将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:個人的情報発信

12121905 昨日12月20日の17時50分からの下高井戸での忘年会に出席できまして、私はものすごく嬉しかったです。そのときにみなさまにお渡ししましたものが以下なのです。
 昨日の浦和会での私のチラシと内容はほぼ同じなのですが、違うものなのです。ですからこうしてUPします。まあ、紙の上よりは、これの方がリンク先へはすぐに跳んでいけますから、いいとは思いますが。

萩原周二よりの個人的情報発信 2012.12.20

1.私はAさんから連絡をいただき、こうして参加できること12121906になりました。みなさま、おひさしぶりです。
 私はいつもこうした宴会(と言っていいのかな)で、すぐに記憶を失いますので、こうしてA4のチラシに書いてきます。
 なお、これは今夜20日か21日に私のインターネット上のブログ

   http://shomon.livedoor.biz/  将門Web

にも、この文章をUPします。なおその際に、私以外の固有名詞他は、別な名称(何かまったく関係ない文字)にいたします。
 ただインターネット上のブログですと、ちゃんとリンクも有効ですから、はるかにいいですね。これは、私が日々書いています手紙でも実に感じていることです。
 ですから、あとでインターネット上でこの私の書いたものをご覧ください。はるかにちゃんとリンク先へ一瞬でいけることがいいことが実感できると思います。

2.私が毎日書いておりました『吉本隆明鈔集』は私が過去書いたものは終わりました。もちろん、これからも書いていくつもりですが、まずはひとくぎりしました。
12121907 私には吉本(吉本隆明)さんが亡くなられて、なんだかものすごく寂しいと同時に、もう俺も終わりにすべきかななんて思いましたが、それでは吉本隆明さんの言われていることと違うし、間違っている、もっと寂しくとも生きて行こうと思っています。
  吉本隆明さんが私のことを「律儀な人」と言われていまして、そんなこともないのだがなあ、と思いながらでも嬉しいです。その吉本隆明さんに言われたことを私も忘れないで、今後も生きて行きます。

3.この日本では、多分1万年(いや2万年かもしれません)くらい前から、私たちの祖先はこの日本語だろうと言われるもので話してきました。でも私たちと同じであろう書き言葉を使ってきたのは、たかだかまだ1,100年くらいしか経っていないのです。ちょうど紫式部や清少納言や更級日記の少女が私たちと同じ文字で書いているのです。
 誠に残念なことに、それらの女性陣より、はるかに時代のあとの悪左府頼長の日記は、漢文で書かれており、私にははるかに遅れていた(内容はまた別なのだが、いや内容もものすごく面白くない)ものに見えます。
 だから私はこの時代の何人もの女性たち(男性もいますが)の思いを今も受け継いで書いていくつもりです。X12121901

4.私はこのブログには今日は6つUPいたしました。私はケータイでUPすることも多々あります。私のブログで一番多いのはIS01(スマートフォン)でUPしたジャンルです。だからケータイでのUPと言いましても、量は少しは多いですよ。ただ普通にパソコンで書くほうがいいです、楽です。
 もちろん私は漢詩(もちろん日本の漢詩も)の解説を書いているジャンルもありますし、短歌や俳句、詩についても書いています。どうしても私は漢詩についての方が書きやすいですね。

5.それにブログだけでなくケータイメールでもおおいに交換しています。もう娘二人だけでなく、妻や弟や女性たちはケータイメールがいいみたいです。やがては孫たちや姪の子どもたちとも交換するようになるでしょう。いえ、今のところは、私が一方的に出しているだけです。いつか、じいじのこともこのケータイメールで、「何でこんなに書いてくるのだ」と少しは興味を持ってくれるかなあなんて期待しています。X12121902

6.私はこのインターネット上の将門WebにUPしている量は、ただただ量だけは、世界の米国にも中国にも負けていません。ただUPする数はタレントの中川翔子さん(私のブログのサイドバーでリンクしています)などのほうが上です。ただし、私は量だけですよ。質はダメに決まっています。
 ただとにかくこうして日々書いていけることは嬉しいことです。私は月に、200くらいのUPをしています。
 それとここに私は読んだ本の感想文を「周の雑読」と称してUPしています。もう数は今日現在で1,667を越えています。とにかく、これを3,000書いていくはずです。やがては5,000を越えるつもりでいます。
 本を読むことはいいのですが、その読んだ思いを書くことが大事だと考えているのです。私はそれを書かない限り、本を読んだことにはならないと思っているのです。ただし、これは私の思いです。
 今私は「司馬遷『史記』」の黄帝から始まる五帝から、夏を終えて、今は殷のことを書いている途中(ちょっと殷のことを書く途中で止まっています)です。まだ書いて行きますが、周の西周の時代を少し書いたら終わりです。
 いやそれ以降は、またいろいろと他の本でも書くことがあって『史記』だけと限らないのです。
 ただし、『史記』も五帝の前の三皇のことはあいまいというか記録がないのですね。X12121903

