2017062628121230042017062627  これを読んだのは12月5日で、それへの私の思いを今になって書いています。

書 名 北原怜子 ”社会の吹き溜まり”に咲いた一輪の花
10人の聖なる人々 THE TEN SAUNTS
著 者 三浦暁子
発行所 学習研究社
発行日 2000年4月4日第1刷発行
読了日 2012年12月5日

最初に以下のようにあります。

・・・。これから書こうとするのは、昔話ではなく、おとぎ話でもない。太平洋戦争が終わったばかりのころの日本で起こった実話なのだ。

私は椎名麟三『「蟻の町のマリア」を見て』で、次のように書きました。

私はこの映画を小学校4年生で見たのです。名古屋の今池の内山小学校で全員で見に行ったと思い出します。

そうなのです。でも今から50数年昔なのに、いくつもこの映画のシーンが甦るのです。ただ今になってこうして本を読むことによりいくつものことを知りました。私がいつも私の孫のじゅにへ会いに行っていたときに、京葉線の中で「ここら先が『蟻の町』かな?」なんて思っていたのはみんな間違いで、

舞台となるのは、東京は浅草の隅田川のほとり、言問橋のたもとである。

ということなのです。もう何もかもが、いや昭和20年代も30年代も遠いのですね(ただし、北原怜子きたはらさとこは昭和33年に亡くなっています)。
彼女の生涯は1929年8月22日〜1958年1月23日でした。私はまた今も涙になってしまいます。神がもしいるとするならば、神はこうした人を早く自分の元につれて行きたいのでしょうか。どうしても不可解です。
この町に小沢求という人物が現れます。そして松居桃楼(とうい)という人物も現れます。いや私は私の書くものの中に彼らを書いておきたいのです。そしてそして、ここに北原怜子という山の手育ちのお嬢さんが現れるのです。もう今の私も涙ばかりになっています。いいなあ、良かったなという思いと、何故神は不条理なことをするのだという思いです。
どうにもこの文章は涙が出てばかりで、困ってしまいます。
12123005 また最後の以下の文章で同じになる私です。涙で困るばかりです。

レリーフにゆっくりと目を移してみた。すると、十字架を背負って歩むキリストの傍らに、ひっそりと、でも、くっきりと北原怜子がたたずんでいたのである。

続きを読む