将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:上野動物園

11102303 この一つ前のブログ(「周のIS01ブログ」)をUPした頃、ばあばが帰って来てくれました。じゅにはどうしても「ギャン泣き」だったようです。


  以上は昨日書いていたものです。 今はテレビで上野動物園を写していました。あの猿山はいつも見てきました。最初に上野動物園に入ったときに、「あれっ、小さいんだなあ」と思ったものです。たぶん昔名古屋の東山動物園に行ったことが、大きく私の記憶に残っていたからでしょう。
  最初にあの動物園に行ったときに、まだ小さなブルータス(まだ2歳だったかな)は、象園の前で、象を見ないで、できていた大きなみずたまりに写っていた空に歓声をあげていたものでした。

 「カーネーション」は戦前の恐慌の時代になっています。うまく展開していけばいいなあ。

814bc35f.jpg 上野動物園にありがとうございました。義母とは、私と妻、二人の娘、それに義弟とその義母族3人(まだ姪は生まれていませんでした)と、義父全部で9人で来たことがあるのです。ここに画像を出した案内図の中側にある園の案内図を見て、そのときのことを思い出していました。あのときは、パンダも見たものでした。私が甥と手をつないで歩いていたのをよく思い出します。
 思い出せば、動物園なんて私にはもともと少しも面白いとは思えないところでしたが、今は孫を連れて行ってみたいなあと真剣に思います。
 一番最初に家族4人でこの上野動物園に行ったときは、次女ブルータスはゾウの前で、ゾウを見ないで、そのそばで自分の目の下にある水たまりに映る深い空に歓声をあげていたものでした。そのことがものすごごく懐かしいです。そのとき私は、その次女の歓声に、昭和32年頃読んだ『ノンちゃん雲にのる』で、ノンちゃんが、こうした水たまりをみて、「あ、落ちちゃう、落ちちゃう」と叫んでいたことを思い出したものなのです。
 写真は10月18日にもらいました上野動物園の案内図です。スキャンしました。(10/20)

7a9c6791.jpg

「上野動物園」ナミちゃんが、以下のコメントをくれました。

1. Posted by なみんと    2008年05月23日 06:37
周さん〜おはようございま〜す(*^_^*)
動物園っておもいきっていってみるのもいいものですね。。ポコちゃんとポニュちゃんと一緒に行ける日はすぐそこまでやってきていますね。
微笑ましい姿を想像しています。上野動物園もこの数年随分充実してきた感じがあります。休憩空間も綺麗に整備され新緑の中でとても気持ちが良かった・・木陰があるので暑さ対策もなんとかできますね。。

 ありがとうございます。ポコ汰は、もういつも愉しい子ですよ。いつも、この私の部屋に来て、私の膝に乗って、パソコンを見て、自分でマウスをいじるのが好きなようです。それに私のところへ来ると、また冷房装置のリモコンも触るのが面白いようです。リビングの照明のリモコンは、散々いじって怒られていますから、もういじるのはあきらめている感じですが、じいじの部屋ならいいのでしょうね。
 でも本当に孫って不思儀です。動物園にも連れて行きたいと思っていますが、私はディズニーランドへも連れて行きたいと思っているのです。私はディスニーランドなんて少しも好きではありませんでした。でも孫のポコ汰は連れていきたいと強烈に思うのです。
 本当に、ポコ汰とポニョを連れて実際に行けるのはいつのことでしょうか。
 私はまたあの動物園の中でも、ビールを飲んでいるだろうなあ。
 あ、そうだ。私の二人の娘も連れていきましたが、王子からすぐ都電でいける「荒川遊園地」もいいところですよ。

続きを読む

062c8dcd.jpg ナミちゃんのブログ上野動物園 を読みました。ナミちゃんが撮ってくれましたアザラシくん、シロクマくん、ペンちゃん、カバくん、キリンさん、ゾウくんの写真を見ました。とってもいい写真です。
 この写真とナミちゃんが書いている内容で、私も早くポコ汰を連れて上野動物園に行きたくなりました。
 私の記憶では、名古屋の東山動物園に入ったのは小学生の4、5年生の頃で、その後は少しも行きたいと思う場所ではありませんでした。でも自分の子どもが生まれますと、当然に連れて行きたくなります。
 でも連れて行っても、まだ小さいブルータスは、像の前でも肝心の像を見るよりも、自分の目の下にあった水たまりに、自分の顔が写っていることに歓声をあげていたものでした(このことを前にも、私はどこかに書いているのですが、それがどこだか判りません)。そのことが実に懐かしいです。
 それから、私の義弟の子どものタクヤ君を連れて、この動物園に行ったことも懐かしいです。途中で、妻や義弟や娘たちとはぐれてしまい、タクヤ君は、私の手をずっと握って歩いていてくれたものでした。それがもう実にいい愉しい思い出です。
 ポコ汰と夏に生まれてくるポニュちゃんを連れて動物園へ行けるのはいつのことでしょうか。2年後でもまだ無理かなあ。
続きを読む

↑このページのトップヘ