将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ポニョもポポも

14061003
 一昨日(6月26日)は千駄木谷中の「浅野」のおかみさんの齊藤智恵子さんのお墓参りに行きました。私はお墓を見て初めて「齊藤」という苗字を正式に始めて知ったものでした。

2014/06/27 14:50こうして今頃になってこれを書き出しています。
2014/06/27 17:1117時5分前に来ました。まだポニョもポポも来ていません。今日はばあばは来られないのです。おはぎが早く帰ってくるはずです。あと10分でポコ汰も帰ってくるはずです。
2014/06/27 17:39今はおはぎの家でポコ汰とじいじの二人です。おはぎからは電話がかかってきました。
14061004
 昨日はばあばからおはぎの家の鍵を預かり出かけたものでした。ただおはぎ・ポニョ・ポポを待っていました。三人はポポの歯医者へ行っていたのでした。
 画像は10日朝9時台の吉田医院です。前日どうしても行けなかったもので、この日になったのでした。

14053003
 今日5月31日は私の孫ポコ汰の滝野川第五小学校の運動会です。朝9時開始です。私は都電で王子駅前から梶原まで行きまして、そのあとは歩いて行きます。
 ポニョもポポもいるのです。越谷ばあばも来てくれます。
 さてみんなでお弁当を食べるのが楽しみです。そのときに昨日のケーキの感想も聞きましょう。

13092503 おはぎの家でポニョもポポも次第に子どもになっているのを感じています。もう赤ちゃんではないのです。おはぎが昔言っていたことを思い出しました。「ワタシはもう子どもなの。赤ちゃんじゃないの」。私もばあばも歳をとるはずです。あ、教育テレビというのではなく、Eテレっていうんだ。

2013/09/26 17:22今はおはぎの家に来ています。10分に到着しました。
 今30分になると、ポコ汰が大声で「ただいま」と帰ってきました。じいじはこの声が聴きたいのです。

2013/09/27 05:33いつも朝にデジカメの画像を整理します。今日はもう驚きました。もういっぱいの画像が撮れているのです。そしてけっこうピントがあっています。たぶんポニョが勝手に撮ったものでしょう。
 しかしこうしてけっこうポニョもポポもだんだん私の機器も使い方が違ってきました。もうゲームをただやっているだけではありません。もちろん、彼らがゲーム機にしているガラパゴスは本来はゲーム機(ゲームがついている)ではないのですが。
 昨日は朝10時5分にヨドバシカメラ秋葉原に入店しました。私のケータイを替えるためです。前のシャープの機器ははちょうど4年使いました。けっこう長く使いました。いちどある故障(これは私が悪いのではないのです)で、こんな長く使ったものです。
 私はIS01も使っているのです(IS01はスマホ)。
 auの王子店でもいいのですが、王子店だと少々私が頼りなく感じるので(これは王子店の店員さんがいけないのではありませんが)、こうしました。
 それともう一つの用がありました。それで家に帰りついたのは12時半頃でした。1309260313092604
2013/09/27 06:16いつもNHKテレビのニュースを見ています。

 ここに掲げたものは、17時50分からの教育テレビの「フック ブック ロー」の画面を撮りました。最初のは25日に私がおはぎの家で、テレビの画面を撮り、次の二つはポニョが26日に私のデジカメで撮っていたものです。

13070606 もう保育園の七夕会の最初のUPはしました。

 私はもうこの会にも何回来ているかな。 お誕生会はいいですね。ここでポニョもポポもどうかなあ。ポコ汰はどこにいるのでしょう。
 思えば私も七夕の伝説を昨日いっぱい考えていました。織姫と彦星の話です。明日がその日ですね。
 でも今日もこうしていっぱいの人が来てくれているのは嬉しいです。

 ポニョもポポももらったのがこの綺麗な袋です。中には素敵なものが入っているのです。

11081108 ブルータスが今もいてくれます。このブルータスおばちゃんに会ったおはぎ家族のとくに三人はもうものすごく嬉しかったはずです。でもブルータスにはじゅにのことばかりを思い出してしまうのです。

2011/08/12 07:56昨日からブルータスが泊まってくれました。昨日は午後7時すぎに、おはぎ家族が来てくれて、最初は少しとまどっていたポニョもポポもすぐに親しくなって、最後家に帰るというときにポニョは、「帰りたくない」と言っていました。ブルータスおばちゃんと別れたくなかったのでしょう。ポポはもう元気に歩けますから、私の部屋でも始めて私の椅子にのってパソコンをいじっていました。昔のポコ汰と同じです。
 ポコ汰はもうかなりしっかりした子どもです。でもパパとふざけているときには、まだ可愛い子どもです。
 ポコ汰はとってもいい子で面白い子です。

 今「おひさま」で、赤ちゃんの泣き声に怒った男にものすごい怒りがわきます。腹たつなあ。
 そして、このお義母さんの言うことに納得します。明日の放送がすぐ見たいものです。

 こうして、赤ちゃんの泣き声に怒ったり、いらいらする人間にこそ私は怒りだけを覚えます。

2017071720 童話とマンガの部屋ネット赤ちょうちん を読んでいまして、以下にあります

「ぼく、にげちゃうよ」3月のお話キャラバン 投稿者:Nora  投稿日:2011年 3月 2日(水)21時18分29秒  

「ユーラリ・S・ロス『いたずらこうさぎ』」が読みたくなりました。でも王子図書館にはないようです(私はいつもインターネットで図書館内の検索しますが、それで「ないようだな」と判断したのです)。
でもユーラリ・S・ロスの「ストリーテリングについて」(子ども文庫の会)を借りて読みました。
そうしたら、そのなかに『いたずらこうさぎ』があったのです。
ユミ子さんが以下のように書いているお話です。

家出したくなった子ウサギに母ウサギが機転を利かせる話です。子ウサギは母ウサギから逃げるために魚・岩・クロッカス・帆前船・空中ブランコ・男の子と変身しようとするのですが、母ウサギは追いかけるために漁師・登山家・植木屋・風・綱渡り芸人・男の子のお母さんになって追いかけていくよ、と言ったら子ウサギは結局は今のままと同じだと思い、家出をやめるのです。

物語の最後が以下のようです。

「お前が小さい男の子になって、うちの中ににげこんだら、おかあさんはその子のおかあさんになって、両手でその子を抱いてしまうよ。」と、おかあさんうさぎはいいました。
「なあんだ! それなら、いまのままここにいて、おかあさんのこうさぎでいるのとおなじだァ。」
そういって、こうさぎは、そのままうちにいることにしました。
「さあ、ニンジンをおあがり。」と、おかあさんうさぎがいいました。

いいお話です。私も孫にお話したくなりました。でもまだポニョもポポも小さすぎるかなあ。

続きを読む

↑このページのトップヘ