将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:リー&笑美の只見日記

12030817 私の「リー&笑美の只見日記」のホッケの飯鮓(すし)に、笑美さんが、コメントをくれたのでしたが、その2です。

 私は次のように書いてしまっていました。

 好きになれないのは、名古屋と鹿児島かなあ。横浜はまったくダサい感じでいやでした。

 こう私は書いたものですが、私はもうみな好きになりました。
 名古屋は、南区・千種区・北区と引っ越して、小学校も3つ転校しましたが、そして大変に暑い街・都市ですが、今では懐かしく思い出すばかりです。友だちのことも懐かしく思い出します。
 私はこの北区で小学5年のときに伊勢湾台風にあっています。いや思い出せば、札幌では洞爺丸台風に、小学4年のときは(そのときは千種区でした)は狩野川台風に遭っていたのでした。この名古屋での友人たちも何人も思い出します。
 鹿児島は、中学3年間と、高校一年の一学期は下宿していました。父が横浜に転勤になったけれど、もう転校なんて簡単にはいかないのでしたね。
 横浜は転校した高校が最初が横浜の中華街とか馬車道とかの近くに校舎があったものでした。でも授業はものすごく退屈で、私は授業中に莫大に本を読んだものでした。最初が「司馬遷『史記』」でした。そのあとは、もう文学ではなく、莫大に全集ものを読んだものです。先生方は、私が本を読んでいても何も言わなかったものでした。
 そんな思い出の中で、今ではどの地方も好きですよ。
 ただただ、懐かしく思い出すことがたくさんあるのです。

12030810 私の「リー&笑美の只見日記」のホッケの飯鮓(すし)に、笑美さんが、次のコメントをくれました。

1. Posted by 笑美   2012年03月07日 10:28
周さん、いつもコメントが遅くてすみません。優しいなんて書いていただいて、もったいないです。
そういえば、東京では通りすがりの人は、たくさんいるから、全部景色の一部でしたが、只見ではすれ違う人も少ないので、会う人にみんな挨拶するんですよ。
これは田舎の良さですね、きっと。リーも只見に来て近所のおばあちゃんたちに可愛がられ、本当に良かったと思っています。田舎暮らしは厳しい面もあるけど、みんなが大事にしてくれて、人の優しさを感じ、助け合える、いい面も沢山ありますね。夏の水害の時もそれを実感しました。
引っ越してきた当時、私も「よく只見に来てけやった」とみんなが暖かく迎えてくれたのを思い出します。

 これは私はよく理解できるんですよ。私が暮らしたところでは、沖縄(の都会ではないところですが)がそうでした。いや那覇市やコザ市の沖縄の人もそうなのですがね。私はだから、沖縄が大好きなのです。
 そういえば、私は札幌にも同じ雰囲気を感じています。札幌というのは、いわば実に都会で(私が住んでいた昭和29年30年31年もそうでした)、私なんか、当然嫌いなはずのところなのですが、でもでも私は今も好きな街であり、好きな都市なのです。
 そうねえ、好きになれないのは、名古屋と鹿児島かなあ。横浜はまったくダサい感じでいやでした。
 今自分が住んだ都市、住んだ街を指で折りまして、数えてみたのですが、15くらいで分からなくなるのです。20は行かないと思うのですね。
 いやなんだか情けないです。考えてみれば、私は今は東京の北区王子に住んでいるんだなあ。想像もできないことでした。
 思えば、30歳を過ぎてからも、いくつもあちこち住んだものでしたね。

12030312リー&笑美の只見日記」のこのUPを読みまして、私の心がものすごく温かい気持になりました。

昨日の夕方、近所のおばあちゃんが雪道をテクテク歩いていたので「乗ってけやれ〜」と声をかけ、車に乗せて送ってあげました。
家に送り届けると、この時は一人で雪道を歩くのが、とっても心細く不安だったようで、こっちが申し訳なるくらい感謝してくれて、何度も何度もお礼を言ってくれました。
私はたったの3分廻り道しただけなのに・・・

