将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ポスト

13082615 私がまた日経新聞が郵便受に入っていましたに書いたことですが、私は以下のような文書とともに、新聞を戻しました。以下の通りです。
 ただし、相手と私の住所等は隠しました。下の☆☆☆と挟まれたものが今回送付いたしました私の文書です。

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
114-0003
 北区豊島○丁目○番○号
 日本経済新聞販売店王子専売所御中
                          2013年9月1日
                114-0003 東京都北区○○○○○○○○○○
                             私の署名
                    私のURLメールアドレス
                      スカイプ名電話番号等
 前略
 本日午前8時43分に0120に電話したものです。それで私の家の郵便受
に入っていたものをお返しします。
 このことは、私のホームページ将門(しょうもん)Webで書きましてUP
いたしました。もう何度か新聞をお返ししているのですが、もう今回は、こう
してそのまま返却いたします。
 このことは私のブログの将門WebでUPいたしました。
   http://shomon.livedoor.biz/archives/52092529.html
    2013年09月01日また日経新聞が郵便受に入っていました
 私は過去御茶の水駅前で事務所を構えていたときに、この日経新聞を日経産業新聞・日経流通新聞とともに購読しておりましたが、こんなことはけっしてありませんでした。
 その前にも毎日新聞や朝日新聞を自宅で購読していたときも(過去数十年という間です)、こうしたことはありませんでした。
 こうした事態に、驚くと同時に何度も繰り返されるために、こうして文書で書いて警告とさせてもらいました。
 もうこうしたことは二度と繰り返してはほしくありません。
 これで私はこの文書もまた住所等を隠しまして、私の将門Webに掲載するものです。                          早々
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 私はもうこれを相手に送付しました。今日には13時50分に近くのポストに入れましたから、明日には届くと思います。切手は80円切手を三枚貼りました。
 今後ちゃんとやってほしいですね。

a0a96ed6.jpg 一昨日に葉書をいただいて、昨日は少し長いメールをいただきました。このお二人に、手紙でお返事を書きました。いえ、一昨日に葉書をいただいたのでしたが、実はポストが開けられなくなっていまして、大きな封筒は取れたのでしたが、その下の郵便物がとれませんで、昨日必死にポストを開けたものでした。開け方の暗誦番号が判らないと、いえ、判っても、私は馬鹿で阿呆だから大変です。私はいろんな暗誦番号をインターネットの隠しページにUPしてあるのですが、それを見ても操作できないと、もう大変です。
 それにしても和紙で手紙を書いていますが、これだけはいいです。メールを書くよりもいいですね。ただし、もちろんメールは手紙以上にたくさん書いていますがね。
 もちろん、きょうも手紙を書きます。
続きを読む

21a71581.jpg 今朝朝7時代に妻の年賀状を出しに行きました(私はもう3時代に出しました。妻は一言を添えるので、少し時間がかかります。いえ、私が作るのが遅いのです)。それで帰ってきたら、このマンションのポストに郵便局員の方が年賀状を入れていました。実に早いですね。毎年我孫子でも、王子でも年賀状は元旦の午後に受け取っていたものでした。
 ところが、「あ、この人に出していない」というものがいくつかありまして、焦っています。
    これからプリントします。
続きを読む

40323c5e.gif どうやら新年ですね。まだ年賀状の印刷で大変です。でももうすぐ終わりまして、ポストに入れます。
 まずは、その私の家族の年賀状です。私の家族が8人写真で載っています。もう私も孫のいるじいじです。
 今年も元気に愉しくやってまいります。

 今年は次女にも子どもができれば嬉しいです。またさまざまなところでお会いしましょう。

c1081969.jpg 郵便局のポストに2通の手紙を出してきました。そのあと、近所を少し散歩しました。いつもなら、蕎麦を作っているところが見られる砂場さんも、その蕎麦作りの部屋(外からもガラス越しに見られるようになっています)には誰もいませんでした。
 寒いのですが、気持のいい朝です。
 さて、きょうもいっぱいやることがありますね。
続きを読む

↑このページのトップヘ