将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:光則寺

13061711  おはぎの家ではテレビゲームのできる日が決まっています。時間も制限があります。

2013/06/16 17:25今はおはぎの家に来ています。みんなは外に遊びに行きまして、私はつまらないです。ポニョが「じいじ!」と来たのですが、張り切ろうと思っても、もうなにもなかったです。
 少しさみしいな。

2013/06/17 06:30昨日は夕方おはぎの家に行きました。ポコ汰が日曜日ですから大きなテ13061712レビ画面でマリオができるのですが、パパもいないし、ポポもいないので、ものすごくつまらないようです。
 そのあと外で、ポポとボール投げをしていました。ミツ君パパがそばに居てくれました。ポニョは、ダンゴ虫を捕まえていて、それを小さなものに入れています。でも私はあんな虫は大嫌いなのです。触れません。困ったものです。これはポニョだけではなく、私のこともです。私の娘二人も小さいときから平気でダンゴ虫を手で触っていました。私は駄目です。
2013/06/17 07:53上に書いたことをさらに続けたい思いですが、どうしても書ききれない感じなのですね。仕方ないなあ。
130617132013/06/17 11:21今は東京駅横須賀線のホームにいます。
 今電車に乗れて嬉しいです。今日は成就院の前のあじさいを見たいのです。いやほかにも見たいところがあります。
2013/06/17 11:41少し前に横須賀線の電車の中からIS01でUPしたのですが、最初は私のケータイにメールしていました。つまり私の左腰のデューロカーゴにあるケータイにメールしていたのです(バカですね)。すぐに文章を少し付け加えて私のブログにUPしましたが。
 やはり、横浜も私の故郷の一つだから、懐かしい思いがしてくるものですね。
2013/06/17 17:15今はおはぎの家です。ポニョとポポが水いぼがいっぱいできるようです。それを今ミツ君パパがポポを見ています。ポニョはもう外へ行きました。
 ポコ汰には何故かぜんぜんできないようです(ものすごくいいことですが)。

13061714 昨日17日は鎌倉へ行きました。江ノ電の成就院と長谷で光則寺です。二つともいいお寺です。やはりあじさいの花が良かった。ただ鎌倉はものすごい数の人で溢れていました。光則寺の宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の碑も良かったです。

12032021 テレビをよく見ますが、いや見るようにしているのですが、でも見ていないですね。

2012/03/21 16:42今「最後から二番目の恋」を見始めました。もう私も鎌倉へも一年以上行っていませんね。江ノ電でこの極楽寺で降りて歩いたものですね。そして長谷まで歩いたものでした。でも長谷寺は入らずに、光則寺に入りました。私はこのお寺が好きなのです。
 もうまた鎌倉を歩きたいな。
2012/03/21 17:19いつもあわただしくいくつものことをやっています。とにかく頑張ってやっていきましょう。
 私ももっとやって行かないといけないなあ。
 いや、私がケータイメールを書く中で、長女おはぎに指摘されたことは、常に私が意識していないといけないです。私がパソコン・インターネットをやって長いわけですが、私が実際にケータイメールである事実を書いても、ちゃんと書けていないのですね。ことことはちゃんと私自身がが意識して書いていかなといけないことです。

 どうしても鎌倉を歩きたいな。前に光則寺へ行ったのは昨年の1月末ですから、もう一年以上前なのだ。

11042008 思えば、私は今年の2月4日に、この光則寺のみに行っていたのですが、この碑を撮るのをすっかり忘れていました。
 インターネットで「光則寺 雨ニモマケズ」で検索すると、以下のサイトに、この石碑の写真がありました。このサイトに、この写真を2枚私のサイトで使用してもいいか尋ねてみます。

 http://blogs.yahoo.co.jp/mamataromamataro
                  お家で鎌倉

 http://blogs.yahoo.co.jp/mamataromamataro/2541555.html
   渡辺謙さん「雨ニモマケズ」朗読…光則寺・宮沢賢治の詩碑

 とにかく、また鎌倉を歩きたい思いです。そしてまたどこかで飲んでいたいなあ。

11021008 あ、忘れていました。この光則寺は日蓮宗のお寺です。それでここには、日蓮宗の信者でありました宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩碑があります。
 私は、このお寺を走りまわる小さな子どもたちの姿と声を聞いて、宮沢賢治の詩を口に出していたものでした。

11021006 私の昔からの友人のユミ子さんが、童話とマンガの部屋 の掲示板の ネット赤ちょうちんで、次のことを書いてくれました。

小雪の中のガス工事 投稿者:Nora  投稿日:2011年 2月 9日(水)18時44分59秒  

   周さんへ
桜色の便せんで温かいお手紙をありがとう。
久しぶりに周さんらしい濃やかさにふれて一日幸せ気分でした。
鎌倉の光則寺にはもう少し暖かくなったら横浜の友人を誘ってぜひ訪ねてみようと思っています。
掲示板やブログへのアドバイスをありがとうございます。もう少しほかの人も見やすいようになんとかした方が良いと思うのですが、これは相棒次第なので広がる可能性をアピールして重い腰をあげてもらわなくてはね。
わたしは保育園でのお話キャラバンと畑仕事のお蔭でずいぶん体がしっかりしてきました。ちょっとままでは何十年もの疲れが噴きだしてよろよろだったんですよ。そして、畑仕事をする時、陽射しよけに集散からもらったピンクの手ぬぐいがとても役に立っているのです。ちょっと派手でおしゃれな手ぬぐいをサンバイザーの上からかぶると、かっこいいんですよ。そして、この手ぬぐいを被るたび周さんのことを思い出し、(周さんはプレゼントの達人だなあ)と感心しているのです。

