将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:仲乗匠

aa14697b.jpg

 昨日の電車の中でこの本を読み終わりました。

書 名 ワレ皇居(きゅじょう)ヲ占拠セリ
    二・二六事件秘話「宮城 坂下門内の変」
著 者 仲乗匠
発行所 恒友出版
定 価 1,800円
発行日 1995年2月26日初版第1刷発行
読了日 2007年6月23日

 この2・26の決起が失敗に終わってしまったのは、「第十三章白紅」に書いてある内容です。襲撃目標であった木戸幸一を坂下門から、皇居に入れてしまったことにあります。このときには、中橋隊がこの門の警備についていたわけで、それを阻めたはずなのですが、間一髪で、木戸は皇居に入ります。

 参内した木戸は解体したにひとしい内閣を、湯浅宮内大臣の名で召集し、内大臣代理に一木枢密院議長をあて、内閣に代わって宮中に政治の核を作り、難を逃れた後藤文夫内相を首相臨時代理とすることで、決起将校や真崎ら皇道派高官の後継首班をめぐる政治的意図を粉砕したのである。
 その木戸を援護したのは、ほかならぬ天皇であった。終始鎮圧を求めた天皇だったが、混乱の極にあった政体を収拾したのは天皇ではなく、木戸の政治手腕といってよかった。
 中橋にとっては、木戸を坂下門で打ち洩らしたのは、だからこそ明暗を別ける大きな失態となった。完全に中橋は玉を擁することに失敗したのである。

 だが思えば、このことを明確に目標に掲げていたのかというと、なんだか曖昧なだけではなかったのかという思いになります。やはり計画自体そのものが中途半端だったという思いがあります。
 もうこの事件も、歴史の彼方へ流れていってしまいます。残念ですが、仕方ないことなのかもしれません。

   周の雑読備忘録「仲乗匠『ワレ皇居(きゅじょう)ヲ占拠セリ』」 へ

続きを読む

2016111802
2016111801

07061901「ワレ皇居(キュウジョウ)ヲ占拠セリ」―二・二六事件秘話「宮城坂下門内の変」

書 名 ワレ皇居(きゅじょう)ヲ占拠セリ
    二・二六事件秘話「宮城 坂下門内の変」
著 者 仲乗匠
発行所 恒友出版
定 価 1,800円
発行日 1995年2月26日初版第1刷発行

 まず最初に書かなくてはいけないのは、私に16日にある貴重な本を送ってくれた方に、そのお礼の手紙を書いたのですが、私が読んでいたこの本のタイトルを「ワレヲ皇居(きゅじょう)を占拠セヨ」と書いてしまいました。申し訳ないです。印刷したら、このお相手の住所が間違えていて、再び印刷するのに、ついでに書き加えたのですが、それが間違えてしまいました。ごめなさい。
 この本は16日に我孫子へ行った帰りに電車の中で読んできました。でも半分しか読めず、そのあとは本を開いている機会がありません。

 私は2・26事件では、決起した将校のうちで、中島莞爾が好きです。これは私の父もまったく同じでした。父は、中島莞爾に憧れて、昭和15年夏に出征するときに、母のお腹にできた私の兄に、「莞爾」という名前を付けたのです。
 後年、私の兄の名前に「莞爾」を、誰もが「石原莞爾から付けたのかなあ?」と言われると、母がつよく否定していたのを覚えています。父は石原莞爾なんか大嫌いですから、もうそんな問いは相手にしていませんでした。
 2・26の時に、決起した将校たちのすぐさまの鎮圧を主張していた石原莞爾など、父にも母にも許し難い人物だったはずです。
 だが、この中島莞爾が、佐賀県の出身で、いわば「佐賀閥」とでも言われるグループだったことは、この本で始めてしりました。私は九州というところも、どこも少しも好きではありませんでしたが、佐賀には親しみを覚えてきていました。思えば、母の胎内にいるときに、少しは感じることがあったのかもしれません。

 私が2・26で一番の不満は、「何故皇居に突っ込まなかったのか?」という点にあります。幕末の志士たちなら躊躇せず、皇居へ突入し、天皇を自分たちのいいなりにしていたはずです。
 私は勝手に夢想します。もしも、それがやりきれていれば、そののちの日中戦争は避けられていたのではないか。日中で戦争をしたかったのは、私にはむしろ中国側にあると思っています。そしてこの日中戦争の勃発が日米戦争につながります。蘆溝橋での一発の銃声が、やがては日米戦争に至る道でした。そしてその盧溝橋での最初の一発は、中国側、中国共産党によるものだと私は確信しています。蘆溝橋での一発の銃声を喜んだのは、中国共産党であり、スターリンであり、チャーチルです。これが、日米の戦争にいたり、ソ連と日本の戦争にはならないことを知っていたからです。(参考「尾崎秀実のことで」)

 いや、私が先走るのではなく、もう少しこの本をちゃんと読んでいこうと思っています。あと3分の1くらい読めば終わりなのです。

   周の雑読備忘録「仲乗匠『ワレ皇居(きゅじょう)ヲ占拠セリ』」の2 へ

↑このページのトップヘ