将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:メールアドレス

14061005
 今日は土曜日なのですね。それで今日もいっぱいのことをやります。

2014/06/28 04:02昨日夜はばあばが会社の用で(宴会があったようです)私は「独りで食事するのかなあ」なんて思っていたのですが、おはぎに食事をするように言われて、私は知らなかったので、少し驚きました。
 それで孫三人とおはぎとミツ君と私の食事でものすごく嬉しかったです。それが終わったあと、ミツ君が車で送ってくれて、それにポポが一緒に助手席に乗ってくれて、もう私はものすごく嬉しかったのでした。14061006
 それで20時すぎに帰宅して、私はやっぱりビールを飲み、それを飲み終わった頃ばあばが帰ってきました(もちろん私はミツ君にお礼の電話はしていました)。
 もう私は助手席に乗ったポポがものすごく可愛かったです。
2014/06/28 04:22ああ、そうだ。一昨日の夜8時頃高校時代の友人に電話をもらいました。それに返事しなくちゃあな。彼に今日ケータイメールアドレスかメールアドレスを聞きます。そうすれば、いつでも私の思いを伝えられます。私はやはり「話し言葉」ではなく、「書き言葉」が必要なのです。「書き言葉」ならいつでも、連絡できるのです。でも「書き言葉」でも時間は8時半を過ぎてからケータイメールします。私はメールもケータイメールも24時間大丈夫ですが、人によってはケータイメールでは時間を考えないとならないのです。いや私はえらく怒られたことがあるのです。14061007
2014/06/28 04:56今フジテレビで「鉄人28号」を少し見ています(少しの時間しか見られない)。でも昔の鉄人28号とは違うのですね。いや私が思うには、雑誌「少年」での「鉄人28号」もテレビの「鉄人28号」も今見た鉄人28号も3つとも全然違うものですね。戦後のどさくさの中での雑誌「少年」の「鉄人28号」は戦争(太平洋戦争)のことがものすごく全体にあふれていたものです。正太郎君や署長さんとは違って別な主人公だと思える(私は思ってしまっていた)人物もいて、それがものすごく興味深かったものでした。
14061008
 この人物は村雨健次です。この村雨健次の村雨一家のボスは村雨竜作で健次の兄なのです。彼は特攻隊の生き残りでした。
 思い出せばいくらでも思い出せます。「鉄腕アトム」とは大きく違った作品だったと思います。どうしてもアトムよりは人気が上だったと思いますね。

13022715 忘れていました。

なんとかご連絡を差し上げたいのですが、どうすればよろしいでしょうか。ご教示いただけますと幸いです。

とあるのですが、私はここのブログ上には電話番号も書けないし、メールアドレスも書けないですね。私はけっこうこのことで、大変な目に会っているのです。
 私の昔のメールアドレスには、実に2年11ケ月に渡って莫大な数のスパムメールが入ってきました。全世界のプロシキサーバーを使ってです。その一軒にはメールしましたが(スウェーデンのプロシキサバー宛にでした)、何も返事もありません。ただし、それは10年くらい昔です。
 今は、インターネットメールにではなく、私の使うケータイメールに入ってきまして、私はケータイも替えて、もう電話番号も誰にも教えません。
 ただ自宅にはときどき無言電話がかかってきます。1ケ月に1度くらいですが。もちろん、電話にその相手の番号が記録されるはずなのですが、これはできません。一度折り返しかけたら、それは港区赤坂の電話番号だったのですが、韓国語で話すばかりで、どうにもなりません。
 だからお手紙を出します。私は手紙もけっこう書いているのですね。ただ田口さんの住所を調べるのに時間がかかります(昔の年賀状で調べます)。それでそのうちに出しますね。

12102509  2012年10月25日のポメラ

ここのサイドバーの一番下の辺りの「周へのメールはこちらへ」しかないので、困っている人がいるでしょうね。そうした人のために、次のUPで、その訳等を書きます。

と書いていながら、まだ書いていないです。
 いややることがたくさんあってやりきれないのです。もう簡単に書きます。随分昔には、私の前使っていたアドレスにひどいスパムメールが入ってきて、それがすべて海外のプロシキサーバーを使っていて、一回に付3、4回ものすごい量が入ります。それがすべて海外のプロシキで、私はそのすべてに不良サーバーということで、告発し続けました。それでもやってきます。一日に4度くらいありました。すなわち一日に12から16通くらいのスパムメールが入るのです。これは実に不毛な闘いでした。これは10年くらい前のことです。
 私はネット上には一切書きませんで孤独な戦いでした。一度スウェーデンのプロシキサーバーに「お宅のサーバーからひどいメールが来ているから止めさせてくれ」という英文のメールを出しましたが、何も返事はなかったです。
12102510 これは「もう丸三年になるなあ」というところで、2年11カ月で終わりました。

