将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ブログ

X12121008 このニュースを見て、「そうだろうな」とは思いました。

 http://japan.internet.com/wmnews/20121211/3.html
  10〜18歳のスマホ所有率は37.4%で前年比2倍、高校生は6割超
デジタルアーツは、10歳から18歳の男女とその保護者を対象にスマートフォンの利用実態を調査し、その結果を公表した。10歳から18歳のスマートフォン所有率は37.4%と、前年同月の14.4%から20ポイント以上も増加していた。また、学齢が上がるにつれ、スマートフォン所持率も高まり、高校生のスマートフォン所有率は60%を超えていた。

 でも次に書いてあるのですが、

友達との連絡手段は「メール」が78.2%と最多。以下、「電話」(55.5%)、「LINE」(22.5%)、「Twitter」(12.9%)の順となっていた。

 この「LINE」って何だろうと思いました。
 もういつものことなのですが、分からないと私はいつもインターネットで検索します。
 グーグルで次のようにありました。

LINE (アプリケーション)
LINE(ライン)とは、NAVER(韓国最大のインターネットサービス会社NHNの日本法人であるNHN Japanのブランド)が提供している、携帯電話(スマートフォン・フィーチャーフォン)・パソコン向けのインターネット電話やテキストチャットなどのリアルタイムコミュニケーションを行うためのインスタントメッセンジャーである。

 ああ、そうなんだとは思いました(ただし、もうこれは古い情報だとグーグルは言っています)。私はメールX12121009が一番使うといいましても、まずは今はケータイメールですね。私個人は手紙をよく書くとは言っても、これは双方向とはいえません。ツイッターは毎日やるようにはしています。
 ただ私には、やはりこのブログでしょうかね。

12100309 私のサイト将門Webは現在は、こうしてブログで展開しています。以前はインターネット上に「ホームページ将門Web」を展開していましたが、今は

   http://shomon.livedoor.biz/ 将門Web

ということで、livedoorライブドアで、こうしてブログをやっております。
 それで私は随分長い間、teacupで「周の掲示板」という誰もが書ける(ただし、何人の方かは書き込めできない処置をとっています)掲示板を展開しています。そして何年か前から(もう10年になるかな)から、有料掲示板にしています。「これだけ書いていまして、無料では申し訳ないな」という気持になったからです。
 それで今日郵便局で支払いました。いや、こうして書いていたほうが、ちゃんと記録になるので、私にはいいのです。

   http://438.teacup.com/shomon/bbs 周の掲示板

 思い出せば、随分昔からやってきているのですね。前にはけっこう多くの方が書いていてくれました。今はほぼ少なくなりましたが、その代わり私が毎日画像をUPするようになりました。
12100310 ただ、ここに書き込めない人もいます。相手によって私がそういう処置をしました。
 もうそうしないと、維持できないのですね。
 今後も「周の掲示板」もよろしくお願い申し上げます。

12090912 私の『周の雑読備忘録「小阪修平『思想としての全共闘世代』」の2へ「当時の芝浦生」さんよりコメント の3』へまた次のコメントがありました。

1. Posted by 当時の芝浦生より   2012年09月09日 14:20
いえいえしつこいなんてとんでもございません。闘争で1年先輩であれば、国際反戦デーも含め、教育大闘争にも詳しく、直ぐの、僕の師匠である、後に学生インターの委員長になった先輩は「反戦連合がやられたらしい。。」とのサラリとした分析を言って、早めにバリケードから去り下宿へ帰りました。「反戦連合」と言われてもただキョトンとして、では2号館にきたグループはどちら?みたいな当時の自分でした。ですから周さんのお詳しいレスには大変史実として参考になるものがあり「事件」ではありませんでしたし、やられたからやりかえした行動ではなかったことが、今わかります。周さんは30年経て滝沢さんのお墓参りもし、親御さんからたくさんのお酒をいただいたようですね。失礼な言い方かもしれませんが、埼大の襲撃は、マル学同盟員も含めてたくさんの戦闘的学友のみなさんにとって「知らぬは埼大の学生だけ。。」そんな事態だったようです。はじめてわかりました。はじめての「内ゲバ事件」とのとらえは間違いではないでしょうか。

 ええと「周さんは30年経て滝沢さんのお墓参りもし、親御さんからたくさんのお酒をいただいたようですね」は、私ではありません。あのときは、私は用がありまして、いけませんでした。行きましたのはNさんたちではないかな。Nさんは私とずっと付き合いのある方です。ただし、彼はこうしたインターネット上でブログ等を展開されるのは無理なようです。まあ、みんな60歳を過ぎていますからね。ただし、私は30代前半よりパソコンを使っております。
 前に、私の友人たちが私のこのブログも実際に読むのが大変だと言っていました。私のはただただ量が多いだけですからね。私はただ『「書き言葉」と「話し言葉」』では、書き言葉を優先してやっているだけです。だからケータイメールやメールだけではなく、手紙も書いているのです。手紙も圧倒的量を出していますよ。でも手紙を出しても、怒られることもあって(周ちゃんのは、面倒な漢詩が12090913長々と入っていて、面倒なんだそうです。あ、怒ったのは可愛い女の子です)、私はお付き合いが大変なのですよ。
 私は手書きの時代もよく手紙は書きましたが、今はパソコンでやれますからね。ただし、手紙はプリントする用紙と、貼るシール・切手はちゃんと凝ったものにしているつもりです。

 私は「うちのこ紋と周の個紋」の最後に次のように書いていました。

そんなときに、この個紋というのは、実に今の時代に合っている気がしました。

 そこで、この「うちのこ紋」のサイトをさらに見ていましたら、次のようにありました。

「セルフブランディング」という発想。
自分自身をブランド化すること。それがパーソナルブランディング。なぜこれが注目されているのでしょうか?
今は、組織の時代から、個人の時代に移りつつあります。インターネットを発端に、個人がどんどん情報発信し、組織に変わって社会を動かしはじめています。ビジネスでもプライベートでも、このような時代の変化の中で、自分が自分らしく生きるために、みんなが取り組み始めていること…これがセルフブランディングです。自分自身をみつめ、好きなことや、これなら任せて!という強みをブランド化することです。
「個紋」は、オンリーワンな存在である自分のことを、たくさんの人に認知してもらために、優れたコミュニケーションツールとなって、あなたのブランディングをお手伝いします。

11072701 これは私が思っていることとまったく同じです。同じですが、私のように下手な表現ではなく、実によく言ってもらっている気がおおいにします。
 本当に今のインターネットで見ていますと、いまは、今からは、企業という組織ではなく、私たち一人ひとりの個人の時代になっている、なっていくときだと思います。そしてそうした個々の個人である私たち一人ひとりが個々に自立できてきたときに、始めて多くの人たちとも連帯連携が生まれると思うのです。

 とくに、このインターネット上のブログがそれを典型的に示しているし、ポットキャスティングもそれを現実に実現しているものだと思っています。

 ただ、私の個紋は、あまりデザイン的には、どうなのかはよく判らないのです(あまりに前にありましたいくつもの家紋のイメージとは違いすぎています)が、私としては、私の長女が私のために作ってくれたイラストを、どうしても使いたいし、私のことをよく顕してくれているイラストだと思うからです。私がいつも日常的にしているふんどし姿を、いつも思い浮かべてくれた長女を思うのです。
 先日京都へ行って、青い色のふんどしをお土産に買ってきてお土産にくれた長女は、私のいつもの赤いふんどしばかりじゃ可哀想だと思ったのかな。
 とにかく嬉しいことばかりでした。(2006.05.06)

11011602少し前に義弟が帰りました。飛行機に乗るのに間に合わなくなります。今日は外は寒いのですが、病室の中は暖かいばかりです。
こうして、ブログが書ければいいことです。
でもそうか。画像を用意しなければいけないのだな。

