12102618「パソコン 病」というキーワードで、グーグル検索で一番目にありました。

舌に力が入っていたら要注意!? 増える“パソコン病”って?

 これは以下のようなことのようです。

「“パソコン病”はつまり“脳の疲労”なんですよ。最近は、体を痛めてではなく、この“脳の疲労”で来院する人が多くなっています」と同院長。さらに、パソコンだけでなく、意外な物も影響しているという。「流行の3D映像やテレビの影響も考えられます。若年化も進んでいて、小学生の来院者がいるほどです」とのこと。

 私の孫のポコ汰が、自分の顔向けてデジカメを撮っていたので(フラッシュがつきます)私はさんざん「ダメだ」と言い続けました。2年くらい前でしょうか。さすがに、もう今(もう随分前から)はやりません。でも言い続けること、しっかり怒ることが重要だと思ったものです。
 私はもう30年ほどパソコンを使い続けているわけですが、このような「脳の疲労」なんて感じたことはありません。思えば、昔の文庫本等々で細かい字を見続けるほうが「脳の疲労」にはなったのかもしれません。でも私は莫大に本は見続けましたが、何の障害も感じていません。12102701
 以下のようにありました。

ちなみに「“パソコン病”かもしれない」と心配になった人は下記のリストをチェックしてみて。多く当てはまってしまった人は、“パソコン病”の可能性アリ!?

□頭から湯気が出そう
□考えがまとまらない
□体がふらつく
□立っているのがつらい
□片目視になってしまう
□距離感がつかめない
□よくつまずく
□腰が重い
□みぞおちが苦しい
□なぜかイライラ
□奥歯に力を入れている
□肩・背中がバリバリ
□自覚なしで片耳だけで聞いている
□耳鳴りがする
□ぼんやりしてしまう
□膝痛・腰痛・手足のしびれ

 私はただの一つもありません。