 でも今になって今度はケータイのメールにスパムが入ってきました。私が年賀状一部の人にアドレスを手で書いてしまったのがいけないのかもしれません。これもすべてケータイでそのメールアドレスを禁止にしてもまた別なアドレスで来ます。電話もかかってきますが、知らない電話番号はすべて「受信しない」設定をします。それが100を越えました。もうアドレスも変えています。これは一年くらい前です。

 だから私はこの将門Webにもアドレスは記さないのです。不特定多数の方には教えません。yahooのアドレスは教えています。今もスパムが大量に入って私も目も触れないまま廃棄されています。ここには一年に2回ほど必要なメールが入ってきます。その相手には、私のアドレスを教えています。
 私のIS01のアドレスは誰にも教えていません。
12102511 しかし大変な苦労ですね。

 これは今から約一時間前に書いてUPするのが今になりました。いえ、忘れて別のことを必死にやっていたのです。

 私は以下にも書きました。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/52009908.html
  私のメールもケータイメールもアドレスを替えました

12050203 私は確か10年くらい前にも私のメールアドレスに、連日理解不能なメールが入ってきていました。1日に4度くらい、その1度につき4回ほどのメールがあります。そしてすべて、海外のプロシキサーバーを使っています。あまりにひどいので、私はなれない英文で文章を書き、そのうちのスウェーデンのサーバーに、こんなに迷惑をしている、止めさしてほしいというメールを送りました。
 でも何の返事もありません。それでここのサイドバーにもある

 http://www.iphiroba.jp/index.php
    IPひろば

ともう一つに、「迷惑メールアドレス」と登録し始めました。
 それでも、そのプロシキサーバーを替えて、実に2年11カ月を越えて、「もう丸3年になるな」という頃、突如終わりました。たぶんもう使えるサーバーがなくなったのでしょう。

 でも今度は、私のケータイメールになのです。何度か電話もかかって来ました。でも2度ばかりその相手の会社に電話してみましたが、海外の言葉を使うだけで(英語ではありません)、どうにもならないのです。ひどいケータイメールは登録するだけで、すぐに200通を超えました。もうこれ以上は登録できません。
 それで私はケータイメールアドレスを替えました。そしてGメールアドレスも替えました。それで、ひどいメール攻勢は終わった(というかもう届かない)のですが、今度は私が困りました。必要なメールも一切来ないわけです。
 それで今困り果てているのです。どうか、私に直接電話をくれるか、手紙をください。私から、返事いたします。

12042011 それはその必要があったのですが、でも今はもうGメールは元に戻したいのですが、どうやったらいいのか分からなくなっています。私はどんどんと馬鹿で阿呆になっているのです。だからここのサイドバーにあるメールは(現在画像が見られません)、そのうち復活させます。
 ブログを開設されていたり、メルマガを出されている方には、その掲示板やメルマガのメールアドレスに書きましたが、そのほかにはお手紙を書くことにします(私が住所が分かる方にのみです)。
 それ以外の方々は、どうかここを読んで分かってください。お願いします。

12041907 実は私のメールアドレスをケータイのを替えたときに(あまりにひどいスパムメールがケータイにも入ってきました)、メールアドレスも替えてしまい、それがもとに戻らないのです(私がかなり駄目になってしまったのです。もう年寄りです)。それでインターネットで「破茶 独楽吟」で検索して、見つけてしばらくUPします。そのうち回復できるとは思っていますが。

11110511 私の「iモード」のメールアドレスです。

   ○○○@docomo.ne.jp(もう今は使っていません2011.11.04)

これは実に便利ですね。感心しました。そして最初メールを受けとったときには感動しました。(99/08/20 17:42:33)

  私が外で飲むことといったら、

 1.仕事先(クライアント等)で相手と飲む
 2.私の事務所に来たクライアント、友人と飲む
 3.友人と会って結局飲む
 4.なにかの会合・イベントのあと飲む
 5.独りで馴染の飲み屋に行き飲む
 6.何か飲む目的の集まりを作って飲む
 7.神田会・浦和会等々で飲む