110107032011/01/07 11:56今年2回目のニチイさんの介護の日です。もうけっこう義母は訳が分からなくなっているから大変です。
 いつも思うのです。私も今後は、老後はどうなるのかなあ。それとこのときに「週刊アスキー」の今週号を読みなおしています。
2011/01/07 12:30ガラパゴスで日経を読んでいると、少々読むことに夢中になってしまいます。
 しかしまだまだ私はガラパゴスをよく使い切れていないな。
2011/01/07 12:36でもここまでで、私はまたブログに書きます。いや、きょうは何人かに手紙を書かなくちゃあな。

11010516 このサイドバーの「将門のブックマーク」で、以下をリンクしました。

  http://www.unochanson.com/ シャンソン歌手う~の公式ウェブサイト

 ここは、素敵なシャンソン歌手のう~のさんのウェブサイトです。その中にブログもありました。

 http://ameblo.jp/chansonuno/ う~ののブログ

 もう私は「2011-01-01 23:11:37」の「あけましておめでとうございます。」に、コメントで「年賀状をありがとう」「再度書き込みます」を書込しました。
 再度このことを書いたというコメント(トラックバックはできないようなので)をしていきます。
 バナーはないようですので、私が勝手に作ります(ただし、彼女が正式に作られたら、それを私は使いますよ)。
 彼女は素敵な美人の女性です。誰でも憧れちゃいますね。

10122210 最新の「週刊アスキー」でガラパゴスのことが書いてありました。やっぱり使っていかないとね。

2010/12/22 06:37もういくつものことをブログでUPしています。
 なるべく前日のことを詳しく思い出して書くことがいい(もの忘れを防ぐには)と昨日テレビで聞いたので、なるべく昨日を思い出します。
 きょうマイクロSDが届くでしょう。そうするとまたそこでいくつかやらないといけないですね。仕方ないなあ。
2010/12/22 07:12もうクリスマスですね。私のブログの一番上のクリスマスソングをならさないといけないですね。もう最初、「あ、どうするんだっけ?」ということで、それだけでもうそのままでした。仕方のない私です。
2010/12/22 07:58昨日孫がどうしたかを思い出しています。詳しく思い出します。それに長女の孫だけでなく、次女ブルータスのじゅにのことも思い出します。
 やっぱりガラパゴスでも新聞を読まないといけないな。
昨日のこともいくつも思いだし、きょうやることも思い浮かべます。あ、きょう16GBのマイクロSDが届いたら、またちゃんと初期化からいろいろやりましょう。
2010/12/22 12:27「わが家のおかあさん」を書いていますが、私はこのポメラ、IS01、ガラパゴスの操作がもうわけが分かりません。ちゃんとして理解できないのですね。
 このあと私は昼食にします。それでそのあと「原田康子『挽歌』」のことを書きます。あの小説は中2の6月に読んだのでしたが、まだよく覚えているのです。

 原田康子の『挽歌』を読み直したくとも、もう本がないなあ。どうしたら読めるのかなあ。ああ、図書館か。

10102622 刑事訴訟法のことをUPするのが、午前4時から6時代は非常に大変でした。

2010/10/29 07:52ずっとやっていた刑事訴訟法のことがけっこう時間がかかりました。どうしても午前4時から6時までが、実にブログをUPすることでもあらゆることがやりにくいのです。仕方ないですね。
2010/10/29 10:11やはりこうしてポメラで打っていくと、いつも何か考えてしまいます。
 きょうから義母が西が丘園にお泊まりになります。そのお迎え先から、今電話がありました。でも義母は大丈夫かなあ。何度声をかけても起きてこないのです。

 義母に声をかけて、私が手で起こしてあげました。

6549c282.jpg「浅野」で食事して、秋葉原へ行きます。Facebookというのはケータイではやれないのかな。このツイッターもブログもできるのに、駄目なんですね。

4934ff45.jpgうまく行きません。
『笑点』を見ています。もう孫たちが来るはずです。

10091520 ここのサイドバーの一番下の「周へのメールはこちらへ」を変えました。これの方が簡単だと思ったものです。
 ここのサイトに何かを伝えたい場合は、コメントかトラックバックをすればいいのです。ただ過去、いくつかのコメントとトラックバックは、このブログには掲載しませんでした。どうみても、ここにはふさわしくない内容だったからです。
 そうではなく、私に直接メールしたい方で何度かいただいています。だがここにも2度ひどいメールがありました。
 一つは、日本共産党○○県委員会という名称で、私を告訴するというものです。これはこの県委員会にメールしてお知らせをしようかとも思いましたが、止めました。日本共産党は私はあまり好きではありませんが、あれほどひどい政党ではないはずです。
 もう一つは、日本共産党を悪く言うと、ただじゃ済まないぞという脅しです。これはたぶん、この近隣の県の方のようです。

 今朝から、以下に変えました。何かありましたら、以下でメールください。私にはすぐに届きます。私がどこかに外出していても、インターネットに接続されているパソコンでそのメールを読むことができます。


 すぐに返信いたします。返信がない場合は、そのメールに私がまったく関心のない場合です。

10090129 アメーバブログが返信のメールが来ないので、困りました。どうしたものかなあ。

2010/09/10 07:50昨日の午後8時頃、アメーバにブログを持とうと思い、でもその返事のメールがこないのです。今朝もまたやったのですが、返信が来ません。なんでかなあ。もう他で持つかなあ。こういう事態はインターネット上で初めてのことです。いえ、私の横浜の高校のクラスのブログを作成しようと思ったのですが、ほかにするかなあ。どこにしようか。
 あとで作成します。私の高校時代の同級生はできるかなあ。
2010/09/10 09:46義母を送る時間です。このあわただしい時間にNTTの代理店と称するところが営業の電話をかけてきます。でも氏名も言わないし、そもそもかけてきたこちらの名前もいいません。実に不愉快です。実はこのNTT関連が一番多いかなあ。次がお墓の営業かな。でもこの時間に実に困ります。あ、代理店名もはっきりしません(私がちゃんと聞いていないのでしょうが)。
 上に書いたことでは、アメーバ(返信がまったく来ません)はやめて、「はてな」にしようかなあ。はてなは昔ブログを実際に私ももとうとしましたね。
 いやいろいろとありますね。あ、手紙も書くんだ。長女のお隣の方に書きます。
 少し前に電池を換えました。こうして充電できる電池がいいですね。私のIS01もこれと同じように電池を交換する充電器があります。これも実に便利です。
2010/09/10 10:02この時間になると「ちい散歩」を見ます。いやテレビをつけるのですね。

 やっぱり、「はてな」には私のブログがあるのですね。そこでそのブログ名も変えてみてみましたが、また元に戻しました。どうしようかな。悩みます。

ff32cc63.jpg始めてで必死にやってみました。

10080117  私は 将門Webの各ページのバナーを増やしていきます に次のように書きました。

 でも私の多くの友人たちもやってほしいな。

これは、少し言葉が足りませんでした。
 私のたくさんの友人たちにぜひ、こうしたブログやツイッターをやってほしいのです。特別に新たに費用がかかることはありません。
 今は多分誰も持っているでしょう、キーボードで何らかのことを書けばいいのです。そしてどのブログも無料があります(有料もありますよ)。またツイッターはみな無料です。
 またキーボードで打つのが苦手という人は、「周のポッドキャスト将門」を見てください。自分の声で喋ればいいのです。
 ただ、ここのサイドバーのバナーもすべてUPしていません。周のポッドキャスト将門のバナーにも置いてあるわけですが、まだ不完全です。
 そのうち、すべて完了しますから、日々見ておいてください。
 ただ、私の「周のツイッター」は、私が毎日UPしています。実に簡単ですから、ぜひ自分のツイッターを始めて私に呼びかけてみてください。
 私の「周のツイッター」のサイドバナーを私のポットキャストの方にも置きましょう。そして私のポットキャスト将門も時間がかかりますが、なんとかしてまいります。

10071205 私のこのブログのサイドバーにあります、このリンクを整理しました。たくさんのサイトがありますので、今後も細かくチェックしていきます。
 このごろはどこでも同じなのですが、過去のウェブサイトではなく、ブログでホームページとしているところが多くなってきています。
 ただ今後もちゃんと見ていきまして、整理してまいります。できたらできるだけ毎日更新していってほしいものです。
 いや更新できていないサイトは今後もどんどん削除してまいります。

