将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:プラムさん

13053105 プラムさんが以下のコメントをくれました。2013年05月30日周の『独楽吟のススメ』の858にくれたものです。

1. Posted by プラム   2013年05月30日 20:52
こんばんわ(^^)/
白髪を染めているの初めて知りました。
今日は誕生日ですね。
おめでとうございます。
これからもお孫さんを大事に、優しいお爺ちゃんでいてね。

 そうか、プラムさんは知らないかな。私はけっこう白髪なのですね(でもこのごろは自分でも分からなくなっています)。それと頭の中央が禿げてきていたはずなのですが、でもこれはもうすっかり直りました。日々変化していくものなのですね。
 そうねえ、一昨日の5月30日で私は65歳なのです。
 いつも孫のポポに、「じいじ嫌い」と言われていたのに(それでしょげていました)、昨日は「じいじ好き」と言われて飛び上がるほど喜んでいる私なのです。
 もうこんなことばかりなのです。

12080512 プラムさんには、すぐにメールしました。

2012/08/06 07:54いつもやることが多くてやりきれません。
 プラムさんから、私のサイドバーの「周へのメールはこちらへ」からメールをもらったのですが、昨日はテレビの「男はつらいよ真実一路」を見ていて、パソコンを見ていませんでした。あとで書きます。
2012/08/06 08:218時から「梅ちゃん先生」を見ようと思っていたら、テレビで、「ああ、今日はこの日なのだ」と気がつきました。
2012/08/06 08:34「梅ちゃん先生」を見たい思いです。いつもなんだか、このポメラでは書ききれない思いです。どうしてもパソコンではないので、少し不満な思いがあります。その「パソコンではない」ということを強く感じています。
2012/08/06 18:05リビングへ来ました。
 いつもIS01をUPすることも考えています。

 これをUPしてまたいくつものことをポメラでも書いて行きます。

12041306 周の歌集(周の「僕たちの唄」の「はじめに」)まっくまっくのプラムさんからの以下のコメントがありました。

1. Posted by プラム   2012年04月15日 22:25
周さん、お久しぶりです。
久々に訪問しました。
相変わらずお酒、飲んでいるのでしょうか。
お孫さんに囲まれて毎日賑やかにされているのでしょうね。その様子が浮かびます。
私ですが、結構なんだかんだと忙しくしてまして中々プログ更新できないでいます。今度、機会がありましたら是非お会いしたいです。

 もちろん今も毎日飲んでいますが、昔のようには腹いっぱいは飲んではいませんよ。今は一日カンビール2缶です。
 でも孫は、長女おはぎのところが三人で、これはものすごく可愛くて可愛くて仕方ないです。昨日も行ったのですが、昨日はうまくポニョには会えなかったのです。今日はもうしきりに会いたいです。
 そして次女ブルータスのじゅにももう可愛いばかりです。少し前に、ブルータスのお義母さんから、電話がありました。

  あんなに、毎日のように会っていたのに、もう今はおじちゃんが来ないので、今度来てください。

という内容でした。
 そうよね、じゅににも会いたいです。今のところ仕方ないのかなあ。でも今度私もじゅにに会いに行きます。

 プラムさんのブログは読んでいますよ。大阪へ行って、息子さんと街を歩いたのですね。素敵な写真を何枚も見ましたよ。
 大阪は遥かな昔行った思い出があります。今度義母の納骨で、神戸へ行きます。そのときに、お墓の前で、義父のこと、義母のことを、いくつも思い出すでしょう。