  ありがとう。いつも手紙にはいろいろな和紙の用紙を使っているので、今回はたまたまあれになりました。次はまた違う和紙ですよ。
 鎌倉の光則寺は、手紙にも書いたように、高徳院(やはり仏さまはいいお顔していますよ。それに与謝野晶子の碑がいいです)と長谷寺を見てくださいね。春になれば紫陽花が綺麗です。そしてすぐに下の由比ガ浜が見られて、ウィンドサーフィン(ボードセーリング)が綺麗ですよ。
 でも私には、小さな光則寺が好きなのです。
 そうですね、私は妻を誘って行きたいのですが、まだ言い出しかねています。
 その他鎌倉はいいです。私は頼朝が嫌いなので、鶴が丘八幡宮は寄らないのですが、実朝の殺された銀杏の樹は、いつも気になります。私は源氏って、『源氏物語』含めて嫌いですが(あ、平家も壇ノ浦で滅んだ平家は好きになれない、私は平将門だけです)、実朝は好きなのです。いつも実朝の百人一首の歌を、電子手帖から音で耳線で聞いています。いや、鎌倉の海を見ていても、いつも実朝を思いだしています。本当に彼は宋に行きたかったのですね。でも船は何故か海に浮かばないのです(私は北条義時が悪さしたと思っている)。
 手紙でも書いたけれど、ぜひブログをやってください。今までのようにあなたが掲示板に書いたのをブログでも書けばいいのですよ。スパムの書込なんか、一切入れなければいいのよ。
 私のブログも実にスパムがいっぱい来ますよ。最初は実に丸3年間ひどい書込がものすごい数でした。それが特定されないように、すべて海外のサイトのプロシキサーバーを使っていました。私はそのすべてをシャットアウトして(一日に3、4回、そして一回につき4、5のスパム書込です)来ました。そのサイトは、旧ソ連邦の各共和国、南米、アフリカの各国(もっと全世界ですが)、いくつにも渡りましたね。
 今はときどきひどい攻撃的な書込がありますが、素人らしく、自分のIPアドレスをさらしていますから、イザとなれば相手を特定できます。日本共産党名を語ったりして、脅してきますよ。あれじゃ、日共も迷惑だよな(こちらは相手を特定できるのですから)。 でもひさしぶりにあなたとKAMOさんに手紙が書けて嬉しかったです。
 できたら、ツイッターでも会話したいものです。簡単だから、やろうよ。

 ここをご覧の方に。
 このユミ子さんは、素敵な童話作家です。ご亭主のKAMOさんは漫画家です。それとユミ子さんは、細身の美女です。でも酒癖の悪い私に負けずにちゃんと論を展開される方です。
 お二人の作品は、以下で紹介しています。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/51889162.html
     蒲原ユミ子『健太となかまたち』

 http://shomon.livedoor.biz/archives/51889167.html
     白六郎『あゆみの明日もの語り うたごえ天国』

 いや、他にも作品はあります。ぜひホームページ「童話とマンガの部屋」を見てください。

11020417 2月4日に私は鎌倉の長谷の光則寺へ行きました。
 この日は、私は11時15分から歯医者の予約があり、それが終わってから出かけました。だから東京発の横須賀線に乗ったのは午後1時を回っていました。

 昨年は6月4日に鎌倉を歩いています。以下にあります。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50801802.html
                鎌倉小町通りで

 その前年は、

  http://shomon.livedoor.biz/archives/51464526.html
            8日のあじさい寺・成就院

でした。いや、その前にも行っているのですね。最後は小町通りで飲んでいます。誰か連れがあるときは、北口の店で飲んでいましたものです。

 長谷というと、高徳院も長谷寺もいくつもの思い出がありますが、この日は光則寺のみに行きました。ちょうど多分、小学校入学前だろう子どもたちがこの光則寺を歓声をあげて走りまわっていました。私はその声がものすごく嬉しかったものです。

 ここにこの光則寺の門に置いてありましたマップを載せます。ただし、これはB4の版型なので、それを二つに切りまして、スキャン(これがA4ですから)して、画面上で結合しました。

地図で歩く鎌倉湘南―行きたいトコにすぐ行けるかんたん地図 (JTBのMOOK)
書 名 地図で歩く鎌倉 湘南
発行所 JTBパブリッシング
定 価 500円
発行日 2008年5月1日初版発行
読了日 2008年4月22日

 また鎌倉を歩きたいという思いで、この本を電車の中で読んでいました。たった今は、光則寺を訪ねてみたいなという思いになりました。前回行ったときには、時間がなくて、行っていられなかったところです。
 いや、まだまだたくさん行きたいところがあります。ただ、最後に飲みたい店がなかなか見つけられないのですね。

↑このページのトップヘ