そしてその後持ってきてくれたのがこのホッケの飯鮓です。

 そのあとには、以下のようです。

早速その夕食に焼いて食べたら、めちゃくちゃ美味しかった。
ふわふわしてほんのり甘い。

 実は全文を写したい気持なのですが、そういうわけにもいかず、こうしていくつかの部分をコピーしているだけです。
 でもこれだけでも、雪道を一人であるく、このおばちゃんの心細さと笑美さんの優しい気持が伝わってきます。
 実は、これを読んですぐにトラックバックしたかったのですが、読んだ昨日は、私の長女のところの孫のところへ行き(しかも長男が風邪で、私が行っていますじゅにに移るよいけないということで、私が行くのは止められていたのですが、昨日は治ったということで、会いにいけたのです)、それで書くのが今になりました。
 読んだだけなのに、こんなに気持を暖かくさせていただきありがとうございました。

12021114「リー&笑美の只見日記」の画像にも書いたのですが、さらに書かせていただきます。
 私のブログで、けっこうこの笑美さんのブログに載せてあります福島県只見の「只見ふるさとの雪まつり」の画像を使わせてもらっています。
 もう拝見しますと、私が子どもときに、秋田のかまくら(まだ私は幼稚園でしでしたから、兄やその友人たちが作るのを見ていただけでした)や札幌の雪祭りも思い出しますが、それは昭和28年、29年、30年のことで、私の記憶には鮮明にありますが、でもこの只見の雪まつりの迫力には到底かないません。ぜひ本物を見たいという気持になります。
 たぶん、今日のブログにも、この「只見ふるさとの雪まつり」の画像が見られるのだろうと思っています。私の亡くなりました義母にも、私の心の中で伝えますが、義母は山口県の生まれで、こういう風景は説明してもよく分からないだろうな。やはり、雪国で育った者だけが、その迫力・魅力を分かるのだろうと(私なんか、本当には理解できていないかも)思っています。
 本当にありがとう。そして、私のこのブログでは、笑美さんのブログの写真を掲載させていただきます。

12021104  このごろの私のブログのUPは、ここのUPも含めて、以下のUPはみな、リー&笑美の只見日記の画像を遣わさせてもらっています。

吉本隆明全著作(単行本)「わが転向」(1994.03.25)へ文化芸術 DVDさんからのコメンント へのさらにコメント
周の『独楽吟のススメ』の657
小島均さんの奥さまからのハガキが着いておりました

 前にも、こうして私のサイトでは、の笑美さんのデジカメの画像を使わせてもらっています。こうして、素敵な画像ですね。

遠藤周作『札の辻』
ブルータスへの誕生日祝いを用意しました
発天ロールを手にしています
じゅにとブルータスに会いたい

 前にも使っているのです。ただ今では、もう笑美さんのサイトの画像だということは断っておりません。今後も使っていくことだろうと思っています。

 笑美さん、いつもありがとうございます。私は雪国は秋田市と札幌市に住んだのです。札幌市では、そのころも「雪祭り」をやっていました。昭和29年と30年です。
 それが実に華やかで、こども心に感動していたものでした。その後住みました名古屋市(南区、千種区、北区と三ヶ所住みました)、鹿児島市、横浜市は、もう冬は何にもなかったものでした。みんな冬の寒さには、外で何か作るなんていう元気は想像できなかったのじゃないかなあ。札幌という町の「ハイカラさ」みたいなものは、好きになれませんが、この「雪祭り」での元気さ(いやほかのことでも元気なことは感じていました)は、楽しいものでした。だから、この「只見ふるさとの雪まつり」の笑美さんの画像には、ものすごく感動しています。
 これからも笑美さんのサイトを拝見してまいります。

12011006 リー&笑美の只見日記に、このUPがありました。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 これを読みまして嬉しいです。年賀状もありがとう。私たちは、毎年家族の写真を入れていたのですが、今年から止めました。いや、どうしても正月でも医院にいる孫のじゅにを思うと、ただの梅の花だけの年賀状になってしまったのです。それと私は何も書かないでごめんなさい。私は自分の字の汚さに、書くわけには行かないのです。私はハガキで出す場合にも、パソコンで書いてプリントしているのです。
 でも今年は、なんとか早いうちに、私の孫じゅにが退院できたということを私のブログで書けることと思っています。
「只見に帰ってきて、熱を出してダウンして」なんて驚いてしまいます。でもきっと今は大丈夫ですよね。
12011010 私は今年になっても、何度も孫のじゅにと娘のブルータスのところへ行っています。でも娘はいつもあきれているだろうな。昨日も(一昨日かなあ)、眠ってしまっているのを注意されましたものです。
 でもね、私の長女おはぎのこども三人が行きまして(実は両親と祖父母までしか直接は会えないです)、ドアのガラス越しに、じゅにに会ってくれて、私はものすごく嬉しかったのです。
 同じ一歳のポポもいっぱい声をかけてくれて、こんなに嬉しいことはありません。
 でも私は、じゅにのベッドのそばで全然違うことを考えているのですね。しょうがないじいじです。

