将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:フレーベル館

05117e74.jpg 昨日5月3日は、朝9時を過ぎる頃、妻がおにぎりや他のいくつものものを作っているときに、私はその意味が分からず、それで怒られる感じで、二人で10時すぎに出かけました。
 もう長女の家の前の広場には、長女おはぎの家族5人と次女ブルータスの家族3人がいます。もうまだ0歳のポポが歩いています。0歳のポポもいるのです。
 私たちは、みんなで六義園に行こうというでした。
 私たち10人というのは、

  長女おはぎ家族
    ポコ汰
    ポニョ
    ポポ
    ミツ君
    おはぎ
  次女ブルータス家族
    じゅに
    ナオキ君
    ブルータス
  私周の妻
  私周

なのです。
 それで、11時少し前に出発です。もう私は一番歩くのが遅いから、ポコ汰やポニョは心配しています。私は一人で焦って近道を走って先に行きました。
 上中里駅にエレベーターでみんな一緒になりました。
 そして駒込駅から、六義園に入ります。それほどいい天気ではないのですが、まずは12時近くに、みんなでお昼ごはんになります。
 もう3家族のいくつものお弁当が嬉しいです。
 食事が終わって、ポコ汰とポニョとミツ君パパのやる「ダルマさんが転んだ」や追いかけっこが面白いです。ただし、少し雨が振ってきました。
 そしてそのあと園内を歩きます。やはり六義園はいいです。ポコ汰とポニョも感激したのではないかな。ポポとじゅにはまだ0歳だから訳が分かりません。
 でもただただ嬉しかったのじゃないかな。もうじいじの私は一番嬉しい思いで、でもじいじはいつも下手をすると遅れがちなので(足が遅いのもあるし、写真を撮っていることもあります)、いつも心配されています。
 でもお弁当も食べて、それで楽しい遠足のようなものです。1時近くになって六義園を出て、正門の前の「フレーベル館」に入りました。

10122501 駒込の「フレーベル館えほんとおもちゃのお店」で以下のものを買いました。

APのあいうえおずかん
 これは、ポニョにです。字が少し読めるようになればいいからと選びました。何冊かあったのですが、これがいいと思いました。でもポコ汰が声を出して読んでいました。

あんぱんまんちっちゃいぬりえ
 小さなぬりえの用紙です。ポポ用です。でもまだ分からないかな。

いろあそび
 B4の大きなぬりえのノートです。これはきょう行くじゅににあげるものです。でもまだちっちゃいから、何も分からないかな。

新タイムトラベラーウォリー
 これは昨日食事に行きました千駄木「浅野」のマスターのお孫さんに持って行きました。もう小学2年生くらいだから、でも少し難しい絵本かなあ。

 それから、日暮里駅構内の「エコキュート」で

深川ちょこ6ケ入
 これを長男のポコ汰にあげました。もうポコ汰もポニョも食べて喜んでいました。

 それから、ここの画像は、フレーベル館にいただいた葉書2枚です。一枚は、今日行きます、ブルータスのじゅにちゃんに書きます。私はいつもパソコンで葉書に打ちます。もちろん、ブルータスにも手紙を書いて行きますよ。
 こうして書いておけば来年参考になります。もう去年も一昨年も何を贈ったか分からなくなっています。
 ばあばは、大きな入れ物で、私には重いので、自転車は止めて歩いて持って行ったものです。二人の可愛い洋服(あ、ポニョはパジャマだ)でした。もう二人とも着ていました。

いも―じゃがいも・さつまいも (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
いも―じゃがいも・さつまいも (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
クチコミを見る

 これもまたフレーベル館の「だいすきしぜん たべもの」の絵本です。

書 名 いも
指導  麻生健
写真  久保秀一 埴沙萌
発行所 フレーベル館
定 価 1,000円+税
発行日 2007年9月 初版第1刷発行
読了日 2009年6月9日

 じゃがいもの花が綺麗だというのは知っていましたが、でも写真でちゃんと見たのは始めてです。ルイ13世のときに、よく見られたのですね。じゃがいもそのものは。厳重な見張りを置いて、わざと畑に植えておいて、夜見張りがいなくなると、すべて盗まれたそうです。ルイ13世はその結果を聞いて歓声をあげたそうです。この話は何に書いてあったのだっけなあ。

ぶどう (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
ぶどう (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
クチコミを見る

 これもフレーベル館の「だいすきしぜん たべもの」の絵本です。

書 名 ぶどう
指導  天野秀二
絵   斎藤雅緒
発行所 フレーベル館
定 価 1,000円+税
発行日 2007年8月 初版第1刷発行
読了日 2009年6月9日

 ぶどうって、まずワインになるな、ということが思い浮かびました。でも次のようなところを読んで驚き、かつ「なるほどなあ」といろいろなことで納得していました。

 欧米人が生食する場合は、日本人が皮をむき口中で種子をだす食べ方とは異なり、そのままぽんと口中へほうりこみ、皮も種子もいっしょに食べてしまいます。

 この最後のページの資料は、実にいい内容です。感心して読んでいます。

バナナ (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
バナナ (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
クチコミを見る
 フレーベル館の「だいすきしぜん たべもの」の絵本を3冊借りてきて、すぐにポコ汰の家に持っていきました。3冊ともよく読んでくれたようです。私は昨日またこちらへ持ってきて、今読みました。

書 名 バナナ
指導  天野實
絵   斎藤雅緒
発行所 フレーベル館
定 価 1,000円+税
発行日 2007年8月 初版第1刷発行
読了日 2009年6月9日

 私は実に昔からバナナが好きではありませんでした。まず口にすることはありませんでした。私の好きな吉本(吉本隆明)さんの次女が吉本ばななで、そのときには、随分と考え込んでしまったものでした。だって、彼女は私が大好きになった作家でしたから。
 でも南の地方や国々には、こんな果物があるのですね。

 パッションフルーツ、レイシ、グアバ、レッドピタヤ、アボカド、マンゴー、パパイヤ、チェリモヤ

 ふーん、と感心しています。思えば、アボガドだけは昔食べましたね。なんでも醤油かけて食べられるというので、そうして食べたものです。でも今はそんなことはいいませんね。

420cb781.jpg

 先日11月22日に駒込の六義園に行きまして、私たちは、その駒込駅から一番近い染井門から入りました。そして出るときは、正門の内庭大門のほうから出ました。

 そうしたら、この六義園の入口に面しているビルがフレーベル館でした。そして、このビルの地下1階に、グッズや絵本の直営店がありました。私たちは、すぐに階段を降りて、そのお店に入りました。
 ここの住所は以下です。

113-8611
 文京区本駒込6丁目14番9号B1F
 TEL:03-5395-6641 FAX:03-5395-6642
 営業時間 月曜・水曜〜土曜 / 10:30〜18:00
      日曜・祝日 / 10:30〜17:00
 定休日 火曜

 比較的広い店内にたくさんのグッズが置いてあります。絵本もたくさんありました。何人もの親子連れが店内にいました。
 もうたくさんのグッズがあります。ポコ汰の大好きなあんぱんまんのグッズもたくさんあります。私はもう、二人の孫のポコ汰とポニョのクリスマスプレゼントは、ここで購入しようと決意しました。
 ここのお店の中に、上のクリスマスツリーがあります。とっても素敵なお店です。おそらくここに実際に孫2人を連れてきたら、ポニョはまだ小さいからよく判らないでしょうが、ポコ汰は欲しいものばかりで、大変な事態になるでしょうね。

 何をプレゼントしようかなあ、と今から懸命に考えています。

↑このページのトップヘ