11031609 宮城谷昌光の数々の小説を読んできました。これからも文庫本にされたものはすべて読んでいくつもりです。
 彼の中国古代の小説を読んでいると、いわゆる中国の一般的な古典上では出てこないような出来事が大量に書かれています。彼は実に甲骨文から読み出してきているのです。これはそれだけで驚いてしまうことですが、それだけではないことに気がついてきます。そのときに、以下の本にたどりつきました。

書 名 中国古代の民俗
著 者 白川静
発行所 講談社学術文庫
1980年5月10日初版発行

 私は中国の歴史も文学も好きですから、白川静という学者の名前はよく存じていましたが、こうして1冊の本を通して読んだのは始めてです。
 読んでみてなんと言ったらいいのでしょうか。ますます、わけが分からないよと、泣き言を言ってしまうしかない私になってしまいます。どうして、「万葉集と民俗学」「詩経と民俗学」という章が並んでいるんだろうと思ってしまうのです。折口信夫を論じ、すぐま中国古代の歌謡を論ずる方法には、私ではただ驚いてしまうしかないのです。
 だが、訳が分からない私としても、非常にいろいろなことが示唆された本であるわけです。現在私たちがインターネットという英語が主体の世界に接してしまわざるを得ないときに、日本の古代でも漢文というまったく違う言語に出会ってしまった私たちの祖先をとまどいを思います。それでも私たちの祖先たちは、その言語文字を使用して、日本の文化民俗を作り上げてきました。このことは、現在の私たちに、大いに考えさせることがあると思うのです。また、吉本隆明「共同幻想論」において、吉本さんが共同幻想を論ずるのに、「古事記」と「遠野物語」のみで論を展開するわけですが、これは中国あるいは東南アジアの古代民俗を研究することによっても可能ではないのかな、と大いに意を強くしたところなのです。でもとにかく、まだまだいろいろなことを学んでいかなければならないことを深く思います。(1997.09.14)