 でも昨日じゅにのところへ行く京浜東北線で、田端で女性から席をゆづられました。もう三度目です。なんとなく、驚いてしまうのです。「私って、そんなじいじかなあ?」
 今日もじゅにとブルータスに会いに行きます。京葉線の中で、またいっぱいIS01で書いて行きます。じゅにのそばではポメラで書きます(院の中では、携帯は使ってはいけないのです。ポメラは一切携帯機能がありません。でも変換はいらいらするほどだめなんだよな)。でもつくづく読むより、書くのは大変ですね。読書量はかなり落ちたものです。

 私こそ、今年もよろしくお願いいたします。

6632c8bc.jpg

 私の12月27日の、『もう「14周年」か、もうそんなに時間が経つのですね』に、「リー&笑美の只見日記」のご当人の笑美さんが、以下のコメントをくれました。ありがとう。

1. Posted by 笑美   2011年12月27日 13:07
周さんありがとうございます。
ホントに早いものです。結婚式の時には年末の忙しいときに、出席していただいてありがとうございました。
福島に引っ越したこともあり、出席してくださった方々にほとんどお会いすることができなくて、皆どうしているかなと、ふと思い出します。
周さんをはじめ、皆さん優秀な方々なので、きっと活躍されているのでしょうね。
周さんには、今年も色々励ましていだたきました。ありがとうございました。
来年も周さんご一家がより一層しあわせでありますように。そしてはやくじゅにちゃん退院できますように。

 本当にありがとうございます。でもね、「周さんをはじめ、皆さん優秀な方々なので」というのは、笑美さんのまったくの誤解です。私の二人の娘や妻はそれが分かっていますよ。私はそれが孫たちには、伝わらないように、びくびくしていますよ。
 じゅには、来年一月末には退院できるのではないかと、期待しています。じゅにには毎日のように会いに行っているのですが、昨日は、妻が行きまして、今日はもう私もいけません。これから(朝9時に開店する店で、その前に並びます)自転車で8時20分に出発します。そして、二人の娘家族やいろいろ配るのです。
 来年こそ、絶対にいい年になる、いい年にするぞと決意しています。
 笑美さんとリーさんとそして彼のみなさんに、仕合せが来ることを念じています。
 でも笑美さんのブログはいつも拝見して、嬉しくなっていますよ。

 私の大好きな「リー&笑美の只見日記」に、この書込みがありました。

  14周年

今日、12月23日は笑美とパパの結婚記念日です。
早いもので、あれから14年たちました。

11122608 もう14年も経つのだ。少し驚いてしまいます。でももう私も四人の孫がいるんだものね。このときの結婚式はよく思い出しますよ。笑美さんがとっても綺麗で、私は感激していて、そしてとても嬉しかったです。
 そしていつも年賀状で拝見するリーさんも、とっても可愛い綺麗な女の子で感激です。
 私は今四番目のじゅにが、今も入院しています。今日も私は会いに行きます。
 笑美さん、もう「14周年」ですか、もうそんなに時間が経つのですね。
 笑美さんのご家族によいお年が訪れるように祈ります。