というようなことになりましょうか。それで1から5までは、いわば偶然というか必然というか飲んでしまえるわけですが、6と7は目的意識をもって積極的に機会をつくろうとしているわけです。ところがこの6と7ではかなり連絡する苦労があります。
11102201 なんとか飲むために友人なりと集まろうとすると、あらかじめ幹事的な人が打ち合わせて関係者に連絡しないとなりません。これは人数が多くても、少なくても、あるいは、時間に余裕があってもなくても同じ行為をしなければなりません。私はその幹事的役割をすることが多く、これがまたかなり大変なことなのです。大変というのは、みなへの連絡のことなのです。
  連絡というのは、以下の手段を使います。

  1.電話(自宅あるいは勤務先へ)
  2.葉書(時には往復葉書を使う)
  3.友人に伝言を頼む
  4.FAX
  5.電子メール

 この手段のなんと不便なことでしょうか。メールが一番確実なのですが、まだまだ使えない人のほうが多いのです。FAXは便利なのですが、まず職場しかなく(いや自宅にあっても電話との兼用が多く、一旦電話して切り替えてもらうなどという方式がまだまだ多い)、そして若い後輩だと職場に飲み会の私的な集まりのメールはまずいという人がいます(私たちの年代はもう各会社で何をやってもいいようだ)。葉書は返事が何割かはきません。だから結局電話に頼ることになります。しかし、この電話連絡ほど面倒な手段はありません。まず相手をつかまえるのがまず難しいのです。折り返し電話してくれと言っても、そのときには私がいないかもしれません。自宅への電話でも、私のことをよく知っている奥さんになら、もう内容を話してしまいますが、そうでないとなかなか連絡つきません。独身の後輩等では、せめて留守録でもあればいいのですが、そうでないと、もう気長に繰返し電話するしかありません。

 だから早くみんながメールアドレスを持ってくれるようになればいいなと思っています。
 私は私のクライアントや友人等の酒飲みには、このことをしつこく言い続けています。これからの時代は酒を飲み続けようと思うなら、インターネットやらないと、もう飲み会に参加できないよ、と。

11040103 ひさしぶりに古い友人と会うことができました。私と東大闘争での安田講堂の屋上で同じく火炎瓶をなげ、同じく逮捕起訴され、保釈になったら、また別な事件で同様に逮捕起訴された友人です。その後彼も私もたくさんの職業について、いろいろなことがあって、今になったものなのです。
 それでひさしぶりだったから、ひたすら痛飲したのですが(結局さまざまに知っている店をたずねたものです)、次の日に電話をしてきて、「メールを出したいのだけれど」というのです。実は前日に、彼から会社のメールアドレスは聞きましたから、そのときすぐに出していました。だが、この日は彼は休みだというので、自宅にいたのです。会社のメールだって、当然自宅でもとれるのは当たり前なのですが、当然パソコン音痴のおじさんですから無理な話です。
 それで自宅のメールアドレスを息子がとってくれているというのですが、それを電話で私に伝えることができません。かくして、私は検索エンジンで、私のサイトを検索してそこからメーラーを立ち上げるように教えました(といいましても、これがもう時間のかかったこと)。そばに偶然中学生の娘さんがいたからできたらしいのですが、私はすぐさま返事を書きました。5通も出しました。いろいろと「こうしたほうがいいよ」と指摘したのです。
 でも約1時間たって、「メール届いた?」と電話が来ました。それからがまた大変です。私のメールを見ることがなかなかできないのです。娘さんが外出してしまったといいます。それでまた時間がかかりましたが、どうやら私のメールを探し出せたようでした。
 翌日また会社から電話がありました。どうやら会社からもメールが私に届きます。よかった。
 さて、でもこれからなんですね。彼もまた自分一人で仕事を仕切らないとならなくなるようなのです。今までのように会社で、女子社員を使ってパソコンを打ってもらうというわけにはいかないようです。
 もう少しみっちり教えないとならないようです。メールが使えれば、彼の仕事はかなりなことができるはずなんです。一度自宅へ行きまして、時間かけて教えようかな。思えば、彼の奥さんもお母さんも私のことはよく知っているから(子どもさんも私のことは知っているが、小さいときだったから顔は忘れているだろうな)、たくさんのお話ができるはずです。
 それにしても先週は、「おじさんたちは、ちゃんとパソコンを使っていないのだな」ということを嫌というほど確認した週でした。 (2003.04.14)

