16041105
16041103
 私の横浜東高校では、私は普通の頭髪でした。でも私は子どもの時から頭は父・母がバリカンで刈っていてくれました。いつもそれで他の子どもたちから、頭のことを「はげ」とばかりからかわれていました。でも私は一切平気でした。
 鹿児島では、中学では普通の頭髪ですが、高校では五部刈にしなくてはいけないというので、それをしなくていい中央高校というのが人気がありました。でも私の当初入学した鶴丸高校は当然五部刈で、でも学校自体が長髪を認めようという機運がありました。
 ただ生徒総会の場で(ここには一切先生は介入しません。出てきません)、生徒が「五分刈り」を主張していた気がします(生徒自身が短い方を主張していたのだ)。
 ところが私は高校3年の春の修学旅行で突如頭を五部刈にしました。あるわけがあったのですが、そのまま埼玉大学に入っても同じでした。
 だから私は王子闘争でも三里塚闘争でもそのままでした。王子闘争の現場で住民市民から「あなたは高校生?」なんて言われたものです。16041104
 私が今と同じ頭になったのは、東大闘争の安田講堂で闘ったときからです。