将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:マルクス主義

13021910 私が書きました昔金八先生の言ったことを思い出しましたで、私は質問を受けました。「何を言いたいのかよく分からない」と言うのです。私は答えました。

 うんこのことだよ。子どもたち、小学校にも行かない子たちにも、「朝保育園、幼稚園に行く前にうんこをするという訓練は大切なことなんだ」ということなのです。「いつでも自由に自分のしたいときに」という考えではいけないのです。

 ソルジェニーツイン(私はソルジェニーツインの作品では、『イワン・デニーソヴィチの一日』『ガン病棟』『煉獄のなかで』『収容所群島』『仔牛が樫の木に角突いた』とあと短編をいくつか読んでいます)の『収容所群島』の中でベッドの中で、ベッドの上下を替わらせたことがあります。それは上になった男がどうしてもウンコをもらしてしまいからでした。その男は昔は輝かしい革命派でしたが、今は収容所に入れられているのです。この収容所側に自分が要求したことを、ソルジョニーツインはいつまでも悔やみ反省していました。
 このことを忘れないのです。
 あるときに、40代の男性でしたが、小学2年のときに学校でうんこをもらして、そのことをずっと言われ続けた、中学生になっても言われたと言っていました。それは言うほうがいけないのです。だけど、私は家で自宅で「朝保育園、幼稚園に行く前にうんこをするという訓練は大切なことなんだ」ということをパパやママがやってあげることだったと私は思うのです。
 私はロシア文学者の中ではドストエフスキーもトルストイもゴーゴリもプーシキンもチェーホフもその他もみな読んできて好きです(オストロフスキーは好きになれないかなあ)。でもその中でも、このソルジェニーツインが一番好きです。それは『収容所群島』のことを書い13021911ているからです。彼はスターリン主義ではなく、マルクス主義そのものが嫌いです。もちろん彼は元はマルクス主義者でした。だがこうした非人間的なことをしてしまうのは、スターリンが悪いのではなく、共産主義・マルクス主義がいけないのだと気がつくのです。

12081813 私の「エンゲルスの強い意思」に目森一喜さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜   2012年08月15日 22:59
 マルクス主義が革命運動の主流になったのはロシア革命以降ですね。それまではフランスを中心としたアナーキズムです。これはフランス革命の流れをくんでいます。
 ロシアでもアナーキズム系の運動が主流でした。ケレンスキーはこっちですね。それがロシア革命を成功させると、レーニンはすぐに反対を表明し、ドイツと話をつけてロシアに乗り込みます。有名な封印列車です。
 この時、ドイツはレーニンに莫大な資金を与えます。第一次世界大戦で二面作戦を強いられていたドイツは、ロシアに手を引かせるようレーニンに工作をさせたわけです。
 レーニンはドイツの金を使って与太者を集め、ケレンスキーら革命派を襲撃させ、ロシア革命を乗っ取ります。そして、ドイツとの戦争をやめます。これは仕事ですね。
 そういう「政治」がボルシェビキの革命の政治でした。トロツキーはこれに手を貸し、レーニン派を政権につけます。一時期は暗殺部隊を率い、沢山の人を殺したようです。とりわけ自身がユダヤ人でありながら、ユダヤ人が嫌いで(マルクスもそうでした)、ユダヤ人を処刑し、恐れられたといいます。(文学と革命に文学者たちを脅しつけている場面が出て来ます)
 スターリンは優秀な神学生でしたが革命運動に身を投じ、強盗をして資金稼ぎをしていました。その間に、ロシアの公安組織に情報提供をして他の革命家を売っていたという話もありますが、これを否定する人もいます。
 スターリンはそんな事をしてもしなくても、最低であるのに変わりはありませんね。もっとも、レーニンもトロツキーも同じですが。
 マルクス・レーニン主義の中身はこんなものです。
 マルクスにも、レーニンにもいい所などひとつもないです。もちろん、エンゲルスにもです。あるのは、ただ、ひたすら強い意志だけです。憎悪と言っていいかもしれません。謎といえば、その意志が謎ですね。