10070506  私が書きました蜘蛛業このUPにさらに私の思いを書いたのでしたが、また書きたいと思うことがありました。でも私はそのことをすぐに忘れ果て、今になって書くことになりました。

東 団塊の世代も、もう誰はばか10070507る事なく、かつての事をブログなり、何なりで書いてくれるといいのにと思うね。金がかかるわけではないし、影響力があるわけでもない。思い違いでも何でも、書いておくといい。
北 いや、ダメだよ。最近気がついたんだけど、本も読んでなかったし、文章も書けない。ブログなんか出来ないんだよ。そういう情けない年寄りになってしまったんだ。メールひとつ出来ないんだ。携帯電話は、話す道具だと思ってるし、そういう使い方しか出来ない。わかってないんだ。残念でしかたがない。
東 そうかぁ、昔の話が公表されれば、左翼が偉そうにできるような中身なんかなかったのがはっきりすると思ったんだが、そういう話が出て来ない事そのものが、中身のなさを表しているのか・・・あまりに情けないな。
北 情けないよ。もう、今の変化になんか、まったくついて行けてない。取り残されているんだ。昔だったら、取り残されるのは、山深くにある平家の落人の隠れ里ぐらいのものだったのが、今、都会の真ん中で取り残されているんだ。手の施しようがないよ

 本当にこの通りです。都会に住んでいても、ただただ取り残されています。これは大変なことです。
 私は思うのですが、私の父親(大正2年生まれでもう亡くなりました)や私の母親(大正6年生まれで、これまた亡くなりました)よりも、さらに現実とかけ離れていくのが今の60代の団塊と言われる世代や50代じゃないかなあ。いや今の40代も不安です。
 ケータイ電話をただの喋る機器と思っている人が大勢いるのです。もともと手紙も書かないのだから、メールも無理なのです。もともと本を読むこともしてこなかったから、キンドルが出てこようが関係なく今も同じなのです。
 おそろしい事態なのですよ。私は書き言葉と話し言葉なんて言っていますが、このことを話しても実際に理解してくれる方がどれくらいいるのだろうか。いや、若い年代の方は理解しやすいと思いますよ。

f77949b0.JPG

 もうここに書いた「ローランの歌」も今朝メールしてあります。

2010/05/11 06:58昨日のポメラはもうブログにUPしました。このポメラとパソコンではかなり漢字変換が違いますのでそのことが非常に面倒です。でもそれでももう必死にやって行きます。
2010/05/11 07:18アイポッドがこの日本でも発売されて、でもなあ私はキンドル日本語版がいいのですね。いつになるのでしょうね。
2010/05/11 07:47もう食事を終えました。
 きょうの雨は一日続くようです。仕方ないですね。少し「歴史さとう」で、「秀吉の愛した女、おねね北政所」を書こうと思い、いろいろと考えました。
2010/05/11 09:51義母を送り出すためにリビングにいます。この時間がけっこう神経を使います。きょうは義母を送りましたあと、歯医者へ行きます。きょうは歯をつけるのかなあ?
 歯がちゃんと入るとなると嬉しいです。そういえば、長女おはぎは赤ちゃんはどうなのかなあ? とっても心配です。できたらきょう明日に生まれると嬉しいなあ。今度は男の子だから、ポニョがどんな顔するかなあ。それにポコ汰もどうかなあ。間違いなくとっても喜びますよ。
2010/05/11 10:00さて10時です。どうなのかなあ? 早く来てほしいです。なにしろ、私の方は待つだけですから。 明日は「読書さとう」で「ローランの歌」について書くつもりです。その内容について思い出しています。私が読んだのは1969年の3月でしたね。府中刑務所で読んだものでした。ローランの思いと行動と、シャルルマーニョ(フリードリッヒ大王)の思いを思い出してくるものです。
 今、「雨で遅れている」という電話が入りました。私はこのあとは歯医者ですから、それが心配です。何しろ、きょうは前歯を固定するのですから。なかなか考えも固定しないですよね。
2010/05/11 10:15もうすべてを用意しました。もう困りましたね。天気だけは仕方のないものですね。なんとか母を送りましたら、私も急いですべて用意して(もう用意していますが)、急いで行きます。あああ、雨降りは大変です。困りました。歯医者さんに謝らなくちゃなあ。

 この日は焦って歯医者へ行きました。歯医者さんとお話して、そのことで手紙を書こうと思っていました。いえ、「本を読む」ということに関してですね。

続きを読む

d87743a1.jpg

 この日も「もりや歯科医院」へ行きました。そこでずっとアリストパネスの喜劇の中身を考えていました。

2010/02/20 07:34今朝はいくつもやることがありました。昨日は夕方長女の家に行きましたら、きゅうに長女からの電話で保育園に二人をお迎えに行くことになりました。
2010/02/20 10:32今「もりや歯科医院」に来ました。きょうは歯の何をやるんだっけ。いえ、少し前に「アリストパネス『女の平和』」を書き始めて、その内容を思い出していました。あの話は面白いのですが、考えちゃいましたね。3大悲劇人の作品を思い出すと、このアリストパネスの作品とは大変に違っています。思えば、もうペロポネソス戦争が開始されている時期だからなのかな。そんなことを強く思いました。
2010/02/20 10:43もうすぐ治療です。
2010/02/20 17:18長女宅に来ました。いえ来たのは今から1時間くらい前です。ポコ汰はお昼寝中です。

 思い出せば、ケータイでは「周のツイッター」に書くときに、「ポコ汰」の「汰」が書けないのですね。だから「タ」になっています。

cafdf4f4.jpg

 こうしてパソコンでUPするのが遅くなってしまいます。この日は奥歯を抜きました。

2010/02/19 06:46パソコンに向かっている部屋から、テレビの前に来ました。ここで、ノートパソコンでもいいのですが、どうしてもノートでは大変です。起動するのも少し大変です。だから、こうしてポメラなら実に簡単なのです。ただパソコンと違って漢字が出てこないことが多いのです。パソコンなら、出ない漢字熟語は登録すればいいのですが、これはそうはいきません。
 でもとにかくこれで書いていきます。
2010/02/19 08:19「ウェルかめ」で、すだちの木のことをやっています。このすだちのことも嬉しいですし、このドラマの内容もいいです。
2010/02/19 10:08もりや歯科医院に来ています。きょうは左の奥歯を抜くのかなあ。ちゃんと来ているから私は偉いよなあと思っています。実は昨日治療の日だったのかと焦りましたものでした。でもずいぶん経ちまして真実に気がついて、自分に呆れたものです。
2010/02/19 10:36きょうは奥の歯を抜きました。麻酔で少しも痛くありませんでした。
 思えば、ここで歯の治療するなんて思いもよらないことでしたね。
2010/02/19 18:14今長女の家に来ました。まだ誰もいません。

 ひさしぶり(2日間来ませんでした)に長女宅に行きましたら、二人の孫をお迎えに行くことになりました。でもその持ち帰る荷物の多いこと、驚きました。すぐに長女も来てくれて助かりました。二人の孫が実に嬉しそうでした。

続きを読む

f6681a20.jpg

 17日に孫に会えなかったことを悔やんでいますが、でも18日にもいけなかったのでしたね。いえ、風邪声で止められたものでした。

2010/02/18 05:59昨日は長女の家に行かなかったのでした。それがなんだかものすごく寂しい思いです。
2010/02/18 08:07けっこうブログにもUPしました。やるべきことがいくつもあって、ブログへの書き込みはけっこうやりました。
 いやでもやるべきことはいくつもあります。週刊アスキーや新聞のことも書かなくてはいけないし、今朝折り込まれていた日経インテレッセのことも書かないとなりません。
2010/02/18 08:20「ウェルかめ」を見ていて、なんだかとても悲しいです。
 思えば、私も船橋で修学館をたたむときも実に自分一人でやりました。会社のすべてを片づけたものです。椅子、机、本1冊まで片づけるわけですが、ビルにつけた大きな看板もはずしたものです。大変なことでしたね。

