将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ブル中野

10123004 あるときに大前研一「加算混合の発想」の本を手に入れたくて、いろいろ書店をさがしまわったのですが、どこにもなくて、何故かついプロレスのコーナーへいって、次の本買ってしまいました。

書  名 金網の青春
著  者 ブル中野
出版所 フジテレビ出版

 それで遅めの昼食をとりにレストランにはいって、読みはじめました。ところが、最初の次の文字を見た時から、すぐに目に涙が浮かんできて困りました。すぐ隣にお客がいるのに恥ずかしいですよね。

  私は、九年もプロレスをやってきた。そんな中でとにかく良く見る
  夢がある。遠い昔だが、私がいじめられて泣いていた時の夢である。

それでまた人の見てないところで読みはじめたのですが、とにかくこの本は泣けましたね。まあ私は涙腺がゆるいんですが、それにしてもこれほど涙がでた本はめずらしいです。

 私子供の時からプロレスは好きでしたが、こと女子プロレスになると全く関心がありませんでした。ところが私には女の子どもが二人できたのです。それで赤ちゃんのうちからプロレス好きにしようと、懸命にテレビを見せました。それで、これが大木金太郎だの豊登のまねだの、「これが鉄の爪だ」などと教えていました。
 ところがところがすこしずつ大きくなるにしたがって、だんだん血だらけのプロレス見るの恐がるようになったんですね。これは困った、ということになりましたが、女子プロレスだけは嫌がらなかったのです。それでつい私も女子プロレスを見るようになりました。

 それで真面目に見はじめるとまたこれがけっこうおもしろいんですね。私が見始めた頃の女子プロレスというのは、プロレス世界の古典なのですね。完全に善玉と悪玉に分かれているし、審判部長とかコミッショナーなんていっても、みんな身内で、本当に昔の零細プロレス会社が必死に興行している感じで、非常によかった。しかもそのころはジャガー横田が頂点にいましたが、この選手は良かったですね。プロレスなんか全く興味のなかった女房もファンになったくらいです。デビル雅美も良かった。彼女は小倉生まれだから、彼女がリングで見栄をきると私はいつも無法松を思い出してしまうんです。
 それからダイナマイトギャルズ、クラッシュギャルズ、JBエンジェルスがいて、この中野になります。最初はぶちかまししかできない不器用な選手でした。それが、ヒールになってダンプ松本と組んだあたりから、輝きだしました。そこらへんのうちわ話、いろいろと書いてあります。でもヒールだから大変だったみたいです。
 クラッシュ・ギャルズのファンたちから石をなげられるところがあります。最後のプリティ・アトムの言葉が泣けるんですね。

  私がバスに乗ろうとする時には、ファンの子は石を持って待ってい
  る。私に雨のように石が飛ぶ。目にあたる。だから目をあけていられ
  ない。前に進めない。頭にすごい痛みを感じた。ファンの子が何かを
  私の頭にぶつけた。地面におちてチャリーンという音がした。おそる
  おそる目をあけて見ると、自転車のベルのフタだった。私の頭から血
  が流れ落ちた。そしてファンの子達は「お前なんか、死ね」「やめち
  まえ」「ハゲ」「デブ」。激励どころか、ヤジばかりだった。耐えら
  れない。もうそんな言葉は聞きたくない。いそいでバスの中に乗り込
  む。バスに乗り込む寸前まで、石は投げつけられる。
  髪を刈った頭から血が流れている。そんな痛みならがまんできる。
  しかし、さすがにこの時ばかりは心の痛みが大きかった。そんな時、
  ミゼット・プロレスのプリティ・アトムさんが「ヒールだから、仕方
  ないんだヨ! こんなことはがまんしなくちゃ。これからもっともっ
  と辛いことがあるんだからナ」。そう言ってくれた。私はその言葉の
  あたたかさに涙が止まらなかった。

 このアトムも小人プロレスのスターでした。この人たちの苦労もほかで読んだことあります。でもほんとうにあたたかい世界なのだなと思いました。
 いまもブル中野は世界一強い女です。彼女のジャーマンなんか完璧ですよ。ラフも強いし、いいですね。私はブル中野の強烈なファンです。(1992.06.05)

10112110 私のもともとのホームページの将門Webは、「周のプロレス塾」は結構な部屋だったのですが、今このサイドバーのバナーをクリックして、「あ、まずい」と思いました。もうこの頃は、何も書いていないのですね。

 私の「読書さとう」では、

  村松友視『プロレス3部作』
  ブル中野『金網の青春』

を書いたのですが、これじゃまずいよな。いや本の紹介だけでなく、いろんなことを書かなくちゃいけないよなあ。
 私は国際プロレスのラッシャー木村が一番好きで、猪木との対戦は蔵前国技館の特別リングサイトに行きまして、応援していたものです(でも応援と言っても、猪木プロレスは観客が殺気だっていて、木村の応援の声なんかあげられません)。
spt025 この木村に私は偶然代々木上原駅前で会いました。木村はそこに乗ってきた自転車から降りていました。私は感動して、その駅前の私のクライアント(8皆建てのビルで地下から8階までのすべてを使っていた会社でした)の2階の総務の女の子に、ケータイで伝えたのですが、その子は何も感動しなかったようです。(綺麗な子だったのに、私はものすごく、その子にもがっかりしました)。
 とにかく、私はラッシャー木村の大ファンでした。

10101506 昨日私は秋葉原と東京駅八重洲ブックセンターへ行きました。吉本隆明さんの『15歳の寺子屋 ひとり』を買ってきて、昨日すぐ読み終わりました。実にいい本です。最初を読んで私には涙が溢れていました。電車の中だったので、恥ずかしかったです。
 今朝「読書さとう」で「ブル中野『金網の青春』」を書きました。私は彼女のプロレスが好きでしたし、今も彼女の生き方が好きです。彼女は実にいいプロレスラーでした。
 写真は、10月15日の午後6時19分の長女の家の前の広場です。こうして、アンパンマンが描いてあります。でもこの時間はもう目では見られないのです。(10/18)

80169931.JPG

Spider job  蜘蛛業」 に書いております ニュースさとう が4月25日〜5月1日までのUPが以下の通りです。

2010/05/01(土)
ブル中野が50キロのダイエットで「綺麗になった」
2010/04/30(金)
よく読む特売チラシなどを手に入れる
100430022010/04/29(木)
普天間基地の移設を北マリアナ連邦に
2010/04/28(水)
検索エンジンで私はグーグルを一番使います
2010/04/27(火)
ケータイ大手4社がソフトを統一する
2010/04/26(月)
上海万博はどうなのでしょうか
2010/04/25(日)
大日本印刷が電子書籍を閲覧する専用ソフト開発

 今回から題名に、2010年と入れました。続けていくと、判らなくなってしまいますから。見返しますと、私がこれを開始しましたのが昨年2009年の11月10日なのですね。今月の9日で半年が過ぎたことになります。考えてみれば早いものです。

↑このページのトップヘ