将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ブルータスのケータイメール

2017082501  でも私は昨夜は20時30分には眠りましたので、今朝ケータイメールで読みました。ニコの顔写真が見られます。もう私は嬉しいばかりです。
 熱海へ行くのですね。そればかりを思います。
 続きを読む

2016092717
ブルータスのケータイメールでは、11月21日22時43分に2698gの元気な女の子です。いいなあ、早く会いたいなあ。いつ会えるかなあ。
 またポコ汰・ポニョ・ポポにも伝えよう。
また同じことをいいます。私は5人の孫のいるじいじです。

15120107
 今「血圧を計らなくちゃあ」と気づきました。3日の7時代です。

2015/12/02 06:04もう「将門Web」には2つのUPをしました。たった2つなのですがね。
2015/12/02 09:48いっぱいやっていくべきだなあ。今日も昨夜のブルータスのケータイメールをもらって今日の「孫じゅにが千葉リハに泊まっています」を書きました。もうNoは9になりました。
 さあ、もう「じゅん散歩」になります。なりました。
 ああ、横浜の中華街も行きたいな。みな懐かしいです。15120108
2015/12/02 10:04懐かしいな。また行きたいな。
2015/12/02 10:1610時30分から愛接骨院なのです。
2015/12/02 11:00今日の血圧です。
  11時07分最高血圧173
        最低血圧100
        呼吸   73
 計るのを忘れていました。
2015/12/02 12:15今食事を終えました。
 テレビを見ていて面白いですね。
15120109
今は3日の7時半に迫っています。

13022107 どうしても三匹を思い出してしまいます。

2013/02/21 18:38今日は三匹には会いには行きませんでした。いつも行ってばかりだとおはぎに怒られてしまいます。
 でも昨日も三人の孫と楽しくお話しました。三番目のポポがおもちゃの刀をかざして打ってくるので、恐いのですが、でもポポは実際に打つのは柔らかくやっています。パパが「パパのお尻をたたくのは誰だ?」なんてやっていました。
2013/02/21 19:02また昨日を思い出していると、三匹に会いたくなってしまいます。

 昨日の夜10時すぐにブルータスのケータイメールが入っていました。じゅにの写真が添付されています。

70011e66.jpg  じゅにの医院に着きました。今日は鎌取駅にブルータスが迎えに来てくれました。ブルータスには私のような馬鹿な親は怒られるかと思っていましたが、大丈夫でした。
「早い時間にケータイメールはくれるな」と言われていたのでしたが、昨日は午前2時代に出して怒られていたのです。
  というのは、私はそのときにブルータスのケータイメールをもらっていたのですが、あとでよく見ますと、それは前日の午後10時代に出されていたものでした。いえ、私はその時間は眠ってしまっているのです。

  とにかく、じゅにが元気になっていることを思います。 思えば私は馬鹿なことばかりですね。恥かしいことばかりです。

dcdf5801.jpg  今王子駅です。赤羽の東京北社会保険病院へ行きます。でも今電車が王子駅でずっと停車しています。何か事故があったようです。困ったな。 でもこの事態は仕方ないよね。
  雨が降りそうな天気です。
  昨日夜中0時近く受けとりましたブルータスのケータイメールの内容を思い出します。私はただただじゅにの少しでも健康になることを祈ります。

  ここは柳田公園の砂場です。ここで3人の孫と、じゅにを思い出します。今度ここで遊ぼうね。

88354623.JPG

 この日は長女の家に入ったらすぐにブルータスのケータイメールが着きました。

2010/05/26 07:54もう蜘蛛業へのメールは送っています。やはり朝は早く起きたほうがいくつものことができますね。
 もうすぐ「ゲゲゲの女房」が始まります。
2010/05/26 09:39リビングにいます。義母を「わが家」に送らないとならないのです。それでいつもリビングで電話を待っているのです。
 昨日行きました理髪店はもう私がずっと行っている店です。いつもそこでのお話も私にはいいものです。それから昨日は、王子で「千の朝」へもひさしぶりに行きました。ひさしぶりにマスターともお話しました。綺麗なママのお顔も拝見しました。ひさしぶりの外のお店で飲むのもいいですね。

 でも昨日の夕方長女の家へ行ったのですが、私のベルトの鞄をいじっているなと思っていたのですが、ポニョが何故か、私のジャパンネット銀行のパスワードの機器を取り出していました。私はそれを忘れ果てていました。

↑このページのトップヘ