 いえ、会社をたたむということは実に大変なことです。しかし、それをやったからと言ってたいしたことではありません。でも会社を経営してたからと言っても、よく当たり前のことを知らない人が多いものです。

続きを読む

2017032709 大竹尚行さんが、彼のサイトでリンクしてくれたという連絡を2010年1月28日のポメラへの以下のコメントでくれました。ce524a6f.jpg

1. Posted by 大竹尚行   2010年01月28日 22:34
周さん、こんばんは。
今日はブログの方に書かせていただきます。
私は草花には疎いのですが、お写真、いつも
楽しく拝見させていただいています。
今日の画像を見ていると、陽光を感じますが、
ご当地は晴天だったのか?などと想像ができ
楽しいですね。
私の住む仙台は寒いばかりで朝が億劫です。
伯父が秋田市にいるのですが、秋田市内は
道路も凍る寒さだそうで、東北の冬は厳しい
ものです。

遅くなりましたが、私の運営するブログにも
周さんのサイトをリンクいたしました。
私の携わるサイトやブログは比較的若い世代の
方が多く訪れていますが、彼らが将門Webも
訪れて、得るものがあり、それを共有できれば
いいなと思っております。

それでは、またお邪魔いたします。

ありがとうございます。ただ、私のサイトは、将門Webよりも将門Web(元ブログ将門)のほうがいいのです。統一するつもりなのですが、どうやったらいいのか判らないという段階なのです。
そのうちにと思っていますよ。どちらにしても大きなサイトですから、統一するのは大変なことなのです。
私の写真はいわば素人がやたらにデジカメを構えているばかりです。でも常にあちこちを撮っているものなのです。
私なんか、実にけっこう花は贈るのですが、花の名前は知りません。仕方ないことです。
昔ね、府中刑務所に勾留されているときに、懲役さんが「今週から、切花の買取が許可になりました」と告げられまして、私は、「あんな花なんか、ゼンガクレンが買うわけないだろう!」と思っていたのですが、ある運動の時間に、もういっぱいの切花を見て驚いたことがあります。ゼンガクレンの諸君は、私なんかよりも花を愛するずっと繊細な人たちだったのです。私はもうただただがさつな人間でした。今も同じです。
なにしろ私は集会でもマイクで詩吟をやってしまう人でしたから。

続きを読む

6866c3d1.jpg

 昨日も朝早く起きまして、蜘蛛業の原稿を書きました。きょうはまだやっていません。

2009/12/20 08:51けっこう寒い朝です。私は「歴史さとう」と「ニュースさとう」の原稿を送りまして、それでまずは安心です。もちろん、すぐにこのブログにもUPします。
2009/12/20 08:57ブログを打っていて、少し眠くなってしまったことが先ほどありました。普通はないのですが、あんなこともあるんだなあ。
2009/12/20 12:37こうしてブログを書いていると、いろんな思いがありますね。
 このポメラはいつも腰のベルトのデューロカーゴDCー15に入れていますが、でもそのために、このポメラの上面に少しキズがつきました。思えば入れる方向を考えれば、そんなことはないのです。だからいまはいつも間違えないように入れています。
2009/12/20 21:42「仁」を見ています。このテレビの「仁」はこれが最終回です。原作の漫画とは展開内容が違うのです。でもどういう最後になるのか、とても気になるのです。
2009/12/20 21:48私もこれからも生きていくのですね。

 テレビの「仁」は、また再開することがあるのじゃないかなあ。そんなことを思わせてくれました。

40de6f62.jpg

 これは私は常時に持っています、ポメラで感じたことです。
 私は今年の1月10日くらいから、King Jimのポメラを使い出しました。たしか前日の9日に届いたものでした。もうそのときは、手に入れるのは大変で、インターネットで遠くから送ってもらったものでした。それがD10でした。
 今は12月11日発売のD20を翌日12日ヨドバシカメラで購入したものでした。私には、このポメラD20は前のD10にまして使いやすいものです。

 それで私のこれまで約1年間(まだ正確には丸1年にはなっていません)の感想みたいなものを書いてみます。 私は長年インターネットをやってきて、しかも5年前からはこのブログも開始しました。「マガジン将門」というメルマガをはじめたのは、2000年9月1日です。そもそも将門Webというホームページを開始したのは、1998年10月1日でした。
 その前にはパソコン通信をやっていました。それは1992年の4月からでした。ホームページはもう11年を超えていますし、メルマガはもうすぐ500号に達します。このブログはもう丸5年になるのです。それに私は昨年度は手紙を11カ月間で608通書いたものでした。
 私はもともと、文章を書くのは好きだと思っていました。事実私の過去は、こうしてパソコンを使って日々書いてきていたのです。
 だが、私は今年1月に、このポメラで打ち始めたときに、大いなる違和感みたいなものを感じました。それはポメラという機器が私には驚くほどのものだったからです。
 言葉でそのときの思いを書くとしますと、「このポメラは自分の身体と心の中から出してこないといけないんだ」というような感じだったのです。
 それまでのパソコンでは、私は常に自分の過去に書いた資料がパソコン内やインターネット上にありました。また、インターネット上でさまざまな資料も手に入ります。手紙も同じだったのです。私が過去書いたものが資料として私のパソコン内にインターネットに莫大にあったのです。

 でもこのポメラは、自分の内部から産み出さないとならないのです。もちろん、何かの資料をインターネット上から、このポメラに流しこむことができます。でもそんなのは面倒です。何かの資料をテキストとして書き写すことはできます。ただそんなことも面倒です。
 あくまで自分の身体と心の中から考え、打ち出さないとならないのです。私はそんなことをやったことがありませんでした。
 でも自分の意思で手に入れて、「便利だ、これはいい」と言った以上私は使いこなさないとなりません。だから私は、「周のポメラ」を書き出して、そして「周の散歩」も書き出しました。とにかく、このポメラでなんらかのことを書き続けるのです。
 それを私は無理やり自分に課しました。そしてそれは内容は面白くなく、読んでいただく方は大変だったでしょう。でも私はただひたすら続けるしかないのです。そもそも私は文章を自分の内から沸きあがるようには書けないのですから。

 それでも、どうやら書き続けました。もう何を打ち出したらいいかわからずに、自分が困り果てることはありません。どうやら、ただ私はこうして書くことが好きになれた、何の資料みたいなものがなくても、自らの身体と心の中から書くことができるようになれたと言い切ることができます。
 できたら、ここを読まれた方は、ご自分でもやってほしいと思います。このポメラで自分の身体と心の内側から出てくるもので、書いてみてほしいのです。それはきっといいことを自分にもたらすことでしょう。

続きを読む

ae1f7873.jpg

 周の掲示板に、すぐに流れ者さんから、以下の書込みがありました。

ありがとうございました。 投稿者:流れ者  投稿日:2009年12月 7日(月)22時18分18秒
周さん、ありがとうございます。
またこちらにお返事をさせていただきます。
いつも曇りのない言葉で若輩の私に接していただき、大変嬉しく思っております。
この場をお借りして心からの感謝をお伝えします。
ありがとうございます。
周さんは軍歌もお好きだとのことですが、私も“抜刀隊”は好きです。
曲もさることながら歌詞がよく、日本軍にもいい歌があったものだと思っています。
周さんにお孫さんがおられるように、じつは2年前の初めての投稿の直後に、長女が生まれました。そして先月は次女が生まれました。
これも好きな歌の歌詞から、次女は“かいな”と名づけました。
流れ者を自称しておりますが、今は故郷の仙台に住んでおります。

じつは周さんのサイトに刺激を受け、2年前よりブログを始めています。
隠していて申し訳ありません。
ようやく吉本隆明を読み込んでみようという気になりました。
そこで何か考えてみたいこと、僕なりの吉本考をまとめることができれば、その際はまたこちらにお邪魔しようと思います。
ブログは本名で管理・運営しております。

