11021502 17日土曜日に、長女おはぎの授業参観をしました。妻と次女と妻の父と母と私が長女の授業を見ていました。小学5年生と6年生の美術の授業です。5年生はマーブリング、6年生は点描の内容です。長女は、私に似たけっこう高い(周は実にかん高い声をしていますよ)通る声で、いろいろと説明しています。そして実に子どもたちがいいのです。どんどんと手を挙げて、たってちゃんと発言していきます。私も思わず手を挙げて「質問です」と言いそうになりましたが、長女おはぎの「パパ、父親だって判らないようにして、誰にも話しかけるな」と言われていたことを思い出し、やめます。次女のブルータスがあまりに若いので、5年生の子どもたちが話しかけてきて妹だということがバレてしまいます。もうたくさん子どもたちが集まってきました。
 いい授業で、いい子どもたちで、そしてたくさんのお父さん、お母さんも愉しそうで良かった(だって、お父さんもお母さんもついでに妻の父親も母親もどんどん子どもたちの中へ入っていって、話かけているんですから)。
 私は早めにこの授業参観を終えました。私は午後2時から、プロジェクト猪の「パソコン自作講座『前段階』の回」をやる予定があったからです。前日まで連続3日事務所に泊まるはめになった私は、まだ全然自作パソコン講座の用意をしていなかったのです。秋葉原へいって、あちこち走り回って、カートで重いパソコンを持って講座をやるゴールデン街のお店へ向かいました。