将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:上野国立西洋美術館

48e6cc29.jpg

 私の「雨の上野・・ヴィルヘルム・ハンマースホイ展<静かなる詩情>」ナミちゃんが、次のコメントをくれていました。

1. Posted by なみんと    2008年11月18日 10:01
周さん〜おはようございま〜す。
今日は又良いお天気ですね。
とっても気持ちがよいなぁ〜。こんな日は周さんはポコちゃんと遊ぶのでしょうか。
上野・・良かったです。
じっくり見入ってしまいました。
こんな時間が自分を元気にしてくれます。
周さん!またネ・・d(^-^)ネ!

 いえ、ありがとう。実は私は遊ぶどころじゃなくて、けっこう大変なことがあったのです。それはまたナミちゃんに手紙を書きますね。
 でも、もうけっこう疲れていますから、私はただただ飲みたい思いなのですね。
 とにかく、ナミちゃんの美術館の紹介は、私にはとってもいいです。私では見にいけませんからね。美術展へ行きまして、そのあと図録をちゃんと手に入れて、飲み屋で飲みながら読んでいまして、当然その内容も聞かれますから、なんとか応えようとしているときに、私はその美術の内容が少しだけ判った思いになります。

 いつかポコ汰のこともこうした美術展に連れていけるのかなあ。たぶん、何年か経って、「じいじは絵のことなんか、何も判っていないんだね」とバレちゃうことでしょう。
 いえね、私はその日行く飲み屋で、図録を見せながら「私はきょうは、この美術展に行きました」ということをいいたいだけなのです。

続きを読む

e66d9d4f.jpg きょう12日、私は突如上野国立西洋美術館に行きました。私の大学の後輩のナミちゃんのブログで、ムンク展に行ったというUPがあったからです。でも思った通り、私にはムンクはさっぱり判りませんでした。ただ、ムンクのノルウェーで雪をかたづけている男たちの姿の絵はよく判りました。私の子どものときの札幌でよく見ていた姿だからなのです。
 写真は、その美術館の前にありましたクリスマスツリーです。(12/12)

↑このページのトップヘ