2016122610
10112703 たしか4、5年前に、やっとパソコンでメールアドレスを取得したようで、教えてきた高校時代の友だちの女の子がいて、「でも私にはメールは送らないで」ということでした。私は電話で「ハイっ!」と答えました。どうも私はパソコンを昔から使っているから、私に教えると、メールがたくさん来ると思い込むようです。でも私に失礼な話ですよね。私は希望もしない人にメールを送ることは皆無です。
 それでこの女性には、一度も送っていません。それどころか私はメールアドレスも忘れ去りました。クラス会の連絡は相変わらず、手紙と返信用ハガキでしょうね。
 でも自分がどんなに失礼なことを、相手に言っているのか少しも分からないようです。 こんなたぐいの人が幾人もいますよ。どんな失礼なことを、相手にいい、そしてその友を失っているのか、身に染みてほしいものです。
 でもそれに気がつかないのだから、人生を失格の人としか思えないです。
 パソコンとかインターネットとかメールとか、いわば初めてのことだから、こういう人がいるのでしょうね。でも普通のごく当たり前のことなのです。それが分からないで、どこにでもいてしまうゴロツキと同じことをしてしまっているのですよ。

10091816 朝ゴミの整理をします。いやゴミ・資源にはいくつもやることがあるものです。

2010/09/26 07:39今ゴミを出しに1Fに行きました(ここは1Fにゴミ・資源等々の部屋があります)。もうあの暑さは感じられないですね。むしろ寒く感じるくらいです。ただ天気はいいですね。気持ちがいいです。
2010/09/26 13:02もうこの時間になりました。早いなあ。私の埼大の同窓生から先ほどメールがありました。懐かしいですね。でも返事を書こう。あれだけ長いメールを書くのなら、ブログをやられたほうがいいよ。彼は私よりも一歳年上だから、ブログをやるように返信をしましょう。でも私のメールアドレスがよく分かったなあ。
 でももう昼をすぎたのだなあ。また孫に会いたい思いです。そしてそのときの感じを次女ブルータスに手紙を書きましょう。
2010/09/26 13:16妻が買物に行っています。

 私にメールをくれたのは、私のブログの新しいメールフォームからでした。こうして新しくして良かったです。

a41a97c1.jpg 先ほど、10時27分に、shimizu seiichiさんのコメントに書いてありましたアドレスにメールしましたが届きません。困ってしまいました。
 こうなると、もうお手上げなんですね。私は住所も、新電話も、新ケータイ番号も、新ケータイメールアドレスも、新スカイプ名もそれへのメールアドレスに書いたのですが、これだともう困り果てています。
続きを読む

6aad9d68.jpg 昨日の朝からメールを送ろうとする相手が に書いた方はさきほど私にメールをくれました。それで私は用件をメールしました。
 それから、次に書いた方ですが、これは彼女からケータイメールをしてくれました。それで私のドジなことが判りました。私は相手のアドレスの中の一文字を、aではなくeにしていたのです。これでは着くわけがありませんね。
 でもこれで連絡ができて嬉しいです。
続きを読む

8ec3674e.jpg ちょっと大事な用があるので、でもその人のメールアドレスにしても、駄目で、職場に電話しても、もう退職しているということで、困り果てました。仕方ないので、その方のホームページの掲示板に書込みましたがきずいてくれたかなあ。
 いや、最初は、その方のブログにあったプロフィールのアドレスにもメールしましたが、まったく返信がないのです。なんとなく、不便な世の中だよなあ、という感じですね。
 実は、昨日ケータイメールアドレスを教えてくれた方にも、少し前にメールしましたが、「送信先メールアドレスが見つからない」ともどってきました。つまり教えてくれたアドレスが違うのです。これは、少し前に届いたインターネットメールアドレスにその旨をメールしました。
 なんとなく、どうにも面倒なことになってしまっていますね。
 まずは、手紙が送れればいいのですが、住所を知らない方だとお手上げです。
続きを読む

83e686d1.jpg

「メーラーをShuriken」目森一喜さんから、以下のコメントがありました。

3. Posted by 目森一喜    2009年02月11日 06:30
 Gmailなら、デスクトップのメールソフトで受信できますね。私はそうしています。IMAPという機能の設定でできます。
 Gmailのリルタリングなどの機能が使える上、デスクトップのメールソフトで操作ができるので、便利ですよ。

 もう私はGメールですべてやっています。ただし、shomonというメールアドレスを使いたかったのですが、もうすでに誰かが使っていました。この「誰かが」というのは、多分私じゃないかな。でも私自身が使えないのです。
 ケータイメールアドレスも私は同じことをやっています。
 自分で、自分を困らせているのですね。

続きを読む

↑このページのトップヘ