09120511 私こそありがとう。でもブログをはじめられたのならぜひURLが知りたいです。
 そうですね、私は軍歌をよく歌いましたが、このごろはそういう機会もないですね。街を歩いていて、車から流れる歌に声を合わせていると、それが右翼の車だったりして嫌になることもあります。
 娘さんがお二人ですか。私と同じですね。私の二人の娘はもう結婚して、長女には二人の子どもがいます。二人ともその彼も同じで、教員になりました。私は公民権停止が続きましたから、その道は無理でしたが、こうして自分の娘、その彼が教員になってくれたのは嬉しいです。
 とくに長女の彼なんか、ぜんぜん違う仕事で、そこでも実にがんばっていたのですが、私の長女と結婚したあと、通信で教員免許をとりまして、今は正式の教員になっています。
09120521 私の年代の友人はみな活動家ばかりですが(少数の活動家でなかった友人もいますよ)、でもこの人たちがほとんどパソコンもインターネットも駄目なので、私はいつも不安です。まだまだ生涯が続くわけですから、大変ですよ。話をする中で、パソコンもインターネットもよく判っていない方だと、話がトンチンカンになることが多々あります。「過激」というのは、昔の話で、今では実に保守的な方々だと思いますね。
 この日本人がやる日本語のブログが、世界では、英語や中国語よりも多いのです。その言葉を話す人口を比較すれば、これは実に驚くべきことだと思うのですね。
 私は、私たち日本人は、話ことばよりも書き言葉で表現することが好きだと思っています。ケータイでも、みな音声で話すことよりもメールで意思疎通をはかっていることのほうが多いのではと思いますね。スカイプをやっていると、やたらに中国の人がかけてきます。はっきり言ってもう少々面倒になっています。スカイプはChatはできますが、あれをもっと明確にメールのようにしてくれないかなあ。
 私は今回スカイプ名を換えました。少々うんざりすることもあったのです。今後はもうやたらに公開しないで、スカイプは使っていきます。とにかく、どこの海外でも、もちろん日本国内でも何時間でも無料というのはいいです。私はケータイのスカイプを持っていますから、路上でも使っていますよ。ただし、私は友人とだけですね。
 わざわざ私の掲示板にUPいただきありがとうございました。
 できたら、貴ブログのURLも教えてください。

続きを読む

eb851450.jpg 昨日はもう大忙しでした。それでもういくつものことがあって焦っているばかりです。昨日は初めてブログをUPしませんでした。ブログを開始して初めての事態です。
 写真は10日受け取りましたデスクトップパソコンです。これがデスプレイにはデジタル画像ではでなくてアナログだけです。それだけが失敗だったかなあ。価格は3万円を切っています。(11/12)

5564a954.jpg 私の友だちがインターネット上でブログを更新してくれると嬉しいです。「あ、元気になったかなあ」なんて感じることができます。
 写真は昨日14日撮りました。長女宅に行くときに通る都電です。いつもこの都電には親しい思いがあります。(05/15)

d336dae7.jpg 私の後輩が綺麗なお花の写真をインターネット上で見せてくれています。ブログをぜひ毎日更新してほしいものです。
 写真は9日朝届きました次女ブルータスからの母の日のお花を昨日11日撮りましたものです。あんなきかない娘だったあの娘も、こんなに綺麗なお花を届けてくれるようになりました。ポニョもきかない娘だけど変わるでしょうね。(05/12)

ec1596af.jpg

 私の「周の掲示板にれんだいこさんからの書込み」に、そのれんだいこさんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by れんだいこ    2009年04月13日 19:44
 周さん、早速のレス有難う。そういえば、周さんがあの時中に居たというブログを読んだことがあるような。軽い気持ちで言ってはいけないのだろうけど、いい体験ですね。れんだいこが当時の渦にいたら、同じように志願したのではないでせうか。その後レッテルが付いて周り大変であったとしても。

 それはともかく、皆様方の批評を肥やしに続編のエネルギーにしたいと思います。文章をスッキリさせる為に推敲中です。ぜひ忌憚のないご意見聞かせてください。

 ありがとうございます。そうですね。私があのとき東大闘争の安田講堂にいたということは、もう私の生涯において、いわば仕方のない必然だったようなことですが、もうあれから40年が過ぎているのですね。(と書いているうちに、このれんだいこさんの本がアマゾンから届きました)。
 でも今ではこうして、本に限らずいろいろなものをインターネットで注文し、届けてもらうようになりましたね。もう私は随分前から、パソコン関連もそうですが、今では、日常の食品等々もそうなりましたね。もうこれのほうが確実で面倒がないのです。

続きを読む

09010312

 ビットキャッシュを初めて使いました に次のように書きましたが、

すぐにlivedoorから「livedoor Blog PREMIUMお申し込み完了のお知らせ」というメールが来ました。

 私のこのサイドバーの一番下のほうのlivedoorのブログのバナーが変わりました。以下のようになりました。blog_premiumこれで、どうやら安心です。
 とにかく、いくつも初めての経験もしています。

続きを読む

041a9d95.jpg このブログのサイドバーにありました、「クリスマスまで、あと○○日」というブログパーツとジングルベルをなくして、今の「雪が好き」のパーツに変えました。いえ、「あと新年まで○○日」というようにしたかったのでしたが、よく判らないので、これにしました。思い出せば、私は秋田、札幌という雪国に住んでいましたので、雪が降る光景というのは好きなのですね。
続きを読む

 私のサイドバーで、このブルータスのホームページをリンクしました。以下のバナーの像を貼ってあります。
brutuskunbrutus3 それで、この2匹のブルータスを貼ってあるわけですが、これをクリックすると、ブルータスのホームページへ行けます。でも私としては、小さなブルータス(2拍子で動いています)のほうは近い将来ブログをやってくれたら、そちらにリンクいたします。

731afff8.jpg

 私が長年所属していまして、愉しくお付き合いが続いている神田会と浦和会の会員のウェブサイトをここのサイドバーに載せていきます。

http://homepage2.nifty.com/floatingworld-style/ It's a Floating World!
http://floatingworld.livedoor.biz/ it's a floatingworld! blog
http://blog.livedoor.jp/kiku551/ 閑人閑想
http://shomon.net/ 将門Web
http://shomon.livedoor.biz/ 将門Web(ブログ篇)
http://www.skattsei.co.jp/ 清文社
http://www6.ocn.ne.jp/~kangfu89/ 日中康復治療院
http://barbaroi.cocolog-nifty.com/ Barbaroi
http://whatisrusk.exblog.jp/ what's 'RUSK'?
http://www.mainichi-art.co.jp/ 和美三昧
http://blog.livedoor.jp/mainichi_art/ 和美三昧blog

 まだまだいくつものウェブサイトはあるのですが、今後も載せてまいります。

続きを読む

80b6053f.jpg

 昨日で神田会で私が参加されたみなさんにお配りした文書です。あと名簿をお渡ししています。もう私が「事務局より」などという資格もないのですが、とりあえず、ここには書いたものでした。

            神田会事務局より      2008年1月30日
1.本日の参加者です。
 (略)

2.実に2年3カ月の神田会です。私の「個人的情報発信」に書きましたように、私にさまざまなことがありました。でも私個人としては、今後もやっていきたいなという気持があります。やっぱり、いい仲間友人とは会いたいものです。会って、こうして一緒の時間を過ごせるのは大変に幸せなことです。

3.私と同じく、神田会のみなさんも年齢的には、私とかわらないわけであり、さまざまなことをかかえているのではないかと推測します。今後はまず健康を第一に考え、そして親しい友人仲間として親しく連絡を取りましょう。
 それで名簿に足りないところ、訂正等があるときは、完全なものにしていきますので、ケータイメールください。すぐに訂正します。

4.前にも何度もいいましたが、この名簿は決して他の人にはお見せしません。このごろは、そこでもこうした名簿の管理が大変な問題になっています。私のパソコンでも管理は厳重にしています。インターネット上でも、私のホームページ、ブログとはまったく別なサーバーに、この名簿は置いてあります。
 そしてそこは、パスワードがないと閲覧できません。(文責萩原周二)