7.上の本のことだけでなく「周の映画館」と称して見た映画のことも多く書いています。前には、いつも見た任侠映画のことを書くことが多かったのですが、今は今年封切になった映画も書いています。今日本映画はいいですね。最高だと思いますね。
 今私は64歳で老人ということで、映画は実に安価に見られるのです。そして必ず私はプログラムを買うのですが、今回「降旗康男『あなたへ』」はこのプログラムがすべて売れきれで困りました。
 もちろん、私のブログには、私の文章だけでなく、映画のいくつかのシーンの画像も入れていますよ。つい近頃は以下を書きました。画像もいくつも入れています。

  降旗康男『あなたへ』
  阪本順治『北のカナリアたち』
  犬童一心『のぼうの城』

8.その他私のブログ将門Webでは「周のニュース」ということで、いくつものことを書いています。つい近頃は次(以下は題名だけです)を書きました。

  米東部コネティカット州の小学校での銃乱射事件
    米小学校銃乱射事件で服部君の母が「教育が何よりも大切」と
    日本人は対面よりも電子メールを好むのだそうです
  主役は新ビッグ4ということですX12121904

 いや私はこの毎日のニュースでは、健康についても、飲み屋についても書いていますよ。私のような酔いどれが、パソコンからインターネットを通じて書いていけることは嬉しいことなのです。嫌な悔しいことでも、できるだけ毎日書いて行きます。

9.日経新聞の連載小説である「浅田次郎『黒書院の六兵衛』」も毎日書いています。明治維新という大きな転換点を、今までの歴史や文学では書きえていなかったと私は思え、この小説が実にいいです。私も毎日書くことで、今の現状も見えてくる気がしています。今日は福地桜痴の書いた江湖新聞のことを書いています。今は読売新聞や朝日新聞は存在するのに、何故この桜痴の新聞が残っていないのか、ものすごく残念です。いや何らかの意図があったのではと私は思っていますよ。
 私の思いでは、この「浅田次郎『黒書院の六兵衛』」は夏目漱石・森鴎外の書いたものにも負けない作品だと思っています。

10.またNHKの連続ドラマ『純と愛』についても毎日書いております。これは実にいいドラマです。ときどき思い出の中に出てくるおじいの姿を見て私はいつも涙しています。私の書くこれにはけっこうコメントがあります。
 こうしてドラマが見られて私はものすごく嬉しいです。X12121905

11.私の孫、ポコ汰、ポニョ、ポポ、じゅには私の将門Webのサイドバーに今日現在次のようにあります。

ポコ汰はいくつになったの?
ポコ汰は1月3日生まれ 5歳11ヶ月17日♪
★6歳の誕生日まで14日★

ポニョはいくつになったの?
ポニョは8月2日生まれ 4歳4ヶ月18日♪
★5歳の誕生日まで225日★

ポポはいくつになったの?
ポポは2歳7ヶ月9日♪ 
★3歳の誕生日まで142日★

じゅにはいくつになったの?
じゅには2歳1ヶ月1日♪
★3歳の誕生日まで334日★

 私は上の三人へは、できるだけあまり行かないようにして、一週間に2回くらい行っています。この三人の保育園のクリスマス会へは22日、じゅにの家にX12122101は、26日に参ります。クリスマスプレゼントを渡すのです。嬉しがりますよ。
 この孫と会えることと、毎日吉本(吉本隆明)さんのことを書いていけること(このごろは吉本隆明さんのことは毎日書いていませんが)私の今の無上の喜びなのです。 以上

80b6053f.jpg

 昨日で神田会で私が参加されたみなさんにお配りした文書です。あと名簿をお渡ししています。もう私が「事務局より」などという資格もないのですが、とりあえず、ここには書いたものでした。

            神田会事務局より      2008年1月30日
1.本日の参加者です。
 (略)

2.実に2年3カ月の神田会です。私の「個人的情報発信」に書きましたように、私にさまざまなことがありました。でも私個人としては、今後もやっていきたいなという気持があります。やっぱり、いい仲間友人とは会いたいものです。会って、こうして一緒の時間を過ごせるのは大変に幸せなことです。

3.私と同じく、神田会のみなさんも年齢的には、私とかわらないわけであり、さまざまなことをかかえているのではないかと推測します。今後はまず健康を第一に考え、そして親しい友人仲間として親しく連絡を取りましょう。
 それで名簿に足りないところ、訂正等があるときは、完全なものにしていきますので、ケータイメールください。すぐに訂正します。

4.前にも何度もいいましたが、この名簿は決して他の人にはお見せしません。このごろは、そこでもこうした名簿の管理が大変な問題になっています。私のパソコンでも管理は厳重にしています。インターネット上でも、私のホームページ、ブログとはまったく別なサーバーに、この名簿は置いてあります。
 そしてそこは、パスワードがないと閲覧できません。(文責萩原周二)


