将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ブルーリボン運動

11122829 12月7日に、「プロジェクト猪」の忘年会がありました。例年だと、朝日新聞の早野透が30分ばかりの講演をするのですが、今回は来ませんでした。私はこんな奴が来るようなら、参加しないつもりでしたが、来ないのならいいかということで参加しました。私には以下のこだわりがあったからです。

  朝日新聞編集委員早野透の「拉致家族の別離せつない」

 このときだけでなく、早野はまだ馬鹿なことを言い続けています。ただ、もう批判する気も失せました。朝日文化人が今いうのは、何故か世論が自分の思うままにならないと、「自分たちと違うことばかりいう人が増えた」ということで

  なんだかとても息苦しい時代になった。これではいけないので
 はないか。

というようなことを言いだすのですね。これは実はまったくいつも彼らのやる手なのです。おまえらが、いかに拉致された被害者ならびにその家族をただただ息苦しい世界に追いやってきたんじゃないのか。お前らが被害者ぶるんじゃないよ。
 でも早野なんか来ない席で、私はとても愉しく語らえました。詩吟も一番私の好きな黒澤忠三郎「絶命詩」を詠いましたよ。
 そういえば、民主党の鳩山由紀夫さんもおいでになりました。私は民主党に乾杯することはできませんが、鳩山さんには乾杯する気にはなりました。
 それにしても、また菅直人になるのかな。なんだか嫌ですね。あの人は中坊を「日本の首相にしよう」なんて言っていたんだよね。まったく冗談じゃないですよ。
 ただそうはいいましても、こんな嬉しいこともあります。ブルーリボン運動で、

  ニューヨークタイムズに意見広告を載せよう

という提案があり、最低600万円が必要だったのですが、現在約その2倍の募金があったようです。私も4日に募金に応じましたが、「この日本もまだまだ棄てたものじゃないよな」という思いで嬉しいです。

d3f4b33a.gif

 私が毎週月曜日に発行していますマガジン将門ですが、次の7月17日発行予定は、第309号になります。今はほぼ、このブログ将門でUPした内容で、このメルマガを作成しています。もちろん、内容を少し修正追加することはおおいにあります。
 それで7月10日発行の第308号より、最初の<<ブルーリボン運動に参加してください>>というのを、以下のように少し替えました。

  ****************************
     <<北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を祈って……>>

 R-NETでは、「北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を信じて」への意思表示が簡単に出来るように、ブルーリボン運動を展開していきます。
 私達は、「リボンは核兵器よりも強し」と言う理念のもと、この運動を通して日本国民が一丸になっての意思表示、ムーブメントを起こして行きたいと思っています。北朝鮮の金正日総書記や日本政府、そして報道機関や国外に対しての私達の願いや怒り、救出へのアピールができれば良いと思います。拉致被害者と御家族が苦しまれている25年間は、私達の無関心が作った悲劇なのです。皆さんには、この運動をお友達や近くの仲間の方々に広く紹介して頂だいて、拉致被害者の方々の生存と救出を多くの方々と一緒になって願って行ければ良いと思っています。
 この「ブルーリボン」とは、近くて遠い国である北朝鮮と、祖国日本を隔てる、「日本海の青」をイメージしています。拉致被害者の方々と、その御家族を唯一結んでいる同じ空である、「青い空」をイメージしています。
 ぜひ、この運動をお友達や近くの仲間の方々に広く紹介して頂だいて、拉致被害者の方々の生存と救出を多くの方々と一緒になって願って行ければ良いと思っています。以下のサイトで、ブルーリボンのバナーを手に入れて、たくさんのホームページに置いてください。

   http://www.rnet.gr.jp/  R-NET

 日本中いや世界中の多くのホームページに、このブルーリボンが置かれて、私たちの多くの胸にもそれが付けられているようになれば、きっといい結果が産み出されるはずです。
 またぜひ、このことを多くの方に広報してください。メルマガを出されている方は、ここをコピーされて使っていただいてもOKです。
  ****************************

 本当にここに書いてあることが私の気持です。そしていつも拉致被害者の方々と、その御家族のことを考えると、もう怒りと悔しさとそして涙だけを感じています。
 私が私もメルマガにこうして書いても、そして私のブログとホームページのトップページにブルーリボン運動のバナーを置いていても、それで何かが解決されるわけではありません。でも少なくとも、何もしないよりも、少しは解決への道に近づけるのではないかと思い、私はこうしたことをやっているわけです。
 できたら、ここを読まれた多くの方が、同じように、拉致被害者の方々とその御家族になんらかの思いを抱いていただけたらと思うだけです。そのことが一日も早い、解決の道に至れるのではないかと信じております。

↑このページのトップヘ