         萩原周二よりの個人的情報発信      2008.01.30

1.実に2年3カ月ぶりの神田会です。

2.私は一昨年義父を亡くしまして、昨年は母を亡くしまして、2年続けて喪中でした。一昨年の1月より、王子の義母の家に妻と入りまして、義母の介護を続けています。
 王子のこのマンションは違う階に長女夫妻も住んでくれていて、そのときには義父が大変に喜んでいてくれたものでした。私たち夫婦ももっと早くに、この王子にくればよかったと思っています。
 私の次女は我孫子のマンションで一人でしたが、昨年3月25日結婚して、千葉県の木更津に住んでいます。結婚した相手のご両親の家がすぐそばで、大変に可愛がっていただいています。

3.昨年1月3日に、私の初孫○○○(ハンドル名ポコ汰)が生まれまして、もう私は大変ベタベタに可愛がっています。今年8月には2番目の孫も長女おはぎに生まれます。たぶん、もうすぐ次女ブルータスにもできるでしょうから、すぐに私は2人のじいじになり、3人のじいじになります。最終的には8人の孫のじいじになるつもりです。
 私はもう孫を自転車に乗せて保育園に行くことばかりを考えています。

4.私はホームページは、全部で1558ページあります。そして私のブログ

   http://shomon.livedoor.biz/  将門Web(元ブログ将門)

は、現在4621のUPをしています。メルマガ将門は、今週28日で第390号を発刊しました。
 あとその他にもいくつかのページをインターネット上に持っております。
 一昨日インターネット上で読みましたニュースでは、2007年末で、インターネット上の日本のブログは国民総数の10人に1人の割合に増えたそうです。そして2010年には、その4倍の数になるということです。
 そして全世界では、日本語によるブログの数が昨年夏に、英語のブログの数を上回ったのです。第3位は中国語になります。そのあとは、スペイン語、イタリア語の順です(ただし、スペイン語・イタリア語の数はかなり少ないです)。
 そして、現在マーケティング的には、もはやインターネット上での露出度によって、いろいろなことが決っていくことが続いており、検索エンジンでもブログの優位姓が言われており、もはや前のHTMLによるホームページも、中にブログを入れていかないと、自分の情報を誰にも伝えることが不可能になってきているかと思います。
 現在は、若い世代に限らず多くの人が何かを調べるとき、百科辞典等々や電話帳を見るのではなく、パソコン(もちろんインターネットに繋がった)で検索することを真っ先にやるようになっています。
 またパソコンではなく、ケータイのほうがその要素は強いかと思います。もうケータイによる検索、そしてメール交換はもはや生活面でもビジネス面でもかかせないものになってきています。
 私のブログでも、アクセス解析を見ますと、来てくれる方の半数は常連の方ですが、あと半分は、インターネット上の検索から来てくれています。私のブログはキーワードの設定を確実にしているためだと思いますが、さまざまなキーワードで、私にところを訪れていてくれます。
 もはや、インターネット上にブログを置くことは、企業にとっても各個人にとっても大切なことになったかと思っています。

5.私はもうずっとスカイプを使ってきました。○○○ という名前ですから、私が55歳のときから使っています。Skypeは、全世界どことでも何時間でもインターネットを通じたパソコンで無料でかけられるベルギーのパソコンソフトです。私は携帯型のスカイプ端末も持っています。
 アメリカはもう2年になりますが、このスカイプから電話・携帯電話への通話は無料です。日本は一昨年の12月のみ無料でした。でも今でも電話・携帯電話よりもわずかに安いです。でもスカイプ同士でかけると、無料ですし、カメラで映像に見られますから、もうこれのほうがずっといいです。
 よくこのスカイプを起動しておくと、もう嫌というくらい中国の人(とくに女性が多いな)がかけてきます。もう彼らは、顔も隠さない女の子ばかりで、そしてもちろん日本語を使ってきます。
 スカイプのChatでは、今は100人が同時にできますから、それで、私は李白の詩を打ったりすると、この中国の人たちは知りません(杜甫はみな知っていますね)。中国の神話の神農のことや、孔子の論語のことを打っても知りませんね。でも中国の若者がスカイプをやって、どうしてこの日本が駄目なんでしょうね。私は悔しくてなりませんよ。
 私の友人でも、日本中から、ヨーロッパアルプスの山の上からスカイプしてくる友人もいます。一般的には女性のほうがよくやってくれますね。私の孫のあちらのおばあちゃんも、パソコンの画面から「あ、ポコ汰のおへそが見えた」なんて言っていますよ。

6.ああ、もう時間がないので、書いていられません。ぜひみなさん、ブログでいろんなことを話しましょうよ。すぐにインターネット上に自分の部屋が持てるのですよ。

7.王子で生活して、王子駅北口の藤や酒店といういい酒屋で、いつも一升瓶を買っています。もうこれが実にいい酒ばかりです。感動的ですよ。この一升瓶はいつも私のブログで画像をUPしています。酒の味についても、もうすぐ書き始めるつもりです。
 あと王子でいい飲み屋を見つけました。もう感動しています。こうした飲み屋のことも、またブログに書いてまいります。

8.あとはいっぱいお話しましょう。私は今ビールは1本、お酒3本しか飲みません。だからそのあとはもうお喋りだけです。

続きを読む

08010201 私は私の将門Webの What's new のページの昨日12月31日の更新記録に次のように書きました。

「将門Web」の今月の最終総ページ数は1,550ページ。TOPページの最終カウンタ数は337,822。「ブログ将門」は、総発言数4,492、「使用容量:123MBB/2.1GB」、最終カウンタ数は339,878になりました。この末時点で始めて判ったのですが、ブログ将門のほうがホームページのTOPページのカウンタ数を上回りました。今後はブログのカウンタ数のみを書いていきます。

 ここに書いている通り、私のホームページの将門WebのTOPのカウンタの数よりも、いつのまにかこのブログのカウンタが超えてしまいました。ということは、ホームページのTOPページが開設が1998年の10月1日ですから、約9年3カ月かかったところを、ブログは約3年で超えてしまったわけです。
 もう私のhttp://shomon.livedoor.biz/を、将門Web全体のTOPページにしていくつもりでいるのですが、ドメインの関係でどうしたらいいのか判りません。ドメインはたしかあと3年ばかり契約が残っているのですね。
 でもとにかく、そういう方向で、今後はこのインターネット上の私のページをやっていきます。

続きを読む

afa251dd.jpg なんか、私はただ西郷南洲とカエサルのことと、昔の思い出のみを語ってしまいました。思えば、寅吉さんがせっかく、吉本(吉本隆明)さんの「人間力」のことを書いてくれたのに、いつものことで、私の勝手な思いばかり書いてしまいます。
 吉本さんは、「人間力を忘れないでくれよな」と言っています。私はこの「人間力」ということが判っているわけではないですが、この「よせやぃ。『人間力について───第二回座談会』」を何度も読み返すようにしています。
 どうせ私は昔から理解力なんてあるほうだとは思っていないので、何度も読み返すしかないのです。ほかの本なら別なのですが、吉本さんの本は、私には何度も読み返していって、それでもなかなか「判った」とは言えないものなのです。
 でもこうしてパソコンで、吉本さんの言われていることを、少しでも書いていきますと、少しは理解できることに、私はつながるのかもしれないと思っているところです。
 私はメルマガで「吉本隆明鈔集」をどうしても書かないとならないから、読んで、それでパソコンで書いていくと、少しは何かがつかめるような気になります。
 そうですね、私は「週刊アスキー」を読んで、必ずなにかつまらないことを書いているのですが、実は読んでいても判らないことが、パソコンで字で書くと、少しは、「あ、こういうことを言っているのかなあ」なんていう気持になれるのものです。
 そのことがこうして、メルマガを書いたり、もともとブログに書いていったりすることは、実にいいことだなあ、と私は思っていますよ。
 続きを読む

a5475573.jpg 昨日行っていた会社で、そこの社長はある大学で講義もしているのですが、そこでは教えている内容を、インターネットのホームページとくにブログでも広報するというようなことも説明しているようです。今の学生さんたちは、ブログで書いて、それが大きな広報にもなることを習っているわけです。それで、でも実際にブログで書いてくれるんでしょうね。韓国では、もうこのインターネットでの広報が実に当たり前になっているようです。中国もそうですね。もちろん米国が最前線を行っています。この日本は大丈夫かなあ。ヨーロッパがやらないのは判りますが、この日本もどうでしょうかね。(11/17)
続きを読む

