将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ボイス将門

47b9ea5e.jpg

 私の ボイス将門第10回放送「ボイスレコーダーを使いまして」(2006.05.05)に次のコメントをいただいていました。

1. Posted by 伊藤 幸雄    2006年09月25日 21:47
 パソコンで詩吟を聴くとは思いも考えなかったです。私は1938年生まれです。
30年前に習い始めに歌った頃を懐かしく思い出しました。有り難う。
また聞かせてください。

 私の 周の掲示板にも次の書込みをいただきました。

詩吟について  投稿者:伊藤 幸雄  投稿日: 9月25日(月)22時04分35秒    引用 
周さんの詩吟素晴らしかった。又 聞かせて下さい。

 伊藤さん、ありがとうございます。このところ ボイス将門 もずっとお休みしています。いえ、実はつい先日も外出先で、喋ってみたのですが、外で、人前だと、どうしてもうまく録音ができません。人前で喋るのは大変なのです。
 それでまず喋れないと、まして詩吟をやるわけにもいきません。詩吟は酒飲んで、いきなりやるくらいですね。しかも親しい飲み屋で、そして周りのお客さんも、少しでも顔見知りだと、1、2曲なら構わないのですが、大勢の方のいる居酒屋なんかだと、大変なんですよ。
 まず、周囲にいる方全員の了解をとります。そして次に店に了解をとります。そのとき、「他のお客さんの迷惑ですから」なんて店側に言われますと、「いやもうみなさんに了解を得ました」ということで、詩吟をやりだします。
 でもやはり、「七言絶句」までなのですね。それに、私の娘なんかいましたら、絶対にやらせてもらえません。

 でも私は、長女の結婚式でも詩吟をやりましたし、次女のときも予定しています。次女は、「もう絶対にやらせない」と言っていますが、でもなんとしてもやりますよ。娘の嫁入りを祝う中国の古い詩をやります。

 私はちょうど三派全学連と全共闘の時代でしたから、私も積極的に前面で闘いましたが(でも私はマルクス主義者ではありませんでしたが)、そのときも集会で詩吟をやりましたよ。みなわけが判らなかったようでした。いえ、詩の内容が判らないというよりも、「何でこんなところで詩吟が詠われるのだ」と不思儀だったようです。

続きを読む

509ded4c.jpg

 周の雑読備忘録「とっておきの秘技 会社の電話代を0円にする秘伝書」 にAI さんからコメントをいただきました。

始めまして。
SkypeをUSBに入れて持ち運べるんですか??
職場のPCで、休み時間、暇なときにやりたいなあと思っていました。(チャットだけです・・・笑)
ダウンロードをUSBにすればいいのですか?

あっ、本を見ればいいっていわれるのかな・・・

 チャットはよく中国の方とやりましたよ。中国の若い方は私より、日本のアニメのことなんかを知っているのですね。でも中国の春秋戦国時代のことなんかは、私がはるかに詳しいのです。それで、変な日本人だと思われているようです。いや日本には、私よりもはるかに、中国の古典には詳しい人が大勢いるんだと答えていますが。

 それで、あなたのコメントを読みまして スカイプ対応電話帳 をUPしたのです。実は6月19日に発行した マガジン将門第305号 に書いていたのですが、このブログ将門へ書くのを忘れていました。普通なら、真っ先にこのブログに書いてから、メルマガに転載しまして、最後は将門Webに収納しています。でもそれがこのごろ、忙しくてちゃんとできていないのですね。

 それでですね。これに書いたように、他のUSBメモリよりも、この「スカイプ対応電話帳」のほうがはるかにいいです。私も最初はUSBメモリでやっていましたが、これで替えたらはるかに使いやすいし、秘密保持するのにもはるかにいいです。

   ダウンロードをUSBにすればいいのですか?