         萩原周二よりの個人的情報発信      2008.01.30

1.実に2年3カ月ぶりの神田会です。

2.私は一昨年義父を亡くしまして、昨年は母を亡くしまして、2年続けて喪中でした。一昨年の1月より、王子の義母の家に妻と入りまして、義母の介護を続けています。
 王子のこのマンションは違う階に長女夫妻も住んでくれていて、そのときには義父が大変に喜んでいてくれたものでした。私たち夫婦ももっと早くに、この王子にくればよかったと思っています。
 私の次女は我孫子のマンションで一人でしたが、昨年3月25日結婚して、千葉県の木更津に住んでいます。結婚した相手のご両親の家がすぐそばで、大変に可愛がっていただいています。

3.昨年1月3日に、私の初孫○○○(ハンドル名ポコ汰)が生まれまして、もう私は大変ベタベタに可愛がっています。今年8月には2番目の孫も長女おはぎに生まれます。たぶん、もうすぐ次女ブルータスにもできるでしょうから、すぐに私は2人のじいじになり、3人のじいじになります。最終的には8人の孫のじいじになるつもりです。
 私はもう孫を自転車に乗せて保育園に行くことばかりを考えています。

4.私はホームページは、全部で1558ページあります。そして私のブログ

   http://shomon.livedoor.biz/  将門Web(元ブログ将門)

は、現在4621のUPをしています。メルマガ将門は、今週28日で第390号を発刊しました。
 あとその他にもいくつかのページをインターネット上に持っております。
 一昨日インターネット上で読みましたニュースでは、2007年末で、インターネット上の日本のブログは国民総数の10人に1人の割合に増えたそうです。そして2010年には、その4倍の数になるということです。
 そして全世界では、日本語によるブログの数が昨年夏に、英語のブログの数を上回ったのです。第3位は中国語になります。そのあとは、スペイン語、イタリア語の順です(ただし、スペイン語・イタリア語の数はかなり少ないです)。
 そして、現在マーケティング的には、もはやインターネット上での露出度によって、いろいろなことが決っていくことが続いており、検索エンジンでもブログの優位姓が言われており、もはや前のHTMLによるホームページも、中にブログを入れていかないと、自分の情報を誰にも伝えることが不可能になってきているかと思います。
 現在は、若い世代に限らず多くの人が何かを調べるとき、百科辞典等々や電話帳を見るのではなく、パソコン(もちろんインターネットに繋がった)で検索することを真っ先にやるようになっています。
 またパソコンではなく、ケータイのほうがその要素は強いかと思います。もうケータイによる検索、そしてメール交換はもはや生活面でもビジネス面でもかかせないものになってきています。
 私のブログでも、アクセス解析を見ますと、来てくれる方の半数は常連の方ですが、あと半分は、インターネット上の検索から来てくれています。私のブログはキーワードの設定を確実にしているためだと思いますが、さまざまなキーワードで、私にところを訪れていてくれます。
 もはや、インターネット上にブログを置くことは、企業にとっても各個人にとっても大切なことになったかと思っています。

5.私はもうずっとスカイプを使ってきました。○○○ という名前ですから、私が55歳のときから使っています。Skypeは、全世界どことでも何時間でもインターネットを通じたパソコンで無料でかけられるベルギーのパソコンソフトです。私は携帯型のスカイプ端末も持っています。
 アメリカはもう2年になりますが、このスカイプから電話・携帯電話への通話は無料です。日本は一昨年の12月のみ無料でした。でも今でも電話・携帯電話よりもわずかに安いです。でもスカイプ同士でかけると、無料ですし、カメラで映像に見られますから、もうこれのほうがずっといいです。
 よくこのスカイプを起動しておくと、もう嫌というくらい中国の人(とくに女性が多いな)がかけてきます。もう彼らは、顔も隠さない女の子ばかりで、そしてもちろん日本語を使ってきます。
 スカイプのChatでは、今は100人が同時にできますから、それで、私は李白の詩を打ったりすると、この中国の人たちは知りません(杜甫はみな知っていますね)。中国の神話の神農のことや、孔子の論語のことを打っても知りませんね。でも中国の若者がスカイプをやって、どうしてこの日本が駄目なんでしょうね。私は悔しくてなりませんよ。
 私の友人でも、日本中から、ヨーロッパアルプスの山の上からスカイプしてくる友人もいます。一般的には女性のほうがよくやってくれますね。私の孫のあちらのおばあちゃんも、パソコンの画面から「あ、ポコ汰のおへそが見えた」なんて言っていますよ。

6.ああ、もう時間がないので、書いていられません。ぜひみなさん、ブログでいろんなことを話しましょうよ。すぐにインターネット上に自分の部屋が持てるのですよ。

7.王子で生活して、王子駅北口の藤や酒店といういい酒屋で、いつも一升瓶を買っています。もうこれが実にいい酒ばかりです。感動的ですよ。この一升瓶はいつも私のブログで画像をUPしています。酒の味についても、もうすぐ書き始めるつもりです。
 あと王子でいい飲み屋を見つけました。もう感動しています。こうした飲み屋のことも、またブログに書いてまいります。

8.あとはいっぱいお話しましょう。私は今ビールは1本、お酒3本しか飲みません。だからそのあとはもうお喋りだけです。

続きを読む

↑このページのトップヘ