88b9329e.jpg 今までは20日分を載せていましたが、今後は1月分(というか30日分)にします。なんでかというと、理由は全然別なところにあります。
 私はこのブログを1画面をせめて35UP分くらい載せていきたいのですが、今はかなり少なくなって25から30くらいの間なのです。いえ、それは私が一つのUPが長いからいけないのですが、それをもっと自分の希望するくらいにするのには、サイドバー全部をもっと長くしないとならないのです。
 もう他にサイドバーに入れるものが他に見あたらないのですね。だからなのです。
 思えば、私はいつもくだらないことで考え悩んでいますね。
続きを読む

be4b600c.jpg

 今、ナミちゃん東北旅行八幡平・大沼の花たち のコメントを読んでいて、考えることがありました。ナミちゃんが次のように言っています。

ブログをはじめるようになってからは・・確かにデジカメ持ってアップするのが楽しいですから、視点が細かくなって何倍か楽しめるっていうのもあります。

 そうですね。私も常にデジカメを身につけていて、すぐに何かを撮っています。
07100602 ポコちゃんを撮ったときは、それはブログにはUPできないから(そんなことをしたら、おはぎに怒られます)、そのうちのどれかはプリンタで印刷します。
 あと、歩いているどこでも撮っています。だから、このブログにUPしていない画像もいくつもあります。UPしていないのは、2種類あります。「あまりにも画像が下手すぎるもの」と、「相手の顔が映ってしまい、いくらなんでもこれはまずいな」と思うものです。
 例えば、ここに掲げた画像は、昨日長女家族3人と飛鳥山公園に行ったときに、撮ったものです。最初の写真は、王子駅中央口前を少し進んだところの道端にある花の中の一輪が少し綺麗に思われたので(気がついたのはおはぎでした)、撮りました。
 2枚目は、そのすぐそばの花です。
07100603 そして3枚目は、飛鳥山公園に入る直前に見つけた彼岸花です。こんな彼岸花をこうして見るなんて、デジカメを持っていなかったら気がつきませんでしたよ。いや、こうして画像を撮るどころか、私は「彼岸花」という花の名前すら、知りませんでした。いや勿論その単語は知っていましたが、実際の花は知らなかったのです。
 だから、こうして実際に知ると嬉しいです。
 でも、こうして歩いているときに、ポコちゃんはずっと眠っていたものです。

07060521 考えてみれば、このパソコンは購入後もう5年くらい経っているんですね。御茶ノ水の事務所で使っていたものでしたから、もうけっこう長く使っているんですね。我孫子の自宅にあるもののほうが新しいのです。ただし、たった今使っているノートがまだ1年半くらいの使用だから、これが一番あたらしのです。
 もう一番メインに使っているパソコンがこうなると、実に困り果てます。だから昨日から、このブログもアップすることが出来ませんでした。
 とにかく、急遽パソコンを購入します。もう今はパソコンは3年で買い替えないと駄目ですね。そのことが判っていたはずなのに、事務所の移転等々で、うまくやれていませんでした。
 さて注文しよう。
続きを読む

07060503 私の高校時代の友人で、昨年会いましたときに、息子がケータイメールをしてきたいというのだが、「携帯使えるんだから、電話で話そう、と言うんだけど、これは私のいう通りだよなあ」というので、携帯とケータイメールとはおおいに違うんだということを説明したものでした。その彼に手紙を書こうとして、まだ躊躇したままになっていました。手紙だとURL書いても、すぐにホームページやブログにとんでこれるわけではないのですね。大変に困った事態です。でもきょう手紙を書きます。(6/05)

続きを読む

 このブログをUPしても、画像がないので、それが困っています。デジカメで何でも撮ればいいのですが、「何でも」と言ってもねえ。困っています。きょうは、外も歩いたし、そこで撮りたかったのですが、難しいよねえ。考えちゃいました。
 いつもデジカメを持っていても、それで撮れないことに実にいらいらしています。
 明日は外に出られないしなあ、と考え込んでいます。もう室内には撮るものがないのですね。
 困って考え込んでいます。

77のキーワードで知る図解 インターネットで稼ぐブログ・メルマガ・Webサイト構築の基本

 

 


書 名 インターネットで稼ぐブログ・メルマガ・Webサイト構築の基本
著 者 阿部辰也
発行所 生活情報センター
定 価 1,400円+税
発行日 2006年11月1日第1刷発行
読了日 2007年4月16日

 15日に母の見舞に行くとき電車の中でほとんど読み終わっていました。それでも私は、私のブログでこうして自分の読んだ本のことを書くときに、どうしてもまたそれを読み返すことが多いわけで、その瞬間が大切です。かつそれを私のメルマガに書き写すときも、また読み直したりするわけで、これもまた大事なときです。そしてその前に読んでいたはずなのに、新しく読んでいた内容を知り、驚いています。
 ただ、この本は自分の中のこれらの知識の総整理になったのかなあ、というような気がしていました。

ブログ・オン・マーケティング 成功企業に学ぶブログ活用の極意

書 名 ブログ・オン・マーケティング
編 者 シックス・アパート株式会社
発行所 日経BP社
定 価 1,500円+税
発行日 2006年6月5日第1版第1刷発行
読了日 2007年3月18日

 本日我孫子の自宅へ帰るので、その電車の中で読み終わりました。やはり、少し電車に乗る時間が長いと、いい読書の場が確保できます。
 ただ、この本はたしかに昨年読んでおくべきだったなあ、という思いだけでした。なんだか、私にはそれだけしか感じられませんでした。

19e8cb54.jpg

 私のホームページ将門Webの中で、実にどうでもいいようなことばかりを書いてきたわけですが、その中でもとにかく、ただただ多い量だけを書き、そして置いてあるのが、ここのページです。どうみてもただガラクタのようにしか思えませんでしたので、この名称にしたものです。
 今後も毎日のように量が増えていくだろうと思っています。(2005.10.21)

   http://shomon.net/box.htm  周のガラクタ箱

 今ブログが、インターネットのホームページの中心と言っていい存在になりまして、そして私もまずは最初にブログで発言をしていくことで、以前よりもインターネット上で広報していくことがずいぶん楽になりました。
 だから、私はブログで広報したことを、そのあと自分のホームページの各ページに収容しています。
 ところが、このごろ、もうホームページ上の各ページに収容している時間がないという事態が続いています。
 ただ、ブログでは、もうばらばらにUPしていることが、ホームページでは少しは整理されているいるので、やはり今後時間を見つけてやっていこうとは思っています。
 その私のホームページの中で、一番大量のことを収納しているのが、このガラクタ箱です。今後もここは拡大してまいります。

続きを読む

父の像

 ちょっともう古いニュースになってしまいましたが、前に見たときに気になっていた記事内容です。これは Going My Way のニュースです。

手軽だけれども一番効果のあるインターネットを、企業は活用しているか?
今の時代は大企業も、中小企業もインターネットを使ってこまめに情報を出していくことが必要です。タイムリーに必要な情報が出ていると、関係者にとって確実に信頼感が増します。逆に情報が出てこないと、そういう企業なんだと最近では判断されてしまうことも多いかもしれません。
(2007.01.01)

 もうこの通りでしょうね。今インターネット上のブログを見ていると、企業というよりも各個人が活発に情報を発信しているのを見ています。
 むしろ必要な情報を発信できていない企業が多いように見えます。
 でも企業はいつも活動を続けているわけですから、それが発信できないことがおかしいのです。

個人が、ブログなどを使ってさっと情報を Web にアップすることができるようになっています。企業はビジネスでやっているわけですからそれ以上に情報を発信しないといけないのかもしれません。

