将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:停電

9114df10.jpg 昨日は、この部屋で義母を看ていたのでしたが、長時間の停電もあり、大変でした。妻が帰ってからは、長女の家まで歩きました。
 でもこの日の散歩は9,311歩でした。10,000歩にまた足りません。
 次女ブルータスへの手紙を出すので、必死にポストを探して歩いていたものです。
続きを読む

dad74543.jpg

 昨日は私は義母を家でずっと看ていました。
 でも昨日は、午後1時10分頃から3時40分過ぎまで、ここのマンション全体が停電になり、それが大変でした。義母に何度説明しても混乱するばかりでした。
 でもどうやら、それが終わって、電気があちこち着いたときには、実に嬉しい思いでした。そして妻が帰宅したあと、私は午後6時すぎに、長女おはぎの家に向かいました。やっと私は外出できた思いでした。妻は、ここの画像のお菓子を持たせてくれました。
 もうきょうはミツ君も帰ってきていました。
 私が入ると、ポコ汰が大歓迎です。でもどうしてかポニョが泣いています。実はポニョはウンチをしていたのでしたが、気がつかないで、本当にごめんなさいです。私はポニョを抱っこもしたのに気がつきませんでした。
 ポコ汰は、お父さんに、「ご飯の前だから、このお菓子は一つだけだよ」と約束させられています。そしてそのあと、お部屋の中を走っています。
 もうポコ汰の行くところに私も行きまして、いろんなことをします。

 そういえば、私は午前中に書いていたブルータスへの手紙をポストに入れようとしたのでしたが、柳田公園では、もう集配が終わっていて、王子駅前からおはぎの家まで歩きましたが、ポストがどこにもありません。私は上中里をずっと歩いて、どうやらやっとポストを見付けました。それは6時55分の集配で、そのときは45分でした。これでブルータスは明日には私の手紙を読めます。

 そのあと、嬉しい気持で長女の家に着いたのでした。

 そのうちポニョはお父さんが、ウンチで泣いているんだと気が付いて、綺麗にしてもらいます。そしてお母さんのおっぱいをもらっています。

 そして私は二人の孫にバイバイして、また家まで帰りました。でも昨日は、10,000歩は達成できませんでした。9,311歩でしたね。

続きを読む

fee59780.jpg

 きょうは、義母の関係で家にいることにしたのですが、きょうは午後1時から4時半まで停電の予定で、でもそれを忘れていた私は困りました。でもエレベーター前に行きまして、気が着きました。そこでは妻とケータイで話していたのでした。でもそのケータイもどこに置いたか判らなくなり、でもいつもはそのケータイにかけて探すのですが、それも電話機も使えないで判らず困り果てました。その変わり本は1冊読みました。

2009/04/22 12:14清水由貴子さんが自殺されたニュースをテレビで見ていまして、でもその彼女の気持ちはよく判るのですが、でも自殺しちゃいけないよな、なんて誰もが思うことを私も同じに思うのです。
 なんだか、毎日たくさんのことがありまして、実に人生って大変ですね。
 義母の昼飯を食べさせました。今お茶を入れました。
 毎日いくつものことがありますね。
 今度の日曜日に次女ブルータスが来てくれるのが嬉しいです。ポコ汰がどんなに喜ぶかなあ。
 思えば私の昼食にするかなあ。
2009/04/22 13:24先ほど午後1時13分頃突如停電になりまして、驚きました。もう電気がすべて止まっています。冷蔵庫もテレビも電話機もすべてです。それで外へ出てみると、エレベーターも止まっています。そこに貼り紙がありまして、電気工事のことが書いてありました。
 普通なら、義母はデイサービスに行っているし、私は世田谷へ行っているはずでした。でも義母のことで、こうして家にいることになって、こうした事態に直面しています。電気が使えないと、電話機も使えないし、パソコンも使えません(私のノートパソコンは充電してあるから使えますが)。貼り紙には16時30分までと書いてありました。冷蔵庫が問題だなあ。
 いや、さきほど次女ブルータスに手紙は書いたわけですが、これからは手紙は書けません。ノートで書けますが、プリンタは使えません。こうしてポメラは使えます。電池がなくなっても、予備の電池を私は常時持っています。
 パソコンを動かせないと、仕事もできませんね。本なら読めるわけですが、ちょうどもう図書館で借り換えしなくてはならないのですが、義母がいますから、ここから出るわけにいかないのです。あ、それにエレベーターが使えないから、その場合は1Fまで歩くんだ。
 義母もトイレに行くのも困っています。でも私が「こうすれば」と助けました。
 2分前に、このポメラの電池を替えました。
 こうして電気が止まるというのは大変な事態ですね。そして義母がいるときですから、もう大変です。義母にこの事態を説明するのも大変なことなのです。
 水道が止まるという事態も大変なことですが、その時間だけは飲料水を用意しておけばなんとかなります。下水道が止まる事態は大変に困ります。私は前の我孫子のマンションに入ったときに1日だけ、下水が使えないという事態があり、これは前もって聞いていましたから、当時の父母の家(歩いて5分くらいのところにありました)で用がたりました。
 だが電気というのは困り果てますね。
 もう今も義母が出てきて、事態を聞きますので大変です。
 思い出せば、伊勢湾台風のときには大変なことでしたね(今も義母が聞いてきまして大変です。つい私は大声になってしまいます)。あのときは、丸2日か3日電気水道が止まりました(私のところは名古屋市北区でしたから、被害は少なかったのです)。下水道はあのときは、私の家は大丈夫でしたね。思い出せば、あのときは秋田犬を一頭、洋犬を2頭飼っていましたが、彼らも怖かったろうな。いえ、鳥はもう数十羽いましたが。
 でもあの頃はどの家でもこんろを持っていて、家の外でも魚でも肉でも料理できたのでしたね。今はどうなんだろうか。
 それにしても今私のケータイ電話がどこにあるか判らなくなりまして、困り果てています。今までなら、こういうときは他のケータイからかけますが、そして私しかいなくても、私の常時持っているスカイプのケータイ端末がありますが、電気が止まると、私のデスクトップが止まるので、それだと私のスカイプもインターネット網に入れないのです。
2009/04/22 14:33でもさきほど、この事態を私は妻とケータイでお話したのですね。私はケータイだけは首から下げています。他のものは腰につけているのですが、ケータイだけは首から下げているから、そこからはずしてしまうと、こういうことになります。

