから失礼だしなあ、でもこの勘違いはひどいものだなあ、なんて考えていました。
 そんなことを思う中、私の目が醒めました。朝の7時でした。
続きを読む

↑このページのトップヘ