12081814 私はマルクス主義は少しも好きでありません。マルクス自身も好きにはなれません。吉本(吉本隆明)さんは、マルクス主義は好きではないのですが、マルクス自身は好きなようです。私には、これはどうしても納得できないところです。でも今はもうそのことも問えないことになってしまいました。
 私は吉本隆明さんにも問いたい思いです。「マルクスなんて、どこもよくないじゃないの?」。でも今はただただ、そのこともかないことなのです。
 私はトロツキーも好きになれません。もちろんレーニンも嫌いです。そしてスターリンなんか絶対に許せません。そうですね。エンゲルスも嫌です。エンゲルスがマルクスの著作をいっぱいまとめ上げたのだろうな。
 でもアナーキストもどれも良くないよな。バクーニンなんて、読んでもみっともないという思いばかりです。
 そうですね。シモーヌ・ヴエイユだけはいいかなあ。好きになれます。吉本隆明さんに『甦るヴエイユ』という本があります。私も懸命に読んでものすごく、ヴエイユのこともまた吉本隆明さんのことも好きになったものでした。
 でも目森一喜さんへのコメントにレスをするのに、量的に目森さん以上書かないといけないですが、私には書くことがそれほどないのだよな。
 まあ、私は激しく学生運動はやり、その関係では今も長く私の上5年くらいから、私の下の20年くらいの世代まで付き合いがありますね。ただ、見ていると、パソコンもインターネットも苦手としか思えない世代なんですね。せめて、ホームページかブログくらいやってほしいのですが、困ったものです。
12081812 ただ、私の埼玉大学およびむつめ祭関係の人、そして三派・全共闘の関係でもほぼ私の知っている人はいいのですが、ときどき私が知らない人だと、私のことを、「なんだ、右翼じゃないか」といきなり殴ってくる方もいて、実に大変なことです。
 思えば、いつまでも面倒ですね。

0654e5fd.jpg

 私の 『収容所群島』が必読書になる目森一喜さんから、以下のコメントがありました。

2. Posted by 目森一喜   2009年09月17日 10:37
プーチン、チェチェンに謀略をしかけ、戦争に持ち込んだ張本人ですね。FSB=KGBの親玉です。ソルジェニツインの件は、すぎさった過去の事として涼しい顔をするための道具かもしれませんね。ちょっと前にカジノをシベリアに移しましたが、大統領に復帰するために、色々と新しいイメージを作ろうとしています。その一環なのでしょうか。

 あ、そうか。つい共産主義国家を否定したプーチンというと、なんだか私は「偉いな」と思っていまうのですね。何度ひどいロシアを見ても、そのクセは抜けそうもありません。
 そもそも、私が大学に入ってから、マルクス主義=共産主義を否定した人はまずいないよ。私の同級生なんかでは、そんな人は阿呆ばかりでした。マルクス主義=共産主義は嫌だ、駄目だと言い続けていたのは、私です。私だけは反共を言い続けました。ただし、もちろん、烈しく学生運動はやりました。いつも必ず反共を言い続けていたので、面倒でしたね。
 いえ、さすが逮捕されると、刑事検事判事はみな共産主義なんか信じていませんが、どうもそういう人も情けなくてね。
 この頃ね、私がずっとお付き合いが続いている大学時代の活動家が、それは私は私の親もその友人活動家の親兄弟もお付き合いがありますが、ときどきメールで、今の新左翼の集会等にお誘いがあるときがあるのです。もう嫌になりますよ。私はそれで、「俺は昔から反共の活動家だろう、忘れるなよ」というメールを出していますよ。私は共産主義を認めたことは一度もありません。
 だから、プーチンという人は昔からの優れた反共活動家のように思えちゃうのですね。「チェチェンに謀略をしかけ、戦争に持ち込んだ」とか「FSB=KGBの親玉」なんて忘れちゃいそうだなあ。

 でも私には、吉本隆明さんだけはずっと信じています。吉本さんがマルクス主義は嫌いだが、マルクスのことを信じているだろうことは、私もだんだん真似していることです。

続きを読む

8921bf1c.jpg

 吉本隆明鈔集「マルクスが当時の進歩的思想から頭一つだけ抜けていたところ」 に次のコメントがありました。

1. Posted by 一般法則論者    2008年05月15日 02:05
 マルクス主義は、昔も今もインチキなトンでも理論であることにはまったく変りがありません。
 で、まともな精神のヒトには理解しがたくて当然です。
http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/
 一般法則論
 理屈で説明しています。