12041602 私の友人のプラムさんがコメントをくれました。あとで、レスを書きます。

2012/04/16 06:32今やっとリビングに来ました。1階にゴミを出して来ました。いやいくつもやることがあるものです。
 プラムさんが私のブログにコメントをくれました。彼女とは鎌倉には一緒に2度行っているのです。最初は北鎌倉から、源氏山を越えて、鎌倉まで歩き、二度目は鎌倉から歩いたものです。もう東京駅で待ち合わせて行ったものです。三度目は、都電で三ノ輪から早稲田まで行ったものでした。
2012/04/16 07:53もうすぐ「梅ちゃん先生」です。そういえば、この時間はいつもIS01とポメラの電池を替えている気がします。
 上に書きましたプラムさんへもレスを書きますが、あとお二人へのレスもあるのです。それにまた別な方のお手紙にも返事を書こうかなあ。
2012/04/16 08:04ちゃんと私もいくつものことをやりまいのです。梅ちゃんも頑張ってやっていってほしいな。
 今日の梅ちゃんを見ていて、私の二人の娘を思いました。私は長女おはぎの東京都の合格発表を見に行ったものです。次女ブルータスのことでも、いくつもの思い出があります。もうたくさんのことが甦ります。
2012/04/16 09:52もういくつものこと、電話したりいろいろです。さあ、ちい散歩ですね。
 今はちいさんは、世田谷区梅が丘を歩かれています。私もここにも行きましたね。朝我孫子から行きましたが、あまりに早くついたので、喫茶店で時間を過ごしたものです。ここには2回訪れました。いや3回かなあ。
 そのお相手が六本木ヒルズに引っ越しされて、そこは2回行きました。いやそのお相手とは、秋葉原も歩いたものでしたね。いくつもの思い出があります。
「ちい散歩」を見ていて、いつもちいさんはお菓子も実に美味しそうに食べられますね。私は甘いものは決して食べないのですが、この頃はその考え姿勢を改めようかなあ、と思うのですが、でもまったく私はだめです。
 考えを、姿勢を改めるべきだよなあ。ちいさんはすごいです。立派です。

 私もちいさんのように、お菓子も食べて行きます。

a185e6a0.jpg

 きょうで私は59歳ですプラムさんから以下のコメントをいただきました。

1. Posted by プラム    2007年05月30日 10:29
59歳おめでとうございます。
お孫さんに本を読んであげている姿や話し掛けている姿の周さんが目に浮かんできますよ。
すっかり、いいお祖父ちゃんですね

 ありがとうございます。でもこのコメントに気がつくのが遅くてごめんなさい。
 なんだか当たり前のことをいいますが、孫っていうのは、本当にただただ可愛いです。ママの前で泣いているのは、ただただママに甘えているばかりです。でも私の前では、ニコっと笑ってくれるのですね。これを見るともう、私はただのアホ面のじじになっています。

 絵本を贈ってくれた私の後輩の女の子がいましてね。その女の子の子どもさんも、もうすぐ結婚なのよ。そして私の娘たちと同じホテルの結婚式場を使うということなのです。この人は、もう20年間、多くの子どもたちに絵本を読んであげることをしているのです。私はそのことは、20年前に朝日新聞の記事で知りまして、でもその「絵本を読んであげる」という意味がよく判りませんでした。でも今、自分の孫に絵本を読んであげていて、ようやくこの「絵本を読んであげる」という大切さが判りました。
 私がその一冊一冊の絵本を、このブログでも紹介しました。そして今後も紹介していきます。その一冊一冊は、私は驚いたのですが、私の娘たちが子どものとき、さらにはそのはるかに前の時代から読み続けてこられた絵本がたくさんあるのです。そうした絵本が子どもたちに大事な役割をしてくれていたんだと思います。
 そんな大切なことを、私は今になって知った気がしています。
 私の孫のポコちゃんも、実に絵本を読んであげると、それを熱心に見ています。熱心に聞いています。まだ0歳なんですが、このときから読んであげることはいいことなんだなあ、と私は気がついたわけなんです。

 いえ、私はこの年になって気がついたことがたくさんあります。もういっぱい話せることがあります。この「絵本を読んであげる」ということもそうです。子どものお母さんというのは、どんなに大切なことをしているのでしょうか。そしてその二人を見守る父親の存在も大切です。
 そしてそして、さらにそのそばに私のようなじじがいることもいいことなんだと思いますよ。

 だから、みんなに子どもを大切に育ててほしいです。結婚したら、子どもを大切に産んで大切に育ててほしいのです。そのことをもっと言っていきたいです。言い続けたいです。それに、まずは「結婚する」ということも多くの若者に薦めていきたいものです。

 私の母が、私の義母が、私の娘二人に絵本を読んでいてくれたことを思い出します。そのときの読んでくれていた声を思い出します。大切な大事なことをしてくれていたのです。私の父が、義父が二人の娘にしてくれていたことを思い出します。今二人の娘があるのは、私の両親と私の妻の両親の存在が大きいのです。
 だから私も懸命にやるのです。熱心にやるのです。今私は、私と同年代で、私のように孫が出来て頑張っているじじやばばを知っています。そういう方々とよくお話をするようにしています。大切なことだな、いいことだなあ、と思っています。

 絵本を読んであげる の2 へ

続きを読む

↑このページのトップヘ