将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:僕の空には虹がある

681a0615.gif

 私はこの演劇の方たちを観劇したのは、これで2回目です。この前には今年の春の3月16日に「夜明けの空に桜舞う」を観ていました。
 そのときには、女性たちだけでなく、男性の出演者もいました。それで内容は、幕末の横浜での出来事だったのですが、フィクションとは言っても、江戸幕府の15代将軍になった慶喜が、まだ「水戸藩」と言われる側に居るというようなことで、展開されていました(慶喜は、たしかに水戸藩の出身だが、一橋家にいる時期じゃないかなあ)。でも、私から見ていると、「どうも幕末の歴史が判っていないんじゃないか、いや誤解しているなあ」ということが感じられ、私はそもそも水戸の天狗党派なのだと思っているところがあるために、フィクションにしても、水戸への誤解としてしか思えない内容には、実に不快でした。

 でも今回は、女性だけでの演劇です。でもやはり内容がどうしても解せなくて、なんとなく「面白くないなあ、それに長いよなあ」という思いが強かったのですが、私なんかは、もうすぐに出演者に情が移りますから、最後の頃は、演じている人たちになんだか涙が溢れそうになるくらいな思いになっていました。単純で、阿呆な私です。

 写真は、「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」に載せたパンフレットの裏面です。

 話は21世紀すぐ未来です。たしかあと10年か20年くらい先かな。人間は家庭で使えるいろいろなロボットを使っています。でもそのロボットは、すぐに新しい製品が登場するために、廃棄処分になります。その廃棄されたロボットたちが、自分たちで、その廃棄された場所(これは池袋のこの演劇の場のようです)で、自分たちで生活をしています。そこには、人間の少年がいます。彼を中心に、何人ものロボットは動いているのです。ただし、この少年も、自分をロボットだと思い込んでいます。だから、彼は眠るし、日の光を浴びることも必要です。彼はそうしたことがロボットたることだと思っています。
 でも彼の周りにいるロボットたちは、眠らないし、食事は必要ないのです。
 このロボットたちが住んでいる場所があらたに、新しい施設として改造されようとして、役所の人間たちがきます。それで、だんだんと真相が判ってきます。少年は、なかなか自分だけが人間であるということが理解できませんが、やがて、みんなロボットが眠るときが迫ります。
 そして、そのロボットたちがみな眠り、少年がここを出ていくとき、少年はまだ16歳ですが、やがて、この眠ってしまったロボットたちを、近い未来に眠りからさまそうと考えているというあたりで、この物語は終わります。

07092409 出演している女性たちは、とっても綺麗で、スタイルがよくて、でもそうしたそうした美形でない方(ごめん、言い方が悪くて)もよく演じていました。前回私が観劇した「夜明けの空に桜舞う」よりも、私には数倍良かったです。07092406
 このお芝居の最後のところで写真撮影が許可されました。だから、こうして載せました。

「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」へ

83d60d3b.jpg

 昨日、「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」を見に行きました。最終日でしたが、私はこの日しかいけなかったのです。
 我孫子の自宅を整理しに行きまして、そのあと、この池袋へ急ぎました。ただ、我孫子駅北口の「我孫子の和菓子福一」 で、和菓子をお土産に持っていきました。この福一の前にある 欧風菓子「メヌエット」 我孫子店 のケーキでもいいのですが、時間の関係でそんなに長い間私が持っているわけにはいきません。福一の和菓子も長く日持ちはしませんが、メヌエットよりは、時間は大丈夫です。ちょうど3人分持っていきました。

 池袋行きまして、会場の豊島区民センター文化ホールへ行きますと、制作演出の高梨由さんに会えました。
 そしてすぐに、友人の高梨けいさんご夫婦ともお会いできました。こうして会えるのは、前に「夜明けの空に桜舞う」のときにお会いして以来でした。
 会場に入ると、しばらくして目森一喜さんが来ました。

 それでお芝居の開始です。

 24日の「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」へ

 私の友人から、以下のイベントの知らせがありました。

「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」
 〜人間ってなんですか??〜 

07092301近い未来・・・人間よりも人間らしく生きたロボットたちと孤独な宙の物語。
家族とは、愛とは、そして人間とは・・。昨年大好評の同作が更にスケールアップ。
華やかにパワフルにそして切なく、多彩なエンターテイメント空間をお届けします。

会場:イーストステージ:いけぶくろ
    (豊島区民センター文化ホール)

 日程:9/22(土)〜24(月・祝)
 時間:22日、23日
    13:30開場14:00開演
    18:30開場19:00開演
    24日
    16:30開場17:00開演

作・演出:高梨由

 出演:MARU 斉藤啓子 保母かおり 鷲田桃子 桜花由美 中嶋藍子 大星圭子 小林千紗 都電三人娘(荒木智子・だてあずみ・西かおり) 野中美智子 森島里沙 斉藤由香子  工藤史子  救世忍者乱丸 ほか

 制作:吉本興業(株)
 料金:前売り 2500円 当日 2800円 問合せ:03-5217-6090

 このイベントの告知は、以下にあります。

 http://beauty.geocities.jp/trapper2007_girl/ TRAPPER HP

 この公園を作り、演出しているのが、高梨由さんです。

 私は、昨日は、この家の下水管工事がありまして、本日もどうしても無理なので、明日いくつもりでおります。

 昨日の「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」 へ

↑このページのトップヘ