 このあと3時43分くらいに電話機の音がしまして、それであちこちつけると、灯りがつき、こうしてパソコンも着きました。
 それでその前に妻の会社の電話番号もインターネットで調べて、電話しました(いえ、私の住所録等々はすべてパソコンに入っています。あ、ノートで調べればよかったんだ)。妻がケータイで、私のケータイを鳴らしてくれて(あるところに隠れるように置いてありました)、それで無事発見できました。

続きを読む

7b6aa3b1.jpg

 私は今王子の義母の家に一室を私の事務所にしました。ここなら、問題なく義母のことが見ていられます。きょうは水曜日ですから、義母はデイサービスはお休みです。私は懸命でデスクトップパソコンで、仕事をかたずけます。前にはノートパソコンでやっていましたが、やはりこうして一室で、デスクトップの前ですと、実に仕事もはかどります。
 インターネットもワイヤレスで、すべてみな3台のパソコンがつながっています。あと他のプリンタ他もワイヤレスにするつもりですが、今のところ有線です。時間ができたら、みなやりきります。

 ところがさきほど、このパソコンがインターネット接続が突如切れてしまいました。エッと驚いて、パソコン周囲をつなぎ直してみますがだめです。
 それでしばらくして、リビングの大元のエアステーションを見ると電源がついていません。その元のモデムも電源が切れています。「あれっ、停電かな」と思いましたが、電気はついているところがいくつもあります。
 義母がきて、「私が切ったかもしれない」といいます。それで、でも変だなということで、あちこち見ていくと、そのいくつもの機器の大元の電源をはずしてありました。義母には、「これは決してはずさないで」といい、理由もいいましたがましたが、判ってくれたかな。まずは、これを切ると電話が使えなくなると伝えましたが(電話が使えなくなるというのが一番印象的かな)、それが判ってくれたかな。
 義母は大正生まれで、電気というのは使わないときには、電線は切るものと強烈に思い込んでいます。

 前にこんなことがありました。義父が亡くなる寸前のことです。長女と妻は義父の病院に行っていました。それで私も義母を連れて、そこへ向かおうとタクシー会社に電話していました。ところが、突如会話中に電話が切れます。私はその相手のタクシー会社に非常に腹を立てました。「なんで、こんな大事な話の途中で電話を切るんだ!」。でも少し考えると、相手が切るわけはないのです。
 それでハッと気付きました。義母が電源の大元を切っていたのです。これから出かけるだから、電源に入っている電気コードはすべてはずすのです。それで、私はすぐ電話して、相手に謝りました。相手も突然のことで、驚いていました。

 しかし、実は私はこういう怖れを常に抱いていますので、何があっても、さまざまなパソコン内のファイルはつねに短時間内に保存するようにしています。そうしないと、もう仕事も生活も目茶苦茶になってしまいます。

 でも、「電気つけっぱなしでもったいないから」と、電気を消してしまうというのは、義母も前よりは少しは元気になったのかな。
 私の母も現在92歳ですが、いつもあちこち電気を消しています。それもいつも母の元気なことだなと思い込むようにしています。ただ、大事なものを無駄にされてしまうのは、困りますから、そのことだけは私たちが注意していきましょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