 なんとなく、少々応えるのも嫌な思いもあるのですが、とにかく少し書きます。
 マルクス主義とマルクスというのは、違うものだと思っています。私はヘーゲルーマルクスと流れる哲学と、エンゲルスーレーニンと流れるマルクス主義とは、まったく違うものに思えています。
 私はここで述べたことも、もともと吉本さんが言われることも、マルクス主義のことではありません。マルクスの哲学のことを言っているのです。
 私はフォイエルバッハについては、『キリスト教の本質』『唯心論と唯物論』しか読んでいません。それで20台前半に読んだわけですが、要するによく判りませんでした。でも、エンゲルス『フォイエルバッハ論』と、マルクス・エンゲルス『ドイツイデオロギー』(これもまたフォイエルバッハについて書いています)は何度も読みました。そして、マルクスとエンゲルスというのは、違うなあと思ったものです。
 エンゲルスーレーニンと流れるマルクス主義は、そのあとはスターリン主義と言われるものになっていきます。でもこれはスターリンがいけないのではなく、もともとこうして流れてしまうものだったと私は思います。だが、ヘーゲルーマルクスの流れる哲学の路は少しも揺るがないように思っています。

続きを読む

08022302「マルクス主義について」目森窟 Memorix/ さんから 周さんも大変です というトラックバックをいただきました。ゴトさんが次のように言っています。

無知が傍若無人に振る舞うのはよくある事だけれども、この人がそのたぐいでない事を願う。

 まったく同じことを思います。マルクスの「無知が栄えた例(ためし)はない」という言葉がありますが、そして吉本さんが使われるのですが、それはよく理解できます。
 私たちも、いや少なくとも私はもっと学んでいかなくてはならないのだといつも自分に言いつけています。

続きを読む

08022301「マルクス主義について」にnougakiさんから以下のコメントがありました。

1. Posted by nougaki    2008年02月22日 18:33
周 さん
 突然の質問に対しご親切な対応を頂き、誠にありがとうございます。
はじめの?に関してのコメントは良く納得できました。
小生もマルクス主義、共産主義は大嫌いですが、
このままの社会体制(資本主義体制)は出来るだけ早く改革する必要があると考えています。
そのことについて、周さんが考える良いアイデアがありましたら参考のため是非教えて戴ければ誠に幸いです。

 私は今のいわゆる世界の「社会主義」と言われる体制の国々は、早くその体制を変えたほうがいいと思っています。資本主義の国々は、「出来るだけ早く改革する必要がある」なんて少しも考えません。「改革」とかは必要なものならば、自然にこのままの中で起きてゆくものでしょう。したがって、私には少しもそんな「アイデア」とかはありません。はっきりいいまして、そんなことはあたり前のことだと私には思われますよ。

続きを読む

08022203 私の 周の掲示板 に次の書込みがありました。

マルクス主義について  投稿者:nougaki  投稿日:2008年 2月15日(金)21時01分41秒
 吉本隆明氏は、マルクス主義をどのように否定しているのでしょうか?
小生は、史的唯物論に深く傾注しており、階級を唯物論的に解決する方法は私有財産制を否定する社会主義(観念論)ではなく、使用価値をその源泉である労働者に還元することではないでしょうか?

 なんで、私に聞かれるのかなあ、という思いです。
 でも私なりに答えます。
 吉本(吉本隆明)さんは、「マルクス主義」はいわば、ロシアマルクス主義であり、当然私たちがスターリン主義などと言ってしまうもののように捉えているんではないでしょうか。ただ吉本さんは、マルクスに関しては、否定なんかしていないと思いますよ。
 そのあとの「?」に関しては、私は問い自体が何を言われているかサッパリ判りません。どっか大学の先生にでも聞かれればいいのではないですか。そもそも私はマルクス主義というか共産主義はもともと否定しています。大嫌いです。

続きを読む

↑このページのトップヘ