 今使っているものをUSBにいれればいいんですよ。また新たに、ダウンロードするなんて無駄でしょう。

   あっ、本を見ればいいっていわれるのかな・・・

 あっ、そんな阿呆なことをいいません。だって、特別に本に書いてないと思いましたね。ダウンロードをどうどこにするか、なんてことは、このスカイプの機能とは関係ないでしょう。だから、自分でやるわけですが、そうした努力への知識を、このようにインターネット上のいろいろなサイトで助け合っているんだと思いますよ。

 私はですね、できたら、ポッドキャスト将門 でやっています ボイス将門 の対談篇を、このスカイプでやりたいと思っているのですね。私が毎日UPしています ニュースきくち での建築家との、その建築物についてのポッドキャストも、このスカイプでやりたいと思っています。ただねえ、私ではなく、相手がいいりますからね。

 写真はこの機器「スカイプ対応アドレス帳 - BT-MG2」の裏面です。

 

 

8bbf65a5.jpg

 夕刊フジBLOGこのニュースがありました。

 これまで身を粉にして会社に尽くしてきた団塊の世代たち。退職後のあり余る時間は「趣味を生かし、人を楽しませたい」「専門の資格を身につけて、自分の力を試したい」などと、あれこれ思いを膨らませている人も多いに違いない。
 好きな資格をとるために、退職後、再び勉強にいそしむシニアの姿が目立つ昨今。彼らは今、どんな趣味や資格に注目しているのだろうか。

 世は今や、インターネット時代。とくに団塊の世代は、情報収集能力が高く、自己表現の意向も強いといわれてきただけに、パソコンやインターネットの活用頻度は高いといえるかもしれない。
 こうした傾向は、データからもうかがえる。50歳以上の約32万人の会員が登録する無料コミュニティサイト『STAGE』を運営するシニアコミュニケーションが昨年、約300人に「取ってみたい趣味の資格」を聞いたアンケートでも、第1位は15・8%の「パソコン検定試験」だった。
 「パソコンを使うのが当たり前の社会。自分でパソコンを使いこなすのはもちろんのこと、他の人たちにも、その便利さを教えてあげたいですね」(50歳の女性)
 「パソコンを22年やってきたが、検定を持っていないので、取得しようと思った」(50歳の男性)
 コミュニティサイトを通じて調査した影響もあるかもしれない。しかし、日頃慣れ親しんだインターネットを生かし、実力を試したいという思いが伝わってくる。
(2006.05.24)

 これを読みまして、「え、そうなんだ」と私もかなり「考え方を替えなくちゃいけないな」と強く思いました。
 あのですね、私は「検定試験」なんて実にどうでもいいのですが、実に私の世代の方々には、パソコンを普通に使って、インターネットでさまざまな出会いをしたいと考えています。それが、私と同じ年代を見ていますと、「こりゃ、無理かもしれないな」なんてがっかりする思いでしたが、こういうニュースを見ますと、少しは嬉しくなってきます。
 本当に、「資格」なんてどうでもいいですから、実際に使いまして、インターネット上でいくつもの交換をしていきたいと考えています。

 私たちがいくつもやってきましたこと、今もやっていることを、これから多くの方々に伝えることが大切だと思っていますが、その手段として、パソコンとインターネットは最適のものです。
 私はケータイでもいくつもの情報交換をしています。メールもかなりな量の交換をしていますし、この私のブログも、なんといいましても、このケータイからの書込み「周のケータイブログ」が一番多いです。
 また私はiPodを常時持っており、これでも私の ボイス将門 をどう発信しようかと考えています。今は、この ポッドキャスト将門 で「周の詩吟」と称して、「周の漢詩入門」「周の三曹の詩」「周の詩歌の館」にある、漢詩や詩歌を詩吟でやっていこうと考えています。七言絶句だけではなく、いくつもの長詩も詠っていくつもりでいます。
 それにしても、中心になるのは、パソコンとインターネットですね。そのことを大きく感じています。

続きを読む

↑このページのトップヘ