お金をかけずにタイムリーに情報を出していくことで、一番いい広報活動ができるのかもしれません。

 前なら、高価な広告宣伝費をつぎ込めたのかもしれません。でも今は、「お金をかけずにタイムリーに情報を出していくこと」が大事なのです。
 だからそこには、企業であろうが個人であろうが変わりはありません。ただ、自らが生きていくために自分たちのやっていることを発信していくことは、企業の生命を維持していく大切なことです。個人は、たとえ発信しなくても、別なことで生活を続けることができますが、企業はそういかないはずです。
 自分たちのやっていることを最新の情報として広報していくことが大事なはずです。今それに一番適しているのがこのブログであると思っています。

続きを読む

06121906 私のこのブログのサイドバーに「Yahoo動画」を入れました。これはけっこう動画がちゃんと見られますね。できたらそのうちに、東映の仁侠映画がこれで見られたらいいなあ、なんてまずこれは無理ですね。あたりまえだ。
 それにしても驚きました。もう充分に動画として見ることができますね。

 それでこれをどこで知ったのかというと、もちろんlivedoorReaderで知ったわけですが(私はいろいろなところのニュースをこれで得ています)、ところが、その中のどのブログで知ったのか忘れてしまいました。もうたくさんのニュースがあるので、その中で見出しとURLをコピーしておいて(今回の場合は、以下をコピーして置きました)、あとから時間のあるときに見ています。

<script language="javascript" type="text/javascript" src="HTTP://ca.c.yimg.jp/stream/00/img.streaming.yahoo.co.jp/js/blog_parts_01.js"></script>
(ええと、リンクしてしまうので、HTTPはわざと大文字にしました)

 でもこれは、どこにあったのか、そのニュースを忘れてしまったのですね。
 ただ、ほぼどのブログにも貼れるようですよ。
 だから自分のブログにも貼りたいかたは、私のように置いてみてください。

続きを読む

19944e1e.jpg

10.少し追加します

 今印刷したら、A4で6枚になりまして、その6ページ目が少ないから、こうして追加します。
 それと、もちろん、これは全文私のブログ将門にUPしています。
 実はこうして印刷した文書で読まれるよりも、インターネットでごらんになったほうがいいのです。私の高校時代の友人が、私に次のように言いました。

 息子が携帯でメールするというのだけれど、携帯電話できるなら、実際に話そうよと言っているんだ。だってそう思うだろう。

 だが私は少しも同意しませんでした。電話で話すことと、ケータイメールで連絡をとることは全然違うことなのです。ケータイメールなら、電車の中でも、どこでもつかえます。こうして印刷した文書でも、実際にはとても駄目なのです。ここに書いているURLをクリックして、そこに跳ぶことができないではないですか。
 ぜひケータイメールで連絡をとりましょう。たくさんのことをお話しましょう。会話と違って、何度でも内容を確認できますよ。

 今世界では、日本語のブログの数が英語と変わらない数があります。世界の使用されている言葉と比すると(もちろん話されるのは人口として圧倒的に英語・中国語・スペイン語が多い)、日本人というのは実にこうして文字による会話を大切にしているのです。このことは、私たちの祖先が中国から難しい表意文字の漢字を教わりましたところから、私たちの祖先が営々と繰り返しやってきたことなのです。
 ぜひ多くの方が、ブログを始められ、たくさんの思いをインターネット上に披露され、そしてまた、ケータイメールで家族・友人・仕事先と会話されることを希望します。

続きを読む

376dce29.jpg

 私は、昔から歴史が好きでした。高校の科目としては、日本史も世界史も好きでした。大学受験に関しては、どちらかを選択するということが嫌で、受験する大学によって、日本史と世界史を別けて受験したものでした。大学では、私は専門が東洋史を選択しました。ただ、これを選択したのは、私一人であり、かつ私が実に専門にやり通したのは、学生運動でしたから、私の担当の教授には悪かったかな、なんて思っていまます。
 ただ社会に出てからは、もう歴史なんて、飲んだときに突如ほんのわずかなことを話すぐらいでした。そしてそれがずっと続きました。
 ただ、ついこのごろ、何故か歴史に関する本を読むようになりました。簡単に懐かしく読めるものです。
 その読んだ本の記録が、このページです。
 まだまだ紹介している本は少ないのですが、今後間違いなく莫大に増えるはずです。(2004.04.26)

   http://shomon.net/hon/rekibibo.htm  本の備忘録(歴史篇)

「莫大に増えるはず」といいながら、少しも書いていませんね。メルマガとブログには書いてきましたが、それをここに整理して書き写していません。そうなると私自身が忘れちゃうから、こうしたページを作りましたのに、これではなにもなりません。
 とくに歴史に関しましては、私は生意気なところがありまして、「どうせ覚えているよ」なんて思いがあるので、いかないのですね。文学やSF他のことなら、少々苦手意識があるから、「とにかく記録しておこう」という気持を抱くのですが、こと歴史に関すると、実に私の姿勢がよくありません。
 今後そうした私の姿勢を反省して、私のホームページ内に私の歴史に関する本を読んだ記録を残してまいります。

続きを読む

0a43adf2.jpg

 CNET Japanこの記事 がありました。

増殖するインターネット
1993年にインターネットブラウザの祖『MOSAIC』がリリースされてから、インターネットは世界規模で本格的に普及しました。”インターネットの大きさ”というものをウェブページの数で考えてみると、1995年には約3億ページという統計データがあり、それから10年経った2004年の時点では150億ページにまで膨れあがってます。
(2006.11.30)

 1993年といいますと、私は盛んにパソコン通信で書込みをやっていた頃だなあと思いました。「インターネット」という声が聞きましたが、よくわかりませんでした。
 ちょうどその頃、インターネットに関する部厚い本を書いている人と話したことがありましたが、私は彼の言うことが理解できていませんでした。彼も私のような酒飲みで、突如詩吟をやりだすようなおじさんに教えても無理だと思ったことでしょう。

それが、2006年時点で総ページ数が約330億ページとなり、かつて10年かけて100億ページ増えたものが、単純にいえば、1年に100億ページずつ増えている計算になります。

 ということは、2010年には1,000億ページを超えているでしょうね。でも世界の人口を考えると、「いや、それは変だな」とも思ってきます。
 そこで読んでいきますと、

純粋にインターネット上で公開される知識が猛烈な勢いで増えているかというと決してそういう理由ではありません。

とありまして、次のように続きます。

この増殖を加速させている要因はふたつ。
ツールとしての『ブログ』と、モチベーションとしての『アフィリエイト』。

 ここからが、肝心のところのようです。

 私はアフィリエイトもブログにも今までのホームページ内にも付けています。だが、解析を見ると、やはりページ数の多いホームページでの収入が圧倒的です(とは言っても、実にまだまだごく少ないのですが)。でもアフィリエイトが目的のブログもあるんですね。

 このあとに書かれていることは実は私にはよく判っていません。以下のことは充分に理解できているつもりです。

PageRankはまさにこの社会工学的なリンク構造をネットワーク上のページの相関関係に持ち込んだものなのです。つまり、「多くの有用なページからリンクされているページは、やはり有用なページである」ということを、100億ページのリンク構造によって判定しているのです。

 ただ、現在のブログの出現から始まったトラックバックがここで言われていることの鍵なようです。

最近では、スパムリンクを避けるためにトラックバック機能をオフにして、CMSとしてブログを使うサイトも多くなってきました。CMSがメインとなり、トラックバックが廃れていくのであれば、Googleは安泰でしょう。

 私のブログにも昨夜から今朝にかけて大量のスパムトラックバックが付けられていました。もう私は淡々と削除するだけですが、トラックバック機能をオフにしようとは思っていません。

ブログのように無目的に誰もが簡単に使えるものではなく、ある程度のスキルと特定の目的が必要で、さらにはデモグラフィックとサイコグラフィックでセグメント化された『信頼できる情報』を生み出す源流を獲得する戦略を取ったのが最近のGoogleのJotSpotやUpstartle、YouTubeなどの企業買収の真相ではないでしょうか。

 ここまで読みまして、ほんの少しは理解できたかなと今思いました。やはり私はトラックバック機能を便利に使っていきたいと思います。グーグルさんの意向がどうあれ、やっと私が理解できたいわば新しい素晴らしい機能です。
 とにかく、毎日ずっとやりきっていこうと思いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