11072905リー&笑美の只見日記」の2011.07/28 「ディズニーシー」がありました。
 私はディズニーランドは行ったことがありますが、このディズニーシーには、行ったことがないのです。
 ちょうど2年前の「2009年5月30日のポメラ」に、ポコ汰とポニョとおはぎ夫婦と私たち夫婦でこのディズニーランドへ行きましたことが書いてあります。そこに、『「怖がって泣かないかな」というところは、ホーンテッドマンションというところです。そこでポコ汰は、アンパンマンのパンチをする気概を見せたようです。とっても愉しい日でした。孫がいると、ディズニーランドのことも好きになれるのですね』と書いていますが、このときはまだ2歳のポコ汰ですが、じいじやみんなのために、元気なポコ汰でした。
 今では、保育園から帰ってくるときに、近所の優しいおばちゃんに敬語で話しかけるような優しい男の子になってくれました。
 思えば、昔は私はディズニーランドって少しも好きではなかったのですが、今では孫と一緒に出かけるのは実に嬉しいです。いやもう私は外で荷物持ちで待っているだけでいいのです。今度は、さらに、ポポも連れて、じゅにとブルータスとナオキ君と一緒に総勢10人で行ってみます。
 最初はやっぱりディズニーランドかなあ。
  私はね、昔夏休みに鬼怒川へ行きまして、日光江戸村に入る直前に、私のポケベルが鳴り、そこの青色電話ボックスに入って自分の事務所にかけたら、あなたからの電話で、あなたの当時の会社へ電話したことがありましたよ。もちろん、日光にいるなんて、少しもいいませんでしたが。あれは長女が小六で次女が小五のときかなあ。
 自分の子どもも可愛いものなのですが、孫はもうただただ可愛いばかりです。それにね。もうポコ汰なんか、ときどき後を見て、私が歩くのが遅いことを、気にしてくれているのですよ。
 もうすぐ長女家族5人がここへ来てくれます。妻と私は明日はじゅにの医院へ行くので、そんな話をしてあげます。

 なんだか、とっても真面目で優しい女性事務員だった笑美さんが、こんなに可愛いリーちゃんとディズニーシーを歩かれているなんて、とっても素敵ないいことです。嬉しいことです。

リー&笑美の只見日記」に、2011.05.29の「春の運動会」がありました。
 これはいいですね。学校で掲げられていた「今年のスローガン」です。

がんばろう!自分のためチームのためふくしまのため、只見っ子の元気でもり上げよう

 そして次を読んで私も喜びました。

11053011「200m走」と「へーんしん」では一等賞を取りました。

 それで、この帽子の写真をここでも使いました(だめでしたら、はずして違う画像にします)。
 読んでいて、微笑んでしまったところがあります。

しかしパパとママは応援に力が入ってしまって、また今年も、ここぞというシーンからカメラのレンズを離してしまいました。
残念ながら、リーの徒競走は毎年ビデオに残っていないのでした。
「来年は小学校最後だから応援しなくていいから写真撮ってね」と残念そうにいうリーでした。
来年は三脚を買おう・・・

 本当です。「写真撮ってね」。三脚もそんなに高価じゃないですよ。いや使って駄目ならまた別のを購入すればいいのです。私のこの周辺(私のすぐそば、左右)にもいくつか三脚があります。いやよく把握していないのですね。私の義父が使っていたものなのですが、今のデジカメでも使えるのね。いや思えば、私の父も持っていたな。
 いや、たしか家族で福島へ観光で行ったときも、私は三脚を持っていたはずです。あ、思い出した。私は我孫子のマンションで、廊下やいろいろなところでその三脚も使っていました。練習していたのでした。その三脚を撮った画像も思い出しました。
 でも所詮私はとろいのです。そもそもこういうデジカメとかいろいろは、本来は苦手なはずなのですね。ああ、だからパソコンも本来は私には無理なものなのですが、でもでも「無理なもの」なんて言っても、無理やりやるのですね。
 つい先日、ブルータスが、「パパは漢字も書けないし・・・・・・」と言っていました。実はこの「・・・・・・」には、「それだけじゃなく、ひらがなも書けないし」があるのです。それなのに私は無理やりこのブログで漢詩もいくつも紹介しているのですね。
 まあ、私にはとにかくどこの飲み屋でも詩吟をやるのが向いているのです。記憶がなくなっているのに、そこでやっているのですね。迷惑だなあ。

 私の娘は、懸命に生きていますよ。長女おはぎは3人の子どもを抱えて小学校でもがんばっています。次女ブルータスは、今じゅにのことで大変なときですが、この子も懸命に生きています。じいじの私がいつもこの二人に注意されています。

