長谷川慶太郎の世界はこう変わる 2008 世界を日本がリードする
書 名 世界を日本がリードする!
    2008 長谷川慶太郎の世界はこう変わる
著 者  長谷川慶太郎
発行所 徳間書店
定 価 1,600円+税
発行日 2007年11月30日初刷
読了日 2007年12月28日

 昨日八重洲ブックセンターで購入しまして、すぐに読み終わってしまいました。目次が以下の内容です。

第1章 グローバリズムは日本の大チャンス
第2章 もはや石油危機が起こらなくなった世界
第3章 中国の暴飲暴食が止まらない
第4章 世界のエネルギー地図に大変化
第5章 地球温暖化問題は日本に追い風
第6章 日本の重厚長大産業が世界のトップを走る
第7章 資源をめぐる世界的な大競争が始まった
第8章 日本とアメリカは史上最強の同盟国 

de821ab8.jpg いつも慶太郎さんの本は読んでいて気持いいです。ただ毎年11月には読んでいた本が、やっと昨日手に入れたわけです。私の住む王子では書店がないに等しいのですね。
 上の目次の内容が、この本の内容をよく表しています。もう大変に頷きながら読んでいたものでした。
 最後の章のそのまた最後に

 安部が「放り投げ」た後に小沢が「プッツン」で政局混乱

と書いてありますが、私は真っ先にこれを読んだものです。もう慶太郎さんの言う通りです。小沢さんも、私は「社会党じゃあるまいし、何やっているんだ」という思いでしたが、でも思えば、民主党は、鳩山さんも、菅直人もどうしようもないのね。でもこの二人も、民主党のすべての人たちも、小沢さんがいないと、どうにもならないのです。これで私は民主党って、どうしようもないなあ、という思いばかりです。
 それから、第七章の最後、「必要な技術は必ず開発されて人類はしぶとく生きる」のところで、メタンハイドレートのことが書いてありますが、このことも私は慶太郎さんから知ったことでした。早く、これが実用に使えている時を見たいという思いばかりがしています。