11082908   Monday, September 27, 2004 1:36 AM
はーい了解です。
 うーん日本にばかり注目しないで、中国のこの時代の歴史を広い視野で眺めて西や南にも目を向けると違った見方もでてくるものなのですねー? それにしてももうちょっとこの時代に日本人が文字を書くようになっていたらはっきりしたことがわかるのにと思わずにいられません。

   Monday, September 27, 2004 4:01 AM
Re: はーい了解です。
 了解いただきまして、ありがとう。
 今必死にメルマガ作成中です。本日から月末までやりきらないとならない仕事がたくさんあるので、今はこのメルマガを終えるのに必死です。

「日本人が文字を持っていたら」というのは、たしかにその通りですね。江戸時代の平田篤胤は、その国粋性のせいか、「日本にはもともと文字があったのだ」ということで、この文字を作ってしまいました。
 でも、そんな文字をあとから作っても、仕方ないじゃないか、と思うところではありますが、でもでも、私はいろんな人から、「日本にも、本当はもともと文字があったのね」というようなことを言われて、その文字をいく種類が見たことがありますよ。
 そういえば、その中では、三角寛が典型的な感じがします。この方に

  サンカ社会の研究

という本がありまして(ほかにもサンカのことはいくつも書いていますが)、その中に、この日本独特の文字があったことがひっそり書かれています。この本は実に面白い本ですよ。ただし、今この本を手に入れるのは大変です。古書店で実に大変な値段がついています。

 もう次女の学校の運動会があったり、その他もたくさんあって大変です。金曜日午後必死にあるクライアントで仕事して、そのあと担当の女性と飲んで、それがけっこう莫大に飲んじゃって、それから事務所へ帰って、仕事とホームページ作りと、それからいろいろなものをスキャニングしたりするうちに、朝6時になって、自宅へ帰って、それからすぐ葉書を少し印刷して(インクが足りるかを調べた)、それから風呂入って、必死に次女の学校へ行きまして、運動会見学をしました。
 それで午後2時半頃自宅帰って、2時間仮眠して、それから、またある飲み屋に行きました。これは飲むことが目的ではなく、重要な用がありました。でも結局飲むよね。
 それで夜11時頃帰宅して、また仮眠して、2時頃起きて、いよいよ葉書を本格的に印刷(全部で640数枚なんです)しました。それが5時に終って、また2時間仮眠して、今度は長女の運動会だというときに、「雨で中止」というメールがありまして、それで、大事なことを書く必要があるのを思いだしまして、必死に書きます。これは、この日、文教大学父母会千葉支部の会合で提示しなければならない文章なのです。
 それを書いて、午後1時に、「千葉みなと駅」の「ポートプラザ」へ行きまして、会合とこの支部の研修会への会員向けの告知の文書の封入作業をします。
 それで午後3時半頃終りまして、帰宅しましたが、思えば母のところへ行かないとなりません。母の面倒をある時間みないとならないのです。
 そして自宅で、ビール飲みながら「新撰組」を見ました。
 それからまた、今に至っています。
 ごめんなさいね、どうでもいいことを書きましたが、私の備忘録にもなるかなと思いました。
 それから、Mさんに、大変に感謝いたします。こうしてメールいただいて、返事できることがとても嬉しいのです。
 子どもたちが、運動会で懸命にやっている姿を見て、なんだか泣き出したくなるような感激を感じました。今の子どもたちはいいですね。そして、次女もいい職場を選べたな、という思いでいっぱいです。萩原周二
(第219号 2004.10.25)