 私の大好きな「リー&笑美の只見日記」に、このUPがあります。

   http://reeemi.blog25.fc2.com/blog-entry-77.html
                 スギ花粉との戦い

我が家でも2週間前からスギ花粉との戦いが始まりました。
リーは小さいころからアレルギーがあり、特にスギ花粉のこの時期は毎年鼻づまりがすごかったのですが、今年は目もかゆくなり真っ赤になってしまい、鼻呼吸ができないので、のども赤くなり痛みがすごく、毎日泣きながら寝る状態です。

11041104 もう毎年同じ時期に大変なことですね。私も花粉症ですから、毎年苦しんできました。でもこれはその症状にならない人には、まったく分からないのですね。
 私が親しくしていましたある木工所の方(大正15年生まれで、もう亡くなりました)が、やはり毎年苦しんでいる私を見て、最初は、「なんて軟弱な!」と思っていたようです。なにしろ、「たかが花粉じゃないか」と思いがちなんですね。でもその頃私は言っていました。「花粉症を馬鹿にしていると、侮ると、花粉症になりますよ」。実際にその方も花粉症になってしまいました。そしてそのときに、始めて大変な症状だと分かったようでした。
 その方も実に大変な症状になってしまったのでした。ですから、花粉症をなめてはいけないのです。

 私も薬を飲んでいます。そうすると少しは楽ですね。
 私も孫が4人です。この孫たちがかからないことを、心の底から願っています。

11020411 私の 周の好きなサイト の2へ、笑美さんから次のコメントを頂きました。彼女は、リー&笑美の只見日記 をおやりです。

1. Posted by 笑美   2011年02月05日 19:40
周さん、ありがとうございます。
まだよくわかってなくて、バナーの作り方がわかりませんでした。
作っていただいてとっても嬉しいです。
今日は職場の前の公園で雪像作りをしてきました。
明日も雪像作りです。できたらアップするので見てくださいね。
周さんのブログはとっても勉強になります。いつもありがとうございます。お礼遅くなりました。
m(_ _)m

 ありがとうございます。実はあのバナーの下の色は、雪片付け の一番上の雪の画像なのです。でもでも白い雪なのに、あんな色に見えるのですね。それでもし「こうしてほしい」とあれば、訂正しますし、もっと大きいバナー、小さいバナー、縦型のバナーなど必要なら作成しますよ。
 それでね、私は疑問があるのです。以下の画像の

  http://blog-imgs-47.fc2.com/r/e/e/reeemi/23010102.jpg
                  滝神社で初詣

後ろ姿は、あなただと思うのですが、

http://blog-imgs-47.fc2.com/r/e/e/reeemi/2011010715485688b.jpg
        スノーダンプで雪を押す雪国のばあちゃんは強いぞ~

のスコップをふるっているのは、あなたですか。それとも娘さんかな?
 私は今長女のところには3人の孫、次女には1人の孫がいます。さきほど9時まで長女のところでその孫たちと触れ合っていました。可愛いよ。
 今度は、次女の家に、長女家族5人と行きます。そうすると、全部で一族10人で集まるのです。そこでじいじは、みんなからどうされるかなあ。
 でもそのときがものすごく楽しみです。

   現在、ここのサイドバーで、「周の好きなサイト」で紹介しているのは以下です。

 (サイト名のアイウエオ順)
雨やどり
imajouの独り言
大町ガン太
お留守居役様のたわごと
今日の岡本
長春有情
童話とマンガの部屋
リー&笑美の只見日記

 またあとで、ひとつ一つのサイトを紹介してまいります。
 どこも私がそのサイトのTOPページだろうと思うところにリンク致しました。もし、「こちらのページにしてほしい」ということなら、伝えてください。
11013007  それでバナーは、みな横200×縦40で、「長春有情」以外は、すべてそのサイトにある写真等々を使いました。「長春有情」は、写真等がないために、私が勝手にあるデザインの図形を使いました。
 それと、「長春有情」はとくにTOPページというのがないために、私のサイドバーのバナーのリンク先も、そのつど変化させて行きます。今は、ちょうど「北一輝」のところにしました。
「リー&笑美の只見日記」はもう随分前からリンクしていたのですが、今日バナーを替えました。
 このバナーは、彼女のサイトで、「2011.01.07」の「雪片付け」の最初の雪の写真を下の「横200×縦40」に使っています。真っ白な雪の写真なのですが、バナーにすると、真っ白には見えないですね。

↑このページのトップヘ