12061403 私がここに「周の歌集」(もちろんこれはこの歌集に限らないことですが)を書いていることで、「著作権法」が大変に気になっていました。
 ウィキペディアによりますと、以下のようにあります。

著作者の生存期間および死後50年までを保護期間の原則とする(著作権法51条2項)。無名または周知ではない変名の著作物、および団体名義の著作物の著作権は、公表後50年まで保護される(著作権法52条1項、53条1項)。また、映画の著作物の著作権は、公表後70年まで保護される(著作権法54条1項)。

 そうすると、正確には、私の書いている「歌集」でもいくつか気になるものがあるわけです。そして今後また書いていくものは、さらに時代的に現代に近くなり、いくつも気になるものです。
 ほぼ、私の書いているもので問題になるであろうというものは、みな歌の歌詞の部分ですね。
 だが私としては、今後書くものについても、歌詞がないと、私の書くところが完全にあやふやになってしまうと思っています。
 だから今後も、歌詞はあくまで私の書く文章の引用部分だということでやってまいります。それでも「これはまずい」ということならば、私の書いたものへのコメントで書いてください。
 そのコメントの内容で私は判断します。(2012.06.15)